ワイルドナイツスポーツプロモーション

Common その他

Newsぺージ

第33回W.K.S.Pアカデミー前橋クラスレポート

W.K.S.Pアカデミーのコーチを務めます、ランボーです!

前橋クラス33回目のトレーニングお疲れ様でした!

今日からタカが復帰しました(^ ^)

体調不良で引きこもってた分、とても元気にコーチングしてました!

 

 

 

 

 

それに負けないくらいアカデミー生も、元気ハツラツにラグビーを楽しんでましたね!

みやっきーさんはそれ以上に元気でした!

ランボー含め皆さんも見習うところですね!(^ ^)

 

 

 

 

 

 

 

さて、1月ですが早くも半分が過ぎ、今日で23日が経ちました。

過ぎてしまった時間は取り戻すことはできません。当たり前。

1日1日の時間を大切に、学ぶ気持ちを忘れずに、日々価値あるものにしていきましょう!

 

 

 

今日はアーモンドの日らしいです(^ ^)

アーモンドには美容に欠かせないビタミンEが8.6mg含まれているみたいです。よく分からんですけど。

1日を過ごすのに必要なビタミンEをまかなうことができることから、美容や健康のために多くの人がアーモンドを食べてるみたいです。

 

 

 

 

ランボーも現役の頃、素焼きアーモンド食べてました(^ ^)

みやっきーさんはアーモンド大好きで、毎晩何かとアーモンド食べてます!

おそらく美容や健康は考えてはないと思いますが、みやっきーさんはまだ1回もコロナなってない事を考えると、どうなんですかね?(^ ^)

皆さんも色々調べて、体に良いものは取り入れてみてはどうでしょうか?(^ ^)

 

 

 

 

 

それでは、本日のレポートです。

 

 

 

■2 v 2(みやっきーレポート)

先週に引き続き、目的をトライとした2対2の練習を行いました。

先週はコーチの合図でディフェンスが前後に移動してから自由にディフェンスをしていたのですが、今回はダウンアップ、インゴールバック、タッチライン、そのままディフェンスするの4段階のディフェンスのスタートで行いました。

ディフェンスが一瞬アタックに対して目を切る場面ができるので、前回よりもアタックは仕掛けやすかったと思います。

 

 

 

 

 

 

2対2 は数的有利な状況では無いので、まずボールキャリアはスペースに仕掛けること、そしてサポートプレーヤーはボールキャリアと違うスペースに走り込んでボールをもらうことをキーポイントとしました。

なぜサポートプレーヤーがボールキャリアと同じスペースに走り込んではいけないのか、ディフェンスはボールキャリアの動きに合わせてスペースを埋めに行きますよね。

ディフェンスが集まるところにサポートプレーヤーも寄ってしまうと、突破ができないというのが理由に挙げられます。

 

 

 

 

 

 

 

サポートプレーヤーが先にスペースに仕掛けてボールキャリアがアシストをすると言う考え方もありますが、それだと、ボールキャリアが迷ってしまう傾向にあるので、まずアカデミーではボールキャリアが仕掛けることを優先にしてます。

さらに裏のスペースにはグラバーキックと言う判断もある中で、今日は小学生、中学生ともにグラバーキックを有効な判断のもと積極的に使えていたのが良かったです!

 

 

 

 

 

■3対3(ランボーレポート)

今週は3対3を突破することを目的にスキルトレーニングを行いました。

先週までは、3対2を突破しトライを取っていただきましたが、今週は1人増えた、3対3の状況を突破するということをしました。

一見難しそうに感じますが、先週までやってきた3対2とほぼ同じ状況で、1人増えたディフェンスは、インゴールに戻ってディフェンスに参加してきますので、下がってる間は3対2の状況です。

 

 

 

 

 

前回まで同様、3人アタックの攻撃がテンポあるもので、早くボールをリサイクルできれば、3対1の状況が作れます。

3対2になってもパスだけのスクラムハーフが再びアタックに参加する事で数的有利を攻める事ができました。

これだけだとあまり前回までと変わらないので、もう一つのシチュエーション、3人とも前でディフェンスする状況もできるように仕組まれてました。

そして、アタック側にもグラバーキック有りのルールを追加しました。

 

 

 

 

速いリサイクルで、3対2を作るのか、裏のスペースにグラバーキックでボールを運ぶのか、ダミーなどを使い、ディフェンダーの裏をかくのかは、自由に攻めてもらいました。

パス、キック、ランニングのオプションを常に頭に入れ、より具体的なコミュニケーションで良い突破が見れました。

 

 

 

 

 

 

■ボールゲーム(タカレポート)

小学生はキックを多く使い、中学生はキック控えめと言ったボールゲーム1周目の印象でした!

小学生は中には後ろで守っているディフェンスの正面にキックしてしまったり、蹴って自分で拾おうと距離が短いキックだったりするとボールは相手にプレゼントしやすくなります。

キックはトライを取るためと回答がありましたが、有利な状況にするためにキックがあるんですね。

なのでディフェンス正面にキックするのは有利な状況と結びつけるのは難しいですね。

どこに蹴ればいいのか。ディフェンスのいないスペースのところですね!

そのスペースを狙えるように裏にも気を配りましょう!!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

中学生はラン、パスを多用していたのがディフェンスは裏を気にせずに守りやすかったと思います。

しかしキックを使うとディフェンスは後ろも守らなければと迷います。

ディフェンスが後ろを守れば前が空きます。
前を守れば後ろが空く。

 

 

 

 

 

 

ディフェンスの動きに合わせていつでもキックできるように選択肢の一つとして認識してプレーしましょう!

 

 

 

 

 

 

【次回のW.K.S.Pアカデミー前橋クラス】

2024年1月30日(火)

場所:敷島緑地ラグビー場

小学生:17時10分~18時30分

中学生:18時50分~20時10分

 

本日の前橋クラスの練習メニューです。

 

1 アクティブウォーミングアップ

→ダイナミックストレッチ

→リアクションゲーム

2 2対2

3 3対2

4 ボールゲーム&体幹トレーニング

5 振り返りの時間

 

W.K.S.P

Takeshi Katsuki

ニューストップへ →

お問い合わせありがとうございます。

後ほど、ご連絡いたしますので、しばらくお待ちください。