ワイルドナイツスポーツプロモーション

お問い合わせ賛助会員募集

W.K.S.P 原石からダイヤモンドへ(ニュース)

第4回W.K.S.Pアカデミー太田クラスレポート

W.K.S.Pアカデミーのコーチを務めます、みやっきーです!

 

朝晩はまだまだ冷え込むものの、日中はすっかり初夏の陽気ですね。

 

すでに半袖短パンが心地いいので夏本番なったらどうしましょうか?笑

 

本日から東京オリンピックのチケット販売のお申し込みがスタートしました。

 

1年前はラグビーワールドカップのチケットを申し込んでは外れるという悔しさを味わいましたが、オリンピックも7人制ラグビーを筆頭にチャレンジしたいと思います!

 

では本日のレポートです。

 

■アクティブウォーミングアップ

 

ダイナミックストレッチの前に行うアクティビティとしてペア鬼ごっこを行いました。

 

ボールは両手!

 

ルールは鬼ごっこなのですが、自分のペアしかタッチが出来ません。

 

しかも逃げる方はボールを持って逃げるのですが、必ず両手で逃げましょうとルールを追加しました。

 

また、2セット目は僕の笛でアタック(逃げてる方)はトライラックを、そしてディフェンス(追っかけてる方)はダウンしてロールする動きを追加しました。

 

倒れてもすぐに起き上がるイメージを持ってもらいます。

 

■SAQ(カラーマーカータッチ)

 

体を真正面に保ちながらまっさんに言われた3つの色を順にタッチしてダッシュに切り替えるドリルです。

 

スタートも大事ですよ!

 

小・中学生共に比較的ルールを守りながら競う会うというチャレンジが出来ましたね!

 

小学生は小回り効いてましたね!笑

 

バランスを崩してしまって競争に負けるという事もあるのですが、そのバランスもどの程度ならば自分のコントロール下にあるのかをSAQドリルで体感して欲しいと思います。

 

■反応1 v 1

 

反応と一か八かは違います。

 

アカデミー生が勝手に判断して反応ではなく一か八かで動くと、このドリルの意味が無くなります。

 

いくら足が速くてもタッチラインに出れば相手ボールです。

 

ルールを理解して正々堂々戦うクセを身につけましょう。

 

目線をどこにするかでも変わってきますね!

 

■スペースボール

 

こちらもアタックには胸キャッチはダメ、という条件を付けてヒットシールドを持ってるディフェンスに遮られないようにボールをスペースに運んで攻撃を継続する練習を行いました。

 

スペースにボールを運ぶためにはスペースを見つけなければなりません。

 

スペースを見つける人はボールを持ってる人、持っていない人それぞれです。

 

目線が違うので、それを繋ぐのがおそらくコミュニケーションとなります。

 

だから大事ですよね!と、アカデミー生がミスをするたびにネタに使わせてもらってます。笑

 

■∞パス&ラン

 

決められた形を崩さず、順番にパスをしながら走るという難易度の高い練習でした。

 

ナイスアーリーキャッチ

 

頭ではわかっていても、実行するとなかなか上手くいかないのはなぜでしょうか?

 

いくつか挙げられますが、競争というプレッシャーや、勝ちたい負けたくないというメンタルから足元の小さいことを忘れがちになるのがほとんどですね。

 

失敗した時に気づいていれば、あとは練習をやるのみです

 

■トライラック

 

今ではタックルされたボールキャリアの定番スキルです。

 

トライラックを説明中

 

アカデミーでもなぜトライラックしなければならないのか、を考えてボールゲームの前の大切なメニューとして行いました。

 

■ボールゲーム

 

三つ巴を短い時間で回すという方法で行いました。

 

攻守の切り替えのリアクションスピードや準備の大切さを体感できるシステムです。

 

プチパニックになる場面もありますが、これもある意味でゲーム強度になりますので前向きに体感してもらえると嬉しいです!

 

ということで、アカデミー生にはこれからもいろんな体感や刺激を受けながら成長してもらえるよう我々コーチも準備を怠らず、いろんな仕掛けをしていきたいと思います。

 

本日の太田クラスの練習メニューです

 

1 ダイナミックストレッチ

→ペア鬼ごっこ

→ダイナミックストレッチ

2 SAQドリル

→カラーマーカータッチ

3 ラグビースキル

→反応1 v 1

→スペースボール

→∞パス&ラン

→トライラック

4 ボールゲーム

5 振り返りの時間

 

W.K.S.P

Takashi MIYAKE