ワイルドナイツスポーツプロモーション

お問い合わせ賛助会員募集

W.K.S.P 原石からダイヤモンドへ(ニュース)

第14回W.K.S.Pアカデミー熊谷クラスレポート

W.K.S.Pアカデミーのコーチを務めます、みやっきーです!

 

本日は雨の中の練習お疲れ様でした。

 

昨夜からの雨が降り続き、グラウンドに水溜りがある中、さらに気温もグッと低くなっておりましたので60分の短縮開催とさせて頂きました。

 

 

安全を最優先に考え、かつアカデミー生の運動量やプレー参加率を最大限に確保するようテンポをコントロール致しました。

 

そんな熊谷クラスではありましたが、小中学生ともに雨の中、そして水溜まりの中、一生懸命プレーをして楽しんでくれていたと思います。

 

雨の日にしか出来ない経験は必ず自分のためになります。

 

どんな準備をすれば良いのか、そしてどんなプレーを選択すれば良いのか。

 

 

意識的に学ぶことも大切ですが、感覚的に学んでいければ良いですね。

 

とはいえ体調を崩してしまうと元も子もないので終わった後の自己管理までしっかりやり切って下さいね。

 

さらに雨の日はハンドリングエラーが起きやすいのですが、ハンドリングエラーの全てが雨の影響なのでしょうか。

 

小学生には「今日起きたミスのうち、雨の影響は10点満点中何点ですか?」と。

 

答えはそれぞれでしたが10点満点の人はいませんでした。

 

つまり残りの何点かは雨は関係なく改善できるという分析になりますね。

 

どんな環境でも裏切らないスキルを身につけていければ良いですね。

 

さて、本日のレポートです。

 

■L字グラバーキック

 

 

L字パスのコースを使ったグラバーキックです。

 

小中学生ともにグラウンドコンディションが悪い中でピンポイントのグラバーキックを蹴るシーンが多く、キャッチもチャレンジ出来ていたのでスーパープレーもいくつかありました!

 

キックチェイスする選手は蹴られたボールをただ取るだけではなく、もう一度ドリブルした方が良いのか、ボールがインゴールに入っているならばボールを取る必要はなくそのまま抑えるなどここにも実は細かい判断が伴います。

 

さらにいうならば相手とボールを競り合う時は勇気のいるセービングもオプションの一つですね。

 

楕円球のボールだからこそ、そして手も足も使っても良いラグビーだからこそユニークな判断を楽しめます。

 

 

■ナイスパス!アタック(まっさんレポート)

 

2週にわたりこのドリルを行いました。

 

 

目的はトライをする事でシンプルな1対1ですが、アタックを有利にするため、同時にスタートではなくアタックをする人にスタートを委ね、ディフェンスは追い越されてから後ろに下がってからディフェンスをします。

 

アタックを有利に進めるためには?という問いに、ディフェンスが下がりきる前に攻撃を仕掛けるという答えが多かったですね。

 

ディフェンスはオフサイドラインまで戻らないと前に出られません。

 

ただ、早く攻撃を仕掛けたいがあまり、焦ってしまいボールを落としてしまうなんてシーンも多く見られました。

 

まずはボールを持つことで1対1の状況が作られるのでまずはキャッチ。そして前進です!

 

今日のように雨でボールが滑りやすくなる時はどうすればキャッチしやすくなるでしょうか。

 

ボールを持てば思い切りの良い攻撃ができるので、急ぐ中に冷静なプレーを心掛けましょう!

 

またディフェンス側も早く止めたいので戻りきらずオフサイドが多かったですね。

 

どんなにタックルが上手くてもオフサイドの位置にいてはプレーができません。

 

決められたルールの中で思いきりの良いプレーをしましょう^ ^

 

今日もいかにディフェンスのスタートを遅らせようと様々な駆け引きがあり、いい勝負が見られました!

 

 

 

■サポートアタック(タカレポート)

 

先週と同じドリルを引き続き今日もやりました。

 

 

全員、一連の動き、それぞれの役割を理解できているようでした。

 

笛を吹いたときによく見られたシチュエーションとしては

 

真ん中の選手がボールを置いたあとに両となりの選手が寄ってくることでした。

 

2人のサポーターが寄ってくるという状況を解消するにはどうしたらいいか、アカデミー生からは「コミュニケーション」と回答を頂きました!

 

ですが、そもそもコミュニケーションは周囲の状況を把握しなければコミュニケーションはできないですね。

 

両となりが1人目ばかり見ているとコミュニケーションを取り始めた時はすでに集まってたってこともよくありました。

 

なので1人目だけではなくもう一人の動きも観察することでコミュニケーションが取れます。

 

周囲の動きを把握しつつコミュニケーションをとっていきましょう!

 

 

■ボールゲーム

 

ボールがたくさん動いてスペースにボールを運ぶ意識は非常に高いイメージでした。

 

 

グラウンドがぬかるんでステップが思うように行かない時は、なるべくボールを持つ前に目の前のディフェンスのマークを外してボールをもらうことをオススメします。

 

高いレベルのスキルなのですが、1 v 1は必ずしもボールを持ってからではなく、ボールを持つ前に勝負して勝つことができればトライのオプションが増えます。

 

 

パスのスキルも必要とされますから互いの息が合わなければいけませんね。

 

ぜひ、来週もチャレンジするみなさんを期待してます!

 

 

【次回のW.K.S.Pアカデミー熊谷クラス】

日時:2020年10月17日(土)

場所:熊谷スポーツ文化公園内 西第1多目的広場

小学生:13時50分〜15時10分

中学生:15時30分~16時50分

 

本日の熊谷クラスの練習メニューです。

 

1 アクティブウォーミングアップ

→ダイナミックストレッチ

2 L字グラバーキック

3 ナイスパス!アタック

4 サポートパスアタックレース

5 ボールゲーム&タカトレ

6 振り返りの時間

 

W.K.S.P

Takashi MIYAKE