ワイルドナイツスポーツプロモーション

お問い合わせ賛助会員募集

W.K.S.P 原石からダイヤモンドへ(ニュース)

邑楽町立長柄小学校にで人権講演

今朝、邑楽町立長柄小学校で人権についての講演をさせて頂きました。

 

去年のちょうど今頃は邑楽町立高島小学校で人権講演をさせて頂き、もう1年経ちますね。時が過ぎるのが早いものですね。

 

 

あれから丸一年、去年はだいぶ緊張してましたが、本日は何だが寒さの影響なのかいつもよりリラックスした状態で講演に臨めました。

 

 

テーマは聴覚障がいについてお話しさせて頂きました。

聴覚障がい者は一見、健常者と変わりないため外見からでは違いが分かりにくいので、聴覚障がい者とはどんな人たちがいるのか、どのような特徴を持っているのか、自分のこれまでの人生談を交えてお話ししました。

 

 

おそらく親からは人に迷惑をかけてはだめだよ。とかそんなこと言われたことがあると思います。しかし全く迷惑をかけずに生きていく完璧な人間なんでいませんので、人は迷惑をかけるのものです。

 

迷惑をかけ、かけられながら生きていくのが人であり、支え合っていくことが重要とお伝えしました。

 

自分は耳が聞こえないことによる周りへの負担が迷惑に思っていた時期がありまして、どうにかして迷惑をかけないようにしたつもりが結果的にかえって大迷惑になった時がありました。

 

 

それと自分が持っているコンプレックスは捉え方によっては 武器とも個性ともなり得るのです。人生、ポシティブ思考でやっていかないと人生やってられません(笑)

 

 

人それぞれの生き方があり、私はそのうちのひとつの生き方を僭越ながら伝えさせていただきましたので、参考になればと思います。

 

 

最後に講演の機会を頂きました邑楽町立長柄小学校様、ありがとうございました。

 

 

W.K.S.P

大塚 貴之