ワイルドナイツスポーツプロモーション

お問い合わせ賛助会員募集

W.K.S.P 原石からダイヤモンドへ(ニュース)

前橋市立中川小学校PTA事業ラグビー交流

11月15日(水)の午後、前橋市にあります中川小学校にお邪魔をしました。

 

毎年この時期に行われるPTA事業の一環で、全校生徒に今年はラグビーに触れてもらおうと言う企画を頂戴して、訪問いたしました。

 

実はこの中川小学校は現在、ラグビー日本代表として活躍しているあの選手の母校だったのです!

 

そう、パナソニック ワイルドナイツ所属の谷田部 洸太郎選手が中川小学校の卒業生ということで、僕も興奮を隠しきれませんでした!

 

校長先生からも児童達に説明がありましたが、児童達はなんとも言えない表情をしてましたので、機会があれば谷田部選手に来てもらいましょう!笑

 

さて、ラグビー交流ですが始めに体育館で映像を交えてラグビーとはどんなスポーツなのかを理解してもらいました。

 

ラグビーの印象はぶつかったり倒れたり痛いなど、やはりどちらかというとネガティブな印象が強かった児童ばかりでしたが、みんな映像を食い入るように見てくれて「ラグビーってかっこいいな」という表情に少しずつ変化してきました。

 

そしていよいよグラウンドに出てもらって、実際にラグビーボールを触ってもらうためにゲームをしました。

 

今回は特に『コミュニケーション』を大切にしてもらいたかったので、お友達となんでもいいからコミュニケーションを取りながらゲームに参加してもらいました。

 

ボール送りゲームや円パスなど、簡単ではありますが一生懸命楽しく取り組んでくれて、思った以上に白熱したゲームになりましたね!

 

最後にはタックルバッグを用意して、児童達にタックルのデモンストレーションを披露したのち、何人かのお友達に体験してもらいました。

 

ラグビーの印象がぶつかったり倒れたり痛いと言っていたのが嘘のように、みんなタックルをやりたくてウズウズしたのか、一番盛り上がりましたね!

 

あっという間のラグビー交流でしたが、今回はあくまでラグビーを通じた『コミュニケーションの大切さ』を軸に学んでもらいました。

 

その先に仲間を思いやる気持ちや協力し合う心を感じてくれたならば、さらに嬉しいです。

 

そして今回、前橋ラグビースクールのコーチの方々もサポートスタッフとして参加してくださりまして、児童が安全に楽しくラグビーができるように、優しいお言葉や接し方で場の雰囲気を作ってくださいました。

 

さすが普段から小学生を指導してラグビーを楽しんでらっしゃるだけのことはありました。

 

いろんな方々に支えれて頑張れるのもラグビーの魅力です。

 

そんな想いにふけりながら、充実した気持ちで学校を後にすることができた最高の1日でした。

 

また機会があればラグビーやりましょう!!

 

W.K.S.P

Takashi MIYAKE