ワイルドナイツスポーツプロモーション

お問い合わせ賛助会員募集

W.K.S.P 原石からダイヤモンドへ(ニュース)

第20回Wonderful Kids Sports Parkレポート

キッズパークのメインコーチを務めます、まっさんです!

 

本来であれば昨日行われていますキッズパークですが、パナソニック ワイルドナイツがオーストラリアはブリスベンで行われいる「BRISBANE GLOBAL RUGBY TENS 2018」に参戦しているため、グラウンドをお借りする事ができず、本日振替で開催する事になりました!

 

お隣の韓国では平昌オリンピックが開催しています!

 

オリンピックに限らずですが、100%の力を出し切った後の選手の顔はとても清々しい顔ですね!

 

キッズパークでも、清々しい顔が見れましたよ!

 

本日のドリルでは、1kgの重さのボールを下に置いている状態から前に向かって放り投げました。

 

このドリルは身体全体を使いますが、最初は何も説明をせずに放り投げてもらいました。

 

腕の力だけで放り投げたり、バランスが崩れ力が入らなかったりしました。

 

遠くに放り投げるためにはどうすればよいか。

 

次は、ボールを投げる前に「立ち幅跳び」を何度か行い、同じようにボールを放り投げてもらいました。

 

すると、力のこもった勢いのあるボールを投げることができました!

 

まずはしっかりと膝を曲げ、遠くに飛ぶようにジャンプすると同時にボールを放り投げる。

 

下半身でボールを投げるイメージですね!

 

1つのドリルはそのためだけに行うのではなく、何かに繋がるようになっています。

 

そして、このドリルは「スタートダッシュ」に繋がっています!

 

全てのドリルが何に繋がっているか、考える事も成長ですね!

 

最後のドリルは氷鬼をしました。

 

ルールは通常の氷鬼と同じですが、本日は犬の姿勢と同じフォームで行いました!

 

股関節がしっかり使えているキッズパーク生はスムーズに動けていましたが、何人かはどう動かしていいか分からないといった感じでした!

 

こういった動きも何に繋がっていくか。今後が楽しみですね!

アルペンスキーの回転さながらステップでかわしていきます!

下半身をしっかりと使って!

力をボールに伝える!(早すぎてブレてます…)

続ければ動くようになります!

 

本日のキッズパークのメニューです。

1、 準備運動

→反応キャッチボール

2、メディシンボール投げ

3、ジグザグステップ

→ジグザグドリブル

4、氷鬼

 

W.K.S.P

田仲一正