ワイルドナイツスポーツプロモーション

お問い合わせ賛助会員募集

W.K.S.P 原石からダイヤモンドへ(ニュース)

第4回W.K.S.Pアカデミー前橋クラスレポート

W.K.S.Pアカデミーのコーチを務めます、みやっきーです!

 

『withコロナ』が今後、定着していくのでしょうか。

 

「メガネ・補聴器の板垣」さんより寄贈いただいた「メガネタイプのフェイスガード」

 

県を跨ぐ移動もいよいよ緩和されて、週末のお出かけも楽しみの一つになりましたね。

 

7月から東京ディズニーランドが開園するとのニュースも流れておりますし、今まで普通だったことが今では明るいニュースとして流れることも嬉しく思います。

 

そんな中ではありますが、アカデミー前橋クラスもアカデミー生に大好きなラグビーをできるだけ満足にできる環境を提供しておりますが、本日も70分という制限のあるSTEP 2で開催致しました。

 

 

アカデミーの雰囲気にも慣れてきて、仲間同士の交流も盛んになってきたのは嬉しい光景ですが、互いに両手を広げて触れない距離をみんなで作っていく努力(withコロナ)はまだまだ継続していきますね。

 

 

 

 

では本日のレポートです。

 

本日は先週と全く同じメニューを行いました。

 

1週間前の事になるのですが、みんなちゃんと内容を理解していてそれぞれのメニューのキーポイントも抑えていましたね!

 

質問に対する返しや反応も良く、練習のテンポが非常に良かったと思いました。

 

 

 

練習のテンポってすごく大事で、なるべくならばムラがなくかつ必要なポイントをシンプルに伝えて話している時間よりもプレーをしている時間を増やすことが理想です。

 

実際のゲームでもゆっくり話している暇はなく、さらにコーチの長々とした指示を聞くことも現実的ではありません。

 

通常、練習とは試合のための練習ですから試合に近い状況を作ることが大切ですね。

 

 

 

ただし試合に近い状況と言ってもフルコンタクトの練習をすれば良いというわけではありません。

 

毎回そんな練習だと体が持たないしモチベーションも上がりません。

 

ですのでアカデミーではフルコンタクトではありませんが、ボールゲームという形で様々なルールや条件を作って、アカデミー生達にプレッシャー、スペース、判断などを理解してもらう仕掛けを施してます。

 

そのボールゲームの前にいくつかのスキルを経験してからボールゲームに繋げていくことで、ゲームの中でのスキルが生かされているかを確認できます。

 

『楽しむ』ってのは一つのキーポイントです。

 

 

 

でもそれは仲間同士でふざけあうのではなく、自分の中で一生懸命取り組むことで生まれる楽しさである事を引き続き期待しております。

 

本日の前橋クラスの練習メニューです。

 

1 アクティブウォーミングアップ

→ダイナミックストレッチ

→ペア鬼ごっこ

2 サッカードリブルリレー

3 カラーフープパスレース

4 ボールゲーム&タカトレ

5 振り返りの時間

 

W.K.S.P

Takashi MIYAKE