第17回W.K.S.Pアカデミー(太田クラス)レポート | W.K.S.P公式ホームページ

ワイルドナイツスポーツプロモーション

Common その他

Newsぺージ

第17回W.K.S.Pアカデミー(太田クラス)レポート

W.K.S.Pアカデミーのメインコーチを務めます、みやっきーです!

 

やっと?ついに?太田クラスの連続雨天練習記録(非公式)が『5』でストップしました!笑

 

しかしこの日は稀に見る強風で、体感気温も低く感じ、パスも上手くコントロールが出来ないほどでした。

 

なかなかまともな気候に恵まれず荒れた天気と格闘しながら迎える太田クラスですが、生徒達の練習はとても質が高く、そして安定したレベルアップが出来ております。

 

そんな太田クラスの昨日の練習メニューです。

 

 

1.アクティブウォーミングアップ

→対面パス(走り込みながら)

→ダイナミックストレッチ

2.ランニングスキル

3.スクラム“SUMO”

4.ボールキャリアスキル

5.ボールゲーム

6.振り返りの時間

 

 

前橋クラスと同様に、スクラム“SUMO”を行いました。

 

スクラム“SUMO”って何なの??

 

それは一人でスクラムの基本姿勢を作って、キープすることから始めます。

 

そしてその状態のまま、マーカーで作った土俵に5~6人が入って最後の一人になるまでいろんな技を駆使して争うゲームの事です。

 

太田クラスでは堺田コーチがついてくれていまして、主にブレイクダウンをコーチングしているスペシャリストです。

 

そんな堺田コーチの指導の下、最初の姿勢からゲーム中の戦い方など、スクラム“SUMO”での勝つ方法などを細かく指導してもらって生徒達は一所懸命にいわゆる相撲を取っておりました。

 

これはブレイクダウンやタックルなどで、身体が大きいから必ずしも強いのではないということを認識するには非常に良いトレーニングかも知れませんね。

 

 

それと今回は小学生クラス、中学生クラスともにボールゲームのレベルが格段に上がっておりました!

 

理詰めで得点を重ねる場面がいくつもあって、頭と体が連動した素晴らしいプレーを連発しており、ビックリしました!

 

「たまたま成功したプレー」にも何かしらの裏付けがあるのですが、それは本人が意識して行ったプレーではないことが多いです。

 

しかし、今回のように「理詰めで成功したプレー」は思い描いたことを形にして成功させたという事で、本人達にとっては同じ成功でも手ごたえが全然違うのではないかと思います。

 

そうなればよりプレーの楽しさを実感できて、また練習でも頑張ろうというサイクルが出来るので良いですね!

 

 

前橋クラス、太田クラスともにじわじわとレベルが上がってきておりますので、この調子で寒くなってくる冬を熱く乗り越えられたらなと思います!

 

W.K.S.P

Takashi MIYAKE

 

ニューストップへ →

お問い合わせありがとうございます。

後ほど、ご連絡いたしますので、しばらくお待ちください。