ワイルドナイツスポーツプロモーション

お問い合わせ賛助会員募集

W.K.S.P 原石からダイヤモンドへ(ニュース)

前橋スマイルフェスティバル2017

今年で3回目となる、地元前橋市の青年会議所さんが主催となって行われた『前橋スマイルフェスティバル2017』は、豪華なトップアスリートをゲスト(特別講師)とに迎えて子ども達に教室を行いました。

 

ラグビー界では第1回に参加された大畑大介さんが来てくれて、我々W.K.S.Pスタッフとサポートで参加してくれた桐生第一高等学校ラグビー部の選手10名と霜村監督が一緒になって、参加してくれた子ども21名と約2時間ほどの時間でしたが存分に楽しむことができました。

 

その他競技団体では大林素子さん(バレー)、前園真聖さん(サッカー)、篠原信一さん(柔道)、鈴木尚広さん(野球)、亀田興毅さん(ボクシング)、塚原直貴さん(陸上)、池谷直樹さん(体操)などなど数多くのアスリートの皆さんが一度に集結し、前橋スマイルフェスティバルは豪華すぎるゲストと多くの子どもや保護者の方々は楽しい時間を過ごせたのではないかと思います。

 

ラグビーの方はと言いますと、初めにウォーミングアップを兼ねたゲームを行ってから、ラグビーサーキットと銘打って、ラダーやミニハードル、スラローム、タックル、ヒットなどを行いゴールするという過酷?!なトレーニングを行いました。

 

楽しくのびのびのつもりが、子ども達は全て一生懸命で頑張ってくれた姿にさすがの大畑さんも「もう少しリラックス!」や「もっと笑顔で!」と落ち着かせる一幕もあるなど、親御さんの笑いも誘ってました。

 

また、ドリルごとに大畑さんに質問しながらどういうプロセスで日本代表になって、世界ナンバー1のトライゲッターになったのかなどの質問に丁寧に、そして熱く語ってくださいました。

 

驚いたのは中学生の時は50m走で7秒しかタイムが出なかったことでした。

 

それが「足が速くなりたい!」という強い思いと努力で高校時には5.8秒という記録を出したそうです。

 

何事も強く思うことと、努力し続けることが目標を達成するいちばんの近道だということを教わりました。

 

そして教室の後半は、タグラグビーを中心に行いました。

 

桐生第一の皆さんが相手となって1 対 1で抜いたり、チームになって限定されたタグの回数の中でトライをみんなで取るなど、たくさんボールを持ってたくさんトライができましたね!

 

最後は子ども達同士での試合を3試合行って終了しました。

 

あっという間の時間でしたが、たくさんの笑顔と汗と経験を積むことができました。

 

最後に撮った集合写真は思い出になり、そしてその中から未来の日本代表が出てくることを楽しみにしております!

 

W.K.S.P

Takashi MIYAKE