ワイルドナイツスポーツプロモーション

お問い合わせ賛助会員募集

BLOG 理事ブログ

2019/07/20

第14回W.K.S.Pアカデミー熊谷クラスレポート

W.K.S.Pアカデミーのコーチを務めます、まっさんです!

 

ここ数日、晴れたり曇ったり雨が降ったりと様々な天候を体感しております。

 

今日も日中の日差しから曇り始め、アカデミー前まで雨が降り、開始と同時に雨があがりました。

 

ジメジメした空気の中でアカデミーが始まりましたが顔つきはとても良い表情をしていましたね!

 

明日から夏休みということも影響しているのでしょうか^^

 

たくさん楽しい思い出を作れるように宿題も計画的にしていきましょう!

 

それでは本日のレポートです。

 

■アクティブウォーミングアップ

 

ダイナミックストレッチで行う動作は筋肉や関節を最大限に使えるようにしています。

 

可動域が広くなればプレーの幅が広がる事はもちろん、怪我をしにくい体を作ってくれます。

 

そのためには形だけマネするのではなく、どの部分を動かしているかを毎回自分で確認するようにしましょう。

 

黙々とストレッチを行っている今日でしたが、みんなが意識して動かしている証拠です^^

 

正しいフォームが身についてきましたね!

 

■10パスゲーム

 

スペースに対してボールキャリアが動こうとするシーンが多く見られましたが、なかなかボールを放れないシーンも見られました。スペースを見つけるのはボールキャリアだけでなくボールを持っていない選手がいかにスペースに走りボールをもらう準備をすることが重要になります。

 

ディフェンス側の張り付きも良くなっているので白熱した攻防戦が見られました!

 

■ストレートラン&アクセルキャッチ→L字3v2

 

今回はいつものキーポイントにコミュニケーションを追加しました。

ではどのタイミングで声を掛ければ相手に伝わるでしょうか。

逆にボールを持っている側からすればどのタイミングで声を掛けられれば対応できるでしょうか。

難しく考えることはなく、自分が思ったことをその時に伝える。

恐らく思ったことは間違っていないので、自信を持って声に出していきましょう^^

 

■トライラック&ダブルアクション

 

トライラックの再確認と、前にスペースがあれば自ら前進するダブルアクションを行いました。

トライラック後の選択肢として自ら前進するか、ハーフにリリースするかのオプションを増やしました。

そのためには、前を見る事や正確なトライラックが必須条件になります。

基本動作を思い出し、プレイの幅を増やしていきましょう!

 

■ボールゲーム

 

今日もスピード感のあるボールゲームが見られました^^

今日のドリルが活かされていましたね!

パスで相手をかわすシーンや、しっかり前をみて前進するシーンが多く見られました。

 

自信をもったプレーは相手にプレッシャーを与えます。

ミスを恐れず、どんどんチャレンジをして相手にプレッシャーを与えトライを目指しましょう^^

 

本日の頼もしいサポーターです^^

 

ここで事務連絡です。

 

以前雷で中止になったアカデミーですが、振替日が8月2日(金)になります。

夏休み中ではありますが、是非ご参加ください!

 

本日の熊谷クラスの練習メニューです。

 

1 ダイナミックストレッチ

2 SAQ

→反応ダッシュ

3 10パスゲーム

4 ラグビースキル

→ストレートラン&アクセルキャッチ

→L字3 v 2 (4 v 3)

→トライラック&ダブルアクション

5 ボールゲーム&タカトレ

6 振り返りの時間

 

W.K.S.P

田仲 一正

2019/07/18

第14回W.K.S.Pアカデミー太田クラスレポート

W.K.S.Pアカデミーのコーチを務めます、みやっきーです!

 

先週に続いて太田クラスは雨が降っておりまして、チャレンジングなアカデミーになりましたね!

 

新しい仲間が小学生クラスに来てくれました!

 

前にも話しましたが、雨でも試合はありますよね。

 

その日の天気をコントロール出来る人は僕が知る限り見たことがありません。

 

であれば自分がコントロール出来ることを環境や状況に合わせてプレーができれば良いですよね。

 

だから雨の練習も経験すれば必ず皆さんの武器になりますし、パニックになりません。

 

晴れの日と違う感覚を楽しんで下さいね!

 

とはいえ来週こそは晴れて欲しいですねー。笑

 

では本日のレポートです。

 

■アクティブウォーミングアップ

 

まっさんが担当してくれる反応ドリルではいろんなスタートポジションでダッシュを行うのですが、特に今週はトライラックからのダブルアクションをイメージしたスタートポジションを導入してくれました。

 

地面スレスレの目線からダッシュをするために、下を向くのではなく常に前(ゴール)を見ることをここでは推奨してます。

 

いわゆる癖付けですね!

 

トライラックではないけどいろんな目線からスタート!

地面が濡れていたけど、頑張ってました

 

■10パスゲーム

 

 雨の影響でボールが滑りやすいこともあって普段なら取れるボールも落としてしまったり、思ったよりも遠くに投げれなかったりと普段とは違う感覚を味わえたと思いますが、一方でパスを優先するのではなく、ボールキャリアがプレッシャーのないスペースにボールを運んでからパスをするというアグレッシブなプレーには評価できました。

 

10回のカウントも、前回よりもみんな大きな声でできましたね!

 

動きも先週に比べてよりアクティブになってましたね!

 

■ストレートラン&アクセルキャッチ→L字 3 v 2

 

ストレートランの先にはミニハードルという障害物がありましたが、はじめの方は探りながらもすぐにアクセルキャッチができましたね。

 

そこから発展して行うのがL字3 v 2(中学生は4 v 3)です。

 

ボールを手にした選手が最初に行うのが前にスペースがあるかどうかを確認することです。

 

そしてスペースに対してランするのかパスするのかキックするのか、判断が伴うプレーを選択します。

 

今回はキックは無かったのでランかパスですね。

 

2択でもなかなか上手くいかないことも多かったので、我々コーチはキーポイントを提示してます。

 

必ずしもそれが成功するための絶対的な鍵とは言えませんが、重要なキーポイントであることは間違いないので失敗を恐れずチャレンジして欲しいです。

 

 

■トライラック&ダブルアクション

 

雨でグラウンドが濡れてましたが、開き直ってみんなでトライラックしてダブルアクションを学びました。

 

特に難しいテクニックは無いのですが、丁寧に行うことが後に行うボールゲームでチャンスを得たりミスを無くしたりする事ができます。

 

比較的みなさん一生懸命に取り組んでくれましたね。

 

 

■ボールゲーム

 

中学生は雨が強くなってきたのでゲームのテンポを上げました。

 

なのでハードなボールゲームになったと思います。

 

小学生はボールゲームの合間にタカトレを行いました。

 

ボールキャリアの判断とサポータープレーヤーの役割の質が上がってますので、トライの質も一気に上がっております。

 

狭いスペースに新しいスペースを作り出すスキルとそこにボールを運ぶスキル。

 

もしかしたらまだなんとなくでやっているのかも知れませんが、これを理解しながら実行出来ればさらに今後が楽しみになりますね。

 

タカトレ

 

本日の太田クラスの練習メニューです。

 

1 ダイナミックストレッチ

2 SAQ

→反応ダッシュ

3 10パスゲーム

4 ラグビースキル

→ストレートラン&アクセルキャッチ

→L字3 v 2 (4 v 3)

→トライラック&ダブルアクション

5 ボールゲーム&タカトレ

6 振り返りの時間

 

W.K.S.P

Takashi MIYAKE

2019/07/17

第14回W.K.S.Pアカデミー前橋クラスレポート

W.K.S.Pアカデミーのコーチを務めます、みやっきーです!

 

異常なほどに日照時間の短い7月も半分を過ぎて、本日は久しぶりに太陽と青い空に会うことが出来ました。

 

晴れてるとテンションが上がるのは皆さんも同じだ思うのですが、やっぱりパワーもらえますね!

 

明るい存在は太陽だけでなく、アカデミー生も、そして我々コーチもそうでありたいと思うので元気と笑顔を忘れずに残り少ない1学期を楽しみたいと思います。

 

では本日のレポートです。

 

■アクティブウォーミングアップ

 

フレッシュな状態のダイナミックストレッチは集中力が高いですね!

 

スタートからゴールまで行うこと、ルールを守ろうとすること、そして指摘やアドバイスを仲間同士で行えてること。

 

皆さんの姿勢や雰囲気がダイナミックストレッチの質を上げてました!

 

継続していけることを期待してますね。

 

低い姿勢でも目線は前に

反応ダッシュ

反応ダッシュ②

 

■10パスゲーム

 

先週から導入したゲームです。

 

10回連続でパスを繋ぐというシンプルな目的に対してルールも単純です。

 

しかし成功のイメージはあるものの、なかなか10回連続が成功しないのはディフェンス側の頑張りがそうさせていました。

 

ディフェンス側が必死で阻止しようとするアクションはとても嬉しいことなので、その上で成功させるアタックを目指して欲しいですし、やはり「スペース」という大きなキーポイントに対してどうコミットするのかをプレーの中で答えてほしいと思います。

 

■ストレートラン&アクセルキャッチ→L字 3 v 2

 

まっさんが行うL字3 v 2に連動させるために同じ場所でストレートラン&アクセルキャッチを行いました。

 

ただし、寝かせたヒットシールドをランニングコースに置くことで障害物となり、その障害物を気にしつつストレートラン&アクセルキャッチにチャレンジしてもらいました。

 

低いとはいえ、ヒットシールドを飛び越えながら加速してキャッチすることは特に小学生の皆さんは最初戸惑ってましたね。

 

無意識にブレーキがかかってました。

 

でも、慣れてくるとタイミングを上手く取りながら勢いも付いてきました。

 

さらに前回の「我慢」と「アーリーキャッチ」に加えて「コミュニケーション」もキーポイントとして追加しました。

 

障害物を意識しつつ

まっすぐ走って加速しよう!

中学生はスムーズでしたね

L字3 v 2

 

■トライラック&ダブルアクション

 

今年度、初めて導入するダブルアクション。

 

と言っても入り口はトライラックですのでまずは改めてトライラックのテクニックを丁寧に行うことなら始めてダブルアクションを行いました。

 

ダブルアクションとは、ボールキャリアが倒れた後に再度起きがってボールをピックアップするプレーのことです。

 

これを習得することでさらに前進のオプションが増えて敵に脅威を与えます。

 

プレーの説明をしています

 

■ボールゲーム

 

先に行ったダブルアクションをルールに追加して今週はボールゲームを行います。

 

すでに昨年までいたアカデミー生は体にダブルアクションが染み付いているので、チャンスがあれば狙うし無ければ味方にボールをリリースする動作が自然でした。

 

また、ディフェンス側もダブルアクションをさせないようにラックの真裏にすぐ蓋をするようなポジショニングを取りました。

 

さすがですね!

 

しかしそこにディフェンスが立つということは新たなスペースが生まれると言うことです。

 

これでさらにアタックとディフェンスの駆け引きが見れる事を楽しみにしてます!

テンポの良いボールゲームでした

 

本日の前橋クラスの練習メニューです。

 

1 ダイナミックストレッチ

2 SAQ

→反応ダッシュ

3 10パスゲーム

4 ラグビースキル

→ストレートラン&アクセルキャッチ

→L字3 v 2 (4 v 3)

→トライラック&ダブルアクション

5 ボールゲーム&タカトレ

6 振り返りの時間

 

W.K.S.P

Takashi MIYAKE

2019/07/15

第14回Wonderful Kids Sports Parkレポート

キッズパークのコーチを務めます、タカです!

 

先週の水曜にガーナから帰国してきました。

今週からキッズパークに戻ります!みなさんのおかえり~!が嬉しかったです!

 

今日は3連休の最終日、海の日での開催となりました。

祝日だったので、ワイルドナイツの練習を見に来たギャラリーが多かったですね!

 

そんな中での開催だったので、キッズパーク生も最初は周りを気にしてましたが、10分後にはメニューに集中してましたね!

 

とここで事務連絡です。

来週は体力測定をやります。

再来週から9月の初めの月曜まではキッズパークおやすみとなります。

 

キッズパークに来るたびに成長している皆さんですが、特に今日変わったなぁ~と思ったところは40m走の時のことでした。

4月からずっと取り組んでいるラダーですが、腕の振り方や、足の運び方のポイントをずっと言い続け、それを基に、アジリティポールやミニフープと応用していきます。

特に2部の子たちは身体が染み込んでいるぐらい足捌きが素晴らしいものになっています!

 

そこで40m走では、2人組になって競い合う形になるので、フォームはそっちのけるだろうなと思ったら、きちんと腕を振ったり、足を運んでいました!

 

これまでコツコツを積み重ねてきたことをフォームに出ていて、成長したなぁと思う瞬間でした。

 

本日のキッズパークです。

準備運動

ラダー

ダッシュ

ジグザグダッシュ

反応ボールタッチ

バレー

 

W.K.S.P

大塚 貴之

2019/07/12

第13回W.K.S.Pアカデミー熊谷クラスレポート

W.K.S.Pアカデミーのコーチを務めます、みやっきーです!

 

本日はいつもアカデミー熊谷クラスをサポートして下さる立正大学ラグビー部の学生さんがオフのため、スタッフの太田さんと一緒に開催致しました。

 

学生さんがいないといつもよりも雰囲気がおとなしい感じがして、改めて学生さんのサポートに感謝するばかりです。

 

しかしアカデミー生はいつも以上に雰囲気を盛り上げて楽しんでくれた印象がありました。

 

もうすぐ夏休みだからテンション上がってるのでしょうか。笑

 

では本日のレポートです。

 

■アクティブウォーミングアップ

 

普段はダイナミックストレッチの前に一つ、ファンゲームをやってからダイナミックストレッチに移るのですが、今週は最初からダイナミックストレッチを行ってます。

 

特にこれといった狙いは無いのですが、プログラムを進める都合上ということでご理解下さい。笑

 

というのは半分冗談で、ファンゲームのメリットはモチベーションを上げるところがあるのですが、一方でこの時期は汗をたくさんかいてしまって丁寧に行って欲しいストレッチの動きが散漫になることもあります。

 

なので、この時期はダイナミックストレッチから行うのも良いかもしれませんね!

 

ダイナミックストレッチ

仰向け頭が進行方向

仰向け足が進行方向

で、ダッシュ!!

 

■10パスゲーム

 

「全員で数をカウントしましょう」という絶対条件に対して、本日の熊谷クラスのみんなは意識が強かった印象です。

 

「みんなで数えよう!」と、途中で仲間同士の声がけもあったことがさらに意識を強めました。

 

そうなんです、コーチはみんなの安全を守りながらキッカケを与える存在であって、自発的にプレーすることを望んでます。

 

ルールの中でいろんな可能性を探ったり、ルールを守ろうとすることに間違いはありません。

 

なのでどんどんアカデミー生達が率先してプレーしてくれることをこれからも期待してます!

 

■ストレートラン&アクセルキャッチ(みやっきー)

 

この後に行うまっさんのL字3 v 2に連動させるために、同じ場所で行いました。

 

加速してボールをもらうメリットは、皆さんのイメージ通りディフェンスを突破することにありますが、さらにはパスを投げる味方にもパスを投げる猶予を与えるためでもあります。

 

早くボールがもらいたいからといって、ボールをもらう前に浅い位置(フラット)に走ってしまうとそれ以上前に投げられないので焦って雑なパスになりかねません。

 

なので十分なタメが必要です。

 

十分なタメを作るキーポイントは我慢です!

 

■L字 3 v 2(まっさん)

 

上記のドリルでグッドイメージを持って行った結果、僕が見ていた中学生はアクセルをガンガン踏み込んで3 v 2を攻略してました。

 

小学生はやはりディフェンスに対する意識が強すぎて自らで難しくしてしまう印象がありましたが、イメージはしっかりあるのであとは失敗を恐れずにチャレンジして欲しいですね!

 

■ボールゲーム

 

2分間のボールゲームですが、運動量の多いゲームに小中学生共に汗をたくさんかいて息を切らしてました。

 

非常にいい傾向でして、要因としましてはブレイクダウン3秒ルールというクイックボールリサイクルがそうさせてますね。

 

さらに細かいスキルまでこだわってゲームをしてるので、質が高い状態になっております。

 

これは皆さんが成長している証なので、自信を持ってチャレンジし続けてください。

 

サポートの学生さんはお休みでした

 

本日の熊谷クラスの練習メニューです。

 

1 ダイナミックストレッチ

2 SAQ

→反応ダッシュ

3 10パスゲーム

4 ラグビースキル

→ストレートラン&アクセルキャッチ

→L字3 v 2

5 ボールゲーム&体幹トレーニング

6 振り返りの時間

 

W.K.S.P

Takashi MIYAKE

2019/07/11

第13回W.K.S.Pアカデミー太田クラスレポート

W.K.S.Pアカデミーのコーチを務めます、みやっきーです!

 

本日は午前中にぐんま国際アカデミー初等部の3.4年生を対象にタグラグビー教室を行いました。

 

4年生にはアカデミー太田クラスの生徒もいて、アカデミーでは見れない一面も見れたことが嬉しかったです!

 

逆に我々が普段見せない表情も見られた?見てもらえた?かも知れません。笑

 

そして今日のアカデミー太田クラスはあいにくの、いや恵みの雨という思考で90分を全力で行いました。

雨の日だからできる経験は、雨の日の試合に必ず活かされます。

 

それは試合の日に天気は選べないので、練習もなるべく安全に配慮しつつ天候という刺激も与えて行きたいと思ってます。

いつもよりもボールが滑るしグラウンドも滑りやすい。

 

ではどうしましょうか?

 

というのを体感的に学ぶ良い機会でしたね!

 

では本日のレポートです。

 

■アクティブウォーミングアップ

 

まっさんが担当するダイナミックストレッチ。

 

本日は雨の影響もあって、いつも以上に神経を使ったストレッチができましたね!

 

4月から数えて13回目の週ですが、可動域も非常に広がってダイナミックな動きになりました。

 

さらにアカデミー生同士で「オフサイドすダメだよ!」「最後までがんばれ」「ナイスナイス」という言葉が出てきたのも嬉しいですね。

 

様々な動きにチャレンジできましたね!

 

■10パスゲーム

 

このゲームではスペースにボールを運ぶにはもってこいのドリルだと思います。

 

なぜならばボールゲーム(タッチフット)と違って、ディフェンスにタッチされても関係なくプレーが続くからです。

 

つまりプレッシャーを軽減するためのアイデアがたくさんあるため、自分達でプレッシャーを作り出さない限り10回パスを繋ぐことはそう難しくはありません。

 

でもどうしても早く達成したいという本能がミスを誘います。

 

気持ちをコントロールして、適切な判断ができるよう期待してます。

 

10回繋がったかな??

 

■ストレートラン&アクセルキャッチ(みやっきー)

 

雨の中ではありましたが、非常にチャレンジングな姿勢で行なってくれました。

 

目的とキーポイントの理解が強かったですね!

 

なので来週は難易度を上げたいと思います!笑

 

ストレートラン&アクセルキャッチ

 

■L字 3 v 2(まっさん)

 

中学生クラスはドリルの理解と実行が伴っていたと思います。

 

スキルレベルがかなり高くなりましたね。

 

しかし時折ですが、無意識にプレーすると簡単なエラーがあったので油断せずに取り組んでいきましょう!

 

小学生クラスはドリルの理解は出来ていましたが、イメージと実行が少し離れていたのでディフェンスの動きに制限をかけて成功体験をなるべく多くするようコントロールしました。

 

ドリルを簡単にすることは決して甘やかしではなく、自信に繋げて向上心を育む狙いもあります。

 

一方で簡単過ぎるとプレーにムラが出るので、その際はドリル難易度を上げる事も引き出しとして持っております。

 

■ボールゲーム

 

みんなのプレーの質が格段に上がったことから、2分や1分30秒のゲームでもかなりの運動量を確保することが出来ています。

 

昨年は4分や5分と言う時間をプレーしてましたが、それに近い運動量です。

 

プレーの質が高まって運動量も確保できると細かいスキルが雑になりがちです。

 

本日はその辺りを厳しく笛を吹いてターンオーバーを仕掛けました。

 

だから余計にきつかったかもしれませんね!笑

 

全ては挨拶から

真面目なふりして

ステキな笑顔!

 

本日の太田クラスの練習メニューです。

 

1 ダイナミックストレッチ

2 SAQ

→反応ダッシュ

3 10パスゲーム

4 ラグビースキル

→ストレートラン&アクセルキャッチ

→L字3 v 2 (4 v 3)

5 ボールゲーム&体幹トレーニング

6 振り返りの時間

 

W.K.S.P

Takashi MIYAKE

2019/07/10

第13回W.K.S.Pアカデミー前橋クラスレポート

W.K.S.Pアカデミーのコーチを務めます、みやっきーです!

 

本日のお昼頃にタカから無事に日本に着いたという報告を受けたので、明日の太田クラスからタカが戻って来ます!

 

いろんなお土産話が聞けることを楽しみにしてるし、アカデミー生もぜひぜひタカを質問攻めにしてみて下さい!笑

 

また本日はアカデミー卒業生のヒロト(関東学院大学ラグビー部)とサワ(明和県央高校ラグビー部)が遊びに来てくれました!

 

嬉しかったなぁ!ありがとう!

 

では本日のレポートです。

 

■アクティブウォーミングアップ

 

まっさんが担当してくれるSAQでは今月「反応ダッシュ」を行ってます。

 

様々なスタートポジションからスタートの合図とともにゴールを目指します。

 

反応の速さ、体の使い方などを意識、工夫すれば短い距離のダッシュなので誰でも一番を取れますよ。

 

集中力や柔軟性がキーポイントかもしれませんね。

 

長座スタート

仰向けスタート

手を使わず起き上がって

ダッシュ!!

 

■10パスゲーム

 

ボールゲームのコートの中で、パスを10回連続繋ぐチームゲームです。

 

ただし条件がありまして、リターンはなし、全員でカウント(数をコール)すること、パスミスやパスカットされてはダメ、ディフェンスにタッチされても良い、です。

 

これらの条件を理解して実行するのは最初の方は難しかったみたいですが、次第にやりながら工夫されていきました。

 

この10パスゲームもスペースにボールを運ぶゲームなので、ボールを持つ人とサポートする人がスペースを見つけなければ邪魔をしてくる相手からチャンスを得ることは出来ません。

 

そしてパススキルやハンドリングスキル、コミュニケーションスキルと言ったファンダメンタルスキルもさらに要求されました。

 

■ストレートラン&アクセルキャッチ(みやっきー)

 

今週で3回目と言うこともあり、加速してキャッチするためのキーポイントである「我慢」と「アーリーキャッチ」の理解と実行は素晴らしかったてますね!

 

真っ直ぐ加速できればディフェンスに脅威を与えることが出来ます。

 

テニスボールで

続いてラグビーボールで!

 

■L字 3 v 2(まっさん)

 

横にスライドしてくるディフェンスに対して真っ直ぐ、そして加速してボールをもらえるかどうかを目的としたドリルです。

 

いざディフェンスがつくと、さっきまでの勢いや加速が無くなって途端に消極的な動きに変わってしまいました。

 

減速したりプレッシャーに負けて前も見ず理由のないパスを選択したりと目的から遠ざかってしまいましたね。

 

途中でまっさんが修正のレビューをしてズレてしまった目的の修正やキーポイントを整理してくれました。

 

ナイスアーリーキャッチ!

まっすぐ走ろう!

 

■ボールゲーム

 

先週に続いてターンオーバー時には新しいボールをどんどん投入するルールで行いました。

 

運動量が上がることと、ターンオーバー時のリアクションが上がることを狙いとしてます。

 

4月から継続している成果はボールゲームでたくさん表れている一方で、細かいテクニックが少し薄れつつあります。

 

例えばトライラック。

 

形としては成り立ってますが、片手を微妙についたりトライをしてるけど胸とボールに空間があったり。

 

ブレイクダウン3秒ルールも慣れてきて自然になっているようでもキツイ時に遅れる傾向にありました。

 

細かい気配りや小さいことへの取り組みがここまでの皆さんを積み上げてきましたので、改めてそう言った部分に目を向けてまた来週期待してます!

 

みんな大好き体幹トレーニング!笑

 

本日の前橋クラスの練習メニューです。

 

1 ダイナミックストレッチ

2 SAQ

→反応ダッシュ

3 10パスゲーム

4 ラグビースキル

→ストレートラン&アクセルキャッチ

→L字3 v 2 (4 v 3)

5 ボールゲーム&体幹トレーニング

6 振り返りの時間

 

W.K.S.P

Takashi MIYAKE 

2019/07/8

第13回Wonderful Kids Sports Parkレポート

キッズパークのコーチを務めます、まっさんです!

 

どんよりした空模様でしたが、雨の心配もなく過ごしやすい1日でしたね^^

 

夏休みまで今日のキッズパークをあわせて残り3回です!

 

雨に降られることなくグラウンドで開催できるといいですね!

 

さて、本日は子ども達にタグラグビーを伝えにガーナまで行っているタカコーチに変わり、みやっきーがお手伝いに来てくれました!

 

みやっきーとははじめましてや、おひさしぶりのキッズパーク生^^

 

最初は少し緊張もありましたが、すぐにいつも通りのキッズパークの雰囲気になりました!

 

 

準備運動で体をしっかりほぐします。

 

肩周りをしっかり動かすことで様々な動きができるようになります。

 

 

このような動きもスムーズにできるようになりましたね^^

 

 

腕を振ることで、さらに下半身に力が加わります!

 

 

ラケットリフティングでは利き手とは違う方の手でもチャレンジして脳にたくさん刺激を与えます。

 

苦手意識があるため難しいと思いがちですが、あまり結果に差はなかったですね^^

 

集中力もアップしております!

 

 

ラケットバッティングでは思いきりの良いスイングが見られました。

 

どこまで打っても文句のない広いグラウンドです!

 

みんな上手くラケットに当たるようになりました^^

 

 

最後はバッティングゲームです!

 

このバッティングはラケットやバットでボールを打つのではなく、素手でボールを打ち返します。

 

小さい動きだとあまりボールに力が伝わりません。

 

体全体を使い、さらには肩周辺をより大きく動かしてボールに力を伝えましょう^^

 

 

来週15日は「海の日」で祝日ですが、キッズパークは開催します。

 

そして再来週22日は体力測定をします!

 

あっ!という間に夏休みですが、残りのキッズパークもお楽しみに^^

 

本日のキッズパークです。

1.準備運動

2.色々な動き

3.ラダー

4.ラケットリフティング

5.ラケットバッティング

6.バッティングゲーム

7.振り返りの時間

 

W.K.S.P

田仲 一正

 

2019/07/5

第12回W.K.S.Pアカデミー熊谷クラスレポート

W.K.S.Pアカデミーのコーチを務めます、みやっきーです!

 

トップリーグカップ戦も今週末で第3節を迎えます。

 

ワールドカップまで80日を切ってまして日に日に楽しみが増しますが、一足先に国内の試合も見どころが満載で面白いですね!

 

トップリーグと違ってこのカップ戦の位置付けはチームの底上げであったり、新しい戦力のテストだったり、今のチームの仕上がりを確認したりとチームによって目的は違いますが、だからこそチームの個性やカラーが見えて楽しめます。

 

また、トップリーグ16チームに加えて下部リーグのトップチャレンジ8チームも試合が行われますので、普段見れないカードが観れるのも嬉しいですね!

 

昔と違ってラグビーも移籍が主流になりつつありますから、複雑な想いはあっても他チームで頑張る元ワイルドナイツを応援するのも楽しみの一つです!

 

では本日のレポートです。

 

可動域も大きくなってきましたね!

ダッシュ!!

 

■ミラーパス(まっさん)

 

アタック側の動きをディフェンス側がミラー(鏡)のように真似をするドリルです。

 

パスをすれば同じようにパス、移動すれば移動する。

 

アタックはできるだけ真似をされないようにディフェンスがいないところにボールを運べるか。

 

またディフェンスはスペースを与えないようにアタックの前に立てるか。

 

それをパスをしながら行うのでいろんなところを見なくてはなりません。

 

急ぐあまりパスが雑になってしまったり、味方ばかり見ていて真似をする相手が前にいなかったり様々な状況がありました!

 

ミラーパスのポイントは「体を真正面にする」と「アーリーキャッチ」です。

 

焦らず正確に、そして素早いパスで相手を翻弄できるようにしていきましょう。

 

■3 v 3(まっさん)

 

Q.B.R(クイックボールリスタート)を目的としてきましたが、本日は目的をトライを取ることとしました。

 

その目的を実行するために、「Q.B.R」がキーポイントとなってきます。

 

そしてもう一つのキーポイントとして「要求」を追加しました。

 

ラグビーでは前にボールを前に投げられないのでサポートはキャリアの後ろにいなければなりません。

 

思っていることを口に出して伝えることでパスが回って有効な攻撃につながります。

 

おそらく思っていることは間違っていないと思います!

 

自信を持って口に出してトライを目指しましょう^ ^

 

■ストレートラン&アクセルキャッチ(みやっきー)

 

加速してボールをもらう重要性をアカデミー生に理解してもらってこのドリルを行うと、明確なイメージがありますのでボールをもらう勢いはとても良いです。

 

さらにその前のSAQでアカデミー生のトップスピードを引き出してますから、加速できた時とできない時の基準が明確です。

 

そこには2つのキーポイント(我慢とアーリーキャッチ)が明確であることも要因ですね。

 

まっすぐ!そして加速してキャッチ!!

 

■Call 3 v 2(みやっきー)

 

コートの中に5人が入って、コーチのナンバーコールでアタックとディフェンスに分かれるのですが、小学生と中学生共にコートに入ってからそれぞれ番号を決めて、しかもそれがアカデミー生それぞれ好きな番号を言ったりランダムに決めておりました。

 

そしていざスタートしてコールを送ると、言われた番号の人がいないという状況が多々あり、やりたい練習の前に「準備はいつしてますか?」という問いかけが必要でした。

 

みんな言われると格段と出来るようになります。

 

でも特別難しい事を言ってるわけではないので、とても無駄な時間を過ごしている事に気付いて欲しいと思います。

 

「当たり前のことを一生懸命に」をもう一度思い返して欲しいと思いました。

 

さぁ、スペースはどこかな??

 

■ボールゲーム

 

ターンオーバーの時は新しいボールを投入するルールのおかげで、狭いコートを縦横無尽に動く事になりますのでアカデミー生とっては狭いコート、短い時間のなかでもかなりの運動量が確保できて心肺機能にも負荷を与えることが出来ました。

 

そんななかでもリアクションスピードを上げてより正確なプレーができるかどうかを狙いとしてます。

 

そこにコミュニケーションが加わるとさらに良いですね!

 

体幹トレーニングもきっちりと!

チームトークで各チームのキーポイントを決めてもらいました

本日の学生サポートの皆さんです

 

本日の熊谷クラスの練習メニューです

 

1 アクティブウォーミングアップ

→ダイナミックストレッチ

2 SAQ

→反応ダッシュ

3 ラグビースキル

→ミラーパス

→3 v 3(まっさん)

→ストレートラン&アクセルキャッチ

→Call 3 v 2(みやっきー)

4 ボールゲーム

5 振り返りの時間

 

W.K.S.P

Takashi MIYAKE 

2019/07/4

第12回W.K.S.Pアカデミー太田クラスレポート

W.K.S.Pアカデミーのコーチを務めます、みやっきーです!

 

本日よりタカコーチはガーナに向かいました。

 

ガーナに行って、ガーナに住むデフの人達にタグラグビーの普及のために日本デフラグビー界、いや日本ラグビー界を背負って頑張ってくれると信じております!

 

なので本日はまっさんと2人で太田クラスを担当致しました。

 

2人でもアカデミー生達の安全と充実は変わらず行えるよう、まっさんと打ち合わせを入念にして準備致しました。

 

終始どんよりとした空でしたが、雨も降ることなくお天気も手伝ってくれて運動量の多いアカデミーが行えました!

 

では本日のレポートです。

 

■アクティブウォーミングアップ

 

今週よりまっさんのSAQドリルが反応ダッシュに変わりました。

 

様々なスタートポジションからまっさんの合図でスタートして、7~8m先のゴールまで全力で走るというシンプルなドリルです。

 

シンプルであるが故に、正しいスタートポジションからオフサイドせずに全力でゴールに向かう事が出来たでしょうか。

 

仲間と競争することもウェルカムですが、まずはルールを守って自分が出来る精一杯で勝負できる癖を身につけましょうね!

 

様々なポジションからダッシュ!

 

■ストレートラン&アクセルキャッチ(みやっきー)

 

昨日の前橋クラスに続いてアクセルキャッチ(加速してボールをもらう)をするためにまずはエアーパスでグッドイメージを持ってもらってテニスボールを使いました。

 

テニスボールを使うことで、キャッチの意識が強過ぎてアクセルにブレーキをかける道具になるかなと仕掛けましたが、小中学生ともにブレーキがかかることもなく、テニスボールという小さいボールに捉われずにアクセルをガンガン踏んでましたね!笑

 

そして仕上げに行ったラグビーボールでは、パスもさらにスムーズになってアクセルキャッチの質も上がりました。

 

ナイスアクセル!!

 

■Call 3 v 2(みやっきー)

 

タカのドリルを引き継ぎました。

 

トライを目的として、トライを取るためにアタックは適切なポジショニングを取ることがキーポイントとなりました。

 

しかし「適切なポジショニング」って何でしょうか??

 

幅、深さ、タイミング、プレーヤーのキャラクター、ディフェンス、その他外的要因(雨や汗や風など)など挙げればキリがないのですが、トライを取るために必要なポジショニングはボールキャリアではなく、サポートプレーヤーが意識しないといけませんね。

 

「適切なポジショニング」を取るためにとにかく早いセットが条件になってきますので、ここでもリアクションスピードが武器になってきます。

 

スペースはどこにあるかな??

スペースにボールが運べた!

中学生はさらにスピード感ありましたね!

 

■3 v 3(まっさん)

 

ボールゲームを行う前のミニゲームと言ったところでしょうか。

 

3 v 3でラスト2回の攻撃というシチュエーションでアタックはトライを狙います。

 

3 v 3であっても一気に攻めるのももちろんオッケーですが、2回のあるチャンスをどう活かすかがキーになります。

 

つまりディフェンスに捕まっても、条件として捕まえたディフェンスがアタックに回りますから有利な状況を作れます。

 

そこからクイックボールを展開することがトライを取るための最短距離だと思います。

 

クイックボールを出すために焦ってパニックにならないように様々な状況のイメージをしましょう。

 

ドリルの説明を聞くアカデミー生達

クイックボールが出せればチャンスです!

 

■ボールゲーム

 

新しいルールとしてターンオーバーが起きた場合、新しいボール(ゲーム中にはニューボールと表現してました)を投入してアンストラクチャーな状況に拍車をかける状況の中でプレーをしてもらいました。

 

慣れないルールに戸惑いがありましたが、次第に慣れてきてリアクションも早くなってスピード感がありました。

 

アタックからディフェンス、ディフェスからアタックに変わるスピードが早ければ早いほど絶対に良いです。

 

しかし往々にどのカテゴリーも後者は得意なのですが前者が苦手です。

 

意識としては平等にあると思うのですが、アタックだったのにディフェンスに変わることにネガティブなイメージをもってます。

 

いわゆる「ミス」におけるターンオーバーですからね。

 

でもレフリーが笛を鳴らさない限りプレータイムなので、ミスが起きた瞬間止めてしまうコーチングをするのではなく、アタックがアドバンテージを得ながら攻めるのであれば続ける癖を練習でやることが大切ですね。

 

引き続きいろんな刺激をアカデミー生には経験してもらえるよう、いろんな仕掛けをしていきますね!笑

 

本日の太田クラスの練習メニューです。

 

1 アクティブウォーミングアップ

→ミラーパス

→ダイナミックストレッチ

2 SAQ

→ミラーラン

3 ラグビースキル

→ストレートラン&アクセルキャッチ

→Call 3 v 2

→3 v 3

4 ボールゲーム&タカトレ

5 振り返りの時間

 

W.K.S.P

Takashi MIYAKE