ワイルドナイツスポーツプロモーション

お問い合わせ賛助会員募集

W.K.S.P 原石からダイヤモンドへ(ニュース)

第12回W.K.S.Pアカデミー太田クラスレポート

W.K.S.Pアカデミーのコーチを務めます、みやっきーです!

 

本日よりタカコーチはガーナに向かいました。

 

ガーナに行って、ガーナに住むデフの人達にタグラグビーの普及のために日本デフラグビー界、いや日本ラグビー界を背負って頑張ってくれると信じております!

 

なので本日はまっさんと2人で太田クラスを担当致しました。

 

2人でもアカデミー生達の安全と充実は変わらず行えるよう、まっさんと打ち合わせを入念にして準備致しました。

 

終始どんよりとした空でしたが、雨も降ることなくお天気も手伝ってくれて運動量の多いアカデミーが行えました!

 

では本日のレポートです。

 

■アクティブウォーミングアップ

 

今週よりまっさんのSAQドリルが反応ダッシュに変わりました。

 

様々なスタートポジションからまっさんの合図でスタートして、7~8m先のゴールまで全力で走るというシンプルなドリルです。

 

シンプルであるが故に、正しいスタートポジションからオフサイドせずに全力でゴールに向かう事が出来たでしょうか。

 

仲間と競争することもウェルカムですが、まずはルールを守って自分が出来る精一杯で勝負できる癖を身につけましょうね!

 

様々なポジションからダッシュ!

 

■ストレートラン&アクセルキャッチ(みやっきー)

 

昨日の前橋クラスに続いてアクセルキャッチ(加速してボールをもらう)をするためにまずはエアーパスでグッドイメージを持ってもらってテニスボールを使いました。

 

テニスボールを使うことで、キャッチの意識が強過ぎてアクセルにブレーキをかける道具になるかなと仕掛けましたが、小中学生ともにブレーキがかかることもなく、テニスボールという小さいボールに捉われずにアクセルをガンガン踏んでましたね!笑

 

そして仕上げに行ったラグビーボールでは、パスもさらにスムーズになってアクセルキャッチの質も上がりました。

 

ナイスアクセル!!

 

■Call 3 v 2(みやっきー)

 

タカのドリルを引き継ぎました。

 

トライを目的として、トライを取るためにアタックは適切なポジショニングを取ることがキーポイントとなりました。

 

しかし「適切なポジショニング」って何でしょうか??

 

幅、深さ、タイミング、プレーヤーのキャラクター、ディフェンス、その他外的要因(雨や汗や風など)など挙げればキリがないのですが、トライを取るために必要なポジショニングはボールキャリアではなく、サポートプレーヤーが意識しないといけませんね。

 

「適切なポジショニング」を取るためにとにかく早いセットが条件になってきますので、ここでもリアクションスピードが武器になってきます。

 

スペースはどこにあるかな??

スペースにボールが運べた!

中学生はさらにスピード感ありましたね!

 

■3 v 3(まっさん)

 

ボールゲームを行う前のミニゲームと言ったところでしょうか。

 

3 v 3でラスト2回の攻撃というシチュエーションでアタックはトライを狙います。

 

3 v 3であっても一気に攻めるのももちろんオッケーですが、2回のあるチャンスをどう活かすかがキーになります。

 

つまりディフェンスに捕まっても、条件として捕まえたディフェンスがアタックに回りますから有利な状況を作れます。

 

そこからクイックボールを展開することがトライを取るための最短距離だと思います。

 

クイックボールを出すために焦ってパニックにならないように様々な状況のイメージをしましょう。

 

ドリルの説明を聞くアカデミー生達

クイックボールが出せればチャンスです!

 

■ボールゲーム

 

新しいルールとしてターンオーバーが起きた場合、新しいボール(ゲーム中にはニューボールと表現してました)を投入してアンストラクチャーな状況に拍車をかける状況の中でプレーをしてもらいました。

 

慣れないルールに戸惑いがありましたが、次第に慣れてきてリアクションも早くなってスピード感がありました。

 

アタックからディフェンス、ディフェスからアタックに変わるスピードが早ければ早いほど絶対に良いです。

 

しかし往々にどのカテゴリーも後者は得意なのですが前者が苦手です。

 

意識としては平等にあると思うのですが、アタックだったのにディフェンスに変わることにネガティブなイメージをもってます。

 

いわゆる「ミス」におけるターンオーバーですからね。

 

でもレフリーが笛を鳴らさない限りプレータイムなので、ミスが起きた瞬間止めてしまうコーチングをするのではなく、アタックがアドバンテージを得ながら攻めるのであれば続ける癖を練習でやることが大切ですね。

 

引き続きいろんな刺激をアカデミー生には経験してもらえるよう、いろんな仕掛けをしていきますね!笑

 

本日の太田クラスの練習メニューです。

 

1 アクティブウォーミングアップ

→ミラーパス

→ダイナミックストレッチ

2 SAQ

→ミラーラン

3 ラグビースキル

→ストレートラン&アクセルキャッチ

→Call 3 v 2

→3 v 3

4 ボールゲーム&タカトレ

5 振り返りの時間

 

W.K.S.P

Takashi MIYAKE