ワイルドナイツスポーツプロモーション

お問い合わせ賛助会員募集

W.K.S.P 原石からダイヤモンドへ(ニュース)

伊勢崎商工会議所青年部 講演会

11月21日(月)、伊勢崎商工会議所青年部の皆様向けに講演会をさせて頂きました。

 

テーマは「ラグビーから学ぶ組織創りと社会貢献」です。

 

僕自身、経営者としての経験は1年半とまだまだ「学ぶ側の人間」でありながら、このような機会をもらえたのはやはりラグビーが持つ魅力や可能性が導いてくれたんだなと、改めて実感しました。

 

ただ、ラグビーでも指導者としてよりも選手としてのキャリアの方が長いので、組織を束ねるというよりは組織の一員でした。

 

製品で言えば部品の一つと言えますね。

 

しかし、部品から見た組織と様々な場所やカテゴリーでコーチをしてきた経験を僕なりにミックスして、今回の講演会では「組織創り」に必要なメソッドやマインドなどをお話し致しました。

 

そして「社会貢献」に関しましては、ワイルドナイツに入社してから地域の小学校・中学校を中心に行ってきたタグラグビーがまさにそうでした。

 

「社会貢献のために」を先行して行った活動ではないのですが、ラグビーを普及する使命や責任、そして何よりも子ども達がラグビーに触れ合って笑顔で楽しんでくれることに喜びを感じておりました。

 

それが結果として「社会貢献」としてみなさんに喜ばれるものであったことで、なお喜びが倍増しました。

 

チームや個人のパフォーマンスを上げるにはもちろんその競技を極めるのが普通なのですが、目線を少し変え、グラウンド外(競技以外)での立居振る舞いや規律、そこには挨拶や感謝、礼儀などが当たり前のように行える「人間力の高い選手」を育てるのがチームや個人のパフォーマンスを上げるために必要な要素だと思ってます。

 

日常の当たり前ができないと、その先にあるものは何であっても苦労します。

 

土台がしっかりしていない高層ビルを建てるほど不安なものはないですよね。

 

その土台を人間力に置き換えてアカデミーを中心に指導をしております。

 

今回の講演会でどこまでをお伝え出来たかは分かりませんが、参加された皆さんのお立場で僕の話を多くの方が聞いてくださったことに感謝申し上げます。

 

W.K.S.P

三宅 敬