ワイルドナイツスポーツプロモーション

お問い合わせ賛助会員募集

W.K.S.P 原石からダイヤモンドへ(ニュース)

第5回W.K.S.Pアカデミー太田クラスレポート

W.K.S.Pアカデミーのコーチを務めます、みやっきーです!

 

知らない間にセミの鳴き声がいろんな場所で耳にするようになりましたね。

 

セミにとってはコロナも梅雨も関係なく、自分達の出番が来たらブレることなく自分の責任を果たす姿勢は見習わなければならないところです。笑笑

 

 

 

さて、本日の練習ですが先週からアップで取り入れているペアジャグリング。

 

1人ずつカラーフープを持って同時に投げてキャッチするのですが、例えば互いに右手で投げて左手でキャッチを繰り返してるあいだに笛が鳴ったら左手で投げて右手でキャッチと、チェンジします。

 

 

 

次に投げた手でキャッチをして持ち替えて同じように投げた手でキャッチをします。

 

最初のイメージが強いのでどうしても投げた手と逆の手でキャッチしてしまいがちでしたね。

 

これは脳の切り替えも必要なトレーニングです。

 

ミラーパスドリルは先週もやったのですが、始める前に4人組でミラーパスドリルのルールの確認やキーポイントなどをアカデミー生同士で話し合ってもらいました。

 

 

ハンドリングのエラーは多少ありましたが、おかげで最初から取り組む姿勢が高くて嬉しかったです。

 

ボール預けゲームは初めての試みでしたが、みんなの取り組む姿勢はこのドリルも一生懸命でした。

 

 

 

ボールキャリアとしてどこのスペースにボールを運べば良いのかを養うドリルになることを期待してます。

 

ボールゲームの前に行なった10パスゲームはその名の通り10回連続で相手に邪魔をされずにパスを通します。

 

パスをもらった味方にリターンをするとターンオーバー、みんなで10回数えないとターンオーバー、パスカット(インターセプト)でターンオーバーが主なルールで、ボールキャリアは走っても良いし、相手にタッチされても関係ありません。

 

ということは…。

 

どうすれば10回パスを繋げることが出来るでしょうか??

 

これはクイズではなく、イメージを実行することで上手くいった、いかなかったをたくさん経験して欲しいです。

 

そのイメージは次のボールゲームで活かされます。

 

ダブルタッチ(ボールキャリアが2人にタッチされたら次のフェーズへ)のルールにも攻撃側と防御側に狙いがありますので、どちらも100%で取り組む姿勢を期待しています。

 

 

 

 

【次回のW.K.S.Pアカデミー太田クラス】

日時:2020年8月6日(木)

場所:尾島公園グラウンド

小学生:17時10分〜18時20分

中学生:18時50分~20時00分

 

本日の太田クラスの練習メニューです。

 

1 アクティブウォーミングアップ

→ペアジャグリング

→ダイナミックストレッチ

2 ミラーパスドリル

3 ボールアウトゲーム

4 10パスゲーム

5 ボールゲーム&タカトレ

6 振り返りの時間

 

W.K.S.P

Takashi MIYAKE