ワイルドナイツスポーツプロモーション

お問い合わせ賛助会員募集

ニュース一覧

2016/08/11

桐生市スポーツ協会ラグビー教室

本日は、桐生市のスポーツ協会が主催するラグビー教室の講師として参加させて頂きました。

 

夏休みのスポーツイベントといったところでしょうか。

 

桐生ラグビーフットボール協会の皆さん、そして桐生ラグビースクールの指導者の皆さんの多大なるお力添えを受けまして、まずは安全第一に、そして笑顔溢れるラグビー教室を行うことが出来ました。

 

サポート講師として、当法人の理事でもあり桐生第一高校ラグビー部監督の霜村先生にも来て頂き、丁寧な指導で子ども達に触れ合ってくれました。

 

対象学年は小学校1年生から6年生で、経験者未経験者問わずの教室なので、最初にできるだけ近い学年でグループを4つに分けて、12分間で一つのドリルを4回行うシステムを導入しました。

 

パス&キャッチ、コンタクト(ボールキャリアとタックル)、グラバーキック&ゴールキック、1 v 1の抜き合いの4つのドリルです。

 

1周回れば全てのスキルを習得したというところでしょうか。

 

どのドリルにも、キーとなるポイントを子ども達に説明し、目的意識を持たせることで集中力を高めてもらいました。

 

かつ、楽しさもモチベーションの大いなる要因なので、ゲーム性も入れながら行いました。

 

実際に教室がスタートするとあっという間に時間が過ぎたので、参加してくれた子ども達にどれだけのものを残せたのだろうかという不安はありましたが、最初から最後までふざけることなく気持ちの良い汗と笑顔が印象的だったので、一生懸命に取り組みながらも楽しんでくれたという実感を持てました。

 

夏休み中ということもあって、親御さんの観覧も多かったので、いつもと違う子ども達を見ることが出来たのではないでしょうか。

 

今回のように、行政が企画したイベントを行えたことに嬉しく思います。

 

地域貢献を推進していくためには、行政の協力や理解は不可欠です。

 

少しずつかもしれませんが、実績を残しながら引き続き頑張っていきたいです。

 

W.K.S.P

Takashi MIYAKE

2016/07/22

熊谷うちわ祭り2016

昨日は埼玉県熊谷市で「熊谷うちわ祭り」が行われまして、その中で13時から14時の間で、歩行者天国となった国道の上でラグビーパレードを行いました。

 

目的はラグビーワールドカップ2019にて、熊谷市が開催都市ということでプロモーション活動の一環として行われました。

 

そこで僕もゲスト参加させていただき、パナソニック ワイルドナイツの川俣選手、森谷選手という埼玉出身の現役トップリーガーも来てくれてイベントを盛り上げました。

 

その他にも立正大学ラグビー部の皆さん、アルカス熊谷の皆さん、そして地元の高校生・中学生ラガーマンなども参加をして、本当に熊谷のラグビーファミリーが集まっての参加となりました。

 

実は昨年も参加させていただきまして、天気も良く非常に暑い中でのパレードだったのですが、今年はあいにくの雨で肌寒さすらありました。

 

そんな対極的な昨年と今年だったのですが、ラグビーワールドカップ2015の印象が今もなお、強く残っておりまして多くの方々に沿道からお声をかけていただいたり写真を撮ったりといろんな方々と一つになってパレードを楽しめました。

 

確実に迫ってくる2019年に対して、我々が確実にできる小さな積み重ねが今から大切で、2019年を迎える頃にはその積み重ねたものを活用して成功に導いていけるようなプランをしっかりと実行していければと思います。

 

各地でプロモーション活動が行われておりますが、情報交換しながら日本全体で盛り上げていけるようにこれからも頑張っていきたいと思います!

 

W.K.S.P

Takashi MIYAKE

2016/08/13

第2回前橋スマイルフェスティバル

本日は昨年に引き続き第2回となりました、『前橋スマイルフェスティバル』が敷島公園で開催されました。

 

野球、サッカー、水泳などいろんな競技団体が集まって、ラグビー教室は我々W.K.S.Pが担当させて頂きました。

 

指導者は霜村理事(桐生第一高校ラグビー部監督)とアカデミーでもおなじみの田仲コーチ、そして三宅の3人に加えて、サポートとして前橋育英高校ラグビー部のみなさんにも来て頂きました。

 

集まった子ども達は小学1年生から小学6年生までと幅が広かったのですが、まずは天気の良い暑い1日という事で安全第一に注意を置き、全力で楽しめるようプログラムとアプローチに拘りました。

 

こまめな水分補給を摂りながらも練習の展開が早かったので、集中力が途切れることなく1時間30分のプログラムがあっという間に終わりました。

 

全体的な流れとしましては、ウォーミングアップしてハンドリングスキル、コンタクトスキル、ボールゲームを行いました。

 

小学1年生と2年生はボールゲームの代わりにゴールキックにチャレンジしてもらいました。

 

普段なかなか蹴らないラグビーボールをゴールに向かって蹴っていたので、とても楽しそうでした。

 

終始笑顔が溢れる雰囲気の中でしたが、1つ1つのプレーに対する集中力は非常に高く、本日のプログラムで何かキッカケを掴んでくれたら嬉しいですね!

 

それにしてもイベントの規模が大きかったので、主催の前橋青年会議所のみなさんのご尽力には頭が下がる思いです。

 

規模もさることながら、各競技団体を招致したという成果もただただ凄いと感心しました。

 

また第3回、第4回と繋げていきながら中身も濃くしていけるようにサポートして良ければ嬉しいです!

 

W.K.S.P

Takashi MIYAKE

2016/05/16

第9回伊勢崎ロータリーカップ

五月晴れに相応しい5月15日(日)は、いせさき市民のもり公園にて『第9回伊勢崎ロータリーカップ』が開催されました。

 

伊勢崎市を中心とする小学生のラグビースクールが集い、交流を深めて各カテゴリーのカップを争うという大会です。

 

この大会に、私自身も2011年(第4回大会)の時にゲストでお招き頂き、毎回精一杯グラウンドを走り回る子ども達の顔を見て、元気をもらっております。

 

パナソニック ワイルドナイツから今回、百武選手、阿部選手、そして梶選手の3名がゲスト選手で登場し、30分間幼児と触れ合い体験をしたあと、各カテゴリーに分かれて写真撮影やサイン会を行いました。

 

憧れのトップリーガーを身近に感じれるのは、本当に幸せだなとつくづく感じる瞬間です。

 

「群馬県にトップリーグチームがある!それもチャンピオンチームが!!」と、キャッチフレーズではないですが、もっともっと広めて良ければと思います。

 

そしてそこに憧れを持つ子ども達の大いなる刺激になればとても嬉しいです。

 

また、伊勢崎ロータリーカップのように大会が運営されることの幸せも噛みしめながら、ラグビー選手として大きく羽ばたいてもらいたいです。

 

W.K.S.P

Takashi MIYAKE

2016/05/6

プロ野球 × ラグビープロモーション

5月5日(木)のこどもの日。

 

千葉県鎌ケ谷市にある、日本ハムファイターズの2軍本拠地である鎌ヶ谷スタジアムにて、ラグビープロモーションを行いました!

 

このイベントを企画、運営、実行するにあたりまして、日本ハムファイターズの関係者の皆様の多大なるご協力とご理解なくしては成しえなかったプロモーション活動でありました。

改めて感謝申し上げます。

 

さて、当日はこどもの日に相応しい晴天の下、多くのご来場者様にお越し頂いて、普段触れることのない野球ファンの方々をはじめ、多くの皆様にラグビー選手の魅力と人柄、そして鍛え上げられた筋肉に触れるなど様々な形で楽しんで頂くことが出来ました!

 

プレイボール前のイベントでは、30分間の写真撮影やサイン会を行いましたが、予想をはるかに上回る大盛況で少し時間を延長するほどの熱気となりました。

 

続いてプレイボール直前では、グラウンドに選手達が立って鎌ヶ谷スタジアムのマスコットキャラクターである『カビー君』にラインアウトやボールを持って選手に当たったり、ロングパスを受けてもらったりなど、終始爆笑の中ラグビーの魅力を観て頂くことが出来ました。

 

始球式では北川選手がセットポジションから野球のグローブをマウンドに置き、三輪選手からラグビーボールを受け取った後になんと打者に向かってラグビーボールをキック!

想像のつかない始球式に会場は大盛り上がりでした!

 

そしてクライマックスは、野球場でラグビー教室をするという今までになかった光景が実現いたしました。

 

ふかふかの芝生の上で、ゲーム後の野球選手も参加して頂き、30分間という短い時間でしたがラグビーボールを持ったりラインアウトを体験したり、当たったりと可能な限り楽しんで頂きました。

 

 

終わってみれば充実した気持ちが大きく膨らんで、この度のプロモーション活動の成功を心身ともに感じることが出来ました。

 

今まで触れることのなかった場所で、ラグビーを知ってもらい、体感してもらえたのはこれからのラグビープロモーション活動の新たな形としてのスタートになれば嬉しいです。

 

 

最後になりましたが、快く参加してくれたパナソニック ワイルドナイツのホラニ龍 コリニアシ選手、ホラニ龍 シオアペラトゥ選手、北川 智規選手、三輪 忠寛選手、布巻 峻介選手、相馬 朋和ヘッドコーチ、本当にありがとうございました!

 

また、パナソニック ワイルドナイツの関係者の方々のご協力にも感謝申し上げます。

 

これからもいろんな仕掛けをしていきながらラグビーを独自の形で盛り上げていけるよう頑張っていきたいと思います!

 

W.K.S.P

Takashi MIYAKE

2016/04/3

オーディオコメンタリー@イオンシネマ太田

本日はイオンシネマ太田さんとの共同開催として行われた「オーディオコメンタリー」というイベントに、多数の方がお越し下さりまして誠にありがとうございました。

 

このイベントでは映画館でラグビーの試合を観戦する、という字にするとシンプルなのですが、2015年度シーズンのLIXIL CUP決勝のパナソニック ワイルドナイツ対東芝ブレイブルーパスとの試合を出場した選手に来てもらって生解説をしてもらうという企画でした。

 

開催するにあたりまして、まずは例を見ない企画をぜひ群馬県で開催したかったという思いと、実際に試合に出場していた選手がどういう気持ちでプレーしているのかというあまり聞くことの出来ない話を、本当の試合を観戦しながらファンの皆さんにお届けすることでよりラグビーの魅力を理解してもらいたいという思いで開催に至りました。

 

想いばかりが先行し過ぎた部分も本番では課題としてありまして、入念なリハーサルを行いましたが、まずは映像やマイク等の音声の調整が難しかったために耳障りな音を出してしまったこと、僕自身も盛り上げなければという使命感が強すぎてコメントの整理が出来ていなかったという主観的な反省もありました。

 

その他にも当日の受付や団体様の先行販売への対応が適切ではなかったというお声も頂戴しました。

 

それら全ては、次回開催するチャンスを頂くことが出来るという可能性としてポジティブに捉えながら、そういった課題をクリア出来たときにまた企画したいと思います。

 

とは言え、皆さんのご協力とパナソニック ワイルドナイツやラグビーを愛する気持ちが本当にありがたくて純粋に楽しい時間を過ごすことが出来ました。

 

今回参加してくれたホラニ選手、北川選手、林選手、谷田部選手、三輪選手のトークやファンサービスもトップチームに相応しい振る舞いで、僕も嬉しかったです。

 

いつもワイルドナイツを応援して下さる顔馴染の方や、この日のために遠くからお越し頂いた方もいらっしゃいますし、なんと本日がお誕生日という方も2名いらっしゃいました!

 

そんな方達の期待にどこまで応えられたかは分かりませんが、これからも少しでも多くのラグビーの楽しみ方を発信できるよう、チャレンジしていきたいと思います!

 

そして新たなシーズンのパナソニック ワイルドナイツにもぜひ注目して下さいね!

 

最後になりましたが、地域貢献をモットーにいろいろ試行錯誤しながらも素晴らしいシアターで素晴らしい企画を組み立ててくださったイオンシネマ太田の関係者の皆様には深く感謝申し上げます。

 

今後も様々な企画を一緒に立てれることを楽しみにしております。

 

W.K.S.P

三宅 敬

2016/03/11

群馬県禁煙支援県民公開講座

こんにちは。プロップの木川隼吾です。

 

今回は2月28日(日)に群馬県禁煙支援県民公開講座の一環として、ヤマダ電機LABI1高崎で会場参加型トークセミナーに参加してきました。

メンバーは、在籍11年目の大ベテランで小気味の良いトークで観客の心を掴む高安厚史選手、タックルのパフォーマンスで会場を盛り上げた室井達彦選手、専門的な観点からするどく切れ込んだトークをする後藤寿文トレーナー、司会なのに僕らより喋っていたような気がする通訳兼普及担当の村上泰將さん、それと私、木川でした。

トークセミナーでは、「タフなラグビー選手の私生活から作り上げるセルフコントロール」をテーマとして、司会進行を村上さんが務め、僕ら4人が村上さんからの質問に答える、という形式で行われました。上記のテーマで禁煙にも沿った形になるので固い話しになりがちなのですが、観客の皆さんの暖かい雰囲気のおかげで笑い声もある楽しいトークをすることができました。さらに参加型セミナーということで、タックルのパフォーマンスに観客の方が飛び入り参加されたり、質疑応答があったり、じゃんけん勝ち抜き大会をしてワイルドナイツグッズをプレゼントしたりと観客の皆さんと一緒になって楽しむことができました。

その後は群馬を代表するゆるキャラの「ぐんまちゃん」と「よ坊さん」と選手3人で、希望者との写真撮影会を行い、イベントは終了となりました。

最後にイベントに参加してくださった観客の皆様、そして、企画・運営してくださったスタッフの皆様、ありがとうございました。今回、僕らも参加できて本当に楽しかったです。そして、これからも群馬県、そしてラグビー界を盛り上げられるように様々な活動を行っていきたいと思います。

 

パナソニック ワイルドナイツ

木川 隼吾

2016/03/13

4月3日イベントのお知らせです

【イベントのお知らせです】

 

4月3日(日)に、イオンシネマ太田さんとの共同企画で「オーディオコメンタリー」というものを行います。

 

「オーディオコメンタリー」とは、2015-2016 LIXIL CAPファイナル パナソニック ワイルドナイツ対東芝ブレイブルーパスの試合を映画館で上映いたします。

 

そしてその時の心境やルール解説を出場した選手達に生解説をしてもらいながらあの時の感動をもう一度涙あり、笑いあり、学びありといった中で観戦して頂くというものです。

 

そのイベントに当法人として協力させて頂き、MCを三宅が務めて行います。

 

詳しい情報は下記URLよりご覧頂き、ぜひ多くの皆様にお越し頂ければ光栄です!

http://www.aeoncinema.com/cinema/oota/l3/Vcms3_00012654.html

 

今までにあまりなかった企画ですので、楽しんで頂けるようしっかりと盛り上げたいと思います!

 

W.K.S.P

Takashi MIYAKE

2016/03/7

ラグビーとお笑い

2月28日(日)、なんとジャパンラグビートップリーグ王者であるパナソニック ワイルドナイツと漫才コンテストの最高峰M-1グランプリを制覇したトレンディーエンジェルさんとのコラボレーションが、太田市新田文化会館(群馬県太田市)で実現しました!!

 

当日は、お笑いステージが開催されており地域でのお笑いライブ興行に、その地域で盛んなスポーツをコラボレーションして盛り上げようという、よしもとクリエイティブ・エージェンシーさんの企業理念に基づいて今イベントは開催されました。

 

 

ラグビー×お笑い

 

 

初めて担当させて頂くイベントですので、それはもう何から手を付けて良いか分からない状況でのスタートでした。

 

しかし、よしもとさんや新田文化会館のご担当者様のご尽力により、無事開催されることになりました。

 

当日はお天気も手伝って、最高の1日となりました。

 

グラウンドには「ラグビーサーキット」と題したコースを用意し、スタートからゴールまでの道のりをラグビーの練習で行うドリルを散りばめて、見事ゴールをすれば景品が貰えるという内容でした。

 

また、違う場所ではサッカーゴールに向かってラグビーボールを蹴るという異種競技ではありましたが、昨今のラグビー人気でみんなそれぞれのルーティーン?!から繰り出されるキックを楽しんでましたね!

 

参加者に説明をするデモンストレーションでは、トレンディーエンジェルさんをはじめとする芸人チームが体験をしてくれて大盛り上がり!

 

さすがお客さんを満足、魅了させるスキルは一級品でした!

 

また、進行兼盛り上げ役としてロバートの山本さん(群馬県邑楽郡出身)と三宅の2人で1時間喋りっぱなしのノンストップで会場の雰囲気をさらに盛り上げました。

 

しかし、この日はこれで終わりませんでした。

 

お笑いステージを見に来たお客さんにもラグビーの魅力を知って頂こうという事で、お笑いステージ終了後にホラニ選手、霜村選手、北川選手、林選手、相馬コーチ、そして三宅がステージに上がってパフォーマンスを披露したり、ラグビーの魅力を語ったり、そしてプレゼントを用意したりと最初から最後までコラボレーションを堪能することが出来ました。

 

芸人さんには本当に大変お世話になりました。

 

親切で気さくな方ばかりで日頃の振る舞いなんかも勉強になりましたね!

 

今後もこういった多くの人が楽しめて、ラグビーを普及させていけるような企画をどんどん考えて、実現させていきたいと思います!

 

W.K.S.P

Takashi MIYAKE

2016/03/7

ぐんまこどもの国 ラグビー教室&トークショー

こんにちは!

ワイルドナイツスポーツプロモーションの理事を務めています、桐生第一高校ラグビー部監督の霜村です。

 

2/28に、ぐんまこどもの国にて、ラグビー教室&トークショーをさせていただきました!

 

ワイルドナイツから設樂選手、三輪選手も来てくれました。

ラグビー教室は当初の定員より少ない人数ではありましたが、ラグビー経験がない子がほとんどの中、みんな楽しんでくれていたようで、中にはこれをきっかけにラグビーを始めてみたいという子もいました!

ラグビーの経験が無くてもパスレースやゲームを通して、仲間と協力する事やルールを守る事など、私たちもラグビーをする時に心掛けている大切な事をみんなが実行してくれていました。

だからこそ楽しいと感じられたのかもしれませんね!

1時間のラグビー教室でしたがあっという間に過ぎてしまった程、私たちも楽しむ事ができました!

 

トークショーでは、「夢の実現のために」というテーマで三宅代表理事の大得意の司会のもと、設樂選手と三輪選手と私で、幼少期の事や、ラグビーの喜怒哀楽など、様々なテーマに沿って進めていきました。

最後は質問コーナーで、来場された方々の質問に対し経験を交えて話をさせていただきました。

 

今回、事前受付をしてない飛び入りの子達や、ラグビー未経験の子達、僕たちの事を知っている経験者の子など、ラグビーを沢山の子ども達に経験してもらえたなんとも嬉しいラグビー教室&トークショーでした。

 

こどもの国のスタッフの皆さま、ボランティアサポートをして頂いた方々、そして来場、体験してくれたみんな、ありがとうございました!!

 

W.K.S.P

霜村 誠一