ワイルドナイツスポーツプロモーション

お問い合わせ賛助会員募集

W.K.S.P 原石からダイヤモンドへ(ニュース)

邑楽町立高島小学校タグラグビー教室

昨日は久しぶりにタグラグビー教室へ行ってまいりました。

 

邑楽町にあります高島小学校の3.4年生と5.6年生を対象に、1時間目から4時間目までたっぷりと児童達とタグラグビーを堪能致しました!

 

3年生以外は昨年すでにタグラグビーを経験していたので、前半は復習とミニゲームをいくつか行い、後半のゲームを楽しみました。

 

学校で行うタグラグビー教室で心がけていますのは、とにかく「安全で楽しく」です。

 

我々は全員にタグラグビー選手やラグビー選手になってもらうために学校へ来ているわけでなく、運動することの楽しさや仲間と一緒に頑張る楽しさを少しでも知ってもらうために、タグラグビーを題材にしているというイメージで行ってます。

 

もちろんそこからラグビーの魅力を感じてラグビーを始めてもらえれば言うことなしです!笑

 

なので、運動が好きな児童に合わせたプログラムではなく、みんなが平等に楽しめるプログラムを意識して作ってます。

 

「楽しくない」と思う理由はいくつかあると思うのですが、やはり怪我をしてしまうと楽しめません。

 

そのほかにも「自分が参加していない、できない」と思うとやっぱり楽しみから遠ざかってしまいます。

 

参加率を上げて、運動をしたという実感を感じてもらうことが必要だと思って学校でのタグラグビー教室では心がけてます。

 

今回の高島小学校でも、後半のゲームでは細かいルールは設定せずに行いました。

 

自分達のゲームの番ではないときは、こちらが何も言わずにみんなで作戦会議をしてまして、そういった中にも仲間で参加している姿が見えて嬉しかったです。

 

楽しい時間はあっという間に終わり、今回も無事に楽しくタグラグビーを行うことができました。

 

恒例の「今日は楽しかっタグ!」で終了して、最後に我々も久しぶりに給食をいただいて帰りました。

 

高島小学校の皆さん、ありがとうございました!

 

5.6年生を担当した田仲コーチとサポートする大塚コーチ

(写真担当:三宅)

 

W.K.S.P

Takashi MIYAKE