ワイルドナイツスポーツプロモーション

お問い合わせ賛助会員募集

W.K.S.P 原石からダイヤモンドへ(ニュース)

第14回W.K.S.Pアカデミー熊谷クラスレポート

W.K.S.Pアカデミーのコーチを務めます、みやっきーです!

 

3週間ぶりに仙元山公園陸上競技場に戻ってまいりました。

 

芝生の養生期間を経て使用させてもらえるグラウンドは気持ちよかったですね!

 

 

天気はあいにくの雨模様でしたが…。

 

 

気づけばもう7月も1週間が過ぎまして、夏休みも目前に迫ってきてますね!

 

昨日、東京2020オリンピック・パラリンピックは無観客(一部有観客)と発表されましたのでおうち時間で観戦することになりそうです。

 

紆余曲折ありましたが、アスリートの皆さんにはただただ競技するその瞬間は邪念を振り払って最高のパフォーマンスを披露してくれることを期待してます。

 

男女7人制ラグビーの期待も高まりますので楽しみですね。

 

また、夏休みは長いので去年はあまり遠出ができなかった分、今年は計画的に感染対策を講じて出かける人も多いのでしょうか。

 

楽しみが近くにありますが、先を見過ぎずにもう少し梅雨が続きそうですから通学通勤の際は安全第一でお願いします。

 

土砂災害や大雨被害に見舞われた方々がたくさんいらっしゃいます。

 

何が起きるかわからないことを予測するのは難しいですが、リスクの認識と対応の知識をみんなで学んで身を守る武器として何かあったときに役立てましょう。

 

では、本日のレポートです。

 

■ワイドビュードリル(タカレポート)

 

 

先週に続いて2回目のドリルです。

 

アカデミー生のみんな、ドリルの目的(視野を広げる)を理解できてる様子だったので、楽しんでプレーしてるのが見られました!

 

 

①最初はボールなしで動く(直角、90度の位置をキープする)

 

②次にボールを使いながら動く

 

③最後に奥の方に提示された色をコールする

 

という風にどんどんレベルアップしてチャレンジしてもらいました。

 

これにより、2人の動きに合わせながらボールを動かす。

 

 

さらには奥にある色も見る。

 

「見る」要素が多いドリルですが、見ることで情報を素早く仕入れ、その中から適切に判断する能力が磨かれます。

 

人は五感の中で1番多く情報を仕入れているのは視覚(約87%)からなんです。

 

視覚を最大限に活かし自分の武器として活用しましょう!!

 

■パス&サポート(まっさんレポート)

 

 

突破した後にもディフェンスがいる状況を想定したドリルとなります。

 

ボールキャリアはパスをすればサポートプレイヤーとなり、サポートプレイヤーはパスをもらえばボールキャリアとなります。

 

当たり前のことですが、それぞれの役割がコロコロと変わってきますよね。

 

 

ボールキャリアは何に対してアプローチするのか、その時サポートプレイヤーは何を意識するのか。

 

このドリルのキーポイントは「サポート」と「コミュニケーション」としました。

 

 

コロコロ変わる中でそれぞれの役割となった時に何ができるのか、そしてどうすればトライに繋がるのかをこのドリルで磨いていきましょう!

 

■ボールゲーム

 

 

小学生も中学生も抜群の判断でパスのオプションを活用してましたが、雨の影響で微妙なパスのズレやキャッチのミスがいつもより若干多かった気がします。

 

 

でも雨の日はそう言った微妙な感覚のズレを経験できる絶好のチャンスですから臆せずチャレンジしてほしいです。

 

雨だからパスのオプションがなくなるのはもったいないですからね。

 

 

加えてキックの判断も有効に使えれば相手にプレッシャーをかけることができますから、ボールを手放すというマインドではなく、ボールだけでも前進させるというマインドでキックスキルにも磨きをかけてくださいね。

 

 

【次回のW.K.S.Pアカデミー熊谷クラス】

2021年7月16日(金)

場所:仙元山公園陸上競技場

小学生:17時10分〜18時30分

中学生:18時40分~20時00分

 

本日の熊谷クラスの練習メニューです。

 

1 アクティブウォーミングアップ

→スクエア鬼ごっこ(ボール)

→ダイナミックストレッチ

2 ワイドビュードリル

3 パス&サポート

4 ボールゲーム&体幹トレーニング

5 振り返りの時間

 

W.K.S.P

Takashi MIYAKE