ワイルドナイツスポーツプロモーション

お問い合わせ賛助会員募集

BLOG 理事ブログ

2021/08/2

第16回Wonderful Kids Sports Parkレポート

キッズパークのコーチを務めます、まっさんです!

 

夏休みが始まり、そして東京2020オリンピックが始まり、日が経つのもとても早く感じますね!

 

自国開催だけあって、テレビではたくさんの競技が中継されているので朝から夜まで目が離せないですね^^

 

試合に勝って流す涙、負けて流す涙、どれだけの思いをこのオリンピックに懸けてきたのかが伝わってきます。

 

以前のレポートでもお伝えしたと思いますが、トップアスリートの選手達は試合前の緊張をどうほぐしているのか、そして自分の力を100%出すためにはどんなことをしているのかを見たいと思っていました。

 

新競技となったスケートボード女子ストリート決勝を見たのですが、見事金メダルを獲得された西矢選手の東京2020オリンピックの舞台を心から楽しんでいる笑顔がとても印象的でした!

 

オリンピックの緊張感は?の質問に「いつもと変わらない」とのことで^^

 

恐るべし中学2年生ですね!

 

さてさてそんな今日のキッズパークは、少しでもオリンピックの凄さを感じてもらおうと競技種目の中からいくつかをチャレンジしてもらいました。

 

そして世界記録ってどれくらいなのかも確認しながらの挑戦です^^

 

種目は、走り幅跳び・三段跳び・砲丸投げ・走り高跳び・100m走です!

 

 

テレビで見ている距離と違い、実際の距離はどうだったでしょうか。

 

世界一の幅跳びのジャンプにキッズパーク生は何回もジャンプをして到達していました^^

 

また三段跳びの記録にも大股走でチャレンジです。

 

100m走も実際に走ってもらいました。

 

よーいスタートから世界記録の9秒58でどこまで走れたか。

 

残り半分!というところではゴールされていましたね。

 

最後は100mを全力で走って距離を実感しました。

 

実際にやってみて、あらためてそれぞれの競技の凄さを少しでも感じてくれたかと思います。

 

オリンピック期間中ならではの特別プログラムはいかがでしたか?

 

今日チャレンジした競技は明日以降も行われます。

 

これやったことある!めっちゃしんどかった!など東京2020オリンピックをより身近に感じてくれることでしょう^^

 

今日のキッズパークも開始10分、残り10分と急な大雨によりプログラムを変更して行いました。

 

今後も不安定な天候が続きそうなので、引き続きゲリラ雷雨、熱中症、感染症予防に警戒をしつつ、楽しい夏休みをお過ごしください!

 

 

 

 

 

次回キッズパークのご案内

日時:2021年9月6日(月)

場所:尾島公園グラウンド(太田市亀岡町99)

時間:1部 16時40分~17時40分

   2部 17時50分~18時50分

 

本日のキッズパークです

1 準備運動

2 走り幅跳び

3 三段跳び

4 砲丸投げ

5 100m走

6 走り高跳び

7 振り返りの時間

 

KidsPark

田仲 一正

 

 

2021/07/30

第16回W.K.S.Pアカデミー熊谷クラスレポート

W.K.S.Pアカデミーのコーチを務めます、みやっきーです!

 

ついに東京2020オリンピックが開幕しましたね!

 

コロナ禍での開催、さらに東京都は緊急事態宣言が発出中でかつ日に日に感染者が増加する中でのオリンピックはいろんな目線で見ることが大切です。

 

日本は連日のメダル(金メダル多)ラッシュで嬉しいですね!

 

全てのアスリートがこの東京2020オリンピックに懸けてきた軌跡がとてつもない覚悟と重圧であったことをテレビを通して感じます。

 

1年延期になったことでオリンピックを諦めたアスリート、1年延期になったことでオリンピックに出場ができたアスリート、1年延期になったことで様々なことが起きておりますが、今目の前に起きていることが現実です。

 

僕はまだまだ続くこの東京大会をただただ観戦するのではなく、背景やプロセスを知りながら見たいと思います。

 

そして先の未来で東京2020オリンピック・パラリンピックがどういった大義で行われて幕を閉じたのかを伝えていけるように、しっかりと目に焼き付けたいです。

 

アカデミー生は夏休みに入ってそれぞれが夏休みを楽しんでくれていると思います。

 

週末のラグビースクールに通うアカデミー生が大半ですが、各チームはサマータイムを導入して、なるべく涼しい時間帯に練習を行うことを心がけて熱中症対策を講じてらっしゃいますね。

 

またそれは個人の意識がとても重要です。

 

アカデミーは夕方からの開催なので比較的涼しくなってきておりますが、それでも汗はしっかりかいております。

 

中には持ってきた飲料水の量が少なかったり、たまにですが飲料水を忘れた、という人もいます。

 

余るぐらいでちょうどいいと思うので、十分な飲料水とタオルや替えのマスク、着替え、塩分補給のタブレットなど自らの体調は自らで管理ができる意識も持ちましょうね!

 

今日は小学生クラスに3人の体験者が来てくれました。

 

 

新しい仲間になってくれることを期待したいですね!

 

では、本日のレポートです。

 

■L字アタック(まっさんレポート)

 

 

ボールキャリアを頂点に両サイドに2人ずつサポートプレイヤーがいます。

 

コーチの指示でアタックが決まり、ボールキャリアを含め3人でアタックをし、残り2人がディフェンスとなります。

 

 

ディフェンスは縦1列に並んでいるので3v1v1の状況となり、前回のドリル(パス&サポート)に近い形になりますね。

 

なのでボールキャリアやサポートプレイヤーは何をするべきかがわかりやすかったと思います。

 

 

アタックの選択肢が多い方がディフェンスはプレッシャーとなります。

 

パス1つでも、左右のオプションや飛ばしパスなどサポートがいればたくさん選択肢が増えますね!

 

どうやってボールを運ぶのか、パスを貰いたいのかはコミュニケーションが必要となります。

 

 

小中学生ともにボールキャリアの判断力やスピードが上がっているのでサポート力をさらに高めれば面白いようにボールが動いてきます^ ^

 

春から取り組んでいるコミュニケーションを自分の武器にできるように更なるチャレンジを期待しています!

 

■4 v 3(タカレポート)

 

 

今日、アカデミー生がタカが思いもしなかったプレーがあったのでそれについて書きます!

 

このドリルは1列目のディフェンスが特定の位置にセットできたらアタックスタートとなります。

 

 

他の2人(2列目と3列目のディフェンス)の準備の有無に関わらずにスタートとなります。

 

なので1列目のディフェンスは、他の2人の準備が終えるタイミングに合わせて特定の位置までに移動してました!

 

 

ルール内のファインプレーですね!

 

そうすることによりディフェンスは準備できた状態でスタートできますね!

 

 

では逆にアタックはディフェンスが準備する時間があることでどんなメリットが生まれるのでしょうか?

 

ディフェンスの位置を把握できます!

 

1列目.2列目.3列目のディフェンスの位置を把握できればトライまでのルートが見えるのではないでしょうか。

 

これからもどんどんルール内であればいろんなことを試してチャレンジしてみてください!

 

■ボールゲーム

 

 

2週間ぶりのアカデミー熊谷クラスだったのですが、ボールゲームのルールも憶えてくれていてルールをしっかり運用できてましたね。

 

体験に来てくれた3人も初めてのボールゲームで「ステップがすごい!」「足が速い!」「仲間と協力してプレーするのが楽しい!」など、新しい刺激を受けてくれました。

 

そうなんです。

 

みんなの一つ一つのプレーは周りの人に刺激を与えているのですよ。

 

もちろん一生懸命にプレーしていることが大前提ですが。

 

 

上手い下手とかではなく、ラグビーを楽しんでいるかどうかも大切ですね。

 

ボールゲームはそんなみんなの気持ちを全面に出すチャンスですので、引き続きルールを理解した上でどうやってトライに結びつけるのか、自分のスキルを活かすのかを考えて伸び伸びプレーしてください。

 

 

【次回のW.K.S.Pアカデミー熊谷クラス】

2021年9月3日(金)

場所:仙元山公園陸上競技場

小学生:17時10分〜18時30分

中学生:18時40分~20時00分

 

本日の熊谷クラスの練習メニューです。

 

1 アクティブウォーミングアップ

→リアクションキャッチ

→ダイナミックストレッチ

2 L字アタック

3 4 v 3

4 ボールゲーム&タカトレ

5 振り返りの時間

 

W.K.S.P

Takashi MIYAKE

2021/07/29

第14回W.K.S.Pアカデミー太田クラスレポート

W.K.S.Pアカデミーのコーチを務めます、みやっきーです!

 

本日より太田クラスは尾島公園グラウンドから龍舞グラウンドに場所を変更しました。

 

 

 

龍舞グラウンドといえばみなさんご存知の通り、パナソニック ワイルドナイツが使用していたグラウンドです。

 

もちろんチームは熊谷に移転したため龍舞グラウンドは人気のいない静かな雰囲気でしたが、ゴールポストも健在で芝生の管理もして頂いているのでワイルドナイツの代わりにアカデミー生がハツラツとプレーしていると龍舞グラウンドには活気が戻りましたね。

 

今後、このグラウンドの運用ビジョンは分かりませんが、使用できることに感謝して存分にプレーができることを期待したいです。

 

さて、本日はアカデミー開催中が雨予報でして、不安な1日を過ごしておりましたが小学生クラスは無事にフルで開催することが出来ました。

 

 

しかし中学生クラスが始まる頃にはパラパラと雨が降り出し、遠くの空では雷が鳴り出しました。

 

なんとか粘って欲しかったのですが、残り20分になった頃には本格的な雷が鳴りだしましたので一旦避難し、そこでタカトレを実施して終了としました。

 

 

ボールゲームが出来なかったことが中学生にとっては残念でした。

 

また来週、たくさんボールゲームをやりましょう!

 

では、本日のレポートです。

 

■パス&サポート(まっさんレポート)

 

 

2回目ということもあり、ルールや目的の理解もよくできていましたね!

 

ボールを持ったら何を目指すのか、それに対してサポートプレイヤーはどうすればサポートができるのかがキーポイントでした。

 

 

3v1=パスも正解ですが、正解の1つにすぎません。

 

ボールキャリアがディフェンスを引きつけることでスペースができ、サポートプレイヤーへのパスが有効になります。

 

 

どちらのクラスもサポートプレイヤーのコミュニケーションも増えたことでサポートプレイヤーにディフェンスが惹きつけられパスダミーからのトライも多かったですね!

 

 

またスピードをつけるために下がってポジショニングをするなどの工夫も見られました。

 

たくさんの工夫やアイデアにどんどんチャレンジしてトライ&エラー、成功を経験して成長していきましょう!

 

■4 v 3(タカレポート)

 

 

2週目のドリルです!

 

先週のドリルからアレンジした部分は、アタックを固定しない。指定のマーカーより内側だったらどこに立ってもOKというルールにしました。

 

またタッチされたらボールダウンというルールも追加しました。

 

これまではタッチされたら3歩以内にパスをするというルールを設けておりましたが変更しました。

 

 

ファーストセットの部分で固定しない分、より自由にアタックすることができます。

 

 

ディフェンスから遠い位置にポジショニングするのもOKです!

 

アカデミー生の自由な発想にどのようなアタックをするかを楽しみながら見ました!

 

ルール内であればどのようにアタックしてもOKですので、固定概念に囚われない自由なアタックを今後楽しみにしています!

 

■ボールゲーム

 

 

冒頭でも書きましたが中学生はあいにくの天気のためにボールゲームが出来ませんでした。

 

しかしそれまでのドリルでの質や運動量はさすが中学生!と、唸りたくなるものでした。

 

 

代わりにタカトレでしっかり追い込めましたね!笑笑

 

小学生は無事に出来ました。

 

暑さもありましたが、小学生も運動量が豊富で2分間のゲームでしたが相当キツそうでしたね。

 

フィードバックでみなさんに伝えたのは、疲れたときはプレーの精度がどうしても落ちてしまうこと。

 

これはどのレベルでも言えることです。

 

 

しかしプレーの精度が落ちてもプレーをやめて良いわけではありません。

 

キツくてしんどくても出来ることって何でしょうか??

 

出来ること、すたわちそれはプレーに参加しているってことなので例え全力で走れなくても、そしてパスが上手く投げれなくても参加する意識を持ちましょうね。

 

 

 

【次回のW.K.S.Pアカデミー太田クラス】

2021年8月5日(木)

場所:龍舞グラウンド

小学生:17時10分〜18時30分

中学生:18時50分〜20時10分

※6月24日(木)振替分

 

本日の太田クラスの練習メニューです。

 

1 アクティブウォーミングアップ

→リアクションキャッチ

→ダイナミックストレッチ

2 パス&サポート

3 4 v 3

4 ボールゲーム&タカトレ

5 振り返りの時間

 

W.K.S.P

Takashi MIYAKE

2021/07/27

第15回Wonderful Kids Sports Parkレポート

キッズパークのコーチを務めます、タカです!

 

ついに先週の金曜にオリンピックの開会式が行われました!

 

開催に至るまで様々な意見が飛び交っておりましたが、開催された以上は目標に向かって血の滲む努力をされてきたアスリートたちの活躍を目に焼き付けたいと思います。

 

ちなみにタカは開会式をテレビから見ていた時に次々と出場する国の名前と位置を確認してました笑

 

聞いたことのないような国々がいっぱいでした。

 

ギニア・ビサウやコモロとかですね。

 

かなりタカの地理力がアップしたと思います笑

 

ともあれ多くのアスリートのひたむきに真摯に競技に打ち込む姿はいつの時代になっても心打たれるものです。

 

キッズパーク生もオリンピックを見て、何かしら感じ取るものがあれば嬉しいなと思います!

 

始まったばかりですが、どうか大きな事態にならず無事に終えることを祈るばかりです。

 

それでは本日のレポートです!

 

今日は年に4回実施される体力測定の2回目でした!

 

これは繰り返しキッズパーク生に伝えていますが、体力測定は他人との記録を比較するのではなく、自分のこれまでの記録を見比べて「できなかった」ことが「できる」ようになったことに注目して自身の成長を実感してもらいたいなと思っています。

 

さらには仲間が体力測定をしている間は騒がず、静かに待機してあげるなど、思いやりの気持ちも育みます。

 

オリンピックに出場しているアスリートのように素晴らしい人間性をもった人になってください!

 

※本日は体力測定のため手が回らず写真はございません。

 

次回キッズパークのご案内

日時:2021年8月2日(月)

場所:尾島公園グラウンド(太田市亀岡町99)

時間:1部 16時40分~17時40分

   2部 17時50分~18時50分

 

本日のキッズパークです

1 準備運動

2 体力測定

3 長縄跳び

4 振り返りの時間

 

KidsPark

大塚 貴之

 

2021/07/21

第14回W.K.S.Pアカデミー高崎・前橋クラスレポート

W.K.S.Pアカデミーのコーチを務めます、みやっきーです!

 

先週は思わぬ雷の発生により、小学生クラスの途中で中断してそのまま中止の判断をさせて頂きました。

 

先週分の振替日に関しましては8月4日(水)を予定しておりますので、どうぞよろしくお願い致します。

 

さてさて皆さん夏休みに入りましたよね?!

 

1年で最も長い休みとなります。

 

1週間くらい前からワクワクしている人も多いのでは無いでしょうか??笑笑

 

そのワクワクを計画的に実行して楽しんでくださいね。

 

もちろん夏休みの宿題や、家のお手伝いなど率先して行う皆さんを期待しております。

 

 

すでに公式LINEでお伝えしておりますが、改めて2点お知らせ致します。

 

一つは8月の3週目と4週目にW.K.S.PアカデミーのSummer Lessonを行います。

 

 

多くの方のご参加と、アカデミー生やその他の参加者の多様な交流も楽しみにしております!

 

2点目は7月より「スポーツ医科学チーム」を作りまして、担当の松原さんより各クラス月1回のサポートをしてもらうことになりました。

 

僕やまっさん、タカとは違うコーチングスキルや知識をお持ちですので、それぞれのニーズに応じたサービスを提供できるように引き続き頑張って参りたいと思います。

 

熱中症対策も日々、心がけて下さいね!

 

 

 

 

では、本日のレポートです。

 

■パス&サポート(まっさんレポート)

 

 

連続3v1のドリルで、抜けた後にもディフェンスがいる状況を想定しました。

 

アタックはボールキャリアとサポートプレイヤーの2つに分けられます。

 

パスをすればこの役割が変わり、求められるプレーも変わります。

 

 

目的であるトライをするためにボールキャリアは「スピード」を、サポートプレイヤーは「コミュニケーション」と役割によってキーポイントを掲げました。

 

スピードのあるアタックはディフェンスにプレッシャーをかけることができますね。

 

 

そこにサポートプレイヤーがいればディフェンスは更にディフェンスがやりづらくなります。

 

ただしサポートプレイヤーがただ後ろにいるだけではボールキャリアには伝わらないので、コミュニケーションをとって3人でのアタックができます。

 

連続攻撃の中で自分の役割を見つけ、何をするのかをこのドリルで磨いていきましょう!

 

■4 v 3(タカレポート)

 

 

ディフェンスの3人はコートのあちこちに散らばっています。

 

なのでアタックにとってはスペースがたくさんあってボールが運びやすいです。

 

 

しかしサポートプレーヤーがきちんとついて行ったり、コミュニケーションを取らないと継続することが難しくなるドリルです。

 

ボールキャリアがアタックできる選択肢を増やすためにはサポートプレーヤーの働きも重要になってきます。

 

 

「スペースにボールを運ぶ」ことを目的として、そのためのキーポイントは「前を見る」「サポート」としました。

 

「前を見る」のはボールキャリアだけのことではありません。

 

サポートプレーヤーも「前を見る」ことで次のプレーにつなげられます。

 

単なるサポートではなくアタックの継続ができるようなサポートをしましょう!

 

■ボールゲーム

 

 

小学生中学生も同じルールのボールゲームを毎回行うのですが、今日は中学生は6 v 6と言うこともあって今回のルールではあまり有効なスペースを見つける、作るのが難しそうでした。

 

アタックがもう少し有利になるようなルールを途中で変更しても良かったかなと振り返ってみての反省です。

 

しかしスペースがない中でも細かいパスがプレッシャーの中でも効果的につながるシーンは多く、ハンドリングスキルの高さは素晴らしかったですね!

 

小学生はトライを取ることがゲームにおけるアタックの目的と理解しつつもパスやキックをすることが目的になりがちなので、トライを取るための手段としての意識をプレーの中で学んでいきましょう。

 

 

 

【次回のW.K.S.Pアカデミー高崎・前橋クラス】

2021年7月28日(水)

場所:高崎市菊地サッカー・ラグビー場

小学生:17時10分〜18時30分

中学生:18時50分~20時10分

 

本日の高崎・前橋クラスの練習メニューです。

 

1 アクティブウォーミングアップ

→リアクションキャッチ

→ダイナミックストレッチ

2 パス&サポート

3 4 v 3

4 ボールゲーム&タカトレ

5 振り返りの時間

 

W.K.S.P

Takashi MIYAKE

2021/07/19

第14回Wonderful Kids Sports Parkレポート

キッズパークのコーチを務めます、まっさんです!

 

梅雨が明け、一気に夏モード全開の気温となってきましたね!

 

 

各小学校では明日の終業式を残して、もうすぐ楽しい夏休みが始まりますね^^

 

そして今週金曜日にはオリンピックが始まります!

 

いろんなスポーツが見れるチャンスです。

 

画面越しからでも伝わる緊張、選手の表情やしぐさなどレース前のルーティンを観察するのも楽しみの1つですね。

 

誰しもがレース前は緊張するものです。トップアスリートはその緊張をどうやってほぐすのか、自分の力を100%出す為にはどんなことをしているのかも見られるといいですね!

 

なぜなら、来週キッズパークでは体力測定をするからです^^

 

年に4回ある体力測定で前回の記録を少しでも更新できるかなど、1つの目標として体力測定を実施しています。

 

緊張感のある中で全力を出すという意味ではオリンピックも体力測定も同じですね。

 

来週のキッズパークが楽しみです!

 

また、そんなキッズパーク生に今日の給食は何だったかを聞いてみました。

 

ビーフシチュー、夏野菜カレーに麦ごはん、冷凍パインなどなど。

 

僕が覚えていないだけなのか、うらやましいメニューが盛りだくさんですね。

 

まだまだ黙食が続いているかとは思いますが、給食の一コマも楽しい思い出として残していきましょう。

 

そして明後日から始まる夏休みは夏風邪や熱中症には気をつけて規則正しい生活を心掛けること、そしてお手伝いも宿題もばっちりと、よく食べよく寝てよく遊んで思い出をいっぱい作ってください!

 

前置きが長くなりましたが、本日のレポートです。

 

来週は体力測定を行うので、各種目を思い出す復習も兼ねたプログラムを行いました。

 

体力測定は全部で5種目。

・30m走

・反復横跳び

・ボール投げ

・サッカードリブル

・バランス

 

各種目のポイントをおさらいをしたり、実際にチャレンジをしてもらいました。

 

 

 

 

誰かと競い合うものではなく、自分が今どれくらいできるのか、前回の測定値からどのくらい成長できているのかを知る事が目的の体力測定です。

 

 

 

 

緊張はすると思いますが、いつも通り楽しくすることで全力が出せるものです^^

 

笑顔笑顔でチャレンジする姿を楽しみにしています!

 

 

次回キッズパークのご案内

日時:2021年7月26日(月)

場所:尾島公園グラウンド(太田市亀岡町99)

時間:1部 16時40分~17時40分

   2部 17時50分~18時50分

 

本日のキッズパークです

1 準備運動

2 反応ダッシュ(30m走)

3 反復横跳び

4 ボール投げ

5 サッカードリブル

6 バランス

7 振り返りの時間

 

KidsPark

田仲 一正

2021/07/16

第15回W.K.S.Pアカデミー熊谷クラスレポート

W.K.S.Pアカデミーのコーチを務めます、みやっきーです!

 

本日15時頃にJAPAN RUGBY TOP LEAGUEからJAPAN RUGBY LEAGUE ONEとリーグの名前が変わったことが発表され、同時に一部〜三部のカテゴリー分け、そしてチーム名も新たに公表されましたね。

 

 

そしてそして、群馬から埼玉に移転をした埼玉パナソニック ワイルドナイツも新リーグに向けてどんなチームとして戦うのか興味が尽きないですね!

 

 

他のチームも名称やロゴをガラッと一新するチームがあったりと新しい扉が開く感じがひしひしと伝わってきます。

 

 

すでにSNSではいろんな議論や賛否が繰り広げられてますが、もう決まったことなんで後ろ向きなことを発信するよりも、これからどうすればさらに良くなっていくのかをみんなで模索して楽しめるリーグにして行ければ良いですね!

 

そしてアカデミー生が日本最高峰のラグビーに少しでもなんらかの形で触れ合えることを期待しております。

 

 

では、本日のレポートです。

 

■パス&サポート(まっさんレポート)

 

 

先週に続いてのドリルとなります。

 

今回、ボールキャリアは「スピード」を、サポートプレイヤーは「コミュニケーション」と役割によってキーポイントをあげました。

 

ディフェンスにとってトップスピードで向かってくるアタックはかなりのプレッシャーとなります。

 

ましてやサポートプレイヤーもいればどうディフェンスをしていいのか迷ってしまいます。

 

アタックは攻撃が継続される限りディフェンスに対してプレッシャーを与え続ければ前進できトライが近づいてきますね。

 

 

1つのパスによって役割が変わっても、やるべきことが理解できていればいれば後は実行するだけです。

 

先週に比べどちらのクラスもアタックに勢いがありトライに繋がるシーンがよく見られました!

 

■4 v 3(タカレポート)

 

 

ディフェンスの3人はコートのあちこちに散らばっています。

 

 

なのでアタックにとってはスペースがたくさんあってボールが運びやすいです。

 

 

しかしサポートプレーヤーがきちんとついて行ったり、コミュニケーションを取らないと継続することが難しくなるドリルです。

 

ボールキャリアがアタックできる選択肢を増やすためにはサポートプレーヤーの働きも重要になってきます。

 

ついていくことができたとしてもボールキャリアとフラットになるとパスミスが起こりえます。

 

背番号が見えるような位置がちょうどいい位置になります。

 

 

あくまでも参考なので、状況にあわせてボールキャリアがパスしやすい位置にサポートしていきましょうね!

 

■ボールゲーム

 

 

ボールキャリアがタッチされたら股下からのパスのルール。

 

簡単そうに見えていつもと違う景色でパスをするから慎重にならざるを得ませんでしたね。

 

 

受け取る方はボールが見えるのでどこでも取れそうな感じがするのですが、投げる方は視界が一気に狭くなるのでなるべくならば真後ろにサポートしてあげた方がいいかも知れませんね。

 

またグラバーキックの活用は小学生も中学生も積極的でした。

 

ただしグラバーキックあるあるなのですが、裏のスペースが見えていても目の前のディフェンスの存在が薄くてチャージされることがありますね。

 

 

グラバーキックを通すためにはやはりこれもキックを蹴るためのスペースが大事です。

 

スペースはいろんな捉え方があるのでゲームの中でたくさん学んでいきましょう!

 

 

 

【次回のW.K.S.Pアカデミー熊谷クラス】

2021年7月30日(金)

場所:仙元山公園陸上競技場

小学生:17時10分〜18時30分

中学生:18時40分~20時00分

 

本日の熊谷クラスの練習メニューです。

 

1 アクティブウォーミングアップ

→ステップ

→ダイナミックストレッチ

2 パス&サポート

3 4 v 3

4 ボールゲーム&タカトレ

5 振り返りの時間

 

W.K.S.P

Takashi MIYAKE

2021/07/15

第13回W.K.S.Pアカデミー太田クラスレポート

W.K.S.Pアカデミーのコーチを務めます、みやっきーです!

 

アカデミー生は学校に行ってる時間なので直接は見れなかったと思いますが、昨日メジャーリーグで活躍している大谷翔平選手がメジャーリーグのオールスター戦に1番指名打者、そして先発投手として出場しました。

 

つまり世界最高峰の夢の祭典でも二刀流を成し遂げました!

 

見ているだけでも緊張感漂う雰囲気でも楽しそうにプレーしている表情が印象的でした。

 

誰しもが憧れる選手も当たり前ですが子どもの頃は憧れる選手を目指して日々、努力を続けていたことでしょう。

 

努力の方法は人それぞれでいいと思います。

 

自分に合った努力をすることが大切です。

 

先日とある講演会に行ったのですが、パナソニック ワイルドナイツの野口竜司選手の言葉が心に残っております。

 

「キツイ時にこれはなんのためにやっているのか」

 

という明確な答えを持つことがキツイことも辛いことも乗り越えるためのモチベーションにしていると。

 

それはおそらく目標や夢が明確であるということだと思います。

 

そして絶対に成し遂げるという強い意志です。

 

また大西樹選手は「自分はよく風邪を引く体質なので必ず7時間の睡眠を毎日取るようにしています」と言ってました。

 

自分のことをよく理解していて、そこから分析して行動に移すということはとても素晴らしいことですね。

 

2人に共通しているのは自分のためがチームのため、仲間のために繋がるという部分でした。

 

アカデミーはチーム活動ではないのですが、野口選手や大西選手のように自分を知って仲間のためにプレーする大切さを学んでほしいと願います。

 

では、本日のレポートです。

 

■パス&サポート(まっさんレポート)

 

 

ディフェンスの裏にもディフェンスがいる状況を作りました。

 

アタックにはボールキャリアとサポートプレイヤーがいます。

 

ボールキャリアはどんなことを意識してプレーをするのか、サポートプレイヤーは何をすればよいでしょうか?

 

キーポイントをボールキャリアは「スピード」、サポートプレイヤーは「コミュニケーション」としました。

 

小学生中学生どちらのクラスもボールキャリアのスピードがあり、ディフェンスはやりづらそうでしたね。

 

プラスしてコミュニケーションをとることによって、ボールキャリアの攻撃オプションが増え、ディフェンスに対してもプレッシャーとなりトライのチャンスも更に高くなりますね!

 

1つのパスによって役割が変わる中で自分に何ができるのか、そしてどうすればトライに繋がるのかをこのドリルで磨いていきましょう!

 

 

 

■4 v 3(タカレポート)

 

コートを思い切り広く使ってもらいました。

 

ディフェンスは一列ではなく、あちこち散りばめられた状態で、4 v 3を開始します。

 

所々にスペースがあるので、サポートプレーヤーのサポートとコミュニケーションが肝となります。

 

 

ボールキャリアが右にも左にもパスができるような位置にするサポート。

 

そして自分の存在を知らせるためのコミュニケーションをとることでトライにより結びつけやすくなります!

 

 

■ボールゲーム

 

 

今週から今まで導入していたラグビールールではあり得ない特別ルールを無くして行いました。

 

みなさんがみなさんの持っているスキルで特別なことを仕掛けなくても十分にスペースにボールが運べる用になりました。

 

そして限られたルールの中でも様々な発想や工夫でトライを取れるようになってきたからです。

 

もちろんグラバーキックもありでした。

 

ただしディフェンスにおいては中学生に比べて小学生の方が整備されていないことが多かったので、それはそれでレベルアップするチャンスですし中学生はさすがでした!

 

 

 

 

【次回のW.K.S.Pアカデミー太田クラス】
2021年7月29日(木)
場所:尾島公園グラウンド
小学生:17時10分〜18時30分
中学生:18時50分〜20時10分

 

本日の太田クラスの練習メニューです。

 

1 アクティブウォーミングアップ

→ステップ

→ダイナミックストレッチ

2 パス&サポート

3 4 v 3

4 ボールゲーム&タカトレ

5 振り返りの時間

 

W.K.S.P

Takashi MIYAKE

2021/07/12

第13回Wonderful Kids Sports Parkレポート

キッズパークのコーチを務めます、まっさんです!

 

本日は太田市全域に雷注意報が発令されていることや、夕方からの天気予報から昨今のゲリラ雷雨の状況を考え、キッズパーク生の安全を最優先にスタッフと協議を重ねた結果、本日のキッズパークは尾島体育館での開催といたしました。

 

開催中雨が降らなかったら、雷が鳴らなかったら外で開催できたのに…といった複雑な気持ちもありますが、何かあってからでは遅く、また不安な気持ちのままの開催は集中力の欠如から怪我のリスクも高くなります。

 

今後も急な天候の変更によってキッズパーク生や保護者の皆さまには即時対応をお願いすることもあるかもしれませんが、何卒よろしくお願いいたします。

 

そして体育館での開催をポジティブに捉え、室内だからこそできるプログラムも行いました。

 

アニマルウォークではいろんな動物になりきって、様々な体勢で進みます。

 

ペンギン、尺取り虫、クモ、熊、ワニなどなど。

 

低い姿勢や四足歩行など、自分の体重を腕の力を使って支えるので普段はあまり使わない筋肉を存分に動かしました。同時に柔軟性もアップするので、良いウォーミングアップができました。

 

回転ジャンプは、90度180度270度360度に合わせてジャンプで回転します。

 

ジャンプをする力のコントロールやジャンプ中、また着地時のバランスを鍛えることができます。

 

バランスディスクを使ってコーチとキャッチボールでは、両足でもグラグラとしていましたが、片足にもチャレンジをしました。

 

体の軸がブレてしまうとすぐに体制が崩れてしまいますが、グラグラしても大丈夫です!その時にしっかり体幹が使われているのです!

 

タオルテニスは2人1組でお互いがタオルの両端を持ち、テニスボールがタオルから落ちないようにキャッチ、そして相手に投げ返すゲームです。

 

 

 

2人の呼吸が合わないとボールが落下してしまったり、タオルを放してしまったりしてしまいます。

 

終盤は数回ラリーが続くなど、息の合ったプレーが多くなりましたね^^

 

最後はフープを使ったあめんぼレースです。

 

4つのフープにそれぞれ手と足を入れ、ペアの人がフープを1つずつ動かしてゴールに進みます。

 

 

四足歩行の要領ですが、手と足が離れればより腹筋や体を支える手や足に負担がかかってきます。

 

ゴールまでできるだけフープを動かす回数を少なくできるかにチャレンジしてもらいましたが、「もう少し遠くに置いて!」といった声があるなど、見事なチャレンジとコミュニケーションが見られました。

 

 

プログラムやルールの理解もあり、いろんなことができましたね!

 

話を聴くことであったり、仲間と協力する気持ちの成長が毎回のキッズパークで感じられます。

 

夏休みまであと少し!

 

それまでにもいっぱい成長出来るように来週もがんばろうね^^

 

 

 

次回キッズパークのご案内

日時:2021年7月19日(月)

場所:尾島公園グラウンド(太田市亀岡町99)

時間:1部 16時40分~17時40分

   2部 17時50分~18時50分

 

本日のキッズパークです

 

1 準備運動

→回転ジャンプ

→アニマルウォーク

→反応ダッシュ

2 バランスキャッチボール

3 タオルテニス

4 あめんぼレース

5 振り返りの時間

 

KidsPark

田仲 一正

2021/07/9

第14回W.K.S.Pアカデミー熊谷クラスレポート

W.K.S.Pアカデミーのコーチを務めます、みやっきーです!

 

3週間ぶりに仙元山公園陸上競技場に戻ってまいりました。

 

芝生の養生期間を経て使用させてもらえるグラウンドは気持ちよかったですね!

 

 

天気はあいにくの雨模様でしたが…。

 

 

気づけばもう7月も1週間が過ぎまして、夏休みも目前に迫ってきてますね!

 

昨日、東京2020オリンピック・パラリンピックは無観客(一部有観客)と発表されましたのでおうち時間で観戦することになりそうです。

 

紆余曲折ありましたが、アスリートの皆さんにはただただ競技するその瞬間は邪念を振り払って最高のパフォーマンスを披露してくれることを期待してます。

 

男女7人制ラグビーの期待も高まりますので楽しみですね。

 

また、夏休みは長いので去年はあまり遠出ができなかった分、今年は計画的に感染対策を講じて出かける人も多いのでしょうか。

 

楽しみが近くにありますが、先を見過ぎずにもう少し梅雨が続きそうですから通学通勤の際は安全第一でお願いします。

 

土砂災害や大雨被害に見舞われた方々がたくさんいらっしゃいます。

 

何が起きるかわからないことを予測するのは難しいですが、リスクの認識と対応の知識をみんなで学んで身を守る武器として何かあったときに役立てましょう。

 

では、本日のレポートです。

 

■ワイドビュードリル(タカレポート)

 

 

先週に続いて2回目のドリルです。

 

アカデミー生のみんな、ドリルの目的(視野を広げる)を理解できてる様子だったので、楽しんでプレーしてるのが見られました!

 

 

①最初はボールなしで動く(直角、90度の位置をキープする)

 

②次にボールを使いながら動く

 

③最後に奥の方に提示された色をコールする

 

という風にどんどんレベルアップしてチャレンジしてもらいました。

 

これにより、2人の動きに合わせながらボールを動かす。

 

 

さらには奥にある色も見る。

 

「見る」要素が多いドリルですが、見ることで情報を素早く仕入れ、その中から適切に判断する能力が磨かれます。

 

人は五感の中で1番多く情報を仕入れているのは視覚(約87%)からなんです。

 

視覚を最大限に活かし自分の武器として活用しましょう!!

 

■パス&サポート(まっさんレポート)

 

 

突破した後にもディフェンスがいる状況を想定したドリルとなります。

 

ボールキャリアはパスをすればサポートプレイヤーとなり、サポートプレイヤーはパスをもらえばボールキャリアとなります。

 

当たり前のことですが、それぞれの役割がコロコロと変わってきますよね。

 

 

ボールキャリアは何に対してアプローチするのか、その時サポートプレイヤーは何を意識するのか。

 

このドリルのキーポイントは「サポート」と「コミュニケーション」としました。

 

 

コロコロ変わる中でそれぞれの役割となった時に何ができるのか、そしてどうすればトライに繋がるのかをこのドリルで磨いていきましょう!

 

■ボールゲーム

 

 

小学生も中学生も抜群の判断でパスのオプションを活用してましたが、雨の影響で微妙なパスのズレやキャッチのミスがいつもより若干多かった気がします。

 

 

でも雨の日はそう言った微妙な感覚のズレを経験できる絶好のチャンスですから臆せずチャレンジしてほしいです。

 

雨だからパスのオプションがなくなるのはもったいないですからね。

 

 

加えてキックの判断も有効に使えれば相手にプレッシャーをかけることができますから、ボールを手放すというマインドではなく、ボールだけでも前進させるというマインドでキックスキルにも磨きをかけてくださいね。

 

 

【次回のW.K.S.Pアカデミー熊谷クラス】

2021年7月16日(金)

場所:仙元山公園陸上競技場

小学生:17時10分〜18時30分

中学生:18時40分~20時00分

 

本日の熊谷クラスの練習メニューです。

 

1 アクティブウォーミングアップ

→スクエア鬼ごっこ(ボール)

→ダイナミックストレッチ

2 ワイドビュードリル

3 パス&サポート

4 ボールゲーム&体幹トレーニング

5 振り返りの時間

 

W.K.S.P

Takashi MIYAKE