ワイルドナイツスポーツプロモーション

お問い合わせ賛助会員募集

ニュース一覧

2019/06/21

第10回W.K.S.Pアカデミー熊谷クラスレポート

W.K.S.Pアカデミーのコーチを務めます、みやっきーです!

 

いよいよ明日から(6月22日)からトップリーグカップ戦が始まりますね!

 

このカップ戦は通常のトップリーグと少し異なりまして、トップチャレンジリーグに所属する8チームを加えた計24チームを4つのグループに分けて(6チーム/グループ)の総当たり戦を行います。

 

各グループの上位1チームしかプレーオフに進めないので、勝つことは絶対ですが1点でも多く奪って1点でも少なく守りきることも重要ですね。

 

また、トップチャレンジリーグのチームにとってはかつてない経験ができるので日本ラグビーの底上げになりますし、新しいスターが登場するかもしれませんね!

 

さらに外国人枠の制限もないですから、メンバーの構成も非常に楽しみです。

 

カップ戦ではもちろん、パナソニック ワイルドナイツの活躍と栄冠に輝くことを心から期待してます!

 

では本日のレポートです。

 

■アクティブウォーミングアップ

 

テニスボールを使った鳥かごゲームをやりました。

 

いくつかルールがありまして、ボールをキャッチする前に手を1回叩くこと、隣の人にはパスができないこと、リターンパスは無し、ボールを落としたらダメ、タッチされてもダメ。

 

これらのルールを守りながら10回パスが繋がるかをチャレンジしましたが、あるグループの最高が7回でした。

 

つまり10回達成が難しいと言うことですが、ルールがそうさせてる部分もあります。

 

いわゆるミスが起きやすい状況を作っているのですが、アタック側におけるミスはすなわちディフェンス側に回る可能性が高いということです。

 

この攻守の切り替えを早く行い、次はアタック側のミスを誘発するような動きからボールを再獲得する意識づけをこのドリルで求めています。

 

ゲームの説明

 

■ストレートラン(みやっきー)

 

アカデミー前には雨が降っていた影響もあって、ボールが滑りやすい状況でした。

 

さらにテニスボールを使ったので余計にハンドリングエラーが起きましが、このドリルの目的は「ストレートラン」です。

 

その中で早いセットとHot passをキーポイントとし、チャレンジしてもらいました。

 

さらに一番外側(3人目の選手)にボールを運ぶ設定ですので、外側の選手は自分にボールが回ってくるよう声を大にしてボールを要求することも伝えました。

 

目一杯のアピールは特に中学生なんかは恥ずかしがります。

 

でもそれを高いスタンダードで出来れば試合で必ずチャンスを掴めます。

 

目一杯のアピールをして多くのトライを体験して欲しいです。

 

Hot pass のチャレンジは素晴らしいですね!

 

■Call 3 v 2(タカ)

 

今週で2回目の練習です!

 

キーポイントは「前を見る」と「コミニュケーション」です。

 

前を見ると言っても具体的に何を見てるんでしょうか?

 

スペース、DFですね!

 

もっと細かくいうとDFの動き。

 

ボールをもらう前に見る、そしてもらった瞬間に前を見る、それによってどういう状況なのかを把握でき、最良のアタックが出来ます。

 

何を判断するにも前を見ることが前提となります!

 

■クイックボールリスタート(まっさん)

 

先週までのミニボールゲーム2 v 2をさらにゲームに近づけるため、スタートを変更しました。

 

コーチの合図で各コーンを回り、3秒以内に準備をしてアタックするところからドリルが始まります。

 

目的(クイックボールリスタート)やポイントは前回同様、早くボールを展開するために「役割」を決め「前を見る」事です。

 

テンポが早くなるにつれて、どちらがボールを先にもらうのかが曖昧になるシーンも見られました。

 

ラインを早く作ることも重要ですが、誰が何をするのか「役割」を早く決め「前を見る」ことで攻撃の選択肢が増えてチャンスが生まれます。

 

積極的なコールが増えてテンポの早いアタックも多く見られるようになりました^ ^

 

3秒ルールでは3秒後に展開するのではなく、3秒以内であればGoodなのでさらにテンポを早くしてディフェンスを翻弄できるようにしていきましょう!

 

■ボールゲーム

 

ボールゲーム前

 

僕が担当していた小学生は、蒸し暑さもあったかもしれませんが非常に運動量も多くてショートゲームでありながらもタフなボールゲームが出来ましたね。

 

また、このボールゲームにおいてそれまでにやった各ドリルがどの場面で活用できたのかを振り返って理解することが出来ればさらに質の高いボールゲームが出来ます。

 

チームトークでの振り返り

 

それなのでいつも練習の最初に前回の振り返りをしております。

 

全てを繋げる癖をつけましょうね!

 

本日のサポートの皆さんです!

いつも片付けありがとう!

 

本日の熊谷クラスの練習メニューです。

 

1 アクティブウォーミングアップ

→鳥かごゲーム

→ダイナミックストレッチ

2 SAQ

→ミラーラン

3 ラグビースキル

→ストレートラン

→Call 3 v 2

→クイックボールリスタート

4 ボールゲーム

5 振り返りの時間

 

W.K.S.P

Takashi MIYAKE

2019/06/20

第10回W.K.S.Pアカデミー太田クラスレポート

W.K.S.Pアカデミーのコーチを務めます、タカです!

 

昨日の前橋中学生クラスでは雷雨によりあえなく中断しました。

 

本日の天気予報でも雷マークが出てきており、来ないでくれ来ないでくれと思いながら本日のアカデミーを過ごしました。

 

結果的に最後まで天気が崩れることなく、無事アカデミーを終えることが出来ました!

 

さて、アカデミーのそれぞれのドリルには必ず目的があります。そしてその目的を達成するためのキーポイントをいくつかシンプルに伝えております。

 

アカデミー生が理解し、実践できるようにするのが我々コーチの役目だと思いますし、うまく伝わらなかったらコーチの責任です。

 

楽しくラグビーを学びながら人間的にも成長していってほしいといつも思いながら指導しています。

 

前置きが長くなりましたが、メニューの最後にはいつもボールゲームを入れています。

 

そのボールゲームにはその日に行ったドリルを反映させたルールを用います。

 

例えばストレートランドリルには「早いセット」と「ホットパス」をキーポイントとしており、ホットパスはアーリーキャッチと最短パスのセットのことを指します。

 

アーリーキャッチではなく胸キャッチしたらターンオーバーという風にルールを取り入れています。

 

以前にやったトライラックもうまくトライラックが出来なかったらターンオーバーとなります。

 

本日のボールゲームでは、きちんとトライラックが出来たらOKとしたのですが、そのあとのダウンボールが仰向けながら置いたり、横になって置いたりするのが見られました。

 

ボールゲームのルール上では問題ないのですが、もしこのプレーが試合中だったら?

 

相手にジャッカルされてボールを奪われたのだろう。

 

ボールゲームのための練習ではなく、試合を想定してボールゲームに臨むことが上達の一歩です!

 

 

 

 

 

 

 

本日の太田クラスの練習メニューです。

 

1,アクティブウォーミングアップ

→鳥かごゲーム

→ダイナミックストレッチ

2,SAQ

→ミラーラン

3,ラグビースキル

→ストレートラン

→Call 3v2

→クイックボールリスタート

4.ボールゲーム&タカトレ

5.振り返りの時間

 

W.K.S.P

大塚 貴之

2019/06/19

第10回W.K.S.Pアカデミー前橋クラスレポート

W.K.S.Pアカデミーのコーチを務めます、みやっきーです!

 

昨夜、新潟県で大きな地震がありました。

 

被害に見舞われた方々の安全と安心が1日でも早く戻ることを心から祈念しております。

 

いつどこで何が起きるかわからないのはラグビー におけるフィールド内でも同じです。

 

そこにどれだけの準備をして対応できるのかは、練習の中で培われる部分もあればそうでない部分もあります。

 

例えばパスやタックルひとつ取ってもいろんなパターンや方法があることを理解して練習するとスキルアップに繋がりますし、何より「自らが考えて実行」したことに大きな意味があります。

 

これが準備ですね。

 

個人練習の重要性を今から知っておくと今後非常に有効になりますよ!

 

また、本日は小学生クラスの終わり頃に嫌な予感が的中し、雷が発生しました。

 

小学生は残り15分ほどで切り上げたので全てのドリルが出来ましたが、中学生はウォーミングアップの最中で雷が再度やってきましたので屋内に待機しておりました。

 

しかし慢性的に空が光って雷が鳴り響くため、安全を第一に本日は19時26分の時点で切り上げて終了。

 

前橋クラスの中学生のみ、延期という形で今後の対応をさせて頂きます。

 

これからの季節、急な雷雨が予想されますので最善の準備と対応をスタッフ一同、心がけたいと思います。

 

【フォトギャラリー】

 

 

 

 

 

 

 

 

 

本日の前橋クラスの練習メニューです。

 

1 アクティブウォーミングアップ

→鳥かごゲーム

→ダイナミックストレッチ

2 SAQ

→ミラーラン

3 ラグビースキル

→ストレートラン

→Call 3 v 2

→クイックボールリスタート

4 ボールゲーム

5 振り返りの時間

 

W.K.S.P

Takashi MIYAKE

2019/06/14

第9回W.K.S.Pアカデミー熊谷クラスレポート

W.K.S.Pアカデミーのコーチを務めます、みやっきーです!

 

本日はアカデミー熊谷クラスの前に、ある建設会社さんの安全講習会の講師として登壇させて頂きました。

 

「ラグビーから学ぶ安全」というテーマに沿ってお話をさせて頂きましたが、資料を作りながら、そして講話をしながら「今の自分はコーチとしてプレーヤーの安全や健康に留意しているのかな」と、矢印を向けるいいキッカケになってます。

 

さらに今年はワールドカップイヤーであることから、ワールドカップの紹介や楽しみ方、さらにはラグビーのコアバリューなどもお伝えしました。

 

1人でも多くの方にラグビーの魅力を知ってもらいたいですね!

 

では本日のレポートです。

■アクティブウォーミングアップ

 

テニスボールを使った円パスでは、ラグビーボールとは明らかに大きさが違うボールのためキャッチやパスが難しくて、いつもよりもハンドリングエラーが多くなってました。

 

結果としてのミスは仕方ない部分がありますが、ミスの原因は見過ごすことは出来ません。

 

何かしらの理由があってミス(成功)が起こるわけですから、それを理解することはとても重要です。

 

理由が分かればその理由が解決策に変わります。

 

例えばミスをした原因がコミュニケーション不足であれば、次はコミュニケーションを十分に行えば良いだけです。

 

それでもミスが起きた場合はその原因を解明すれば自ずと答えが見えてきますね!

 

そうしてプレーヤーとして成長していって欲しいと思います。

 

円パスレースもしましたね!

 

■ストレートラン(みやっきー)

 

「1つのプレーが終わったら次のプレーの準備して下さい」と、冒頭に伝えてストレートランの練習を行いました。

 

つまり僕がプレーを止めるまでがプレータイムであり、その都度その都度次の準備を早く出来るように促してました。

 

それでも出来なかった理由はなんだったのでしょうか?

 

普段の練習を否定するわけではないのですが、おそらくしっかりセットされた状態からプレーすることが多いのでしょう。 

 

本当の試合で相手の準備を待ってプレーする人はいないと思います。

 

出来るだけ早くボールを展開する準備をして下さいね!

 

前を見ながら速いパスにチャレンジ!

 

■3 v 2(タカ)

 

今週から取り入れた新メニューです!

 

目的としては「スペースにボールを運びトライする」です。

 

いつもだったらドリルの初めにキーポイントを伝えるのですが、本日はあえて最初にアカデミー生たちにキーポイントを伝えず、何がキーポイントなのか考えてもらいながら練習を行いました。

 

アカデミー生に問いかけると、「ハンズアップ」「スペースを見つける」「コール!」「ストレートラン」と様々な答えが返ってきました!

 

どれも大事なポイントです!

 

このドリルでは「前を見る」「コミュニケーション」をキーポイントとし、意識して取り組めたかどうか見ました。

 

リアクションからのキーポイントを理科しましょう!

 

■クイックボールリスタート(まっさん)

 

先週に続いて素早くボールを展開することを意識したドリルです。

 

目的に対して「役割を明確に」「前を見る」の2つのポイントのおさらいをしました。

 

スクラムハーフ役とファーストレシーバーの2つの役割を2人のプレーヤーがどちらかを選択します。

 

先週に比べると積極的にスクラムハーフに入り、さらにそのまま持ち込んでトライをとるシーンが多く見られました!

 

テンポはとても良かったのですが、もう一つのポジションであるファーストレシーバーの準備が遅れることが多々ありました。

 

スクラムハーフも重要ですが、ファーストレシーバーがいないと攻撃の選択肢は持ち込むだけになります。

 

ファーストレシーバーがいて次の展開に繋がるので、次回はこちらも積極的にポジションに入るように心がけていきましょう!

 

■ボールゲーム

 

僕は本日中学生を担当しました。

 

スペースに対して6人と言うのは少し狭く、攻撃権も少なくしましたが細かいパスを繋ぐ意識はとても高かったですね!

 

前進が第一に攻撃の考えにあることもボールゲームの質を高める要因だったと思います。

 

考えてプレーすることはとてもたいせつですが、考えすぎて頭でっかちにならないように気をつけて欲しいと思います。

 

何か悪いことでもしたのでしょうか??笑

 

本日の熊谷クラスの練習メニューです。

 

1 アクティブウォーミングアップ

→円パス

→ダイナミックストレッチ

2 SAQ

→ミラーラン

3 ラグビースキル

→ストレートラン

→Call 3 v 2

→クイックボールリスタート

4 ボールゲーム

5 振り返りの時間

 

W.K.S.P

Takashi MIYAKE

2019/06/13

第9回W.K.S.Pアカデミー太田クラスレポート

W.K.S.Pアカデミーのコーチを務めます、みやっきーです!

 

今日の日中は気温が30度は超えてたと思いますが、梅雨の合間に顔を出してくれる太陽はとてもありがたいですね。

 

洗濯物や布団なんかも一気に洗って干して気持ち良く過ごすことが出来ます。

 

またこの時期は中学3年生や小学6年生にとっては修学旅行の時期でもあることから、アカデミー生も何人かお休みしております。

 

群馬県以外の土地に行って文化や食事、雰囲気なんかも味わって楽しんで欲しいですね。

 

そして改めて今いる場所の有り難みなんかも認識して感謝の気持ちを持って欲しいと思います。

 

では本日のレポートです。

 

■アクティブウォーミングアップ

 

まっさんが担当してくれるダイナミックストレッチでは、股関節を大きく動かして可動域を大きくする種目が増えました。これによってランニングスピードが上がったり、ステップの際のパワーも爆発的な力を生むことになります。

 

また上半身と下半身が違う動きをする種目もあるので、動きのデモンストレーションしてくれるまっさんのグッドイメージを頭に入れて行いましょう。

 

全身使ったり自重を使ったりとウォーミングアップもトレーニングです!

 

■ミラーラン

 

20秒間という長い時間を素早い動作で行い続けるのは結構な運動量になります。

 

そのため疲れてくるとどうしても身体が浮いてきます。

 

そうなるとさらに反応が遅くなってくるのでキツイけど我慢ですね!

 

低い姿勢で細かいステップを繰り返す動作に慣れましょう。

 

腰を落として相手についていきましょう!

 

■ストレートラン(みやっきー)

 

本日は最初にテニスボールを使ってパスをしました。

 

ラグビーボールに比べてかなり小さいため、キャッチも難しいですしその後のパスもかなり難易度が上がります。

 

しかしボールの大きさは変わっても「アーリーキャッチ」することと「最短パス」すること、つまりHot passする姿勢は変わりません。

 

さらに早いセットはいかなる時も意識して取り組んで欲しいと思います。

 

テニスボールは難しかったですね!笑

円パスでもテニスボールを使って雰囲気を掴みました

 

■3 v 2(タカ)

 

「前を見ること」と「コミュニケーションをとること」をキーポイントとし、それらが十分なレベルで出来ると目的である「トライ」を奪うことができます。

 

前を見ると行っても何を見るかが大事で、タカは「スペース」と「相手」と言ってましたね。

 

つまりどこにボールを運べばトライを奪えるのかを情報として取り入れることの大切さを伝えてくれました。

 

また、3人で攻撃するわけですからそれぞれの意思の疎通が大切です。

 

だから「コミュニケーション」がもう一つのキーポイントとして挙げられました。

 

余裕を持って前を見れていますかー??

 

■クイックボールリスタート(まっさん)

 

先週に比べてディフェンスにタッチをされてラックを作って次の展開に持ち込むリアクションスピードは上がりましたね。

 

しかしさらに次のフェーズを有効にするためには速いテンポ+前を見ることが大切ですね。

 

そうすることでクイックボールから生まれるトライを味わうことが出来ます。

 

素早いボールリサイクルを!

 

■ボールゲーム

 

「アーリーキャッチ」「トライラック」「ブレイクダウン3秒ルール」の縛りにもだいぶ慣れてきて、プレーの質が一気に上がりましたね!

 

アカデミー生達で行うチームトークもミスをしないためのコメントが非常に明確になってきましたし、どうすれば有効なアタックができるかなど前向きな意見も多く出ております。

 

アカデミー生独特のコメントもあって良いですね!

 

プレーの理解ができている証拠ですね。

 

そしてアカデミーでやっていることが自チームで活かされることを心から期待してます。

 

 

この日、桐生第一高校さんも練習していたので霜村先生から一言もらいました!

 

本日の太田クラスの練習メニューです。

 

1 アクティブウォーミングアップ

→円パス

→ダイナミックストレッチ

2 SAQ

→ミラーラン

3 ラグビースキル

→ストレートラン

→Call 3 v 2

→クイックボールリスタート

4 ボールゲーム

5 振り返りの時間

 

W.K.S.P

Takashi MIYAKE

2019/06/12

第9回W.K.S.Pアカデミー前橋クラスレポート

W.K.S.Pアカデミーのコーチを務めます、みやっきーです!

 

いよいよラグビーワールドカップまで100日となりました!

 

各地で100日前イベントが開催されたみたいですし、今週末も100日前にちなんだイベントがあるみたいですよー。

 

僕もお昼は「さいしんビジネスフェア2019」というイベントに参加させてもらって、ラグビーワールドカップの魅力や楽しみ方などをMCとしてお届けしてまいりました。

 

多くの皆様のご静聴に感謝申し上げます。

 

では本日のレポートです。

 

■アクティブウォーミングアップ

 

円パスレースを導入しました。

 

Hot passを存分にチャレンジできるうえに、キャッチの前に一度手で叩く(クラップする)ルールを追加しました。

 

これによって自然にハンズアップを促します。

 

回数を競うレースをして「アカデミースタートするぞ!」っていうテンションを上げました。笑

 

テンション上がったかな??笑

 

■ミラーラン

 

先週は前後でのミラーランでしたが、本日はお互い向かい合ってサイドステップで行いました。

 

サイドステップになると足がクロスしたりぴょんぴょん跳ねたりしがちですが、そうなると相手に隙を与えてしまうのでなるべく地面に足が設置している時間を長くすることをイメージしてもらえると良いですね。

 

姿勢を落とすのもコツですね!

 

■ストレートラン(みやっきー)

 

本日で3回目なので「早くセットすること」「Hot pass」の2つのキーポイントだけを伝えてどんどん回して行きました。

 

ボールタッチ回数がすごく多くなりましたので、パスにおける成功と失敗の体験をしてもらえたと思います。

 

ストレートランの意識も高くなりました!

 

■Call 3 v 2(タカ)

 

5人が横並びでセットして言われた番号の2人がディフェンス役として配置して3 v 2を行うドリルです。

 

「トライを取る」ことを目的に、「前を見ること」「コミュニケーション」がテーマに挙げられました。

 

前を見て状況を把握することはみんな出来ていますが、それをどう伝えるのかというコミュニケーションの部分でハードルが高かった気がします。

タカの説明

5人並んで呼ばれた番号が・・・

ディフェンスに行きます

 

■クイックボールリスタート(まっさん)

 

2 v 2の状況で行うミニボールゲームのイメージを持ってやってもらいました。

 

攻撃権が2回あり、タッチされてラックを作る際のクイックボールを展開することを目的に行うドリルでした。

 

そのためには素早いトライラックを行い、誰がどの役割をするのかを明確にする必要があります。

 

タッチしたディフェンス側が攻撃側に移るため、役割を明確にすることが困難になる場合がありました。

 

また、役割が決まってもどこのスペースにボールを運ぶのかが決まっていないと展開することは出来ないので、前を見ることもキーポイントととして挙げられましたね。

 

回数を重ねていくと、初回の攻撃権でのチャレンジが強すぎてミスが多発してしまっていたので本来の目的と遠ざかるケースもしばしばありました。

 

その辺りのコントロールを次回は心掛けたいと思います。

 

キーポイントを丁寧に説明しています

 

■ボールゲーム

 

小学生はいつものスペースで4 v 4でやりました。

 

スペースが広い分、攻撃権を2回にしました。

 

1回1回の攻撃を大切にする意識や、逆にディフェンス側はボールの再獲得が目の前にあるためアグレッシブな姿勢が見られたかなと思いました。

 

中学生はいつも通り5 v 5でしたが、クイックボールリスタートの意識が高くて攻撃のテンポが上がったためゲームの質も高まりましたね。

 

現代のラグビーは必ずボールを保持しているチームが有利ですので、引き続き果敢に攻撃を楽しんでほしいと思います。

 

ルールの中で楽しみましょうね!

 

本日の前橋クラスの練習メニューです。

 

1 アクティブウォーミングアップ

→円パス

→ダイナミックストレッチ

2 SAQ

→ミラーラン

3 ラグビースキル

→ストレートラン

→Call 3 v 2

→クイックボールリスタート

4 ボールゲーム

5 振り返りの時間

 

W.K.S.P

Takashi MIYAKE

2019/06/7

第8回W.K.S.Pアカデミー熊谷クラスレポート

W.K.S.Pアカデミーのコーチを務めます、みやっきーです!

 

いよいよ関東も梅雨入りしましたねー!

 

蒸し蒸しジメジメと不快指数が上がる季節になりますが、食中毒や熱中症にはくれぐれも注意したいですね。

 

また、この時期はアカデミーも雨の開催が多くなることが予想されます。

 

雨だからといって休むことは原則ありません。

 

雨の日にしか出来ない経験を前向きにやりましょう!

 

それが雨の日の試合に必ず生きてきます。

 

ただし、雷が鳴ったりとてつもない雨のためにグラウンドコンディションが悪い場合は中止、もしくは60分の短縮で行うこともありますので、その際は連絡致しますね。

 

お陰様で本日は雨予報でしたが開催時には雨も止んでスタート出来ました。

 

アカデミー前から楽しんでます!

今日は若干ですが、少なかったですね

 

途中から降って来ましたが、霧雨だったため無事にフルタイムのアカデミーが出来ました!

 

そして質の高い練習が出来ましたね。

 

では本日のレポートです。

 

■アクティブウォーミングアップ

 

今週より新しいメニューも導入されました。

 

動きが変わるものもあれば少しアップデートされたものもありますが、変わらないのはオフサイドをしないこと、そして最後までやりきることですね。

 

少しずつではありますが、アカデミー生同士で注意する雰囲気が出てきました。

 

仲間を褒め合うことも含めて、さらなるコミュニケーションを期待してます。

 

様々な動きを習得しましょうね!

 

■ミラーラン

 

足元が滑りやすい状況ではありましたが、前後に動く駆け引きを思い切りやっていた印象です。

 

真剣勝負を心から楽しめると、より一層パフォーマンスが上がりますのでシンプルなメニューだからこそ真剣勝負を楽しんで下さい。

 

ナイスチャレンジ!

 

■ストレートラン(みやっきー)

 

「雨」ということもあってイコール「ボールが滑りやすい」というマインドが強かったですね。

 

確かにそうではありますが、結果的にボールが滑るだけであって必ず滑るわけではありません。

 

雨の中のキャッチの方法もありますが、今は雨でも晴れててもアーリーキャッチからの最短パス、すなわちHot passをチャレンジしてほしいと思います。

 

ストレートランの意識は強くなってきましたね!

 

■2v 1,3v 2(コメント:タカ)

 

このドリルでは「ストレートランを身につける」を目的として取り組みました!

 

キーポイントとしては「アグレッシブ」と「ポジショニング」の2つです。

 

2つの用語の意味を改めてお伝えしますね!

 

・アグレッシブ

積極的という意味です。スピードのある、力強さがあるストレートランが出来るとDFにプレッシャーをかけられます。

 

・ポジショニング

自分のいる位置は次の有利な展開・状況に持っていける位置なのかどうかですね。

 

ボールをもらう時の位置が浅すぎないか、深すぎないか、味方との間隔はちょうどいいのか、ということです。

 

これから様々な用語が出てきますので、その都度分からないことがあったらその場でアグレッシブに聞いてきてね!

 

■クイックボールリスタート(コメント:まっさん)

 

2v2のミニボールゲームを行いました。

 

ディフェンスがタッチをするとそのプレーヤーはアタックに変わり、残り1人のディフェンスと1人増えたアタックで2v1の状況を作り出し攻撃を仕掛けます。

 

ルールとして3秒以内にボールを動かさなければターンオーバーになります。

 

早いリスタートが要求されるドリルですが、ポイントは「役割を明確に」「前を見る」になります。

 

まずはスクラムハーフがいないとボールが動きません。そしてそのボールを受けるファーストレシーバーがいないとパスができません。

 

この2つの役割を誰がするのかがポイントです。

 

印象としては、積極的に役割を決めきれずにお見合いになったりするシーンがあり3秒ルールに苦戦していました。

 

3秒という時間を有効に使うためにまずは自分の役割を自ら発信できるように積極的なプレーを心がけましょう!

 

■ボールゲーム

 

ブレイクダウン3秒ルール(ボールキャリアがディフェンスにタッチされてから3秒以内にラックを作ってボールアウトする事)に振り回されていたシーンがそこそこ見られました。

 

なかなか速いテンポに慣れない生徒がたくさんいましたが、意識の中ではみんな3秒ルールを守ろうとしてました。

 

チームトークでさらに理解を深めましょう!

 

でも3秒超える、もしくは焦ってミスをすることがありましたね。

 

その課題を解決するドリルをまっさんのところでやりましたので、来週はさらにドリルからボールゲームの質が上がることを期待してます!

 

本日のサポートメンバーです!笑

 

本日の熊谷クラスの練習メニューです。

 

1 アクティブウォーミングアップ

→こおり鬼

→ダイナミックストレッチ

2 SAQ

→ミラーラン

3 ラグビースキル

→ストレートラン

→2 v 1,3 v 2

→クイックボールリスタート

4 ボールゲーム

5 振り返りの時間

 

W.K.S.P

Takashi MIYAKE

2019/06/6

第8回W.K.S.Pアカデミー太田クラスレポート

W.K.S.Pアカデミーのコーチを務めます、みやっきーです!

 

先週末に群馬県小学生ラグビーフットボール大会が行われました。

 

もちろん昨日の前橋クラス、そして本日の太田クラスのアカデミー生も元気にプレーしてました。

 

昨日と今日「みなさんは試合に臨むにあたって何か目標はありましたか?」と質問しました。

 

「目標あった人??」

 

恥ずかしいのか、手を挙げて当てられるのを避けているのか分かりませんでしたがモジモジしてましたね。笑

 

それでも強引に聞いてみると、大半の生徒は目標を持って戦ったようですが数名は「ない」と答えました。

 

「では何のために試合したの?」となるべくイヤミにならないような口調で(多分)聞きますと「勝つため」という明確な答えを出してくれました。

 

「あるやん!」と、思いましたが、おそらく目標という意識からは程遠い「なんとなく勝つためかな」という感じでした。

 

ここでコーチとして、必ず選手には今やってることの先にあるゴールを明確にしなければならない事を改めて感じました。

 

ゴールといっても一つではなく、近いゴールから遠いゴール、小さなゴールから大きなゴールと様々あっていいと思います。

 

例えば「パスの練習をする理由は?」と聞くと「トライを取るため」と返って来ました。

 

必ずしもパスという選択がトライを取る方法ではありませんが、パスをしないラグビーの試合を見たことが無いのでパスというスキルは試合で勝つためにはとても重要になってきます。

 

だからいろんなパターンのパスの練習をし、そしてキャッチの練習も行うことで「ハンドリングの練習」とカテゴリーされていきます。

 

というように全てにおいてゴールがあって理由があります。

 

今やってることがゴールと繋がっているのか、もしくはゴールに対してそのスタートポジションでゴールまで繋がるのかをコーチは明確に理解させてなければ選手はモチベーションを持つことが出来なくなったり自信を持てなくなったりします。

 

「試合で勝つために何をしなければならなくてそれをどう練習に落とし込むのか」を出来るだけ具体的に、かつ連動性を持ってコーチングしなければただの自己満足になります。

 

そういった意味ではチーム活動ではないアカデミーにおいて、チームではなく個々にフォーカスをあてているのでより一層ゴールを明確にするのは難しいですね。

 

それぞれ所属チームが違ったり考え方が違いますからね。

 

だからこそやり甲斐があって、毎回子ども達からいろいろな刺激を頂いてます。

 

共に成長していきましょうね!

 

では本日のレポートです。

 

■アクティブウォーミングアップ

 

スペースを探すケイドロとダイナミックストレッチを行いました。

 

スペース探して走る走る!

 

■ミラーラン

 

反応系のドリルですね。

 

瞬間的な爆発力も必要ですが、素早く反応するためには姿勢など細かい注意点が必要です。

 

ナイスチャレンジ!

 

■ストレートラン(みやっきー)

 

「速いセット」と「Hot pass」をキーポイントに、ストレートランを丁寧に行いました。

 

ポールとポールの間を通るようにまっすぐにラン!

 

■2v 1,3v 2(タカ)

 

ストレートランをするためには「アグレッシブ」と「ポジショニング」の大切さをタカが教えてくれました。

 

アグレッシブに!

 

説明するタカコーチ

 

■クイックボールリスタート(まっさん)

 

2v2のミニボールゲームという感覚で行いました。

 

この後すぐにボールゲームになりますので、ボールゲームのブレイクダウンシチュエーションをイメージしながらプレーしました。

 

説明を真剣に聞くアカデミー生たち

 

■ボールゲーム

 

時間は少なかったのですが、獲得したい運動量やクイックボールリスタートに関してはチャレンジできてましたね!

 

一方でトライラックが雑だったのが少し残念でした。

 

少しずつステップアップしてますので、その度に足元をしっかり見直してどんどん成長していきましょう!

 

ルールを理解しましょうね!

 

アカデミー終了!笑

 

W.K.S.P

Takashi MIYAKE 

 

本日の太田クラスの練習メニューです。

 

1 アクティブウォーミングアップ

→ケイドロ

→ダイナミックストレッチ

2 SAQ

→ミラーラン

3 ラグビースキル

→ストレートラン

→2 v 1,3 v 2

→クイックボールリスタート

4 ボールゲーム

5 振り返りの時間

 

W.K.S.P

Takashi MIYAKE

2019/06/5

第8回W.K.S.Pアカデミー前橋クラスレポート

W.K.S.Pアカデミーのコーチを務めます、みやっきーです!

 

どうやら今週末から関東も梅雨入りするというニュースが流れていますが、出来るだけアカデミーの各クラスに大きな影響が出ないことを祈るばかりです。

 

と言いつつ、中学生クラスが始まる頃に遠くの方で雷が鳴ってました。

 

幸いすぐに収まりましたが、不測の事態の準備や対応も今後求められますね。

 

では本日のレポートです。

 

■アクティブウォーミングアップ

 

本日からまっさんの担当するダイナミックストレッチの中身が変わりました。

 

よりアクティブに、そしてよりきめ細かい動作が求められますので「出来るかなぁ、出来ないかなぁ」ではなくチャレンジすることを心がけて癖付けて欲しいです。

 

可動域を広げたり、ラグビーにつながる動作でストレッチ

 

■ミラーラン

 

ペアになって片方の動きを片方が真似をするドリルです。

 

本日は体を進行方向に向けて前後の動きを行う(真似をする)というルールでした。

 

互いに意地と意地のぶつかり合いが強度を高めてくれますよ!

 

アタックとディフェンスに置き換えて、アタックはいかにディフェンスを引き離すか、そしてディフェンスはいかにアタックについていくか、相対する勝負を狙いとしております。

 

■ストレートラン(みやっきー)

 

先週に引き続き行いました。

 

速いセットとHot passがキーポイントです!

 

ラグビーにおいて、これといった決まりごとのプレーは存在するようでしない、しないようでするといった曖昧な表現がピッタリくるのが僕の印象です。笑

 

でも軸となる基本プレーはしっかりと身につけてもらいたい中で、このストレートランはとても重要だと考えます。

 

ゴールラインに向かってまっすぐ走ることが出来れば、左右にステップ、パス、キックとオプションが多くなります。

 

アタックにオプションが多いとそれだけディフェンスに迷いが生まれます。

 

もちろんケースバイケースではありますが、それもストレートランを軸にしているからこそケースバイケースの判断がさらに自信が持てますね。

 

■2v 1,3v 2(タカ)

 

ストレートランのドリルにディフェンスをつけてより実践的にストレートランが行われて、その先にどういう結果が待っているのか、をチャレンジしました。

 

ドリルの説明をするタカ

 

ディフェンスの位置によってパスのタイミングや深さが変わってきます。

 

つまりボールをパスする人、受ける人のコミュニケーションもより必要になってきます。

 

ディフェンスというプレッシャーに負けることなくストレートランにチャレンジしました。

 

■クイックボールリスタート(まっさん)

 

「ラックが出来てから3秒以内にボールを動かす」というボールゲームのルールを切り取ったドリルです。

 

この3秒と言うのが長いのか短いのかは、ラックの質も関係しますが、次のセットスピードも非常に大切になって来ます。

 

ディフェンスがいないところに素早くボールを運びましょう!

 

まずは3秒以内にプレーするというマインドセットが出来るようになって欲しいです。

 

■ボールゲーム

 

ボールゲームのルールも少しずつ複雑になって来ました。

 

しかし複雑であればあるほどそれがチャンスになるということも忘れないで下さい。

 

ルールに縛られるのか、はたまたルールを活用するのかはみなさんの理解度や対応力によってどっちにも転がるので、なるべくルールを活用できるプレーヤーになりましょう!

 

本日の前橋クラスの練習メニューです。

 

1 アクティブウォーミングアップ

→ケイドロ(小学生)、ペア鬼ごっこ(中学生)

→ダイナミックストレッチ

2 SAQ

→ミラーラン

3 ラグビースキル

→ストレートラン

→2 v 1,3 v 2

→クイックボールリスタート

4 ボールゲーム

5 振り返りの時間

 

W.K.S.P

Takashi MIYAKE 

2019/05/31

第7回W.K.S.Pアカデミー熊谷クラスレポート

W.K.S.Pアカデミーのコーチを務めます、みやっきーです!

 

早いもので5月最後のアカデミーは本日の熊谷クラスでした。

 

5月が終わるといよいよ梅雨がやってくるのか!と、いう感じになりますね!

 

どのクラスの時に良く雨が降るのかなぁ、とドキドキしますね。笑(僕だけかもしれませんが)

いずれせよ、天候や気温になるべく左右されないように最大限の準備をすること、そしてスキルを身につけることを強く意識して欲しいと思います。

 

アップはその人にしか答えがわかりませんので、できる限りチャレンジしよう!

低い姿勢も様になってきましたね!

高ーくスキップジャンプ!

 

では本日のレポートです。

 

■アクティブウォーミングアップ

 

ペア鬼ごっこをやりました。

 

「ペアになって!」といったのに「何人ですか?」と、言う可愛い質問がきました。笑

 

つまり自分の中の当たり前が相手にとっては当たり前ではない可能性もあるので、なるべく共通言語や噛み砕いた説明が大事だなと改めて感じる良い機会になりました。

 

「ペア=2人組」です。笑

 

■ストレートラン

 

アカデミー生を3グループに分けて行いました。

 

中学生1グループと小学生2グループです。

 

まっさんドリル、タカドリル、そして三宅ドリルに分かれてもらって10分サイクルで回しました。

 

ですのでまっさんドリル(反応1 v 1)とタカドリル(2 v 1(小学生)3 v 2(中学生))は見ることが出来なかったので僕の「ストレートラン」のドリルのレポートをしますね。

 

ストレートランの大切さとストレートランをするためのキーポイントを学んでもらいました。

 

ストレートランをする理由は、最短で前進することやスペースを潰さないこと、そしてオプションを複数持つことです。

 

またストレートランをするためのキーポイントは、早いセットとHot passです。

 

はじめはボールを持たないでエアパスを3人でやってもらいました。

 

もちろんストレートランしながらです。

 

ボールを持たない理由はパスの精度に目が行きがちにならないようにするためです。

 

あくまで目的はストレートランを達成する事だからです。

 

みんなのイメージではストレートランしながらナイスパス!を投げれていたようです。

 

そしていよいよボールを持ってプレーしたところ、パスに関するエラーはたくさんありました。

 

でも決められたコース、すなわちストレートランの意識は実際にパスをしながらも行えてました。

 

キーポイントが浸透していましたね。

 

とはいえ実際のゲームでは、全てが成功しなければ勝つことどころかトライも取れません。

 

なので練習では試合以上のストレスや理不尽さも導入することが好ましいですね。

 

■ボールゲーム

 

こちらも3チームがローテーションして行いました。

 

アタック側にはブレイクダウンが出来てから3秒以内にパスアウトするルールを設けました。

 

僕がレフリーを担当していた小学生では、このブレイクダウン3秒ルールに苦戦していました。

 

3秒ルールに縛られずに攻撃をするための話し合い(チームトーク)がすぐに行われてました。

 

熱い議論もありましたよ!笑

 

3秒ルールに対応できずにターンオーバーが多くてストレスに感じたアカデミー生も多かったと思いますが、ゲームのテンポはかなり上がっていて見応えはありました。

 

ミスの少ないスローテンポなゲームよりもよっぽど面白いです。

 

アップテンポをスローテンポにすることは可能ですので、引き続きアップテンポを楽しみましょうね!

 

本日のシュールな学生の皆さんです!笑

 

本日の熊谷クラスの練習メニューです。

 

1 アクティブウォーミングアップ

→ペア鬼ごっこ

→ダイナミックストレッチ

2 SAQ

→カラーフープタッチ

3 ラグビースキル

→ストレートラン(みやっきー)

→反応1 v 1(まっさん)

→2 v 1,3 v 2(タカ)

4ボールゲーム

5 振り返りの時間

 

W.K.S.P

Takashi MIYAKE