ワイルドナイツスポーツプロモーション

お問い合わせ賛助会員募集

W.K.S.P 原石からダイヤモンドへ(ニュース)

第14回W.K.S.Pアカデミー太田クラスレポート

W.K.S.Pアカデミーのコーチを務めます、みやっきーです!

 

本日より太田クラスは尾島公園グラウンドから龍舞グラウンドに場所を変更しました。

 

 

 

龍舞グラウンドといえばみなさんご存知の通り、パナソニック ワイルドナイツが使用していたグラウンドです。

 

もちろんチームは熊谷に移転したため龍舞グラウンドは人気のいない静かな雰囲気でしたが、ゴールポストも健在で芝生の管理もして頂いているのでワイルドナイツの代わりにアカデミー生がハツラツとプレーしていると龍舞グラウンドには活気が戻りましたね。

 

今後、このグラウンドの運用ビジョンは分かりませんが、使用できることに感謝して存分にプレーができることを期待したいです。

 

さて、本日はアカデミー開催中が雨予報でして、不安な1日を過ごしておりましたが小学生クラスは無事にフルで開催することが出来ました。

 

 

しかし中学生クラスが始まる頃にはパラパラと雨が降り出し、遠くの空では雷が鳴り出しました。

 

なんとか粘って欲しかったのですが、残り20分になった頃には本格的な雷が鳴りだしましたので一旦避難し、そこでタカトレを実施して終了としました。

 

 

ボールゲームが出来なかったことが中学生にとっては残念でした。

 

また来週、たくさんボールゲームをやりましょう!

 

では、本日のレポートです。

 

■パス&サポート(まっさんレポート)

 

 

2回目ということもあり、ルールや目的の理解もよくできていましたね!

 

ボールを持ったら何を目指すのか、それに対してサポートプレイヤーはどうすればサポートができるのかがキーポイントでした。

 

 

3v1=パスも正解ですが、正解の1つにすぎません。

 

ボールキャリアがディフェンスを引きつけることでスペースができ、サポートプレイヤーへのパスが有効になります。

 

 

どちらのクラスもサポートプレイヤーのコミュニケーションも増えたことでサポートプレイヤーにディフェンスが惹きつけられパスダミーからのトライも多かったですね!

 

 

またスピードをつけるために下がってポジショニングをするなどの工夫も見られました。

 

たくさんの工夫やアイデアにどんどんチャレンジしてトライ&エラー、成功を経験して成長していきましょう!

 

■4 v 3(タカレポート)

 

 

2週目のドリルです!

 

先週のドリルからアレンジした部分は、アタックを固定しない。指定のマーカーより内側だったらどこに立ってもOKというルールにしました。

 

またタッチされたらボールダウンというルールも追加しました。

 

これまではタッチされたら3歩以内にパスをするというルールを設けておりましたが変更しました。

 

 

ファーストセットの部分で固定しない分、より自由にアタックすることができます。

 

 

ディフェンスから遠い位置にポジショニングするのもOKです!

 

アカデミー生の自由な発想にどのようなアタックをするかを楽しみながら見ました!

 

ルール内であればどのようにアタックしてもOKですので、固定概念に囚われない自由なアタックを今後楽しみにしています!

 

■ボールゲーム

 

 

冒頭でも書きましたが中学生はあいにくの天気のためにボールゲームが出来ませんでした。

 

しかしそれまでのドリルでの質や運動量はさすが中学生!と、唸りたくなるものでした。

 

 

代わりにタカトレでしっかり追い込めましたね!笑笑

 

小学生は無事に出来ました。

 

暑さもありましたが、小学生も運動量が豊富で2分間のゲームでしたが相当キツそうでしたね。

 

フィードバックでみなさんに伝えたのは、疲れたときはプレーの精度がどうしても落ちてしまうこと。

 

これはどのレベルでも言えることです。

 

 

しかしプレーの精度が落ちてもプレーをやめて良いわけではありません。

 

キツくてしんどくても出来ることって何でしょうか??

 

出来ること、すたわちそれはプレーに参加しているってことなので例え全力で走れなくても、そしてパスが上手く投げれなくても参加する意識を持ちましょうね。

 

 

 

【次回のW.K.S.Pアカデミー太田クラス】

2021年8月5日(木)

場所:龍舞グラウンド

小学生:17時10分〜18時30分

中学生:18時50分〜20時10分

※6月24日(木)振替分

 

本日の太田クラスの練習メニューです。

 

1 アクティブウォーミングアップ

→リアクションキャッチ

→ダイナミックストレッチ

2 パス&サポート

3 4 v 3

4 ボールゲーム&タカトレ

5 振り返りの時間

 

W.K.S.P

Takashi MIYAKE