ワイルドナイツスポーツプロモーション

お問い合わせ賛助会員募集

BLOG 理事ブログ

2020/11/23

第22回Wonderful Kids Sports Parkレポート

キッズパークのコーチを務めます、まっさんです!

 

今年最後の3連休。本日は勤労感謝の日ですね。

 

風が強く吹く日もありましたが天気も良かったので、お出かけ日和でしたね^^

 

とはいえ、新型コロナウイルスの新規感染者も増加傾向にあるので、寒い季節になりますがこまめな手洗いや換気を心掛けていきましょう。またマスクは保湿効果や喉の乾燥を防ぐ面でもこれからの季節は有効ですね。

 

さて本日のキッズパークでは新しいプログラムを取り入れました。

 

テーマはリアクション。つまり「反応」ですね。

 

その1つが「リアクションスタート」です!

 

コーチが右左の指示を出した方向にステップを踏みます。

 

視覚から得た情報を素早く動作に移す反応能力を使います。

 

指示とは反対の方にステップを踏む応用編も行いました。

 

 

頭では理解していても、出された方につい反応してしまうシーンもありましたね^^

 

また、ボールに反応してスタートし、キャッチもしくはお尻キャッチ(ボールに座る)をしました。

 

後ろからコーチが投げたボールが見えるとスタートを切り、ボールをキャッチします。

 

 

 

 

スタートのタイミングが分からないので、ドキドキしますね!

 

フライングしないように、ボールが見えればGO!できる反応能力が必要ですね。

 

また自分の手でキャッチすることには慣れていますが、お尻キャッチは普段やりませんよね。

 

転がるボールに対してお尻キャッチって意外と難しいです。

 

 

 

ボールのスピードに合わせ自分のスピードをコントロールし、丁度のタイミングでお尻を降ろさないとキャッチできません。

 

キャッチできなくても全然OKです^^

 

今はスタートのリアクションが早くできるようにチャレンジしましょう!

 

最後はタグを使った鬼ごっこをしました。

 

タグを取る難しさもありますが、その分タグを取れたときってうれしいですよね^^

 

必死になってタグを追いかける姿は、コーチも手に汗握ります!

 

 

タグを取るための相手との距離感や、反応する能力などは今が一番発達するので、今後もたくさんのチャレンジを期待しています^^

 

 

 

 

【次回KidsParkのご案内】

日時:2020年11月30日(月)

場所:大泉町 南公園

1部(1,2年生) 16時40分~17時40分

2部(3,4年生) 17時50分~18時50分

 

本日のキッズパークです。

 

1 準備運動

→リズムあそび

→四股

2 リアクションジャンプ

3 ミニハードル

4 リアクションスタート

<1部>

5 穴うめリレー

6 タグ取り鬼ごっこ

 

<2部>

5 タグ取り鬼ごっこ

 

振り返りの時間

 

KidsPark

田仲 一正

2020/11/21

第20回W.K.S.Pアカデミー熊谷クラスレポート

W.K.S.Pアカデミーのコーチを務めます、みやっきーです!

 

本日は驚くほどに風が強かったのでテントが立てれませんでした。

 

準備していたマーカーも飛ばされるので、各コーチ共に練習の準備に一苦労でしたね。笑笑

 

どんな環境でも工夫をしてメニューを考えて最高の準備をするのがコーチの仕事ですので、本日の強風は我々のレベルを上げてくれる貴重な機会でした。

 

 

先週に続いてタグラグビーをしたかったのですが、風でタグが飛ぶことを予想されましたのでタグラグビーはやめて、ボールゲームに切り替えました。

 

また風が強いことで空気の乾燥をより一層感じやすくなりますから、こまめな水分補給はもちろんなのですが改めて手洗いやうがいを徹底して、消毒とマスクも無意識レベルで自然にしましょうね。

 

 

一人一人の当たり前の行動でリスクは一気に軽減されるのは私生活においてもラグビーにおいても同じです。

 

「自分さえ良ければ」がほんの少しでもあったらチームは崩れます。

 

と、自分自身に言い聞かせて僕も私生活を再度見つめ直しますね!

 

さて、本日のレポートです。

 

■3対3(タッチ)

 

風がとても強かったのでタグラグビーはやめてボールゲームに繋がるミニゲームを行いました。

 

 

このメニューの目的は「速いテンポのアタック」です。

 

アタックのテンポを上げるために、ディフェンスにルールを加えました。

 

ディフェンスはタッチをしたらサイドラインやインゴールにランダムに置かれたカラーフープへ行ってから参加をしなければならないのでアタックにスペースが生まれます。

 

 

さらにアタックはタッチされたらすぐにパスができるので速いテンポが作りやすいですね。

 

しかし速いテンポはタッチされたボールキャリアだけでは作り出せません。

 

サポートプレーヤーのもらい方、タイミングがとても重要です。

 

ディフェンスがいないところ、ボールがもらいやすいところを狙ってサポートプレーヤーからも速いテンポを作り出しましょう。

 

■2ラインアタック(タカレポート)

 

 

 

アタック側は2人で、トライを取りに行くのですがサポートプレイヤーはボールキャリアの動きを見てからフォローする形になります。

 

その時にサポートプレイヤーが無言のままだと、ボールキャリアはどう思うのだろう?

 

 

ついてきてくれてるのかな?今どこにいるだろう?と思います。

 

安心させるという意味も含めて、右!左!今!など声掛けしてあげましょう。

 

 

それがコミュニケーションの一部となります。

 

声だしは間違ってるかもと委縮するかもしれませんが、練習なので間違っても大丈夫ですよ。

 

どんどん2人でトライ取るようにするためにチャレンジしましょう!

 

■はりつきディフェンス(まっさんレポート)

 

 

先週同様ディフェンスのドリルとなります。

 

目的は「ボールの前にはりつく」こと。

 

 

素早い反応とそれに対応できる姿勢が本日も見られました。

 

この姿勢とは、重心を低くすることですね!

 

重心を低くすることで左右どちらにも素早く動くことができます。

 

また左右だけでなく、前や後ろ、そして下のボールにも対応できるので低い姿勢はとても重要になります。

 

また、両端のプレイヤーにボールが渡った時にパス方向が1つしかないので、パスの折り返し待ちをしてしまうディフェンスもいましたが「ボールの前にはりつく」という目的は達成されません。

 

細かいですが、こういったところからスペースは生まれてくるので、しっかりボールの前に立てるようにしましょう!

 

■ボールゲーム

 

3対3のミニゲームをコートの広さを大きくして人数を増やした形で行いました。

 

 

3対3の目的がしっかり達成されていたのでボールゲームでもアタックは速いテンポでのアタックが出来ていましたね。

 

さらにサポートプレーヤーがディフェンスのいないところを狙ってボールをもらいに行く場面も多くて、速いテンポの中にもスペースを探してトライを狙うもらい方は非常に良かったですね。

 

 

アタックのテンポが上がるとなかなか止めることは出来ません。

 

アタックはその勢いを大切にしましょう。

 

ディフェンスはテンポを上げさせないためにどうしましょうか。

 

 

もしテンポを上げられても止める方法はあるのでしょうか。

 

それぞれのやり合いが楽しみですね!

 

【次回のW.K.S.Pアカデミー熊谷クラス】

日時:2020年11月28日(土)

場所:熊谷スポーツ文化公園内 西第1多目的広場

小学生:13時50分〜15時10分

中学生:15時30分~16時50分

 

本日の熊谷クラスの練習メニューです。

 

1 アクティブウォーミングアップ

→ミラードリル(1対1)

→ダイナミックストレッチ

2 3対3(タッチ)

3 2ラインアタック

4 はりつきディフェンス

5 ボールゲーム&タカトレ

6 振り返りの時間

 

W.K.S.P

Takashi MIYAKE

2020/11/20

第20回W.K.S.Pアカデミー太田クラスレポート

W.K.S.Pアカデミーのコーチを務めます、まっさんです!

 

ここ最近11月とは思えないくらい暖かく、からっ風の準備をしていましたが、半袖で十分過ごせる陽気でしたね。

 

また新型コロナウイルスの新規感染者も日に日に多くなってきました。

 

アカデミー開始前後のアルコール消毒、またトイレや手洗い場にはハンドソープを準備しておりますので、手洗いやうがいの徹底をしていきましょう!

 

では、本日のレポートです。

 

■3対3(タグ)

 

先週に引き続き、最後の変則タグラグビーをより良く楽しむため、そして質の高いプレーを引き出すために3対3(中学生は2対2)のミニゲームでたくさんプレーをして「ルールの理解」の目的を達成させました。

 

 

今週はアタックに勢いを与えてテンポを上げてもらいたいので、タグを取られたらすぐにパスをする事を意識してもらいました。

とは言えタグを取られた位置から前に行き過ぎたら戻らないといけないので、勢いを失いテンポも上がりません。

 

なのでアカデミー生には取られたらすぐにパスが出来るようにサポートプレーヤーの重要性と、ある程度のルールの緩和によって勢いとテンポを引き出しました。

 

 

 

ただしこれらは基本ルールを理解していないとアタックの有利性が活かされないのでまずはしっかりとルールを覚えましょうね!

 

■2ラインアタック

タカ考案のメニューです。

 

トライが出来る方向が2方向にあり、DFの動き出しによってトライできる方向が決まります。

 

 

ボールを持ってる人、サポートプレーヤーの位置関係によってスローフォワードになるような場面が多くありました。

 

スローフォワードにならないようにするには?

・溜める(我慢)

・スピードの調整

・走るコース

・コミュニケーション などなど

 

があげられます。

いいポジジョンでボールをもらえるようにトライまでのシナリオをイメージすることが大切です!

 

色んな場面をどんどん練習していってイメージできるように積み重ねていきましょう!

 

 

■はりつきディフェンス

 

先週はアタックを目的としたドリルを行いましたが、本日はディフェンスの「はりつき」を目的としました。

 

3対1(4対1)の状況は変えず、20秒間パスを回すアタックに対しボールの前にはりつきます。

 

 

 

どちらも前進することはありませんが、ディフェンスは右に左に、時にはフェイントに反応し常にボールの前にはりつくので20秒間でもかなりの運動量になりますね。

 

ボールの前、つまりはボールキャリアの前に立つことで前進するスペースを埋めることができます。

 

それだけでも相手に対してはプレッシャーになるので、必死に食らいつくしつこい「はりつき」をこのドリルで磨いていきましょう!

 

■変則タグラグビー

 

3対3のドリルで緩和されたアタック優位のルールが活かされた、とてもスピーディな展開が小学生中学生ともに見られましたね。

 

ボールキャリアのスピードは前回もありましたが、サポートプレイヤーの動き方次第でさらにテンポが上がりました。

 

ディフェンス側も最後まであきらめずにタグを追いかけトライ寸前にタグを取りトライを阻止するプレーも見られ、レベルの高い攻防が見られました。

 

スペースにボールを運ぶアタック、そのスペースを埋めるディフェンスといった考えはラグビーとは変わらないので、タグラグビーとラグビーを切り分けるのではなく、タグラグビーから学んでラグビーの成長に活かしましょう!

 

 

 

【次回のW.K.S.Pアカデミー太田クラス】

日時:2020年11月26日(木)

場所:尾島公園グラウンド

小学生:17時10分~18時30分

中学生:18時50分~20時10分

 

本日の太田クラスの練習メニューです。

 

1 アクティブウォーミングアップ

→じゃんけんすごろく

→ダイナミックストレッチ

2 3対3(タグ)

3 2ラインアタック

4 はりつきディフェンス

5 タグラグビー&タカトレ

6 振り返りの時間

 

W.K.S.P

田仲 一正

2020/11/19

第24回W.K.S.Pアカデミー前橋クラスレポート

W.K.S.Pアカデミーのコーチを務めます、みやっきーです!

 

本日のW.K.S.Pアカデミーではなんと先日、全国高校ラグビー大会群馬県予選を勝ち抜いた明和県央高校ラグビー部の皆さんが遊びに来てくれました!

 

 

まずは全国大会出場おめでとうございました!

 

そして本日遊びに来てくれたみんなはW.K.S.Pアカデミーの3期生と4期生です。

 

卒業しても遊びに来てくれるその気持ちが嬉しいですね!

 

こうして少しずつですがW.K.S.Pアカデミーにも歴史や文化ができていきます。

 

 

関わってくれた全ての人がいるから出来るものです。

 

いつまでもみんながアカデミーの卒業生として誇れる人生を過ごしてもらえるために、我々も変わらず負けずに元気に頑張ります!

 

そしていつでも帰ってこれるように心を開いて待ってます。

 

そんな本日は非常に暖かい1日でした。

 

 

ここ数日は天候に恵まれていますが、乾燥した空気なので水分補給はもちろんなのですがウイルスが蔓延しやすいので気を付けましょう。

 

新型コロナウイルスの新規感染者がまた増えてまいりました。

 

何度も繰り返しになりますが、基本的にはマスクの着用をして距離をなるべく取る意識、そして換気のいい空間を作る工夫と手洗いうがいの徹底を行ってください。

 

みんなで習慣化しましょう。

 

さて本日のレポートです。

 

■3対3(タグ)

 

先週と同じ内容ですが、1週間経つと細かい部分が抜けてしまうこともありますので本日も先週同様に「ルールの理解」を目的に行いました。

 

 

さらに少しアタック側の有利性を与えるためにタグを取られてからすぐにパスを出せば少し前に出ていたとしてもOKとしました。

 

また同様に、タグを取られて2〜3歩前に出てしまっても、止まる意識があれば戻らずにパスをしてもOKとし、ただし大幅に出過ぎた場合のみ戻すようレフリングしました。

 

ここでの理解がタグラグビーの試合の質を上げてくれます。

 

■2ラインアタック

タカ考案のメニューです。

 

 

今週はサポートプレーヤーにフォーカスを当てて、何ができるか考えてもらいます!

 

試合の中ではボールを持つ時間よりも持っていない時間の方が圧倒的に多いんですね。

 

なのでボールを持っていない時間をいかに有効的に使うかによってゲームの優勢に大きく関わります。

 

 

スローフォワードにならないようにするには我慢や耐えることが大事ですが、それ以外にも走るコースがあります。

 

他に自分の位置を知らせる、ボールが欲しいタイミングを伝える「コミュニケーション」も欠かせないです。

 

ジュニア世代で、ボールを持たない時間を意識するとかなり他のチームとは差をつけられます!

 

ボールを持たない時の各々スキルを磨いていきましょう!

 

■はりつきディフェンス

まっさん考案のメニューです。

 

 

 

今週はディフェンスにフォーカスを当てたドリルをしました。

 

アタックは3人でパスを回し、ディフェンスはボールの前にはりつくといったシンプルなドリルです。

 

アタックがトライを取るためにスペースにボールを運ぶことはアカデミー生も理解していますね。

 

逆にディフェンスは相手に前進をさせないように、ボールを持ったプレイヤーの前に立つことでそのプレイヤーの前進という選択肢を減らすことができます。

 

また左右どちらか予測できない中でのはりつきなので、小学生中学生ともに自然と重心が低くなっていましたね!

 

 

素早く反応するための体の使い方はとても良かったです!

 

■変則タグラグビー

 

3対3での続きになりますが、変則的なルールとしてはタグを2本取った場合はタグ2回分とカウントして一気に攻撃権を2回奪うことができます。

 

 

これはディフェンスにとってかなり有利ですよね。

 

しかしなかなか2本一気に取る場面はそう多くはありません。

 

なぜならば1本取ることも意外と難しいからです。

 

 

アタックが必死でディフェンスを交わす動きをしているのも要因の一つですね。

 

しかしまっさんのドリルでやったように、アタックに対して常に真正面でディフェンスをすることができれば、一人で2本のタグを取るチャンスは一気に増えるかもしれません。

 

 

それまでのラグビースキルがタグラグビーのゲームにおいても活きるよう繋がりを意識することはこれまでとは変わりません。

 

ぶつ切りにするのではなく、関連性を持って練習を楽しみましょう!

 

 

 

 

【次回のW.K.S.Pアカデミー前橋クラス】

日時:2020年11月25日(水)

場所:前橋市営ラグビー場

小学生:17時10分〜18時30分

中学生:18時50分~20時10分

 

本日の前橋クラスの練習メニューです。

 

1 アクティブウォーミングアップ

→じゃんけんすごろく

→ダイナミックストレッチ

2 3対3(タグ)

3 2ラインアタック

4 はりつきディフェンス

5 変則タグラグビー&タカトレ

6 振り返りの時間

 

W.K.S.P

Takashi MIYAKE

2020/11/16

第21回Wonderful Kids Sports Parkレポート

キッズパークのコーチを務めます、タカです!

 

先週とは違い、比較的暖かく、運動しやすい環境でしたね。

 

来週以降は先週のようにグッと寒くなる予報のようなので、防寒対策の準備をしてきてください。

 

 

 

さて本日のレポートです

 

今日から少しずつタグを使ったメニューを取り入れていきます!

 

まず、1部は「穴うめリレー」をやりました。

 

フープと同じ色のタグを拾い、フープの中に置くというレースをやりました。

フープに置かれるごとに色がどんどん制限していくので、次にどんな色を拾うべきかが分かってきます。

 

その「分かる」タイミングが早いと次の取るべき行動が早くなります!

 

状況に合わせてどの色を置くべきか、練習の段階から皆さん理解できていたので大いに盛り上がりましたね。

 

 

2部は「1対1(タグ)」ですね。

学年別の運動レベルに応じて、メニューも変えていきます。

腰にベルトとタグがついた状態で、取られずにトライできるか。

というメニューですね。

 

取られないようにするには?

トライを取るには?

 

といろいろと考えられたのではないでしょうか。

 

 

 

今後も楽しく運動しましょうね。そして学んでいきましょう。

 

 

 

 

【次回KidsParkのご案内】

日時:2020年11月23日(月)

場所:大泉町 南公園

1部(1,2年生) 16時40分~17時40分

2部(3,4年生) 17時50分~18時50分

※祝日ですが、通常開催いたします!

 

 

本日のキッズパークです。

1 準備運動

→リズムあそび

→四股

2 まねっこレース

3 ミニハードル

〈1部〉

4 穴うめリレー

5 タグ取り

6 タグ取り鬼ごっこ

 

〈2部〉

4 タグ取り

5 1対1(タグ)

 

7 振り返りの時間

 

KidsPark

大塚 貴之

2020/11/14

第19回W.K.S.Pアカデミー熊谷クラスレポート

W.K.S.Pアカデミーのコーチを務めます、みやっきーです!

 

本日は1971年に制定された、埼玉県民の日なんですね!

 

何かお得なことはあるのでしょうか??

 

祝日とは違うので振替休日はないみたいなのですが。笑

 

風は強かったのですが温かいのが嬉しかったですね。

 

そして本日は全国高校ラグビー大会埼玉県予選の決勝も行われました。

 

今年は第100回の記念大会になりますので埼玉県からは2校の出場枠があります。

 

激戦を制し、見事花園行きの切符を手に入れたのは昌平高校と川越東高校でした。

 

残念ながら負けてしまった正智深谷高校の皆さんと深谷高校の皆さんの健闘も、必ず後輩の皆さんが引き継いでくれることを期待したいですね!

 

さらに本日は群馬県の決勝もありまして、群馬県代表は明和県央高校に決まりました。

(群馬県は1校のみ)

 

決勝を共に戦った東京農大二高の皆さんも本当にお疲れ様でした!

 

両チーム共にアカデミー生が多く、みんなの頑張りが素直に嬉しかったです。

 

コロナ禍においての大会運営になりましたが、皆さんのそれぞれの想いや懸けてきた時間、そして仲間との絆は決して色あせる事なく今後の皆さんの人生に必ず役に立つ経験になる事をお伝えしたいと思います。

 

勝ったチームも負けたチームもこの時代を生きていくかけがえのない仲間として胸を張って欲しいと思います。

 

さて、本日のレポートです。

 

■3対3(タグ)

 

 

埼玉県はタグラグビーが盛んな地域でもありますのでタグラグビーを経験した人も多かったですね。

 

地域によってや指導者によっては微妙にルールが異なる傾向にあるのですが、共通しているのは衝突するような接触は禁じられていることや、タグを取ったら大きな声で「タグ!」ということ、そしてタグはしっかり手渡しで返して受け取るのがコアな共通ルールです。

 

ラグビー同様にノックオンやスローフォワード、そしてオフサイドもタグラグビーにはあります。

 

 

 

本日のアカデミーで学んだタグラグビーをどういう風にラグビーのスキルに繋げるのかを目的である「ルールの理解」を軸に3対3をやってもらいました。

 

■2ラインアタック(タカレポート)

 

 

これまで他クラスではアタック側のタップキックでスタートとしましたが、今日はディフェンスの動きだしでスタートとしました!

 

 

アタックはディフェンス1人に対して味方がもう1人いる上にトライのできる範囲が広いことから有利な状況にあるので、スタート方法を変更し、アタックもディフェンスも見応えのある攻防となるようにバランスを作りました。

 

その結果、アタックはトライを取るためにスペースにランする。

 

ディフェンスが来たら味方にパスをする。

 

 

 

そして来なかったら自らトライする。

 

シンプルな状況判断ですが、確実にトライを取るために精度をさらに高めていきましょう!

 

■はりつきディフェンス(まっさんレポート)

 

 

前橋クラスでは5対2もしくは6対2、太田クラスでは人数を減らし3対1もしくは4対1でアタックはパスを回し、自分の前にスペースが空けばトライを狙うというドリルを行いました。

 

どちらかといえばアタックにフォーカスを当てたドリルなのでパスのスキルが要求されるため、思うようにトライに結びつかないシーンも多く見られました。

 

その反省を活かし、本日の熊谷クラスでは目的をディフェンスに変更して行いました。

 

このドリルではボールの前にディフェンスがはりつく事を目的としました。

 

 

3対1、4対1の状況は変わりませんが、アタックにトライという目標を与えずパスを回し、そのパスに合わせてディフェンスは動きます。

 

予想できない動きに対して素早く反応をするので20秒とはいえかなりの運動量になりますね。

 

アタックは様々なオプションを使ってスペースにボールを運び、ディフェンスはそのスペースを埋めて行手を阻みます。

 

常にディフェンスが前にいるプレッシャーはかなりの脅威になるので、こういったドリルでディフェンス力を磨いていきましょう!

 

■変則タグラグビー

 

 

 

冒頭に3対3をやっていたのでみんなタグラグビーのルールの理解は高かったですね。

 

でも本日のゲームで多くの人が苦労したのが「オーバーラン」でした。

 

オーバーランとはタグを取られた位置よりも離れた位置で仲間にパスをする事です。

 

勢い余って前に出過ぎてパスをするシーンが多かったのですが気持ちはすごくわかります。

 

勢いはすごく大切なので勢いを殺してまで次のプレーを意識するのはコーチとして規制しづらい部分ですが、それも方法の一つですね。

 

 

さらにサポートプレーヤーがいる事で取られた瞬間にパスを繋ぐ「オフロードパス」も高度なテクニックとして中学生には伝えました。

 

なかなかチャンスやチャレンジが困難かなと思いますが、来週はオフロードパスやもう少しルールを緩和してアタックにチャンスがあるような工夫を考えてみますね!

 

 

【次回のW.K.S.Pアカデミー熊谷クラス】

日時:2020年11月21日(土)

場所:熊谷スポーツ文化公園内 西第1多目的広場

小学生:13時50分〜15時10分

中学生:15時30分~16時50分

 

本日の熊谷クラスの練習メニューです。

 

1 アクティブウォーミングアップ

→じゃんけんすごろく

→ダイナミックストレッチ

2 3対3(タグ)

3 2ラインアタック

4 はりつきディフェンス

5 タグラグビー&タカトレ

6 振り返りの時間

 

W.K.S.P

Takashi MIYAKE

2020/11/12

第19回W.K.S.Pアカデミー太田クラスレポート

W.K.S.Pアカデミーのコーチを務めます、みやっきーです!

 

 

 

昨日の11月11日は一年の中でも記念日の多い日ということで、翌日の今日は何の日なのか調べてみました。笑

 

いくつかありましたが「いいひふ」という語呂合わせで「良い皮膚の日」というそうです。

 

すっかり寒くなってきまして肌が乾燥しがちです。

 

気づかないうちに肌がカサカサになてしまって掌も乾いているのでボールが滑りやすくなるのもこの時期のあるあるですね。

 

イボイボのついた手袋の着用も寒さ対策だけではなく滑り止めには多少の効果があるのでしょうが、手袋をつけているのでパスの感覚が変わってしまい思うようなパスが投げづらくなるデリケートな選手もたくさんみてきました。

 

自分にあった手袋を探すのか、それとも乾燥した手でも普段と変わらずキャッチをしてパスを投げる練習をするのか、それとも滑り止めのクリームを塗るのか・・・。

 

それらは人ぞれぞれの判断になるので正解は必ずしもひとつではありません。

 

いろいろ試してベストな方法を探すのは練習と同じ作業ですね。

 

そういったことも前向きに楽しみながら考えるようになってくれたら嬉しいです。

 

ちなみに僕は寒い時期に手袋をしていると腕時計のストップウォッチがうまく押せないので、どんなに寒くてもアカデミー中は手袋をしません。

 

めちゃくちゃ寒いんですけどね。笑

 

さて、本日のレポートです。

 

■3対3(タグ)

 

目的としては「タグラグビーのルールを理解する」ことです。

 

 

みんなのイメージにタグラグビーのルールはぼんやりあるのですが、実際にゲームとなると基本的なタグの取り方、返し方が曖昧になります。

 

これが曖昧になるとゲームが円滑に機能しないので、タグを取ったらしっかり手をあげて「タグっ!」と大きい声でいう。

 

 

 

そしてタグを取ったら相手に手渡しで返し、受け取る方も受け取ってからタグをちゃんとつけてからプレーに参加するという基本的ルールを3対3のミニゲーム形式で学んでもらいました。

 

ルールの理解とともに、純粋に楽しんでくれていたのが印象的でした!

 

■2ラインアタック

タカ考案のメニューです。

 

 

 

四角形の4つの辺のうち、アタックは2辺にトライができまして、しかもディフェンス1人に対してアタックは2人います。

 

どちらが有利かといえばアタックの方が確実に有利なんですね。

 

それでもアタックはよりトライの確率を上げようとしてパスの距離を伸ばそうとしたり1人でも十分にトライが取れるのにしっかり2人でトライを取ろうとしてミスをする場面も少なくなかったです。

 

 

目的から外れてチャレンジすることはプレーの質を下げることになりますので、チャレンジをするならば目的に沿ったチャレンジをして楽しみましょう。

 

■スピードスペースアタック

まっさん考案のメニューです。

 

 

 

ラグビーの原則である「前進」をあえて行わずにディフェンスをパスだけで揺さぶりスペースを作ってトライを狙うという趣向を凝らしたクオリティーの高いメニューでした。

 

 

アカデミー生にはトライを取るイメージはしっかり持ってもらいましたが、イメージと今のスキルとは少し距離があるため、特に小学生は思うようなトライが取れた人は少なかったのかなという印象でした。

 

でもイメージを持つってことはすごく重要で、足りないスキルを高めてくれるモチベーションになります。

 

 

上手くいかないことにストレスを溜めるのではなく、上手くいくために何ができるのかを探って仲間と一緒に楽しみましょう!

 

■変則タグラグビー

 

 

いつものボールゲームのタッチとは違ってタグを取らない限りアタックは止まってパスをする必要が無いのがタグラグビーです。

 

つまりラグビーに近い人と人との間の突破が度々見られるのも面白いですし、そこでのコンタクトは原則起きない(起きてしまうとペナルティー)ためボールキャリアも躊躇なく突破するイメージを持てるのかなと思います。

 

ただしタグを取られたらそのままの勢いで前に出てしまうと戻らなければならないし、もし仮に人と人との間を突破しようとしてタグを2本取られたらタグ2回分をカウントされるので、今回の変則ルールの面白いところであり難しいところでもあるのかなと思いました。

 

ディフェンスの人もボールキャリアに手が届かなくても、風で流されてるタグを取ればディフェンスが成功します。

 

つまり粘り強いディフェンスが出来ますね!

 

 

【次回のW.K.S.Pアカデミー太田クラス】

日時:2020年11月19日(木)

場所:尾島公園グラウンド

小学生:17時10分〜18時30分

中学生:18時50分~20時10分

 

本日の太田クラスの練習メニューです。

 

1 アクティブウォーミングアップ

→じゃんけんすごろく

→ダイナミックストレッチ

2 3対3(タグ)

3 2ラインアタック

4 スピードスペースアタック

5 タグラグビー&タカトレ

6 振り返りの時間

 

W.K.S.P

Takashi MIYAKE

2020/11/11

第23回W.K.S.Pアカデミー前橋クラスレポート

W.K.S.Pアカデミーのコーチを務めます、みやっきーです!

 

毎年11月11日は1が棒のように見えることから「ポッキー」や「プリッツ」の日とよく言われてきましたね!笑

 

 

みなさんポッキーやプリッツ食べましたか??笑笑

 

他にも乾電池の日や麺の日なんかも言われていて、11月11日は30個以上の記念日があるそうですよ!

 

皆さんは誕生日以外にも何か特別な記念日ありますか??

 

毎回のアカデミーが皆さんにとって特別な1回になるように我々も頑張りますね。

 

さて、高校ラグビー群馬県予選は今週末が決勝戦ですね。

 

決勝戦のカードは東京農大二校と明和県央となりました。

 

互いに準決勝では充実の戦いができたのではないでしょうかね。

 

もちろんこの1週間で課題の克服や強みの再確認などチームによって時間の使い方や練習のプランは違うのでしょうが、とにかく選手の皆さんには悔いのないような1週間を経て、清々しい気持ちで決勝の舞台を存分に戦ってほしいです。

 

それは決して出場する選手だけではなく、悔しいかもしれないけど試合に残念ながら出場ができなかった選手も含めてチームの勝利のために自分にしかできない貢献をしてほしいなと思います。

 

そしてどちらが勝っても群馬県の名誉ある代表として堂々と全国他大会の切符を手にしてほしいですし、たとえ負けたとしてもこれまた胸を張って後輩達に想いを託してください。

 

さて本日のレポートです。

 

■3対3(タグ)

 

 

 

本日のボールゲームがタグラグビーということで、ここではタグラグビーのルールの理解を目的に人数をコンパクトにして行いました。

 

タグラグビーが初めての人もいましたがみんなイメージは持っていたのでルールの理解は早かったですね。

 

 

タグラグビーをメニューに入れたことが新鮮だったのか、とても楽しそうだったのが印象的でしたね。

 

■2ラインアタック

タカ考案のメニューです。

 

 

四角形の対角にアタック2人とディフェンス1人の2対1の状況を作り、アタックは四角形の2辺にトライを狙いに行きます。

 

圧倒的にアタックが有利なのですがパスが繋がらなかったりスローフォワードになることもしばしばありましたね。

 

 

これはボールキャリアの問題よりもサポートプレーヤーの問題の方が大きいかもしれません。

 

 

コースとコミュニケーションをボールキャリアに対してどう行うのかが重要ですね。

 

■スピードスペースアタック

まっさん考案のメニューです。

 

 

 

アタックはパスを回してディフェンスを揺さぶってスペースを作り、そしてトライを狙うと言ったメニューでした。

 

目的であるトライを取る以前にパススキルやハンドリングスキルが発揮されずにミスによってトライから遠くなるシーンが多かったです。

 

 

 

ディフェンスを揺さぶることやスペースを作って見つけることは出来ましたので次はボールを繋げてトライを取ることを期待してます。

 

■変則タグラグビー

 

 

変則と言っても大きなルール変更はなく、タグを取られてオーバーランしても取られた位置まで戻ってゲームを再開することやタグを一人で、もしくは二人で2本取ったらタグ2回分でカウントすることを導入しました。

 

アタックはついつい勢いのままボールを繋ぎがちですが、しっかり戻ってプレーをすることに窮屈かもしれませんがその中でどうするばトライを狙えるのかを考え、可能性を探る工夫に期待しています。

 

 

またディフェンスはタグを取る位置が腰なので自然とタックルポジションに入るというのもタグラグビーからラグビーに繋がるメリットだと思います。

 

ボールキャリアの遠い位置からタグを取るよりも接近した方がさらにタグを取る確率も上がるのがタックル成功に繋がります。

 

普段のボールゲームと違ってディフェンスの意識も高くなったのが良かったです。

 

【次回のW.K.S.Pアカデミー前橋クラス】

日時:2020年11月18日(水)

場所:前橋市営ラグビー場

小学生:17時10分〜18時30分

中学生:18時50分~20時10分

 

本日の前橋クラスの練習メニューです。

 

1 アクティブウォーミングアップ

→じゃんけんすごろく

→ダイナミックストレッチ

2 3対3(タグ)

3 2ラインアタック

4 スピードスペースアタック

5 タグラグビー&タカトレ

6 振り返りの時間

 

W.K.S.P

Takashi MIYAKE

2020/11/9

第20回Wonderful Kids Sports Parkレポート

キッズパークのコーチを務めます、まっさんです!

 

今日は朝から雨の心配もなく、スッキリと晴れて気持ちよかったですね!

 

とはいえもう11月。今日は風が冷たくなってきました。

 

群馬の冬の準備に向けて、風も準備運動といったところでしょうか。

 

そろそろからっ風モードに切り替えるスイッチを入れ始めないとですね^^

 

また、先週は新しいお友だちが体験に来てくれたりと少しずつ仲間が増え、さらに活気のあるキッズパークになっております。

 

まだまだキッズパーク生を募集しているので、是非お友だちを誘って遊びに来てください^^

 

さてさて、本日のキッズパークは新しいプログラムもいくつか行いました。

 

その1つは「ミニハードル」です。

 

以前行ったはしごのようなラダートレーニングでは、主に足の運び方やリズム感を養うプログラムでしたが、今回のミニハードルでは、ハードルの高さもあるので足を高く上げる必要があります。

 

 

 

また、腕を連動させて動かす「連結能力」を鍛えることができます。

 

早く走るコツは下半身に目が行きがちですが、姿勢と腕の振りにポイントがあります。

 

上半身の力を下半身に伝えることで、力強く走れるようになります。

 

また、反対に下半身の力を上半身に伝えることでボールを遠くに投げることができます。

 

 

 

身体全体をバランスよく使えるように、今後もチャレンジしていこうね!

 

 

また最後は、オニにタッチをされると触られた箇所を自分で押さえながら逃げるという変則オニごっこをしました。

 

腕が使えない走り方や、普段とは違った姿勢で走るため、普段使っていない筋肉を動かすことができました^^

 

 

 

体にはたくさんの筋肉があります。

 

今日もたくさんの筋肉を使いましたね!

 

湯船に浸かって体をプカプカ浮かせて筋肉を休ませてあげましょう^^

 

 

 

 

【次回KidsParkのご案内】

日時:2020年11月16日(月)

場所:大泉町 南公園

1部(1,2年生) 16時40分~17時40分

2部(3,4年生) 17時50分~18時50分

 

本日のキッズパークです。

 

1 準備運動

→リズムあそび

→四股

2 まねっこレース

3 遠投(サッカーボール)

4 ミニハードル

5 はいたつゲーム

6 変則オニごっこ

7 振り返りの時間

 

KidsPark

田仲 一正

2020/11/7

第18回W.K.S.Pアカデミー熊谷クラスレポート

W.K.S.Pアカデミーのコーチを務めます、タカです!

 

ここ1週間で花園への予選大会の決勝戦が行われ、続々と出場校が出揃いつつあります!

 

本日の練習場の西第一多目的広場の近くにある熊谷ラグビーAグラウンドでは埼玉県の予選大会準決勝戦が行われておりました。

 

同じく群馬も今日準決勝戦が行われまして、どの高校もW.K.S.Pアカデミーの卒業生が多く在籍しておりました。

 

非常に喜ばしいことですが、勝ち負けを通して人間として成長することが一番の願いです。

 

今後の活躍を注目するとともにお体には気を付けてくださいね。

 

 

それでは本日のレポートです。

 

■サークルスペースボール

みやっきー考案のメニューです。

 

アタックは360度トライができるのに対してはディフェンスはトライされないようにスペースをつぶして守ります。

 

 

アタックの方は広い視野と仲間とのコミュニケーションが求められます。20秒間でどれだけトライを取れるか、短い時間でしたがとても白熱とした戦いが見られました!

 

■3列パスレース(中学生は4列パス)

まっさん考案のメニューです。

 

レースなので、相手もしくは時間との勝負となります。プレッシャーのかかる中で、いかに早く多くのトライを取れるかがキーになってきます。

 

限られた時間の中で重要になってくるのはスピードですね。

具体的にいうと

ランスピード・パススピード・セットスピードの三つです。

 

 

■2対1、3対2(中学生)

ディフェンスの位置が毎回違うドリルです。

位置が異なるとスペースの場所も違う。

 

そして自分が立つ位置によって仲間のスペースも変わってきます。

 

トライを取るためにはどこのスペースを目指しながら、仲間のスペースを活かすようにするのがポイントです!

 

 

 

【次回のW.K.S.Pアカデミー熊谷クラス】

日時:2020年11月14日(土)

場所:熊谷スポーツ文化公園内 西第一多目的広場

小学生:13時50分~15時10分

中学生:15時30分~16時50分

 

本日の熊谷クラスの練習メニューです。

 

1 アクティブウォーミングアップ

→こおりおに

→ダイナミックストレッチ

2 サークルスペースボール

3 3列パスレース

4 2対1、3対2

5 ボールゲーム&タカトレ

6 振り返りの時間

 

 

W.K.S.P

大塚 貴之