ワイルドナイツスポーツプロモーション

お問い合わせ賛助会員募集

ニュース一覧

2019/02/28

第38回W.K.S.Pアカデミー前橋クラスレポート

W.K.S.Pアカデミーのメインコーチを務めます、みやっきーです!

 

今年度のアカデミーも残りわずかとなりました。

 

来年度の継続(新規)申し込みの受付や、最後の月謝袋のお渡しなど事務的な事で慌ただしくならないように、グラウンドでの時間を大切にアカデミー生と向き合うことを楽しみたいと思います。

 

また、本日はアカデミーの卒業生が6人遊びに来てくれました!

あれ?一人どっかに行ってしまった・・・

 

高校卒業前にみんなで集まって来てくれたことに感謝です。

 

成長した部分もたくさんありますが、人懐こさなど変わらない部分もたくさんあったのは嬉しかったです。

 

現役のアカデミー生達も先輩の姿を見て何かを感じてくれたらと思います。

 

さて、本日のアカデミーではもう一度ラグビーをシンプルに考えてもらうドリルをまっさんとタカに考えてもらいました。

 

スペースにボールを運ぶためには?をチームトークしています

 

特にアタックの目的である「得点する」ために必要な前進をメインとするドリルで、それはラグビーの原則でもあります。

 

前進するためにはスペースにボールを運ばなければならないわけで、スペースを見つけることや見つけたことを仲間に伝えることを改めてみなさんにお伝えし、シンプルであるけど大切であることをドリルからボールゲームに繋がる流れで行いました。

 

まっさんは5列パスのドリルを用いてスペースにボールを運ぶための方法の一つである、Hot passをキーポイントとしたドリルを担当してくれました。

 

空いているスペースに素早くボールを運ぶスキルとしてアカデミーではHot passと表現してアーリーキャッチ(Cハンズ)、最短で投げるチャレンジをしてもらいます。

 

タカのドリルではアタックの4人が合図で振り返った時に、スペースがどこかに1人分空いているので素早く見つけ、伝達し、そしてパスをしてボールを運ぶドリルを担当してくれました。

 

まっさんのドリルから引き継ぐHot passもそのままの流れで活かされていました。

 

こちらもドリルとしてはシンプルですが、アタックの目の前にDFが立つだけでミスを誘うプレッシャーがありましたね。

 

さらに前に出てくるとプレッシャーは倍増されるので、頭ではわかっていてもスペースにボールを運ぶ難しさを味わいました。

 

改めてスペースにボール運ぶために大切なスキルと方法を身体で、そして頭で再認識してボールゲームではたくさんのチャレンジをしてもらいました。

 

ハードな運動量も獲得できましたので、次回はさらなるチャレンジを楽しみにしてます!

 

ウォーミングアップの質も上がりました!

 

本日の前橋クラスの練習メニューです。

 

1 アクティブウォーミングアップ

→こおり鬼

→ダイナミックストレッチ

2 SAQドリル

→反応ダッシュ

3 ラグビースキル

→5列パス

→スペースにアタック!

4 ボールゲーム&タカトレ

5 振り返りの時間

 

W.K.S.P

Takashi MIYAKE

2019/02/22

第37回W.K.S.Pアカデミー熊谷クラスレポート

W.K.S.Pアカデミーのアシスタントコーチを務めます、タカです!

 

今日の熊谷クラスは寒すぎず、ちょうどいい寒さでしたね!

 

アカデミー終わった頃はみんな全身から湯気がむんむんと漂わせていました!

 

熊谷クラスは一足先に2月全て終え、3月では残り4回となります。

 

本当にあっという間ですね!

 

残り4回とあっという間に過ぎますので、一つひとつの時間を大事にしましょう!

 

事務的な連絡を含めて、アカデミー生の成長を感じたことですが、今、継続申込書のご案内を配らせて頂いています。

 

継続希望される方はW.K.S.Pコーチ陣までお渡しください。

 

また継続希望の方には来年度のW.K.S.PアカデミーTシャツの採寸を行っております。

 

採寸を行う際、去年と比べてサイズアップしたり、背伸びしたりアカデミー生の成長が身近に感じられてなんだが感激しました!

 

ついこないだまでちっさかったのに、こんなに大きくなって。。。という親の気持ちになってみました(笑)

 

身体だけではなく精神的にも技術的にもより成長できるようにコーチと一緒に頑張りましょう!

 

本日の学生サポートメンバーです!

 

本日の熊谷クラスの練習メニューです。

 

1 アクティブウォーミングアップ

→ボール集め

→ダイナミックストレッチ

2 SAQ

→反応ダッシュ

3 ラグビースキル

→DFドリル 3 or 2 v 2

→サポートドリル 3 v 2 v 2

4 ボールゲーム&タカトレ

5 振り返りの時間

 

 

 

W.K.S.P

大塚 貴之

2019/02/21

第37回W.K.S.Pアカデミー太田クラスレポート

W.K.S.Pアカデミーのアシスタントコーチを務めます、タカです!

 

昨日に続いてミヤッキーはコーチ研修会参加で不在ですが、帰ってきた時は更なるパワーアップして帰ってきてくれるので、今後のミヤッキードリルを楽しみに待ってください!!

どの年代でも白熱するボール集めゲーム!!

 

今日は「コミュニケーション」について書かせてください。

 

ご存知の通り、私は生まれつき耳が聞こえませんが、幼少から聾学校(聞こえにくい人の学校)ではなく地域の学校に通っていた為、会話は読唇術で理解します。

 

しかし、くちびるの動きが小さかったり、くちびるの動きが見えなかったりすると相手からの言葉を受け取れないこともあります。

 

また自分の発音が不明瞭でハキハキとしたクリアな感じではないため、人によっては自分の言葉が伝わりにくい場合があります。

 

そんな中で私はスムーズにコミュニケーションが取れたらラグビーでの連携プレーも難なく出来るだろうと思う事もあります。

 

しかしながらアカデミー生の中には、コミュニケーションを取ることに消極的な子がいます。

ベストな状況判断はコミュニケーション無しでは出来ません!

 

どのようにどんな言葉でコミュニケーションを取ればいいのかが分からないのか、もしくはコミュニケーション取ること自体、重要ではないのか、はたまたは消極的なのか。

 

いずれにせよ、聞こえない私から見ると「聴くこと」と「うまく言葉が伝わる」は大きな武器です。

 

君達アカデミー生は普通に聴くことも出来る、声でのコミュニケーションも取れる。

 

当たり前になっているがゆえに、それらのありがたみを知ることが難しいと思います。

 

しかし、「聴くこと」と「うまく言葉が伝わる」を上手く使いこなせるようになれば、それは自分自身にとって大きな武器となります。

 

足が速くなくても、背が高くなくても、体重がなくても、運動神経がなくても、「聴くこと」と「言葉を上手く伝える」力を磨くことで、ラグビー選手にとって重要なスキルとして身につけることが出来ます!

 

ひいては社会人になった時でも大変役に立つときが来ます!

 

なので、コミュニケーションを図るトレーニングをアカデミーでも継続して鍛えていきましょう!!

1年ずっと取り組んでいる体感トレーニング

 

本日の太田クラスの練習メニューです。

 

1 アクティブウォーミングアップ

→ボール集め

→ダイナミックストレッチ

2 SAQ

→反応ダッシュ

3 ラグビースキル

→DFドリル 3 or 2 v 2

→サポートドリル 3 v 2 v 2

4 ボールゲーム&タカトレ

5 振り返りの時間

 

W.K.S.P

大塚 貴之

2019/02/21

第37回W.K.S.Pアカデミー前橋クラスレポート

W.K.S.Pアカデミーのアシスタントコーチを務めます、まっさんです!

 

今日は朝から気温が上がり、霧がすごかったですね!

 

このまま暖かくなってくれればよかったのですが、少しずつ雲行きも怪しくなり、風も強くなり…

 

雨に降られることはありませんでしたが、グッと気温が下がり寒くなりました。

 

凍てつくような寒さではなかったので、今日はいつもより体が動かしやすくなりました!

 

とはいえ、まだ寒さも残りますのでしっかりとウォーミングアップは欠かせません。

 

 

慣れてきた動作だからこそ正確にどこのストレッチなのか、どの筋肉を使っているのかを考えながら行っていきましょう。

 

 

アップの一コマですが、動き始めの体の使い方がとても良いですね^^

 

そんなアカデミーですが、今年度も残りわずかになりました。

 

春先から積み重ねてきたスキルを実践で使えるように、ドリルも判断や反応を取り入れています。

 

内容は先週と変わっていないので、さらにテンポを上げて実践に近づけていきました。

 

 

それぞれのドリルにはポイントがあります。

 

ドリル中にポイントを聞くと答えは返ってきます。

 

そのポイントをどれだけ理解してトライできていたでしょうか。

 

パスやキャッチ、ステップなどのスキルは確実に成長しています。

 

なので声が無くてもパスが通ったり、個々の力で相手を止めるシーンもよく見られました。

 

プレーとしてはナイスプレーになるかもしれませんが、それはこのドリルでしか通用しない事の方が多いです。

 

実際のボールゲームや試合ではもっと展開が早く、プレッシャーも強いでしょう。

 

そういった時に自然とコミュニケーションやノミネート、素早いサポートを意識できるようワンシーンを切り取ったドリルをしています。

 

できるからやらなくていい。

 

ではなく、できる事は当たり前に、さらにできることを探し増やしていきましょう!

 

とはいえ、少しずつ声も出てきてコミュニケーションも取れてきています。

 

その結果、強風で状況が悪い中のボールゲームでしたが良くボールが動いていました^^

 

みんながボールゲームの時に話している事は間違っていません!

 

自信を持って声のボリュームを上げましょう!

 

残り限られたアカデミーでも成長するチャンスはいっぱいあります。

 

自信を持ってチャレンジしてください!!

 

本日の前橋クラスの練習メニューです。

 

1 アクティブウォーミングアップ

→ボール集め

→ダイナミックストレッチ

2 SAQ

→反応ダッシュ

3 ラグビースキル

→DFドリル 3 or 2 v 2

→サポートドリル 3 v 2 v 2

4 ボールゲーム&タカトレ

5 振り返りの時間

 

W.K.S.P

田仲 一正

2019/02/20

2019年度W.K.S.Pアカデミーの新規募集のお知らせ

2019年度W.K.S.Pアカデミーの新規募集について下記にご案内いたします。

 

●2019年度W.K.S.Pアカデミー新規募集
入会を希望される方はこちら以下URLよりお申し込みください。
https://wksp.sakura.ne.jp/academician/

 

概要はこちらの資料からご覧になれます。
募集要項(PDF版)
年間活動カレンダー(PDF版)

  

 

また来月の3月のアカデミーは以下の学年であれば参加出来ますので、是非お友達と誘って遊びに来てね!

 

前橋クラス  4年生(4月から新5年生の方)
太田クラス  3年生(4月から新4年生の方)
熊谷クラス  3年生(4月から新4年生の方)

 

※事前申込みや料金は頂きません。グラウンド内にテントを設営しておりますのでそちらへお越しください。

 

不明な点などございましたら、お気軽にお問い合わせください。

2019/02/15

第36回W.K.S.Pアカデミー熊谷クラスレポート

W.K.S.Pアカデミーのメインコーチを務めます、みやっきーです!

 

本日は朝から凍てつく寒さでしたが、やはり雪が降る地域もありましたね。

 

まだまだ寒さ厳しいので油断は出来ません。

 

僕は再びインフルエンザにかからないように厳重注意したいと思います!笑

 

アップから全開に元気なアカデミー生!

 

さて、本日もまっさんとタカのドリルを中心にボールゲームへと繋がる練習を熊谷クラスも行いました。

 

まっさんの説明を聴くアカデミー生

まっさんのドリル

 

タカのドリルでは、2人でのディフェンスにフォーカスを当てております。

 

2人でディフェンスをするので、2人が連動しないとアタックにスペース(チャンス)を与えることになります。

 

しかしタカのドリルでは、ディフェンスに負荷をかけた状況をあえて作り、簡単に連動できない状況で行いました。

 

負荷とは3つの異なるセットスタートや、アタックを3人にして数的不利な2人でどうやって止めるのかというものです。

 

ディフェンスの目的は「ボールの再獲得」です。

 

再獲得するためには良いディフェンスをしなければならないのですが、良いディフェンスの考え方はチームによって、また個人によってシステム的な観点から異なります。

 

なので「ノミネート」することと「コミュニケーション」を取ることをキーポイントとし、これらによって連動性が生まれ、良いディフェンスの基礎を身につけております。

 

キーポイントを抑えなくても結果的に目的を達成される場面はドリルの中で時々おこります。

 

しかしドリルでは結果オーライを求めてはいけないと考えます。

 

目的に沿ったフォーカスポイント、そしてキーポイントになる言葉やプレーを実行できているかを見極めなければ成長や理解に繋がりません。

 

もし結果オーライが許されるとすれば、大切な試合で目標が達成されたり勝利を手にすることが出来た時でしょうか。

 

結果オーライを手にするためにも基礎となる練習やドリルでは繰り返しになりますが、キーとなるポイントをしっかりと抑えてプレーすることだと思います。

 

キーポイントの確認はチームトークで!

 

そしてコーチはキーポイントが目的に繋がっていることを明確に選手へ伝えることが最も重要なスキルとなります。

 

コーチングスキルにもキーポイントがあり、それを抑えることが大切ですね!

 

さてさてここからは事務連絡になりますが、現在絶賛継続申し込みを受け付けております。

 

それと同時に来年度のTシャツの採寸も行なっておりますので、まだの方は次回以降のアカデミーでサイズを教えて下さいね。

 

【今年度アカデミー最終回(第41回)】

前橋クラス:3月20日

太田クラス:3月21日

熊谷クラス:3月22日

※それぞれの開催場所、時間は一緒です。

※体験もお待ちしております。

 

新しい試みです!笑

 

本日の熊谷クラスの練習メニューです。

 

1 アクティブウォーミングアップ

→手つなぎ鬼

→ダイナミックストレッチ

2 SAQ

→反応ダッシュ

3 ラグビースキル

→DFドリル 3 or 2 v 2

→サポートドリル 3 v 2 v 2

4 ボールゲーム&タカトレ

5 振り返りの時間

 

W.K.S.P

Takashi MIYAKE

 

2019/02/14

第36回W.K.S.Pアカデミー太田クラスレポート

W.K.S.Pアカデミーのメインコーチを務めます、みやっきーです!

 

本日は岐阜県ラグビーフットボール協会のジュニアを担当されている方が2名、見学に来られました。

 

なかなかアカデミーを群馬県以外の方に見ていただける機会はないので、とても貴重な機会を頂きました。

 

SAQドリルにも我々はこだわっています!

 

また、県を超えて互いに交流できるのも幸せな事ですし、大切にしていきたいです。

 

群馬でやっていることが必ずしも日本全体で見たときに正解とは限りません。

 

一方で、群馬でやっていることがさらに自信を持てるということも確認ができます。

 

正しい姿勢で行うストレッチはどこいっても共通します

 

自分達にないものをどんどんシェアしていけるのはありがたいことです。

 

改めてアカデミーの意義を考えると、すでにみなさんはそれぞれの所属チーム以外の人たちと練習しているわけで、外の世界を見る耐性は十分に持っております。

 

自分の実力がチーム以外でどのくらい発揮できるのか、そして今のスキルをさらに上げるためにいろんな刺激を受けて学ぶ前向きな姿勢をアカデミーでチャレンジして欲しいです。

 

さて、本日の練習ですが小中学生ともにドリルからボールゲームの繋がりが非常に良かったですね。

 

まっさんのドリルをテンポよく行う中学生

 

まっさんのドリルとタカのドリルが、ボールゲームの中に生かされている場面が先週に比べて多かったです。

 

頭で理解して実行していることもありますが、回数を重ねるごとに無意識で実行しているという感じも見受けられました。

 

とはいえドリルで行ったシチュエーションがボールゲームでそのまま現れるわけではありません。

 

むしろボールゲームでは全く同じシチュエーションが無いといっても良いでしょう。

 

似たようなシチュエーションでも判断が異なることは往々にありますので、常に目の前の状況に対して何が良いのかを選択、決断する必要があります。

 

疲れると余計に判断が鈍りますね

 

そこには失敗することもたくさんありますが、失敗を恐れずドリルで学んだキーポイントをしっかり実行する癖をつけてください。

 

キーポイントは目的達成のための鍵です。

 

大事な鍵を忘れないように、しっかりと身につけてプレーを楽しんでください!

 

いろんな役割があるボールゲーム

 

本日の太田クラスの練習メニューです。

 

1 アクティブウォーミングアップ

→手つなぎ鬼

→ダイナミックストレッチ

2 SAQ

→反応ダッシュ

3 ラグビースキル

→DFドリル 3 or 2 v 2

→サポートドリル 3 v 2 v 2

4 ボールゲーム&まっさんトレ

5 振り返りの時間

 

W.K.S.P

Takashi MIYAKE

 

2019/02/13

第36回W.K.S.Pアカデミー前橋クラスレポート

W.K.S.Pアカデミーのメインコーチを務めます、みやっきーです!

 

まだまだ寒さ厳しい前橋クラスとなりましたが、インフルエンザや受験などでお休みしていたアカデミー生も戻ってきてくれてすごく活気がありました。

 

人が多いとコミュニケーションやプレーのバリエーションも豊富になるので、アカデミー生にとって多くの刺激を与えることができます。

 

今週も先週に引き続き、ウォーミングアップからボールゲームに至るまで同じ流れで行いましたので、比較的スムーズに練習が進みましたね。

 

陽がすっかり伸びましたね!

 

まっさん(アタックサポートをフォーカス)とタカ(2人でのディフェンスをフォーカス)のドリルでは少し変化を加えました。

 

まっさんの説明中

 

まっさんのドリルでは、ラックが出来たときに誰が2人目(SH)なのか、を明確にすることで攻撃のテンポが上がってディフェンスにプレッシャーをかけれるという認識のもとに行いました。

 

シチュエーションによってコロコロ変わる役割を明確にすることで、ボールゲームや実践において効率よく攻めれると思います。

 

ボールゲームで実力を発揮できるかチャレンジ!

 

役割を明確にする方法は、戦術、型、パターンなど言い方はいろいろありますが決めてしまえば簡単です。

 

でも決め事通り行かないのがラグビーで、その場の状況に対する素早い判断を、プレーヤー自身が持っているスキルで対応することが相手にとって一番脅威になると考えます。

 

背番号にとらわれないスキルを身につけましょう!

 

型にはめれば役割が明確になりやすい反面、相手にも読まれやすくなります。

 

ある程度の決め事と、それ以外はプレーヤー同士による状況判断が素早く的確に行えることが最も理想的だと思います。

 

今のアカデミー生のように小学生、中学生の間に状況判断することに慣れるというのは非常に重要なことです。

 

いろんなシチュエーションを楽しみましょう

 

おそらくそれぞれのチームではアタックの型やディフェンスの型がありますよね?

 

それはチームのカラーになるので理解して実行する事はとても大切な事ですが、先ほども言った通り予期せぬ場面に出くわしたとき、パニックにならずプレーするためには状況判断することに慣れている必要があります。

 

アカデミーで行うボールゲームはまさに予期せぬことが常に起こる状況を作っています。

 

しかしそんなボールゲームでも、ボールを持つ人のキャラクターやディフェンスにおけるプレッシャーのかけ方にそれぞれ癖がありますので、それを見抜くと予期せぬことを少しずつコントロールすることが可能になります。

 

いかに素早く情報をキャッチするかですね。

 

今はまだ狭い視野かもしれませんが、その視野を少しずつ広げることが出来ればプレーの幅もグッと広がりますので、引き続きアカデミーでは楽しさの中にチャレンジする気持ちを忘れないで下さい。

 

運動量も多く楽しめる手つなぎ鬼

 

本日の前橋クラスの練習メニューです。

 

1 アクティブウォーミングアップ

→手つなぎ鬼

→ダイナミックストレッチ

2 SAQ

→反応ダッシュ

3 ラグビースキル

→DFドリル 3 or 2 v 2

→サポートドリル 3 v 2 v 2

4 ボールゲーム&まっさんトレ

5 振り返りの時間

 

W.K.S.P

Takashi MIYAKE

 

2019/02/8

第35回W.K.S.Pアカデミー熊谷クラスレポート

W.K.S.Pアカデミーのメインコーチを務めます、みやっきーです!

 

3連休は雪予報ですね!

 

その影響からか、本日の熊谷クラスは指の先やつま先の感覚が無くなるほど冷たい空気の中、アカデミー生は練習を行いました。

 

アカデミー生の中にもインフルエンザの猛威にやられてしまってお休みしている人が何人かいましたね。

 

せっかくの3連休ですが、雪やインフルエンザの猛威がありますので不要不急の外出はお控えくださいね。

 

さて、本日のアカデミーですが先週に引き続いてまっさんとタカが用意してくれたドリルを行いました。

 

まっさんのドリルはアタックにおける「サポート」にフォーカスしたドリルで、タカのドリルはディフェンスにおける「組織でのプレッシャー」にフォーカスしたドリルでした。

 

まっさんのドリルでは、ボールキャリアに対して誰が一人目のサポートに行くのか、そして誰がラックのボールを捌く(SH的な役割)のか、さらに誰がファーストレシーバーになって次の攻撃を優位に進めるのかという、サポートの役割を意識しましたね。

 

まっさんドリル

 

キーとなるのは、状況を把握することです。

 

そのために自分のポジショニングや相手との距離感など広い視野が必要です。

 

役割が明確になる事で、攻撃にリズムが作れて優位に展開できるとアカデミー生も最後の振り返りで答えてくれました。

 

続いてタカのドリルでは、あえて2人のディフェンスが揃わない状況を作って、そこからアタックにプレッシャーをかけるドリルを行いました。

 

ディフェンスが揃っていない状況とは、アタックにスペース(ギャップ)を与えているという事です。

 

いかにしてスペースを埋めてアタックのチャンスを潰すのかを、学びました。

 

キーとなるのは相手の前に立ってノミネートすること。

 

そして2人が十分なコミュニケーションを取ることと、タカが言っていましたね。

 

バラバラにディフェンスをするのではなく、組織的にディフェンスをするということです。

 

それぞれのドリルをただ「アタックのドリル」「ディフェンスのドリル」と大雑把に捉えるのではなく、それらの何にフォーカス(焦点)を当てているのかの理解が必要です。

 

チームトークは理解を深めるには最高の時間です

 

そしてコーチはアカデミー生の理解が深まるような指導が求められます。

 

口で説明することも大切ですが、できるだけ体験して学ぶような工夫をコーチとしてのスキルとして身につけたいです。

 

ウォーミングアップも大切なドリルです

 

今年度も残りわずかです。

 

まだまだ欲張って成長することを楽しんでほしいと思います!

 

本日のサポートコーチの学生の皆さんです

 

本日の熊谷クラスの練習メニューです。

 

1 アクティブウォーミングアップ

→手つなぎ鬼ごっこ

→ダイナミックストレッチ

2 SAQ

→反応ダッシュ

3 ラグビースキル

→2 v 1 v 1

→DFスキル

4 ボールゲーム&タカトレ

5 振り返りの時間

 

W.K.S.P

Takashi MIYAKE

2019/02/7

第35回W.K.S.Pアカデミー太田クラスレポート

W.K.S.Pアカデミーのメインコーチを務めます、みやっきーです!

 

年間を通してアカデミーをやっていますと、いろんな変化を感じることができます。

 

一番は何と言ってもアカデミー生の成長です。

 

春から時々行うミラーパスドリル

 

プレーの成長もそうですが、身体的な成長や精神面での成長。

 

男の子は声変わりもしてくるので、成長の過程を見ることができます。

 

続いて季節の変化も目に見えて、そして肌で感じて楽しむことができます。

 

春から始まったアカデミーも暑い夏を過ごして秋になり、そして陽が落ちて暗くなると同時に体感温度もグッと下がる冬を迎えます。

 

そんな冬も少しずつ旅に出る支度をし始めているのか、陽が長くなってきて今日なんかは少し動けば汗ばむ気温の中、中学生クラス終了まで行うことができました。

 

小学生クラスの最中に暗くなり始めます

 

アカデミーの事務的な話になりますが、昨日の前橋クラスから来年度の継続申し込み書を中学3年生以外の生徒にお配りさせて頂いてます。

 

小学6年生は中学生になるためアカデミーの時間も変われば中学校の部活と両立できるかの相談になりますね。

 

できる限り出会った縁を大切にしたいので、一人でも多くの継続をお待ちしております!

 

そして新規募集は近々行いますので、知り合いの方や興味のある方はぜひ体験からご参加ください。

 

そんなアカデミーですが、年間通して変わらないものもあります。

 

理念である「原石からダイヤモンド」やアカデミーでもっとも大切にしている「挨拶・感謝・礼儀」の3本柱など、根底にあるものは変わりません。

 

また、アカデミー生がのびのびとプレーができる環境と指導、そして仲間に関心を持つことなどプレー以外のことにもこだわり続けています。

 

プレーで言えばCハンズやHot passやコミュニケーションなどは第1回目から言い続けています。

 

ボールゲームの中でもCハンズできていますか?

 

これらが回を重ねるごとに薄まっていくものではなく、むしろ濃くなっていく事で安定したパフォーマンスを発揮するためのテクニックとなります。

 

プレーの土台となる部分でもありますね。

 

また、ボールゲームを質の高いゲームにするためにはルールの理解がとても重要です。

 

どんなゲームもそうなのですが、ゲームを成立させるためには何よりもルールを理解していないとゲームが成立しません。

 

チームトークも活用しながら理解を深めましょう!

 

ルールを理解することは、ゲームに参加するための最低条件といっても過言ではないでしょう。

 

ルールを理解した上で、それぞれの持つパフォーマンスやチームワーク、作戦などで勝敗を楽しんでもらいたいと思ってます。

 

ルールの理解はプレーをしながらでもいいと思います。

 

「やりながら覚える」ってやつですね!

 

これは仲間の協力も必要ですから、ここでチーム力も試されるわけでそれはそれで良いと思います。

 

誰もが経験したことがある手つなぎ鬼でもしっかりとルールがあります

 

いずれにせよ、ルールを理解しないままゲームが終了することほど不完全燃焼なことはありません。

 

それなのでまずは我々コーチがみなさんにできるだけ簡潔に、そして明確に説明する必要性と責任があります。

 

互いの努力のもとに、ゲームを楽しめるよう引き続き頑張っていきましょう!

 

本日の太田クラスの練習メニューです。

 

1 アクティブウォーミングアップ

→手つなぎ鬼ごっこ

→ダイナミックストレッチ

2 SAQ

→反応ダッシュ

3 ラグビースキル

→2 v 1 v 1

→DFスキル

→ミラーパスドリル

4 ボールゲーム&まっさんトレ

5 振り返りの時間

 

W.K.S.P

Takashi MIYAKE