ワイルドナイツスポーツプロモーション

お問い合わせ賛助会員募集

W.K.S.P 原石からダイヤモンドへ(ニュース)

ラグビーキャンプ!

3月19日〜20日の2日間で、国立赤城青少年交流の家にてラグビーキャンプを行いました。

 

県内外を含む全7チームの小学生ラグビーチームが集結し、1年生から6年生まで総勢127名の小学生達と2日間を共に過ごしました。

 

指導者の方や関係者を含めると160名弱の人数で、非常にボリュームのあるキャンプとなり、何をするにも一筋縄ではいかないことがとても大きなチャレンジをしているんだなと実感させてくれました。

 

2日間のうちに3回のラグビークリニックを行いまして、目的を「いろんな人達と交流をしよう!」そして目標を「15人以上の友達を作ろう!」とし、臨みました。

 

それらを達成するためにはコミュニケーションを積極的に取ることが重要ではないかと思い、それに沿ったラグビークリニックのドリルを構成していきました。

 

チームも学年もバラバラにしたグループを15個作りいろんなことにチャレンジしましたが、やはり最初は緊張感や硬さもありました。

 

しかし、最初に行ったアイスブレイクからすぐにチームが馴染んできている雰囲気が出てきて、子ども達の素晴らしさを感じることができました。

 

そのあとは積極的なコミュニケーションを始め、ラグビーを学びたい、プレーしたいという意欲が前面に出てきて嬉しかったです。

 

今回のキャンプは決してラグビークリニックがメインではなく、2日間をいろんな人と過ごすことがメインで、そのために夜はBBQをしたりみんなでお風呂に入ったりと内容は盛りだくさんでした。

 

2日間という時間はあっという間でして、終わる頃には少し寂しげな感情に包まれていたのはそれだけ充実した時間を過ごしたから言えることではないでしょうか。

 

群馬県内でも赤城青少年交流の家でもいろんなチームが混じっての交流というのは初めてだそうで、我々にとっても非常に大きな経験ができました!

 

いろんな人達に感謝ですし、子ども達には心からお疲れ様でしたとお伝えしたいです。

 

また是非やりましょう!!

 

W.K.S.P

Takashi MIYAKE