ワイルドナイツスポーツプロモーション

お問い合わせ賛助会員募集

W.K.S.P 原石からダイヤモンドへ(ニュース)

第28回W.K.S.Pアカデミー前橋クラスレポート

W.K.S.Pアカデミーのアシスタントコーチを務めます、まっさんです!

 

本日はみやっきーが別業務のため、タカと2人で進行しました^^

 

昨日は各地で25℃以上を観測するなど、過ごしやすさより暑さを感じる1日でしたね!

 

そして12月最初のアカデミーとなる本日は朝から風が強くとても寒い1日となりました。

 

寒さに関しては12月ということもありそれなりに準備はできていますが、からっかぜ対策はまったくしていませんでした!

 

これといった対策は特にありませんが、風の強さを改めて実感し早く慣れるようにします!

 

そんな寒さの中始まったアカデミーですが、雰囲気も良くグッと引き締まった90分間でした。

 

寒さで小さくなった筋肉をしっかり伸ばします。

 

風が強いと話している声が聞こえにくくなるため、いつも以上に話すボリュームが上がり、また聞く方もしっかり聞く事ができていました。

 

ラグビースキル面でも先週からキャッチを意識したドリルを行っていますが、とても良い準備ができていました。

 

キャッチするぞ!といった気持ちの表れが自然と重心が低くなり、手が前に出てボールをしっかり目で追う事ができました。

 

この準備をいつでも自然にできるように、他のドリルでも意識するとパフォーマンスはさらに上がってきます。

 

2v2、3v3や2v1、3v2のドリルにおいても同様に良い準備ができれば、一歩でも前進する事ができるでしょう。

 

それはボールを持っていないプレーヤーもしかりです。

 

ボールが飛んでくるのを待って、キャッチしてからどうしようと考えるのでは前進に繋がりません。

 

ボールキャリアとの位置、どこにスペースがあるのか、そのスペースにボールを運ぶためにはどうすれば良いか。

 

そういった事を考えて、その情報をキャリアに伝達する。

 

サポーターが1人増えるだけでオプションが増え、ディフェンスを迷わす事ができます。

 

ボールをキャッチしてから考えるより、しっかり準備をして攻撃に参加しましょう!

 

ボールゲームでは、常に動いている状況で一瞬の判断が必要になってきます。

 

小学生、中学生ともに展開がスピーディになってきていますが、判断も良くなってきましたね。

 

自分で前進するのか、パスやキックのオプションを選択するのかの判断が早くなってきています。

 

ボールキャリアが最善のオプションを選択するためには、サポーターの声や準備が必要になります。

 

今年度のアカデミーは残り2回ですが、しっかりチャレンジをして来年に繋がるようにしましょう!

 

12月のSAQドリルも反応が勝負です!

 

 

チームトークの質もあがってきました!

 

本日の前橋クラスの練習メニューです。

 

1 アクティブウォーミングアップ

→手つなぎ鬼

→ダイナミックストレッチ

2 SAQ

→3色マーカータッチ

3 アジリティキャッチ

4 2 v 2,3 v 3

5 2 v 1,3 v 2

6 ボールゲーム&タカトレ

7 振り返りの時間

 

W.K.S.P

田仲 一正