ワイルドナイツスポーツプロモーション

お問い合わせ賛助会員募集

BLOG 理事ブログ

2019/05/24

第6回W.K.S.Pアカデミー熊谷クラスレポート

W.K.S.Pアカデミーのコーチを務めます、みやっきーです!

 

まだ5月というのに連日真夏のような気温が続きますね。

 

とはいえアカデミーが始まる頃には気温も下がって非常に練習がしやすい気温になってました。

 

ところで皆さん、ラグビーワールドカップのチケットは取られましたか?

 

と、そんな話をしてると東京オリンピック2020のチケット抽選も始まっていて、僕はひとまず7人制のチケットだけでもということで申し込みました。

 

日頃の行いを良くして当たることを祈るばかりです。笑

 

では本日のレポートです。

 

■アクティブウォーミングアップ

 

はじめにみんなでこおり鬼をやりました。

 

鬼から逃げる人には見て欲しいものが2つありまして、一つは鬼(スペース)ですね。

 

そしてもう一つは固まってしまった仲間です。

 

逃げながら助けるという行為を同時に行うところにこおり鬼の意味があります。

 

「助けてー!」とアピールするのも大切です

 

もちろん楽しんでもらうことも重要です。

 

■SAQ(カラーマーカータッチ)

 

まっさん担当のドリルです。

 

素早い反応と素早いタッチで素早くゴールを目指すわけですが、何でもありというわけではありません。

 

方向転換時も身体は真正面(おへそを前にと表現してます)にすること、特定の色の場所ではしっかりと胸を地面につけるダウンアップをすること、そして何よりオフサイドしないことを基本ルールにしております。

 

特定の色でダウン!も、正確に

これらが何らかの事情で達成できなかった場合でも、その後のダッシュを怠って良い理由にはなりません。

 

失敗を引きずってしまう気持ちは分かりますが、ダッシュでゴールを迎えることはリカバリーにもなりますから例え失敗しても最後までやりきる癖をつけましょう。

 

■反応1 v 1

 

最初はパスをし合ってコーチの合図で攻守が決まります

 

こちらもトライを取るか取らせないか、とアタック側とディフェンス側の大きな絵を見てプレーする傾向にあるため、それらが達成されなかった場合のケアが雑になりがちです。

 

だからコーチはディフェンスにタッチされてもトライラックをして次に活かす動作を伝えてますし、そもそもタッチラインに出てしまうと無条件で相手ボールになるため捕まってもその後のボールの活かし方を大切にしましょうね。

 

■長座パス

 

Hot passドリルです。

 

今やもうアカデミー生にHot passのキーポイントを聴くとすぐに「アーリーキャッチ」「最短パス」と即答です。

 

伝えたいことが浸透していて非常に嬉しいですね!

 

長座(足を伸ばして座ること)をすることで普段投げてるパスの動作に窮屈さを感じると思います。

 

窮屈な中でも素早いパスにチャレンジ!

 

腰より上でボールを投げることになるので下に振り下ろして弧を描くようなパスの動作が出来ません。

 

つまりキャッチしてからほぼ一直線で投げることになるので、パスに勢いをつけるためなるべく早くキャッチ(アーリーキャッチ)してすぐに投げる(最短パス)を強制的に行う姿勢となります。

 

さらにチーム対抗のレースをすることで意識的に早くパスを投げようとすることもマインドセット出来ますので、失敗を恐れずチャレンジしましょう!

 

■ボールゲーム

 

今週より3秒ルールを導入しました。

 

新ルールを楽しめたかな??

 

これによってゲームのテンポが上がってサポートの意識が高まります。

 

一方でルールに急かされているので十分な準備ができないままボールの投げ手と受け手の呼吸が合わずにミスが多発されました。

 

想定内の事ですのでそこまで深くは気にしないで下さい。

 

しかしこのテンポに慣れようとする努力はお願いします。

 

3票ルールによってアタック側は出来たチャンスを素早く活かせますし、ディフェンス側はチャンスの芽を潰す準備が出来ますね。

 

互いに意識し合う事が成長に繋がりますので、引き続き楽しみましょう!

 

本日のお茶目なサポートの皆さんです!笑

 

本日の熊谷クラスの練習メニューです。

 

1 アクティブウォーミングアップ

→こおり鬼

→ダイナミックストレッチ

2 SAQ

→カラーマーカータッチ

3 トライラック

4 ボールゲーム

5 ラグビースキル

→反応1v1

→長座パス

6 ボールゲーム

7 振り返りの時間

 

W.K.S.P

Takashi MIAYKE

2019/05/23

第6回W.K.S.Pアカデミー太田クラスレポート

W.K.S.Pアカデミーのコーチを務めます、みやっきーです!

 

アカデミーの新しいTシャツお待たせしました!

 

今年は白にしましたよー!

 

理由は特になく、強いて言えば今までになかった色でしたので。笑

 

ただ白だと「汚れが目立つ」と思ったアカデミー生や保護者の方もいらっしゃるかと思いますが、どんどん汚して欲しいと思います!

 

芝生の色、土の色、そして汗の色など汚れれば汚れただけ皆さんの頑張りの証だと思います。

 

ですので遠慮なく練習で汚してくださいね!

 

でもカレーをこぼしたとかマジックがついたとかは気を付けてくださいね。笑

 

では本日のレポートです。

 

■アクティブウォーミングアップ

 

いつもまっさんが担当するダイナミックストレッチでは、アカデミー以外でもやったことのある動作やアカデミーで初めて教わる動作など様々ですが、皆さん可動域が大きくなってきましたし動きもスムーズになってきましたね。

 

ルールを学ぶ癖をここでも身につけましょう!

 

またアカデミーでのダイナミックストレッチでは、ただのストレッチではなく自重を使ったトレーニングの要素もかなり強いので、真剣にやればやるほど結構な汗が出てきます。

 

せっかくやるならば自分のための時間に使って欲しいと思います。

 

■SAQ(カラーマーカータッチ)

 

基本動作は同じなのですが、回を重ねるごとにルールが追加されていきます。

 

本日はある特定の色はダウンアップし、さらにスタートでは後ろ向きでということでしたね。

 

後ろ向きスタート

 

後ろを向くだけでスタートの反応が遅れたり、理解しているはずの色が一瞬飛んでしまってやはり反応が遅れたりと刺激になってます。

 

自分なりに最高のスタートが切れるよう、そして最大限のパフォーマンスが発揮できるよう準備が大切ですね。

 

■反応1 v 1

 

まっさんの説明

 

ペアで向かい合ってパスをなるべく早く行います。

 

コーチが笛を吹いたらボールを持ってる方がアタック、持ってない方がディフェンスになります。互いに後ろに下がって再スタートするのですが、ディフェンスは一度下がってからダウンアップしなければいけないのでアタックが有利となります。

 

アタック有利でのその結末はいかに?!

 

そんな中、アタックはトライを目指してディフェンスはトライを防ぐことを目的としますので、お互いリアクションスピードと前に出ることが要求されますね。

 

スペースを探して前に出よう!

 

この絶妙なやり合いが良かったです。

 

■長座パス

 

タカの説明

Hot passドリルの練習ですが、なぜ長座(足を伸ばして座ること)にするのか。

 

それはアーリーキャッチして最短距離でパスをして欲しいからです。

 

長座する事でボールを取ってから下にスイングして投げる事が出来ませんので、最短距離でのパスを強制的に作るポジションとなります。

 

上半身の使い方も重要ですね!

 

窮屈かもしれませんがHot passの良いイメージを持って下さい。

 

■ボールゲーム

 

本日もボールゲーム→ラグビースキル(反応1 v 1と長座パス)→ボールゲームのサンドイッチをしました。

 

当初は1回目よりも2回目のボールゲームの質を上げるためという狙いがありましたが、本日は1回目の質も相乗効果で上がったイメージがありました。

 

はじめに行ったスペースボール!楽しくチャレンジできましたね。

 

だからさらに2回目のボールゲームの質も上がったように感じました。

 

「アーリーキャッチ」と「トライラック」さらにトライラックをしてから「3秒でパスアウト」というルールを追加しました。

これによってゲームのテンポが上がり、運動量も比例して上がります。

 

一方でルールに急かされてると思い込んでミスも増えましたね。

 

でも試合でのクイックボール(速い球出し)はアカデミー生のレベルだと3秒を目指して欲しいですね。

 

クイックボールが出せればディフェンスラインを揃えさすことなくアタック出来るので、引き続きチャレンジしましょう!

 

本日の太田クラスの練習メニューです。

 

1 アクティブウォーミングアップ

→スペースボール

→ダイナミックストレッチ

2 SAQ

→カラーマーカータッチ

3 トライラック

4 ボールゲーム

5 ラグビースキル

→反応1v1

→長座パス

6 ボールゲーム

7 振り返りの時間

 

W.K.S.P

Takashi MIAYKE

2019/05/23

第6回W.K.S.Pアカデミー前橋クラスレポート

W.K.S.Pアカデミーのコーチを務めます、まっさんです!

 

昨日の雨から一転、今日はとても暑く感じられる陽気でしたね^^

 

そしてその天気に照らされるように、前橋クラスにも待望のアカデミーシャツをお届けしました!

 

 

どちらのクラスも白がとても輝いています^^

 

これからのアカデミーがさらに楽しみになりました!

 

ただ…

 

新しい服に着替えるという事は、着ていた服を脱がないといけません。

 

そしてその脱いだ服はどうしたか覚えているでしょうか?

 

本日2着のアカデミーシャツ(青)をお預かりしております。

 

来週のアカデミーの際に持っていきますのでくれぐれもお忘れのないように!!

 

さて本日のアカデミーは、第6回目を迎えました。

 

4月5月は基本動作の獲得を意識したドリルを行っています。

 

それはダイナミックストレッチも同じです。

 

基本動作は難しい動きではありませんが、全ての土台となる動きをしています。

 

 

慣れてきた動きだからこそ、より正確に行いましょう!

 

基本動作はラグビースキルのドリルでも同様です。

 

「前進」「Hotpass」にポイントを絞ったドリルを行っています。

 

なぜここまで基本にこだわるのか。

 

それは、基本の上にしか応用が利かないからです。

 

そしてその基本が無意識にできるようになると、さらにラグビーが楽しく感じると思います^^

 

タカのパスドリルでは「長座パス」をしました。

 

 

長座になる事でボールを取った位置から下を通すと脚に当たってしまいます。

 

自然と最短ルートを通すようになります。

 

外に空いているスペースに早くボールを運ぶ「Hotpass」

 

立った状態でも最短パスができるようにこれからも取り組みます!

 

タカの指導にも熱が入ります!

 

またボールゲームでもトライラックやアーリーキャッチを意識しました。

 

まだまだミスによるターンオーバーは見受けられましたが、ミスの質が上がってきています^^

 

積極的なミスはチャレンジしようとしている証拠なので、今後も継続してチャレンジしていきましょう!

 

慣れてきた動作だからこそやらないのではなく、今できる実力を全て出し次回に繋がるようにです^^

 

ここで事務連絡になります。

 

来週の29日(水)のアカデミーは、前橋市営ラグビー場での開催となります。

 

お間違えのないように、よろしくお願いいたします。

 

本日の前橋クラスの練習メニューです。

 

1 アクティブウォーミングアップ

→スペースボール

→ダイナミックストレッチ

2 SAQ

→カラーマーカータッチ

3 トライラック

4 ボールゲーム

5 ラグビースキル

→反応1v1

→長座パス

6 ボールゲーム

7 振り返りの時間

 

W.K.S.P

田仲 一正

 

 

2019/05/20

第6回Wonderful Kids Sports Parkレポート

キッズパークのコーチを務めます、たかです!

 

いつもキッズパークで使わせて頂いているグラウンドは2面ありまして、そのうち1面はプロラグビーチーム、ワイルドナイツが今日練習していました。

 

彼らの汗流してひたむきに練習している姿、筋肉隆々な身体つきに圧倒されいつも刺激を受けています。

 

キッズパーク生たちもグラウンドに来る時に選手たちを見ているので、その姿から何か感じ取って将来、ワイルドナイツの選手のような、強くたくましく、素晴らしい人間性になることを祈っています。

 

リズム運動やラダー、反応ダッシュなど、体の使い方にも重要になってくるメニューを取り入れました。

 

リズム運動…右手を胸にパーにして当てる。左手はグーにして前に突き出す。胸に当てるときはパー、突き出すときはグーこれを左右交互に繰り返す。

 

突き出す方の手をチョキにしたり、パーにしたりしてバリエーションを増やします。

 

ラダー…走りの基本がつまっているトレーニング、足の運び方や手の振り方、胸を張ったり、視線を水平に向けたり連動する。

 

いずれも複数の動作を一度に行うので、脳にもすごく活発的になり、脳トレになります!

腕の振りも大事!

横向いたままラダー

 

今後も様々なメニューを取り入れますので、楽しく一生懸命にコーチと一緒に成長しましょう!!

勝ったら気をつけ!負けちゃったら回る

ドリブルレース盛り上がりましたね〜!

うつ伏せの状態から、、、

起き上がる!!

いかに早く反応出来るかがポイントです!

立ててるボールに当たらないようにコントロール!

 

本日のキッズパークです。

1.準備運動

→リズム運動

→じゃんけん運動

2.ラダー

3.反応ダッシュ

4.ドリブルレース

5.ドリブルシュート

6.振り返りの時間

 

W.K.S.P

大塚 貴之

2019/05/17

第5回W.K.S.Pアカデミー熊谷クラスレポート

W.K.S.Pアカデミーのコーチを務めます、タカです!

 

みやっきーは9月から日本で開催されるラグビーワールドカップに向けて盛り上がるように別業務で不在でした。

 

それから皆さん大変お待たせいたしました!

2019年度W.K.S.PアカデミーTシャツが出来ましたので、先に熊谷クラスの皆さんにお渡しました!

白のTシャツかっこいいですね!!

 

受取った皆さん、とても嬉しそうな顔でした。来週以降はお渡ししたW.K.S.PアカデミーTシャツを着て来てね!

 

前橋クラス、太田クラスの皆さんは来週以降にお渡ししますので、楽しみにしていてください!

 

さて本日も前橋、太田クラスに続いて、ボールゲームを2回分けて行いました。

 

一回目のボールゲームでは、トライラックのみ出来ているかどうかを見ました。

横に倒れたり、片手で地面に着いたり、実際の試合で不利になるようなプレーではターンオーバーというルールで行いました。

 

それ以外は自由という1回目のボールゲーム内容でした。

 

そのあとに1回目のボールゲームで出来なかった課題を見つけ、それに取り組みました。

 

アーリーキャッチ、前に進むなど。

 

アーリーキャッチが出来るようになると仲間へのパスも早くなります。

 

パスだけではなく、ランだったりキックだったり次のアクションへの行動がワンテンポ早くなります。

 

2回目のボールゲームでは、アーリーキャッチを促すために胸でのキャッチはターンオーバーというルールを追加しました。

 

ついつい胸でキャッチしてしまったり、トライラックがちゃんと出来てなかったり、「しまった!」と思ったりしますが、その気付きが、次への成長のチャンスとなりますので、たくさんアクションして上手になりましょう!

ダイナミックストレッチから温めて

トライラック後のダウンボール!

本日の学生です!

 

それでは本日の熊谷クラスの練習メニューです。

 

1.アクティブウォーミングアップ

→手つなぎ鬼ごっこ

→ダイナミックストレッチ

2.SAQ

→カラーマーカータッチ

3.トライラック

4.ボールゲーム

5.ラグビースキル

→じゃんけん1v1

→5列パス

6.ボールゲーム

7.振り返りの時間

 

W.K.S.P

大塚 貴之

2019/05/16

第5回W.K.S.Pアカデミー太田クラスレポート

W.K.S.Pアカデミーのコーチを務めます、みやっきーです!

 

本日は午前中に太田市只上町にあります「あすなろ保育園」さんに行ってきました。

 

年長さん18人と一緒にラグビーを通じたふれあい活動です。

 

暑いくらいに天気も良く、グラウンドを元気いっぱい笑顔いっぱいに走り回る園児達は最高に可愛かったです。

 

どんなゲームも一生懸命全力で楽しむ園児達に、楽しさの中にも目的を持ってもらいました。

 

 

それは「思いやりと協力」の気持ちです。

 

「優しさ」と言う言葉に変換しても良いかもしれませんね。

 

その目的が達成された理由やされなかった理由も噛み砕いて説明するとしっかり理解してくれました。

 

年齢関係なく、何をどう伝えるのかはコーチにとってとても重要なスキルです。

 

いろんなカテゴリーや地域での活動はとても勉強になりますね。

 

では本日のレポートです。

 

■アクティブウォーミングアップ

 

スペースボールからダイナミックストレッチの流れで行いました。

 

ストレッチも大切に!

 

スペースボールは先週もやったメニューなので、小・中学生ともにルールは理解してくれていました。

 

でもアタックにもディフェンスにキーポイントがあって、それらを理解してるとさらに楽しめます。

 

例えばアタックではボールを持ってる人よりも持っていない人の方がスペースを探しやすくコントロールしやすいことです。

 

いかにボールを持ってる人に寄り添ったコミュニケーションやサポートができるかが大事ですね。

 

■SAQ(カラーマーカータッチ)

 

非常に反応も速く、横の人と競い合う気持ちもなかなか良いものでしたが急ぐあまり身体を「真正面に向けたまま動く」という動作を忘れがちでしたね。

 

そう!身体は真正面

 

横に動く時も後ろに下がる時も身体の向きは真正面でした。

 

これも理由がありましたから、忘れないで下さいね。

 

■じゃんけん1 v 1

 

じゃんけんの勝敗によってアタックとディフェンスが決まります。

 

あいこならもう一回じゃんけん!

 

この瞬間の反応の速さがチャンスを作りますので、じゃんけんに勝つことよりも結果を受けての反応が大切です。

 

反応のスピードが大切です!

 

そのための準備は何があるのか、掘り下げて考えてみると何気なくやってるシンプルなメニューも奥が深いことがわかってそれが楽しさに繋がるかもしれません。

 

■∞パス&ラン

 

パスの回数を条件に加えてチーム戦で競い合いました。

 

パスの回数によって「変わらないスピード」と「変わるスピード」がありました。

 

まず「変わらないスピード」とは、パススピードのことです。

 

すなわちHot pass ですね!

 

タカが説明してくれています

 

では変わるスピードとはなんでしょうか?

 

それは「走るスピード」です。

 

パスの回数が少なけらば走るスピードを上げ、パスの回数が多ければ走るスピードを落とさなければなりません。

 

この辺りの工夫もアカデミー生同士でできていましたね。

 

■ボールゲーム

 

1回目のボールゲームと2回目のボールゲームとを比較したときに、ゲームの質が上がっているのはどちらですか??

 

答えは2回目の方ですが、理由としては1回目で経験したことをドリルを経て課題解決して行うからです。

 

つまり、課題を理解してドリルの質が深まればボールゲームの質が上がります。

 

トライラックとアーリーキャッチしてね!笑

 

そして実際、小・中学生ともに上がってましたね。

 

ではゲームの質とはなんでしょうか??

 

「トライを取った」「プレーが成功した」と言うよりは、練習でフォーカスしたことが実践で出来たかどうかが質と考えます。

 

例えばドリルで強調したアーリーキャッチがボールゲームで出来ていれば、結果ノックオンしてもオッケーとします。

 

学んだことを一生懸命にやっているわけですからね。

 

大きな絵で選手を評価するのではなく、どこまでこだわってプレーをしているのかという選手の姿勢をこれからも大切にしていきたいと思います。

 

本日の太田クラスの練習メニューです。

 

1 アクティブウォーミングアップ

→スペースボール

→ダイナミックストレッチ

2 SAQ

→カラーマーカータッチ

3 トライラック

4 ボールゲーム

5 ラグビースキル

→じゃんけん1 v 1

→∞パス&ラン

6 ボールゲーム

7 振り返りの時間

 

W.K.S.P

Takashi MIYAKE

2019/05/15

第5回W.K.S.Pアカデミー前橋クラスレポート

W.K.S.Pアカデミーのコーチを務めます、みやっきーです!

 

いつもこのクラスが始まる前の時間では、大学生がサッカーの練習をしております。

 

当たり前ですが、キーパー以外は手を使えない種目でして(スローイングも除く)、器用に足を使いながらスペースを探してボールを運ぼうとしているなぁ、と感心します。

 

さらにラグビーと違うのは360度どこからでもパスを受けることが出来るので、ボールを持っていない人の動きがさらに重要になってきます。

 

グラウンドを縦横無尽に走り回るあたりも運動量が求められる競技ですね。

 

共通するところもたくさんありまして、例えばコミュニケーションだったりスペースにボールを運ぶことだったりといろんなヒントがサッカーから学べそうです。

 

でもなかなか点が入りにくいのと、やっぱり手でボールを持ちたいので僕はラグビーが良いですね!笑

 

では本日のレポートです。

 

■アクティブウォーミングアップ

 

本日は先週ラグビースキルでやったスペースボールを最初に導入しました。

 

スペースはどこかな?

 

どうしても難しく考えたり動きが鈍かったりする場合は、複数でボールを動かす鬼ごっこみたいな感覚でプレーしてもらえればゲームの質が上がります。

 

この手のゲームは中学生よりも小学生の方が失敗を恐れず本能的に楽しもうとする傾向にありますね。

 

チャレンジする小学生

 

■SAQ(カラーマーカータッチ)

 

先週に引き続き行ったこのドリルでは、1つのルールが追加されました。

 

4色あるマーカーのうち、まっさんが3色のコールをします。

 

その中に「赤」というコールがあれば赤マーカーのところでダウンアップをすると言うルールです。(他の色は手でタッチ)

 

動きが異なり、さらに動作も大きくなるのでコンパクトな速さが求められるのですが、雑にならないことを心がけなければなりませんでしたね。

 

■じゃんけん1 v 1

 

ペアで行う1 v 1です。

 

向かい合った真ん中にボールを置いておき、じゃんけんに勝てばそのボールを拾う、負けたらダウンアップするというルールです。

 

互いにゴールラインまで一旦下がって前進するので、こちらも反応のスピードが重要です。

 

ただし横のスペースが狭いので、ディフェンスの人はなるべくボールキャリアの前進を抑えるために何ができるのか?を考えました。

 

じゃんけんをして・・・

攻守が決まります!

 

■∞パス&ラン

 

スタート地点からゴールまでパスの回数を設定してのレースをしました。

 

基本にあるのはHot pass(アーリーキャッチと最短パス)です。

 

タカの説明

 

Hot pass をしながら四角形をなるべく崩さず、そして設定されたパスの回数をクリアしてどのチームよりも早くゴールに到達するレースです。

 

いろんなことを同時に考えて行うため、ミスをしてしまったりリズムが崩れるとそれはどんな些細なことでも勝敗に大きく影響しました。

 

仲間とのチームワークがかなり重要です。

 

■ボールゲーム

 

本日はボールゲームをやってからラグビースキルを行いました。

 

細かいところまでこだわっていますよー!

 

ボールゲームでの課題を次のボールゲームで活かすにはいつもなら1週間後となるため、本日は課題を知ってラグビースキルで理解を深めた状態で最後に再度ボールゲームを行いました。

 

ボールゲームの質を上げるためにはドリルの質を上げることです。

 

さらにドリルの質を上げるためには自分の課題や伸ばしたいところの理解、そして「成功一歩手前の失敗体験」です。

 

失敗するから練習をするわけで、簡単に成功するようでは成長がありません。

 

なので失敗するかしないかの設定は非常に難しく、コーチも変化を加えなければなりませんが失敗から次に活かすイメージを持ってもらえるようにメニューを考えていきたいと思います。

 

なので失敗を恐れず全力でチャレンジしてくださいね!

 

明和県央高校ラグビー部に所属しているアカデミー卒業生が来てくれました!

 

本日の前橋クラスの練習メニューです。

 

1 アクティブウォーミングアップ

→スペースボール

→ダイナミックストレッチ

2 SAQ

→カラーマーカータッチ

3 トライラック

4 ボールゲーム

5 ラグビースキル

→じゃんけん1 v 1

→∞パス&ラン

6 ボールゲーム

7 振り返りの時間

 

W.K.S.P

Takashi MIYAKE 

2019/05/13

第5回Wonderful Kids Sports Parkレポート

キッズパークのコーチを務めます、まっさんです!

 

大型連休も終わり2週間ぶり、前回お休みをしていたキッズパーク生は3週間ぶりのキッズパークでしたね^^

 

みんな色々と楽しい連休を過ごした様子でした!

 

さて、最近はとても天気が良いですね^^

 

群馬県内は先日30度を超えた日もあったらしいですね!

 

暑くなって汗をかくことは良いことですが、去年の40度超える日を考えると今から気を引き締めて対策を練る必要がありそうですね。

 

とはいえまだ5月!

 

とても良い天気と絶好の芝生という恵まれた環境ということで、本日は裸足で準備運動やいろんな運動を行いました。

 

 

 

普段は靴で保護されている足の裏ですが、十分使いこなす事はできているでしょうか。

 

足の裏全体で体を支えている事は確かですが、実際は5本の指、そして土踏まずをしっかり使えているかでバランス感覚や歩行に影響がでてきます。

 

 

 

靴の中ではあまり動かせない指先まで使っています^^

 

土踏まずはクッションの役割をしてくれています。

 

このクッションがないと疲れやすくなったり、腰痛の原因になる事も!

 

なので、今日はたくさん足の裏に刺激を与えました^^

 

 

 

 

今日は普段使いきれていない筋肉を動かしました。

 

足の裏がボ―――っとする感覚です^^

 

天気の良い日はこういった運動も続けていきたいです!

 

本日のキッズパークです。

裸足で準備運動

1、裸足でジャンプ

2、裸足でバランス

3、ラケットバッティング

4、ドリブルシュート(1部)

5、振り返りの時間

 

W.K.S.P

田仲 一正

2019/05/10

第4回W.K.S.Pアカデミー熊谷クラスレポート

W.K.S.Pアカデミーのコーチを務めます、みやっきーです!

 

本日は群馬県の桐生市や伊勢崎市で30度を超える真夏日となり、アカデミー熊谷クラスがある立正大学でも余熱が残ってるといいますか心地の良い気温で開催することが出来ました。

 

大型連休を終え、皆さん普段の生活リズムに戻ってきたでしょうか?

 

勉強しましたか?の質問に手を挙げているのかな?笑

 

次の休みは夏休みですが、まだまだ先なのでアカデミーを精一杯楽しんでほしいと思います!

 

また、本日は中学生の体験参加がありました。

 

嬉しいですね!

 

では本日のレポートです。

 

■アクティブウォーミングアップ

 

毎回このタイミングで皆さんに口酸っぱく伝えているのは「オフサイドをしないこと」です。

 

「アップだから気にしなくていい」と思ってる人やそもそも気になってない人はおそらく試合でも無意識に反則をしてしまう傾向にあります。

 

アップだからこそ、自分を見つめ直す時間として有効活用して欲しいと思いますし、仲間にも声がけをしましょう。

 

■SAQ(カラーマーカータッチ)

 

勝負に夢中になると、体が真正面でなかったりマーカーをタッチし忘れたりとエラーが出てきますね。

 

ある意味で仕方ないのですが、ルールはルールなので自分の順番の前にルールを復唱したり仲間と声がけしたりするなどしてエラーを事前に潰しちゃいましょう!

 

■反応1 v 1

 

このドリルはボールを持った方が方向転換して10m先のゴールを目指し、ボールを持ってない方がその間に追っかけてタッチをするというドリルです。

 

攻守を決めるのは互いに向かい合い、とにかく速くパスをしてる間にコーチが笛を吹いたその瞬間にボールを持ってるのか持っていないのか、つまり攻守が決まります。

 

いろんな要素が詰まってますが、何より大事なのはしっかりとキャッチが出来ているかどうかの手応えです。

 

アーリーキャッチを癖付けましょう!

 

■スペースボール

 

アタックの目的はスペースにボールを運ぶこと。

 

一方でディフェンスの目的はプレッシャーをかけ、アタックのミスを誘うかタッチしに行くかです。

 

この練習では特にディフェンスの頑張りが内容を濃くしてくれますので、ディフェンスの人は鬼ごっこの要領でプレッシャーをかけて下さいね!

 

■∞パス&ラン

 

ドリルの難易度が高かったので、あまりこちらが求めてる強度で出来なかったことは我々コーチの反省です。

 

でもこの練習のキーポイントをアカデミー生に質問すると「アーリーキャッチと最短パス」という答えが多くの人から返って来たので、理解は深まってましたね。

 

■トライラック

 

トライラックの説明

 

ボールゲームの重要なルールとして1番目の練習で行いました。

 

切り取った練習では出来たのですが果たしてボールゲーム中でも同じように出来たのでしょうか…。笑

 

■ボールゲーム

 

「胸キャッチとトライラックが出来ていなかったらターンオーバー」というルールに引っかかる人が多かったですね!

 

ある意味でこちらの思惑通りでした。

 

ただし、ゲーム中で同じようなエラーが発生した時に、皆さんの中から修正しようという動きはありましたか??

 

ここが凄く重要で、エラーが起きたのは当事者の責任だけではなく、チーム全体の責任です。

 

ゲームの最中、ゲームを見てる時など修正する時間はたくさんあるので、皆さん同士で修正していく訓練を引き続きやりましょう!

 

本日も後半は特に運動量も高く、自然に発生する皆さんからの楽しい気持ちや一生懸命な気持ちが見えました。

 

一生懸命な気持ちで体幹トレーニング頑張りましょう!

 

今後、それらをどうすれば引き出せるのか、我々コーチはもっともっと考えなければなりません。

 

コーチも絶賛成長中です!笑

 

アカデミー生と一緒に学んで行きたいと思います。

 

本日の学生サポートの皆さんです

 

本日の熊谷クラスの練習メニューです

 

1 ダイナミックストレッチ

→ダイナミックストレッチ

2 SAQドリル

→カラーマーカータッチ

3 ラグビースキル

→反応1 v 1

→スペースボール

→∞パス&ラン

→トライラック

4 ボールゲーム

5 振り返りの時間

 

W.K.S.P

Takashi MIYAKE

2019/05/9

第4回W.K.S.Pアカデミー太田クラスレポート

W.K.S.Pアカデミーのコーチを務めます、みやっきーです!

 

朝晩はまだまだ冷え込むものの、日中はすっかり初夏の陽気ですね。

 

すでに半袖短パンが心地いいので夏本番なったらどうしましょうか?笑

 

本日から東京オリンピックのチケット販売のお申し込みがスタートしました。

 

1年前はラグビーワールドカップのチケットを申し込んでは外れるという悔しさを味わいましたが、オリンピックも7人制ラグビーを筆頭にチャレンジしたいと思います!

 

では本日のレポートです。

 

■アクティブウォーミングアップ

 

ダイナミックストレッチの前に行うアクティビティとしてペア鬼ごっこを行いました。

 

ボールは両手!

 

ルールは鬼ごっこなのですが、自分のペアしかタッチが出来ません。

 

しかも逃げる方はボールを持って逃げるのですが、必ず両手で逃げましょうとルールを追加しました。

 

また、2セット目は僕の笛でアタック(逃げてる方)はトライラックを、そしてディフェンス(追っかけてる方)はダウンしてロールする動きを追加しました。

 

倒れてもすぐに起き上がるイメージを持ってもらいます。

 

■SAQ(カラーマーカータッチ)

 

体を真正面に保ちながらまっさんに言われた3つの色を順にタッチしてダッシュに切り替えるドリルです。

 

スタートも大事ですよ!

 

小・中学生共に比較的ルールを守りながら競う会うというチャレンジが出来ましたね!

 

小学生は小回り効いてましたね!笑

 

バランスを崩してしまって競争に負けるという事もあるのですが、そのバランスもどの程度ならば自分のコントロール下にあるのかをSAQドリルで体感して欲しいと思います。

 

■反応1 v 1

 

反応と一か八かは違います。

 

アカデミー生が勝手に判断して反応ではなく一か八かで動くと、このドリルの意味が無くなります。

 

いくら足が速くてもタッチラインに出れば相手ボールです。

 

ルールを理解して正々堂々戦うクセを身につけましょう。

 

目線をどこにするかでも変わってきますね!

 

■スペースボール

 

こちらもアタックには胸キャッチはダメ、という条件を付けてヒットシールドを持ってるディフェンスに遮られないようにボールをスペースに運んで攻撃を継続する練習を行いました。

 

スペースにボールを運ぶためにはスペースを見つけなければなりません。

 

スペースを見つける人はボールを持ってる人、持っていない人それぞれです。

 

目線が違うので、それを繋ぐのがおそらくコミュニケーションとなります。

 

だから大事ですよね!と、アカデミー生がミスをするたびにネタに使わせてもらってます。笑

 

■∞パス&ラン

 

決められた形を崩さず、順番にパスをしながら走るという難易度の高い練習でした。

 

ナイスアーリーキャッチ

 

頭ではわかっていても、実行するとなかなか上手くいかないのはなぜでしょうか?

 

いくつか挙げられますが、競争というプレッシャーや、勝ちたい負けたくないというメンタルから足元の小さいことを忘れがちになるのがほとんどですね。

 

失敗した時に気づいていれば、あとは練習をやるのみです

 

■トライラック

 

今ではタックルされたボールキャリアの定番スキルです。

 

トライラックを説明中

 

アカデミーでもなぜトライラックしなければならないのか、を考えてボールゲームの前の大切なメニューとして行いました。

 

■ボールゲーム

 

三つ巴を短い時間で回すという方法で行いました。

 

攻守の切り替えのリアクションスピードや準備の大切さを体感できるシステムです。

 

プチパニックになる場面もありますが、これもある意味でゲーム強度になりますので前向きに体感してもらえると嬉しいです!

 

ということで、アカデミー生にはこれからもいろんな体感や刺激を受けながら成長してもらえるよう我々コーチも準備を怠らず、いろんな仕掛けをしていきたいと思います。

 

本日の太田クラスの練習メニューです

 

1 ダイナミックストレッチ

→ペア鬼ごっこ

→ダイナミックストレッチ

2 SAQドリル

→カラーマーカータッチ

3 ラグビースキル

→反応1 v 1

→スペースボール

→∞パス&ラン

→トライラック

4 ボールゲーム

5 振り返りの時間

 

W.K.S.P

Takashi MIYAKE