ワイルドナイツスポーツプロモーション

Common その他

News一覧ぺージ

第18回W.K.S.Pアカデミー熊谷クラスレポート

W.K.S.Pアカデミーのコーチを務めます、まっさんです!

 

先週は秋分の日で祝日でしたのでお休みとなり、2週間ぶりのアカデミーでしたね(^^)

 

 

みなさん、シルバーウィークはいかがでしたか??

 

ここ何週間か週末に台風がくるなど、あいにくの天候でしたが楽しく過ごしていたことと思います。

 

また明日が運動会の小学生も多く見られました。

 

天気も良さそうなので、絶好の運動会日和ですね!

 

 

さて、早いもので明日から10月に突入します。

 

まだまだ残暑が続きますが、朝晩はひんやりとして1日の中で寒暖差が大きくなります。

 

アカデミー開催の19時はすっかり日が沈み、肌寒く感じる日もでてくることでしょう。

 

寒さ暑さは人それぞれなので、アカデミー生自身が判断をして、上着を羽織るなど体温調節をしてください。

 

水分も途中で飲み切ってなくならないように、多めの水分を持ってくるようにお願いします!

 

本日も小学生クラスに体験のお友だちが来てくれました。

 

 

緊張もあったと思いますが、アカデミー終了後はスッキリとした笑顔とたくさんの汗を流すくらいアカデミーを楽しんでくれました(^^)

 

ではでは、本日のレポートです。

 

■インゴールバックを狙えアタック!3 v 2(タカレポート)

 

目的を「空いたスペースにみんなで攻めること」とし、キーポイントを「ディフェンスを見る」「コミュニケーション」としました。

 

ここでいうコミュニケーションは、下がるディフェンスを見ることで、どこにスペースができたかをボールキャリアに伝えることです。

 

しかしながらコミュニケーションがない場面がありました。

 

コミュニケーションを取らないのはそもそもディフェンスを見ていないか、間違った声を出してしまうかのどちらかと思います。

 

このドリルはディフェンスを見ることでアタックすることができるのでディフェンスを見ることは大前提なのです。

 

間違った声は問題ありません。

 

練習ですので、たくさん失敗しても構いません。

 

失敗から成功する方法を見つける、学ぶことはたくさんあるので失敗をネガティブに捉えず、どんどんチャレンジしていってくださいね!

 

■インゴールバックを狙えアタック1v1

 

みやっきー考案のメニューを引き継いで行いました。

 

小学生クラスは説明を丁寧にしすぎてしまいプレータイムが短くなってしまいました。

 

 

どうすれば目的を達成できるのかのヒントをコーチが与え、アカデミー生が考えてプレーをしてもらうことがコーチには必要なスキルです。

 

コーチの話は短めに、考えてプレーをする時間を多くなるように僕もスキルアップします!

 

 

このドリルはコーチの合図でディフェンスは指定された場所まで下がり、アタックはボールを拾い前進します。

 

目的は「ディフェンスがスペースを埋める前に1v1の勝負をする」です。

 

 

 

ディフェンスが下がってから前に出てくるのでアタックは断然有利な状況ですね!

 

ただし前進するスピードがないとディフェンスにスペースを埋められてしまうので、このスピードがキーポイントになります。

 

ディフェンスが下がっている時や前に出られない状況では目の前のスペースが空いているチャンスの瞬間でもあります。

 

 

 

その瞬間を見逃さずチャンスを活かせるようにしていきましょう!

 

■ボールゲーム(みやっきーレポート)

 

今週よりボールゲームのルールはディフェンスがボールキャリアをタッチしたら自陣のインゴールまで下がってからプレーに参加するというルールを採用しております。

 

 

 

小学生と中学生、1チーム5人か6人でタッチの回数を変えてますが、本日は小中学生共に3回タッチで交代です。

 

つまり2人をインゴールまで下げることができますので、2人分のスペースをルールの活用によって作り出すことが出来ます。

 

 

 

今回のボールゲームに関連したラグビースキルをボールゲームの前に行ってますので、自然と反映されている部分もあったと思います。

 

各チームによるチームトークもルールを活用した中でのチームトークができていたのでここまでのアカデミーで学んだことの成長もとても感じております。

 

 

 

引き続き成長のペースを落とさず、ボールゲームでの状況判断やコミュニケーションと言った抽象的なことを自分なりに明確にしていって欲しいです(^^)

 

 

 

 

【次回のW.K.S.Pアカデミー熊谷クラス】
2022年10月7日(金)
場所:立正大学ラグビーグラウンド
時間:小学生クラス/中学生クラス 19時00分〜20時30分

 

本日の熊谷クラスの練習メニューです。

 

1 アクティブウォーミングアップ

→ダイナミックストレッチ

→アジリティ

2 インゴールバックを狙えアタック!3 v 2

3 インゴールバックを狙えアタック!1 v 1

4 ボールゲーム&体幹

5 振り返りの時間

 

W.K.S.P

田仲 一正

 

第20回W.K.S.Pアカデミー太田クラスレポート

W.K.S.Pアカデミーのコーチを務めます、まっさんです!

 

来週から10月に入り、季節はすっかり秋に切り替わろうとしていますね。

 

受付白テントの裏にも大きな金木犀の木があるので、とてもいい香りがしていましたね(^^)

 

 

今週は各クラスで防寒対策や水分についてお話しております。

 

太田クラスは先週の雨で防寒対策や着替えについて身をもって体験されたと思います。

 

 

日中は良い天気で暑くなっていても、日が沈めば一気に涼しくなります。

 

涼しさを通り越して寒く感じる日もあると思います。

 

ですので、上着や着替えがあると安心ですね!

 

寒さや暑さは人それぞれなので、我々コーチが管理することはできません。

 

ご自身の判断で寒ければ羽織る、暑くなってきたら脱ぐようにコントロールして、ベストなパフォーマンスを発揮できるようにしましょう!

 

 

また水分も少ないよりかは多い方が安心ですので、十分な量を持ってくるように心掛けてくださいね(^^)

 

では本日のレポートです。

 

■インゴールバックを狙えアタック!3 v 2(タカレポート)

 

小学生、中学生それぞれ分けてレポートします。

 

 

まず小学生、先日の高崎クラスや前橋クラスでは終盤に3v3の状態からスタートという形をとりましたが、難しい部分がありました。

 

 

その反省点から、今日は3v2からスタートするような形にしたことによって、目的に対して取り組みやすくなり、その点に関してはGoodだと思いたいです笑

 

 

中学生に関しては、目的である「空いたスペースにみんなで攻める」に対して評価する機会が少なくて申し訳ないと思っています。

 

 

中学生からしたら「トライは取れたけど今のはどうだったんだろう?」「タッチされたからよくないのかな?」と色々思うところがあったかもしれません。

 

それに対してフィードバックすることで中学生はさらに意欲的に取り組むことにつながります。

 

 

雰囲気作りはコーチの技量ですので、次からは意欲的に取り組める練習とイキイキとした雰囲気作りができるように課題として取り組みますね。

 

 

■インゴールバックを狙えアタック!1 v 1(みやっきーレポート)

 

まずは反省から。

 

本日のスキルは1 v 1にフォーカスしたメニューで、目的は「ディフェンスがスペースを埋める前に1 v 1の勝負をする」としました。

 

 

 

回転率を上げるためにタカやまっさんにはテンポを上げてもらいましたがやはりアタックとディフェンスで2人ですので回転率を上げても参加率が悪いことを小学生クラスで実証されました。

 

「もっとアタックやりたかったなー」みたいな雰囲気には申し訳ない気持ちを感じつつ、楽しかったからこそなんだなと裏返しの表現で受け止めております。

 

 

 

目的に対してキーポイントも明確に出来ているので成功例がたくさんありましたね。

 

アタックに対してディフェンスは不利な状態でのスタートになるのですが、中学生クラスでは最後アタックディフェンス共に50/50の条件で行い、ギリギリのスペースの奪い合いが見られました。

 

 

 

このスキルがボールゲームにどう繋がったのか、まっさんのボールゲームのレポートを楽しみにしてください(^^)

 

 

 

■ボールゲーム

 

今回のルールはタッチをしたディフェンスはインゴールバックをするというルールで、小学生はタッチ4回、中学生はタッチ3回でターンオーバーとなります。

 

どうすればスペースを作り出すことができるのか。は、どちらのクラスも理解できていましたね(^^)

 

 

小学生クラスは短いパスや長いパスを使い分けてスペースにボールを運べていましたね!

 

その攻撃がトライに結びつかなかったとしても攻撃権(4回)をすべて使いきることができているということは、パスのエラーが少なくなったということです。

 

 

とても成長した姿が見られました。

 

 

中学生クラスはゲームコートを広く縦横無尽に使ったアタックを展開していました。

 

ただスペースに運ぶだけでなく、ディフェンスが整う前に攻撃を仕掛けるテンポが格段にあがりましたね!

 

 

スペースを見つけ出しどんな方法でボールを運ぶのかをこの早いテンポの中で判断する力が成長し発揮できていました。

 

 

 

2分間という短い時間の中でアタックディフェンスの切り替え、判断、コミュニケーションなどフル回転で行うので頭も体も相当な運動量になります。

 

その中で求められる基本的なスキルが上達しているのでどちらのクラスも面白いようにボールがよく動いていました!

 

ナイスボールゲームでした!!

 

 

 

 

【次回のW.K.S.Pアカデミー太田クラス】
2022年10月6日(木)
場所:龍舞グラウンド
小学生:17時10分〜18時30分
中学生:18時50分〜20時10分

 

本日の太田クラスの練習メニューです。

 

1 アクティブウォーミングアップ

→ダイナミックストレッチ

→アジリティ

2 インゴールバックを狙えアタック!3 v 2

3 インゴールバックを狙えアタック!1 v 1

4 ボールゲーム&マツトレ

5 振り返りの時間

 

W.K.S.P

田仲 一正

第19回W.K.S.Pアカデミー高崎クラスレポート

W.K.S.Pアカデミーのコーチを務めます、まっさんです!

 

本日の菊地グラウンドにはほのかに金木犀の香りがしていました(^^)

 

早いもので9月も終わり、来週から10月ですね!

 

 

去年までのアカデミーは「高崎・前橋クラス」とし、前期(4月~9月)は菊地サッカー・ラグビー場、後期(10月~3月)は敷島緑地グラウンドと開催場所を移動しておりました。

 

ですので、来週以降10月からのアカデミーで菊地サッカー・ラグビー場での開催は初めてとなりますね。

 

高崎での冬を楽しみたいと思います(^^)

 

 

さて、季節は秋。

 

日中は残暑の影響で暑く、日が沈むと肌寒くなったりと1日の寒暖差が激しい季節です。

 

先週もお伝えしましたように、着替えや上着のご準備をお願いします。

 

寒さや暑さは個人差があり本人にしか分からないので、アカデミー生の判断で着る着ないなどの寒さ対策ができるようにしていきましょう。

 

 

では本日のレポートです。

 

■インゴールバックを狙えアタック!3 v 2(タカレポート)

 

小学生はステップとして2v1からスタートし、段階的に3v2と発展していきました。

 

 

 

中学生は最初から3v2からスタートしました。

 

ディフェンスは3人並んでいるのですが、コーチの指示により3人のうち1人のディフェンスはインゴールバックします。

 

 

 

インゴールバックによって『空いたスペースをアタックみんなで攻める』。

 

これが目的です。

 

 

そのためには「下がるディフェンスを見る」と「コミュニケーション」としました。

 

ファーストレシーバーは前を見る余裕がないので、サポートプレーヤーがどこにボールを運んだらいいのかを伝えます。

 

伝えることでファーストレシーバーはアタックするための判断をしやすくなります。

 

 

 

今日の練習はどんどんスペースにボールを運べていてよかったです!!

 

■インゴールバックを狙えアタック!1 v 1(みやっきーレポート)

 

コーチの「Go!」の合図で1 v 1がスタートするのですが、アタックは下にあるボールを拾って仕掛け、ディフェンスは少し下がってからスペースを埋めに行かなければなりません。

 

 

つまりアタックはかなり有利なので、目的は「ディフェンスがスペースを埋める前に1 v 1の勝負をする」こととしました。

 

 

 

ディフェンスがスペースを埋めるというのはディフェンスが下がって一歩でも前に出たことを意味します。

 

一歩が2m、3mとなればディフェンスに仕掛けられていると言うことですね。

 

 

ラグビーのゲームにおいてスペースという考え方はディフェンスがいないところをイメージしますが、ディフェンスが背中を向けていたり目線を逸らしていたりするのもスペース、すなわちアタックするチャンスをくれていると認識しますので、やはりアタックはどこに攻めればいいのかという視野が大切です。

 

 

 

このスキルではそう言ったチャンスを逃さない癖づけにも繋がりますね(^^)

 

 

■ボールゲーム

 

これまでのドリルの成果を試すことができるボールゲーム。

 

今日のルールはタッチをしたディフェンスがインゴールバックをするというルールです。

 

 

 

まさに先ほどまでチャレンジしてきたドリルを活かされます。

 

ディフェンスが下がったことによって生まれるスペースやディフェンスラインが整わずに生じるギャップを果敢に攻め込むアタックが多く見られました。

 

 

 

80分のアカデミーではウォーミングアップからラグビースキル、ボールゲームと区切って行っておりますが、すべて線で結ばれるように構成しています。

 

練習がボールゲームという実践で成果となり、そして自身のチームでさらなる成長に繋がるようにアカデミーを活用してくださいね!

 

 

 

来週も菊地サッカー・ラグビー場でお会いしましょう(^^)

 

 

 

【次回のW.K.S.Pアカデミー高崎クラス】
2022年10月5日(水)
場所:高崎市菊地サッカー・ラグビー場
小学生:17時10分〜18時30分
中学生:18時50分〜20時10分

 

本日の高崎クラスの練習メニューです。

 

1 アクティブウォーミングアップ

→ダイナミックストレッチ

→アジリティ

2 インゴールバックを狙えアタック!3 v 2

3 インゴールバックを狙えアタック!1 v 1

4 ボールゲーム&タカトレ

5 振り返りの時間

 

W.K.S.P

田仲 一正

第19回W.K.S.Pアカデミー前橋クラスレポート

W.K.S.Pアカデミーのコーチを務めます、まっさんです!

 

シルバーウィークも終わり、あっという間に9月が過ぎ去ってしまいますね。

 

夏が終わる寂しさや、早く涼しくなってほしい待ち遠しさもある今日この頃です(^^)

 

 

皆さんはどんな秋を思い浮かべるでしょうか?

 

スポーツの秋、紅葉の秋、食欲の秋、味覚の秋などなど、見て食べて動いてといろんな秋を楽しんでくださいね!

 

 

さて先日もお伝えしましたように、季節の変わり目、昼夜の気温差が大きくなっています。

 

寒さ暑さは個人差があります。

 

寒くなってきたからみんな上着を着てください!なんてことはなく、各個人の判断にお任せしております。

 

この判断の大前提に上着を持ってきているかどうかですね。

 

上着や汗をかいた後の着替えなどの用意をしていると、急な雨とかでも安心ですね(^^)

 

備えあれば憂いなし。

 

今後も水分に着替え、そして上着などの防寒具を準備しておきましょう!

 

ただし、持ってきたことを忘れる《忘れ物》には要注意です!

 

 

では、本日のレポートです。

 

■インゴールバックを狙えアタック!3 v 2(タカレポート)

 

このドリルはボールゲームでディフェンスがタッチしたらインゴールバックするというルールが導入されることから、ボールゲームで練習したことを反映させやすくするために作りました。

 

 

 

インゴールバックをするとスペースができます。

 

そこを狙って攻めるということですね。

 

 

目的は「空いてるスペースにアタックみんなで攻めること」としました。

 

みんなで攻めるのがポイントなので、1人だけ攻めないように、仲間とコミュニケーションとりながらスペースに攻めることが大事です。

 

 

 

みんな下がるディフェンスの動きをよく見たり仲間へのコミュニケーションがよく出ていて良かったです!!

 

 

■インゴールバックを狙えアタック!1 v 1(みやっきーレポート)

 

タカのメニューを引き継いで、1 v 1にフォーカスをしたメニューを行いました。

 

まず目的ですが「ディフェンスがスペースを埋める前に1 v 1の勝負をする」とし、つまりアタックはチャンスの間に早く仕掛けると言うことですね。

 

 

ディフェンスが埋めるスペースの定義は5m幅から10m幅になるラインを越えるか超えないか。

 

当たり前ですがアタックにとって横のスペースが広ければ広いほど有利であることはみんな理解しております。

 

そのスペースに到達する前に、狭いレーンでの1 v 1をクリアしなければなりません。

 

 

最終的には狭いレーンのアタックプレーヤー(1人目)がパスを出してからの勝負になりますが、目的へと導くキーポイントは1人目に「(トップ)スピード」として2人目に「フラットでボールをもらうこと」としました。

 

導入から本番にかけての流れがスムーズだったのでアタック側にとっては積極的な1 v 1が出来ていたと思います。

 

 

 

これをもう少しゲームライクに発展させて行ければさらに質が上がるのかなと思いました。

 

それは来週の僕の課題にしておきましょう(^^)

 

 

■ボールゲーム

 

タカやみやっきーのドリルがそのまま活かされたボールゲームとなりました!

 

ルールはシンプルにタッチをしたディフェンスはインゴールまで下がること。

 

 

 

すなわち、タッチをされればディフェンスが減り、スペースが増えます。

 

どちらのクラスも意図的にディフェンスを下げさせ、スペースにボールを運ぼうとする意識がありました。

 

 

 

ディフェンスが戻ってくる前のラインが整っていない状況で攻撃を仕掛ける素早い展開もあり常にアタックは勢いがありましたね!

 

素早い展開にも対応できるパススキルや判断力など成長が見られたボールゲームでした!

 

 

 

 

 

【次回のW.K.S.Pアカデミー前橋クラス】
2022年10月4日(火)
場所:敷島緑地ラグビー場
小学生:17時10分〜18時30分
中学生:18時50分〜20時10分

 

本日の前橋クラスの練習メニューです。

 

1 アクティブウォーミングアップ

→ダイナミックストレッチ

→アジリティ

2 インゴールバックを狙えアタック!3 v 2

3 インゴールバックを狙えアタック!1 v 1

4 ボールゲーム&タカトレ

5 振り返りの時間

 

W.K.S.P

田仲 一正

第19回W.K.S.Pアカデミー太田クラスレポート

W.K.S.Pアカデミーのコーチを務めます、まっさんです!

 

3連休目前となった本日のアカデミーは小学生クラスの途中から雨が強まり、気温体温ともに低下し始めたため、60分の短縮開催と切り替えました。

 

 

ついこの間まで暑さから雨が降ると涼しくなるので恵みの雨と感じていましたが、めっきり秋になり冷たい雨に変わりましたね。

 

 

突然ですが、皆さんは学校に行くときはどうやって服装を決めていますか?

 

中学生は制服があるので決まっていますが、小学生はいかがでしょうか??

 

寒いと感じれば長袖にしたり、上に羽織る上着を用意したりしていると思います。

 

このアカデミーも同様に、寒くなれば上着を羽織り暑くなったら脱ぐといったように自分の体温調節は自分でするようにしましょう!

 

 

また涼しくなっても汗をかくほどアカデミーでは運動量を確保するようにしています。

 

汗で濡れたままだったり雨のときは体が冷えるので、着替えやタオルの準備をして風邪をひかないようにしましょうね!

 

では本日のレポートです。

 

■スクエア2 v 1(みやっきーレポート)

 

小学生クラスのこのスキル練習が始まってすぐに冷たい雨が降り、風が吹き出しました。

 

 

アカデミー生達は寒そうで、休憩がなるべくないようにぐるぐる回しましたが表情や行動を観察してると限界っぽかったので途中で打ち切ってボールゲームに切り替えました。

 

 

 

中学生クラスは小雨降るもののスキルをやり切ることが出来ました。

 

それでもいつもよりテンポを上げました。

 

 

しかし先週からの続きだったので頭の中で理解したことをゲームライクでたくさん実践できましたね。

 

アタック2人で1人のディフェンスを探して攻めることが動きながら判断して行えたのはレベルが高かったです。

 

 

天候に左右されなかったのも好評価ですね(^^)

 

皆さん風邪ひかないでねー!!

 

 

■スピードアタック(タカレポート)

 

小学生の部の途中で短縮60分開催に切り替えた関係で、スピードアタックは中学生のみ実施となりました。

 

 

 

ドリル序盤からボールキャリアがディフェンスから遠いスペースに積極的に仕掛けていたので、ボールキャリアの役割をよく理解できていた印象でした。

 

 

サポートプレーヤーのキーポイントとしては、「スペースに仕掛けながらボールをもらう」

 

サポートプレーヤーは2人いるので、2人とも同じスペースを目指すとディフェンスとしては守りやすくなるので、1人目、2人目それぞれのスペースを探して攻略することが鍵です!

 

 

■ボールゲーム

 

雨が降る中でのボールゲームとなりましたが、どちらのクラスも細かパスや時には思い切ったロングパスを使った攻撃が見られました!

 

 

 

タッチをされても3秒間はプレーができますがトライはできません。

 

また3秒が経ってしまうとターンオーバーとなるルール。

 

 

 

なのでサポートプレイヤーの動きが重要となります。

 

アカデミー生も理解ができているので、ボールキャリアへのサポートも多く、そしてコミュニケーションもよくとれるようになりました。

 

 

1対1の状況であれば思い切った突破を仕掛けるプレーも見られたので、今日のような天候でも縦に横にボールがよくボールゲームでした。

 

 

あきらめず最後まで追いかける粘り強いディフェンスもGoodでした!

 

雨の降る寒い中、お疲れさまでした!

 

風邪をひかないように、3連休を楽しんでくださいね(^^)

 

 

 

 

【次回のW.K.S.Pアカデミー太田クラス】
2022年9月29日(木)
場所:龍舞グラウンド
小学生:17時10分〜18時30分
中学生:18時50分〜20時10分

 

本日の太田クラスの練習メニューです。

 

1 アクティブウォーミングアップ

→ダイナミックストレッチ

→アジリティ

2 スクエア2v1

3 スピードアタック

4 ボールゲーム&タカトレ

5 振り返りの時間

 

W.K.S.P

田仲 一正

第18回W.K.S.Pアカデミー高崎クラスレポート

W.K.S.Pアカデミーのコーチを務めます、まっさんです!

 

すっかり秋になり今日も涼しい1日となりましたね。

 

スポーツの秋らしく、運動するには丁度良い気候です。

 

 

日が沈むと寒くも感じられるので、汗をかいた後はすぐに汗を拭いて着替えること、アカデミーが始まるまで少し肌寒いと思ったら上着を羽織るなどをして体調をコントロールしてくださいね!

 

さてさて、今週末も3連休です(^^)

 

今週、そして再来週と運動会も多く、また中学生は定期テストが近づいているのかな?

 

 

 

大好きなラグビーと同じように、一生懸命全力で取り組んでくれることを期待しています!

 

では、本日のレポートです。

 

■スクエア2 v 1(みやっきーレポート)

 

先週の高崎クラスはとても風が強くって、短いパスもなかなか遠慮してしまうほどでしたが、本日は風の影響もなく存分にプレーが出来ました。

 

 

目的とキーポイントを理解したアカデミー生は15秒間という時間を余すことなく2人のアタックで1人のディフェンスに対して攻撃を仕掛けてくれました。

 

 

 

5m四方の中で動き回る15秒は、実際にやってみると相当な運動量になります。

方向転換、加速減速、情報収集などやることが目まぐるしいからです。

 

 

 

あまり休憩もなくディフェンスも行いますから肌寒い本日でもしっかり汗をかくことができました!笑笑

 

そして先週に比べてルールの理解も深かったのでディフェンスが非常に良く、見応えがありました。

 

 

 

あとは目まぐるしい中での状況判断が素早くできるように引き続きアカデミーで獲得していきましょう!

 

■スピードアタック(タカレポート)

 

ボールキャリアがディフェンスの裏に出られるようなスペースに仕掛けることで、ディフェンスをオフサイドラインまで下がらせ、アタックに有利な状況が生まれます。

 

と昨日の前橋クラスではそのように説明してきました。

 

 

 

しかしスペースに対してどれぐらい仕掛ければいいのかがあまりイメージできないのかなと昨日の反省点から、今回は複数のマーカーを使って選択式的なクローズドクエスチョンをしてみました。

 

 

そうするとアカデミー生のほとんどがここ!というふうに答えられていたので、伝えたいことが伝わったかなと思いました。

 

 

マーカーを使った説明をした分、フィードバックの時間が長くなっちゃったので、もう少しコンパクトに説明できるように工夫してみますね!

 

 

 

フィードバックの後にみんなのプレーの動きの質があがったのは見ていて明らかでした。

 

Goodプレーでした!

 

 

■ボールゲーム

 

ダブルタッチルールは3回目なので理解度も高く、どうすればトライに繋がるのかがイメージできていたと思います。

 

小学生クラスはパスを繋ごうとする意識が高く、ボールキャリアの近くでサポートプレイヤーがボールをもらう準備ができていましたね。

 

ボールキャリアもすぐにパスが判断できるのでGoodなプレーです!

 

 

ただし、ダブルタッチのルールではディフェンスが多ければ2人に挟まれたりダブルタッチをされてしまう確率も高くなってしまいます。

 

 

 

なるべくならディフェンスの少ない場所、つまりスペースが多い場所にボールを運んだ方がチャンスは広がります。

 

どんな距離までパスが通るのか、どんなポジショニングをすれば外のスペースまでボールを運べるのか、たくさんチャレンジをしてプレーの幅を広げていきましょう!

 

 

中学生クラスのアタックはボールキャリアの勢いもあり、またサポートプレイヤーが必ずついているのでよくボールが動いていましたね!

 

 

なのでフィードバックではディフェンスについて話をしました。

 

 

どうすればターンオーバーになるのか。

 

ダブルタッチ、パスカットや3秒ルールがありますね。

 

 

ボールキャリアにプレッシャーを与えることもGoodですが、このダブルタッチルールではサポートプレイヤーへプレッシャーをかけパスコースを塞ぐ方法もアイデアの1つです。

 

フィードバック後はディフェンスの動きがよくなったので攻防の入替も多く、アタックディフェンスともに質の高いゲームが展開されました!

 

 

どちらのクラスもナイスボールゲームでした(^^)

 

 

【次回のW.K.S.Pアカデミー高崎クラス】
2022年9月28日(水)
場所:高崎市菊地サッカー・ラグビー場
小学生:17時10分〜18時30分
中学生:18時50分〜20時10分

 

本日の高崎クラスの練習メニューです。

 

1 アクティブウォーミングアップ

→ダイナミックストレッチ

→アジリティ

2 スクエア2v1

3 スピードアタック

4 ボールゲーム&タカトレ

5 振り返りの時間

 

W.K.S.P

田仲 一正

第18回W.K.S.Pアカデミー前橋クラスレポート

W.K.S.Pアカデミーのコーチを務めます、まっさんです!

 

3連休はいかがでしたか?

 

台風が日本列島を横断し、各地で猛威を振るった連休となりましたね。

 

近年、ゲリラ雷雨や地震、台風など自然災害が多くなりました。

 

ニュースなどで日々情報を得ながら、もしもの時に備えて災害グッズを準備するなど災害に対しての意識をもっていきましょうね!

 

 

台風が通過した本日は、ガラッと空気が変わり風もあったせいか夕方以降は肌寒くなりました。

 

寒くなれば上着を羽織ったり、暑くなれば脱いだりと体温調節をして怪我のないようにしていきましょう!

 

 

 

では、本日のレポートです。

 

■スクエア2 v 1(みやっきーレポート)

 

先週は導入と目的やキーポイントの部分で丁寧に時間を使いすぎたため、本題のゲームライクがあまり出来なかったという反省がありました。

 

 

 

ですので本日は参加してくれたアカデミー生の人数をあらかじめ予測して準備しました。

 

結果的にテンポ良く回せたかなと思います。

 

 

 

また目的も文法的にあまりしっくり来る伝え方ではなかったため、2人のアタックで1人のディフェンスを攻めると明確にしました。

 

みんなスッと腹落ちしてくれたと思います。

 

 

 

15秒間の中でもたくさんアタックをする機会があったことを学んでくれると嬉しいです。

 

コートに入ればみんなプレーヤーで何かしらの役割があります。

 

 

動き続けること、喋り続けることが高いワークレートの選手と評価されますよ(^^)

 

スキル練習では自分の特徴を活かしたチャレンジをしましょう!

 

 

■スピードアタック(タカレポート)

 

先週に引き続き同じドリルをやりました。

 

実は、アカデミーを始めるまでは目的は先週のドリルと一緒だけれども、内容やルールは違うものをやろうと考えていました。

 

その理由としては先週の中学生の時にやった3v2が、少しカオスでして、3v2をやっていない小学生にやってみようかなと考えましたが、やっぱり難しいかなと思ったからです。

 

 

でも前のみやっきードリルのスクエア2v1を見て、小学生が先週とは違う動きをしており成長ぶりを感じました。

 

なので、その成長に期待して小学生にも3v2をチャレンジしてもらいました!

 

 

トライできたところもあれば惜しい場面も多くありました。

 

小学生は確かな成長を積み重ねているんだなと感じた瞬間でした。

 

 

 

中学生はサポートプレーヤー同士の連携がすごく大事になってきます。

 

2人のサポートプレーヤーが固まったり被ったりするとプレーの幅が狭くなってしまいます。

 

 

ボールキャリアから遠いサポートプレーヤーは全体を見渡せるので、コミュニケーションを取りながらスペースにボールを運ぶことが鍵です!

 

 

アグレッシブなアタックが多くて良い練習でした。

 

■ボールゲーム

 

本日もダブルタッチルールのボールゲームです。

 

タッチをされてもパスができるようにと、小学生クラスはボールキャリアの近くにサポートプレイヤーが準備をしてパスを回していました。

 

ボールをもらえるポジションにつくことはとてもGoodなプレーですね!

 

 

その反面、アタックプレイヤーが近くなることによってディフェンスの間隔も狭くなりダブルタッチの確率も高くなります。

 

 

アタックの幅が狭くなればディフェンスの幅も狭くなる。

 

逆にアタックが広がれば、その分ディフェンスの間隔が広がり1人1人のスペースが生まれますね!

 

 

中学生クラスは、ボールキャリアのランスキルが高くタッチをされてもフリーな時間をうまく動くことができていました。

 

 

ダブルタッチとなるシーンはあまりありませんでしたが、パスが繋がらないシーンがありましたね。

 

その原因は、ディフェンスが多いサイドに攻めているためディフェンスにパスコースを塞がれてしまい、思うようなパスが出来ませんでした。

 

ディフェンスが固まっているサイドがあるなら、逆のサイドはどんな状況なのか。

 

 

どちらのクラスも本日のドリルがボールゲームに繋がるシーンが多く見られました。

 

なので振り返りもしやすく、フィードバック後のゲームは課題となったポイントが修正されていましたね!

 

 

 

 

【次回のW.K.S.Pアカデミー前橋クラス】
2022年9月27日(火)
場所:敷島緑地ラグビー場
小学生:17時10分〜18時30分
中学生:18時50分〜20時10分

 

本日の前橋クラスの練習メニューです。

 

1 アクティブウォーミングアップ

→ダイナミックストレッチ

→アジリティ

2 スクエア2v1

3 スピードアタック

4 ボールゲーム&マツトレ

5 振り返りの時間

 

W.K.S.P

田仲 一正

第17回W.K.S.Pアカデミー熊谷クラスレポート

W.K.S.Pアカデミーのコーチを務めます、まっさんです!

 

まずは事務連絡です。

 

来週23日の熊谷クラスは祝日のためアカデミーはお休みとなります。

 

次回の開催は、
9月30日となります。

 

お間違いのないよう、宜しくお願いいたします。

 

 

さて、明日から3連休、そして週末も3連休となるシルバーウィークですね!

 

ただ台風も接近しているとのことなので、十分に注意をしながらも、楽しい連休をお過ごしください(^^)

 

 

 

では本日のレポートです。

 

■スピードアタック(タカレポート)

 

目的は「7秒以内に(中学生は6秒以内に)トライを取ること」です。

 

ボールキャリアはトライを取るため、もしくはディフェンスとの勝負を有利な状況に作るために「スペースに仕掛ける」ことです。

 

ディフェンスの裏に出るぐらいスペースに仕掛けるとより効果的です。

 

 

サポートプレイヤーは後ろから全体を見ることができるプレイヤーですので、どこにボールが欲しいのか、スペースはどこにあるのか、ボールキャリアとディフェンスとの位置関係の確認などができます。

 

確認した上で、トライフィニッシュするためのアクションを起こしましょう!

 

「スペースに仕掛けながらボールをもらう」というアクションです!

 

 

全体を見ることができる特権をフルに使うとトライが取れます!

 

■スクエア2 v 1(みやっきーレポート)

 

熊谷クラスのメリットはこれまで行ってきた前橋クラス、高崎クラス、太田クラスがブラッシュアップされたものが練習で発揮できるということです。

 

 

 

アカデミー生にとってはこれまでの変化は分からないのですが、コーチングにおいてトライアンドエラーはつきもので、その度に昨日よりも良いものをお届けすることは必須です。

 

なので熊谷クラスはコーチングが一番磨かれた状態でありますが、小中学生同時開催のためコーチが分散されたりタイムマネジメントが難しかったりとやはりそう簡単にいかないのも事実です。

 

 

 

しかし本日は平等なプレーへの参加がより多く行えましたし、目的とキーポイントの繋がりと落とし込みもうまく行った1日でした。

 

立正大学ラグビー部の学生サポートの貢献も非常に大きく助かりました。

 

 

 

6m四方のコートをアタック2人で15秒間プレーするのは意外とキツいということ、そしてそのスペースで多くの状況判断があることを体感的に学んでもらえたのではないかなと思います。

 

ディフェンスもナイスでした!

 

 

 

■ボールゲーム

 

ダブルタッチルールで、中学生は1度のダブルタッチでターンオーバーとなります。

 

一周目を終えて振り返りの時に、どんなターンオーバーが多かったか尋ねました。

 

 

答えは2人同時にタッチをされてしまうことでしたね。

 

実際の試合ではディフェンスの間を突破するプレーはとても有効です。

 

が、このボールゲームではターンオーバーとなってしまいます。

 

 

ディフェンスの間隔が狭いとダブルタッチになる確率も高くなるということは、逆に間隔が広いスペースにチャンスがあるということですね!

 

フィードバック後は、強引に前進をするのではなく、場合によっては前進をするために方向転換やボールを下げるといったプレーも見られました。

 

 

 

小学生クラスもスタートはダブルタッチ2回だったルールを1回に減らしてチャレンジしていました。

 

 

 

スペースにボールを運ぶ手段はたくさんあるので、今後もアカデミーでたくさんチャレンジをして自分の武器を増やしていきましょう!

 

 

 

 

 

 

 

【次回のW.K.S.Pアカデミー熊谷クラス】
2022年9月30日(金)
場所:立正大学ラグビーグラウンド
時間:小学生クラス/中学生クラス 19時00分〜20時30分

 

本日の熊谷クラスの練習メニューです。

 

1 アクティブウォーミングアップ

→ダイナミックストレッチ

→ボール集めゲーム

2 スクエア2v1

3 スピードアタック

4 ボールゲーム&体幹

5 振り返りの時間

 

W.K.S.P

田仲 一正

第18回W.K.S.Pアカデミー太田クラスレポート

W.K.S.Pアカデミーのコーチを務めます、まっさんです!

 

ついこの間まで夏休みで、口を開けば「暑い。」と言っていましたが、9月も中旬になりようやく涼しくなりましたね(^^)

 

 

そして来週はシルバーウィークということで、3連休が2回もありますね!

 

みんなはどんな連休を過ごすのかな?

 

 

ご家族と、お友だちと、素敵な時間を楽しんでくださいね(^^)

 

さてさて、本日の中学生クラスにはアカデミー卒業生が遊びにきてくれました。

 

 

卒業生が顔を出してくれることはスタッフにとってとても嬉しいことです。

 

また現役アカデミー生にとってもとても良い刺激になりましたね。

 

またいつでも遊びにきてくださいね(^^)

 

では本日のレポートです。

 

■スクエア2 v 1(みやっきーレポート)

 

前橋クラス、高崎クラス、太田クラス、熊谷クラスと同じメニューをやっております。

 

しかしクラスが違ったり学年が違ったり気候などの環境が違ったり人数が違ったり経験年数が違ったりで全く別の中身に変わることもありますからそのブレをなくすためにそのメニューの目的というものを大切にしております。

 

 

 

そして目的に紐解くキーポイントも明確にしなければなりません。

 

あとはその時その時の状況を観察して都度アプローチを変えております。

 

 

本日はこれまで少ししっくりこなかった目的を明確にしました。

 

「アタック2人で1人のディフェンスを攻める」と。

 

 

ディフェンスは2人のところもあれば1人のところもあるような仕掛けをしております。

 

そのためにキーポイントはまずは1人のディフェンスを探すこと。

 

そして2人でコミュニケーションをとって一緒に攻めることです。

 

 

小学生は最後の振り返りでもしっかりと理解してくれていましたが、大きな失敗が僕にありました。

 

参加人数のことをすっかり忘れてしまってプレー参加率が思った以上に低かったこと。

 

プレーヤーは話を聞いて理解を深めるよりもプレーをして理解を深めることが何よりも大切です。

 

 

そこを読み間違えたことは非常に残念でした。

 

明日の熊谷クラスや来週のアカデミーで挽回できるように頑張りますね!

 

 

■スピードアタック(タカレポート)

 

ボールキャリアが1人のDFと1対1で勝負し、タッチさればサポートプレイヤーにパスしてDFと1v1という形のドリルです。

 

 

 

このドリルに関しては自分の説明の仕方にもう少し工夫が必要だったかもしれませんが、ルールを理解できずプレーを始めるアカデミー生がいました。

 

 

ルール理解できてないまま進むのは、練習にならないので、ルールの理解ができてるかどうかをアカデミー生を観察しています。

 

全体的に理解できてないと判断したら一旦止めて再説明をしたり理解できるようにオープンクエスチョンで問いかけています。

 

 

 

ルールは理解できた上で臨んだ方が練習は楽しいよね!

 

分からないことは恥ではなくむしろ理解をさらに深められるチャンスですので、分からないことあればどんどんコーチに言ってくださいね!

 

 

 

■ボールゲーム

 

本日もダブルタッチルールでのボールゲームです。

 

小学生クラスはルールの理解はありましたが、タッチをされたらパスをするという部分が強く意識されており、パスをすることが目的になっていました。

 

タッチをされても4秒以内はプレーができます。

 

 

 

タッチをされた後のプレーによってパスが繋がったりトライに繋がるチャンスが高くなります。

 

フィードバック後のゲームではルールの再認識、そしてルールを活かした攻撃が見られましたね!

 

 

中学生クラスはルールを活かしたアタックも多く、意図的にデイフェンスの少ないスペースにボールを運べていましたね。

 

なので1v1のシーンも多くディフェンスの裏に抜け出すこともできていました。

 

 

そこからの3秒でどうやってパスを繋ぐのかがポイントとなりました。

 

加速すればするほどサポートプレイヤーとの距離も縮まらないので、ボールキャリアも前進するだけでなくパスができるようにコースチェンジ、または減速するといったテクニックも必要になります。

 

 

ディフェンスの粘り強さもあり数少ないパスコースを探すことは難しいので、パスコースを作り出すスキルを磨けるチャンスなので、どんどんチャレンジをして成長していきましょう!

 

 

 

【次回のW.K.S.Pアカデミー太田クラス】
2022年9月22日(木)
場所:龍舞グラウンド
小学生:17時10分〜18時30分
中学生:18時50分〜20時10分

 

本日の太田クラスの練習メニューです。

 

1 アクティブウォーミングアップ

→ダイナミックストレッチ

→ボール集めゲーム

2 スクエア2v1

3 スピードアタック

4 ボールゲーム&タカトレ

5 振り返りの時間

 

W.K.S.P

田仲 一正

 

 

 

第17回W.K.S.Pアカデミー高崎クラスレポート

W.K.S.Pアカデミーのコーチを務めます、まっさんです!

 

早いもので夏休みが明けて2週間が過ぎましたね。

 

日中30度を超える暑さから、今日は夕方から風が強くなったせいもあり一気に涼しくなりました。

 

まだまだ残暑が厳しいですが、少しずつ秋に移っていきますね!

 

食欲の秋。読書の秋。みんなはやっぱりスポーツの秋ですかね(^^)

 

運動会や体育祭も準備運動を忘れず、怪我のないように一生懸命楽しんでくださいね!

 

 

 

 

今日は小学生クラスに体験のお友だちも参加してくれました!

 

どのクラスもアカデミー生同士がとても仲がよく、雰囲気が良いので初めてのお友だちも参加しやすいので、すぐに馴染んでアカデミーを楽しんでくれましたね。

 

 

まだまだアカデミー生絶賛募集中ですので、ご興味のあるお友だちがおられましたら体験だけでもお誘いください(^^)

 

一緒にラグビーを楽しみましょう!

 

では本日のレポートです。

 

■スクエア2 v 1(みやっきーレポート)

 

四角形の4辺を使ってのゲーム形式の前に、2辺、3辺と段階的な導入を行いました。

 

アタックは四角形の真ん中に2人。

 

ディフェンスは必ずどこかに1人、もしくは2人いるのでセオリーに則って1人の方を攻めることを目的としました。

 

 

2辺の時はどちらかなので簡単です。

 

3辺もディフェンスがわかりやすいように移動してくれるので難しくはありません。

 

 

と、ここまでドリル形式の導入で1人を攻めることをマインドセットしました。

 

で、実際のゲーム形式です。

 

 

 

4辺を6人でディフェンスは守っており、かつ動き回って良いので局面がコロコロ変わります。

 

その中で1人を攻めるためには当たり前ですがどこが1人かを探して2人で共有(コミュニケーションという言葉を使いました)がキーポイントととなります。

 

 

 

思わず2人のところを攻めに行った場合は必ずどこかに1人のディフェンスがいるので方向転換をしてまた探してコミュニケーションを取るという繰り返し作業をプレーしながらやってもらいました。

 

たった15秒間ですが動きは非常に良かったです(^^)

 

 

■スピードアタック(タカレポート)

 

7秒以内にトライを取ることを目的としたドリルです。
※中学生は6秒以内です。

 

なのでスピード持ってアタックしないとトライが取れないドリルですね。

 

 

 

ボールキャリアはどのように仕掛け、サポートプレイヤーはどのように動いていくのかが鍵となります。

 

ボールキャリアはディフェンスの横にあるスペースに仕掛けます。

 

 

スペースに仕掛けることでディフェンスの裏に出られます。

 

出られたところで、ディフェンスは再びプレー参加するためにはオンサイドに戻らないといけません。

 

 

 

ディフェンスが後手に回っている間にサポートプレイヤーはスペースを見つけてどんなボールがほしいのかをボールキャリアに伝えます。

 

2人の連携が非常に大事になるドリルでした!

 

 

みんな勢いだけではなくスマートに動くプレーも多くて良かったです!!

 

■ボールゲーム

 

2回目となるダブルタッチルールです。

 

1人目にタッチをされてから4秒以内(中学生は3秒以内)にパスをしないとターンオーバーとなります。

 

 

パスを繋ぐ意識はボールキャリア、サポートプレイヤーにあったのでボールがよく動きましたね!

 

こうした意識は前回に続き、Goodなプレーです。

 

 

ただし、ディフェンスにもアタックは必ずパスをするという意識があったので、パスコースに入るなどディフェンスの粘り強さも見られました。

 

 

ルールを理解することがボールゲームの質を高めてくれます。

 

 

みやっきーやタカのドリルでやったスキルがゲームに活かされており、とても見応えのある攻防でした!

 

 

 

 

【次回のW.K.S.Pアカデミー高崎クラス】
2022年9月21日(水)
場所:高崎市菊地サッカー・ラグビー場
小学生:17時10分〜18時30分
中学生:18時50分〜20時10分

 

本日の高崎クラスの練習メニューです。

 

1 アクティブウォーミングアップ

→ダイナミックストレッチ

→ボール集めゲーム

2 スクエア2v1

3 スピードアタック

4 ボールゲーム&タカトレ

5 振り返りの時間

 

W.K.S.P

田仲 一正

ニューストップへ →