ワイルドナイツスポーツプロモーション

お問い合わせ賛助会員募集

ニュース一覧

2018/12/7

第28回W.K.S.Pアカデミー熊谷クラスレポート

W.K.S.Pアカデミーのメインコーチを務めます、みやっきーです!

 

世間は一気にクリスマスムードと年末ムードに包まれてますね!

 

アカデミー生の皆さんにはクリスマスプレゼントをサンタクロースが持ってきてくれるのでしょうか??

 

僕からはいつもと変わらず皆さんが今よりも成長できる練習をプレゼントしますね。笑

 

地味にきつい体幹もささやかですがプレゼントとして受け取ってください

 

熊谷クラスはもともと小・中学生が一緒にやっていることもあるのですが、ここにきて新しい仲間も増えたのでより一層の活気が生まれています。

 

新しい仲間こそ最高のプレゼントですね。

 

本日はドリルの途中から完全に中学生と小学生を分けて練習を行いました。

 

ワンバウンドさせてキャッチするアジリティーキャッチ

 

中学生はまっさんが、小学生は僕が担当してメニューは同じなのですが別の場所で行いました。

 

小学生は本日、「プレーを成功させるために必要なことはなんですか?」という僕の問いに「準備」「コミュニケーション」「駆け引き(状況判断)」「サポート」と4つの回答がありました。

 

どれも必要ですし、そのほかにも人によってやシチュエーションによってまだまだあると思います。

 

でもドリルを行う前に僕が質問した意図は、みんなが出してくれた答えを理解して実行できているかの確認をドリルで見たかったためです。

 

結果から言いますと、回答してくれた直後はどれも達成できていませんでしたね。

 

準備(セット)が遅い、コミュニケーションがないから起こるパスのエラーや判断ができない状態、ミスをしたボールはそのまま放置でサポート(カバー)が薄い。

 

「できないことをできるようにするのが練習」であることは、言い続けています。

 

ではその練習のさらに先には何があるのでしょうか?なんのための練習なのでしょうか。

 

おそらく試合かなと、思います。

 

昨日のレポートでもお伝えしましたが、練習と試合の状況がかけ離れていたりプレッシャーがないと結局のところ試合でうまくいくはずがありません。

 

頭でわかっていても体が反応しないし、仮に自分はできても仲間もできなければならないのが団体競技の醍醐味です。

 

なので小学生の皆さんには少しテンポを速めてプレーをしてもらいました。

 

普段の練習ではあまり経験したこともないテンポだったかもしれませんが、相手がいる試合では皆さんが作った隙を見逃すことはありません。

 

つまりできるだけ早く準備することがプレーを成功させる上でいろんな要素も繋がっていきます。

 

準備が整えばプレーの質が上がります!

 

チームトークは30秒と毎回決められているのですから、1秒でも無駄にしないようにスタートと同時に仲間と集まり必要なトークをする癖をつけてください。

 

30秒のチームトーク

 

水分補給は休憩ではないので、飲んだらすぐに戻って次の練習の準備をしてください。

 

無駄な時間を例え1秒でも削っていければみなさんが大好きなボールゲームを1分でも長く行えます。

 

まさにボールゲームをたくさんする準備ですね!

 

年内は残り2回ですが、また来週みなさんがどんな準備を心がけているのかを楽しみにしています。

 

寒くなってきたので体を温めて練習に入ります

体の可動域を伸ばしてプレーの幅を広げるストレッチ

微妙な評価だった本日のサポートメンバーのポーズ(笑)

 

本日の熊谷クラスの練習メニューです。

 

1 アクティブウォーミングアップ

→手つなぎ鬼

→ダイナミックストレッチ

2 SAQ

→3色マーカータッチ

3 アジリティキャッチ

4 2 v 2,3 v 3

5 2 v 1,3 v 2

6 ボールゲーム&タカトレ

7 振り返りの時間

 

W.K.S.P

Takashi MIYAKE

2018/12/6

第28回W.K.S.Pアカデミー太田クラスレポート

W.K.S.Pアカデミーのメインコーチを務めます、みやっきーです!

 

本日は1日中しとしと降る雨に加えて気温もぐっと低くなったのと、使用させてもらっているパナソニック ワイルドナイツのグラウンドのダメージを軽減するため60分の短縮開催とさせて頂きました。

 

それに伴い、小学生クラスは時間の変更をお願いしました。

 

まずはアカデミー生と保護者の皆さまにはご理解を賜り、その中で本日もたくさんのご参加頂いたこと、心より感謝申し上げます。

 

さて、本日は60分間の中でどれだけ運動量を多くしてボールに触れる機会、そして体を動かす機会を増やそうかとメニューを考えました。

 

アップでは休まず自重トレーニングを兼ねたストレッチを行いました!

 

ドリル自体は前回まで行った2 v 2,3 v 3を中心としたドリルで、これに関してはアタック側にもディフェンス側にも限られたスペースと同じ人数の中でいかにチャンスを作るかという経験をして、体感してもらいたくて継続しています。

 

2 v 2や3 v 3は難しく考えすぎずに、感覚から学んで欲しいです

 

背景には基本スキルの土台がしっかりしているので、パスが繋がらなかったり抜けなかった止められなかったと気にする必要はありません。

 

それよりも自分の持っている引き出しの中で今の判断はどうだったか?というところに主眼を置いて欲しいです。

 

できるのにやらないのはもったいないし、できないことを無理にやる必要はありません。

 

可能性のある範囲で局面に応じた判断ができるようにまずは思い切って(一生懸命)チャレンジして欲しいと願います。

 

そうそう!思い切ってチャレンジ!!

 

また、どのクラスにも共通するのですが次への準備がとにかく遅いのが気になります。

 

ラグビーの試合では隙を作ればどんどん攻め込まれます。

 

逆に相手に隙があるのにそこを攻める準備ができていなければその隙を埋められます。

 

これこそめちゃくちゃもったいないですね。

 

推測するならば普段の練習でテンポの速い練習をしていなかったり、型の中で練習している癖がついているのかなと思います。

 

チームトークも30秒限定ですが、トーク力は身についてますね!

 

練習は試合で結果を出すために行っているのに、試合から遠くなっている練習になっていませんか?

 

いわゆる「練習のための練習」ですね。

 

間をとって、型にはめて練習することを全て否定しませんが、それに慣れるのはあまりオススメしないということをお伝えします。

 

アカデミーでは、いろんなテンポやアプローチで皆さんにプレッシャーをかけていきます。

 

引き続き楽しみにしてくださいね!笑

 

特定されないスコアができるボールゲームでした

 

本日の太田クラスの練習メニューです。

 

1 アクティブウォーミングアップ

→ペア鬼ごっこ

→ダイナミックストレッチ(自重トレーニング)

2 2 v 2,3 v 3

3 2 v 1,3 v 2

4 ボールゲーム&タカトレ

5 振り返りの時間

 

W.K.S.P

Takashi MIYAKE

 

2018/12/6

本日(12月6日)の太田クラスのアカデミー開始時間変更について

W.K.S.Pアカデミー太田クラス 各位

 

いつもW.K.S.Pアカデミーへのご参加とご協力、誠にありがとうございます。
早いもので今年も残り1ヶ月を切りまして、アカデミーも年内はあと3回となりました。

 

さて、本日は急激な気温の変化と雨に伴う体調管理、そしておそらく夜には雨も上がるかと思いますがグラウンドコンディション、ならびにダメージを極力抑えるために短縮開催(60分)とさせて頂きます。

 

つきまして、小学生クラスの開催時間を30分遅らせての開催とさせて頂きますので、下記をご確認下さい。

 

第28回W.K.S.Pアカデミー太田クラス
2018年12月6日(木)
【小学生クラス】
17:40〜18:40
【中学生クラス】
18:50〜19:50

 

お間違えないよう、宜しくお願い致します。

急な対応で申し訳ございませんが、皆様のご参加をお待ちしておりますと共に、ご理解のほど何卒宜しくお願い申し上げます。

 

三宅 敬

2018/12/6

第28回W.K.S.Pアカデミー前橋クラスレポート

W.K.S.Pアカデミーのアシスタントコーチを務めます、まっさんです!

 

本日はみやっきーが別業務のため、タカと2人で進行しました^^

 

昨日は各地で25℃以上を観測するなど、過ごしやすさより暑さを感じる1日でしたね!

 

そして12月最初のアカデミーとなる本日は朝から風が強くとても寒い1日となりました。

 

寒さに関しては12月ということもありそれなりに準備はできていますが、からっかぜ対策はまったくしていませんでした!

 

これといった対策は特にありませんが、風の強さを改めて実感し早く慣れるようにします!

 

そんな寒さの中始まったアカデミーですが、雰囲気も良くグッと引き締まった90分間でした。

 

寒さで小さくなった筋肉をしっかり伸ばします。

 

風が強いと話している声が聞こえにくくなるため、いつも以上に話すボリュームが上がり、また聞く方もしっかり聞く事ができていました。

 

ラグビースキル面でも先週からキャッチを意識したドリルを行っていますが、とても良い準備ができていました。

 

キャッチするぞ!といった気持ちの表れが自然と重心が低くなり、手が前に出てボールをしっかり目で追う事ができました。

 

この準備をいつでも自然にできるように、他のドリルでも意識するとパフォーマンスはさらに上がってきます。

 

2v2、3v3や2v1、3v2のドリルにおいても同様に良い準備ができれば、一歩でも前進する事ができるでしょう。

 

それはボールを持っていないプレーヤーもしかりです。

 

ボールが飛んでくるのを待って、キャッチしてからどうしようと考えるのでは前進に繋がりません。

 

ボールキャリアとの位置、どこにスペースがあるのか、そのスペースにボールを運ぶためにはどうすれば良いか。

 

そういった事を考えて、その情報をキャリアに伝達する。

 

サポーターが1人増えるだけでオプションが増え、ディフェンスを迷わす事ができます。

 

ボールをキャッチしてから考えるより、しっかり準備をして攻撃に参加しましょう!

 

ボールゲームでは、常に動いている状況で一瞬の判断が必要になってきます。

 

小学生、中学生ともに展開がスピーディになってきていますが、判断も良くなってきましたね。

 

自分で前進するのか、パスやキックのオプションを選択するのかの判断が早くなってきています。

 

ボールキャリアが最善のオプションを選択するためには、サポーターの声や準備が必要になります。

 

今年度のアカデミーは残り2回ですが、しっかりチャレンジをして来年に繋がるようにしましょう!

 

12月のSAQドリルも反応が勝負です!

 

 

チームトークの質もあがってきました!

 

本日の前橋クラスの練習メニューです。

 

1 アクティブウォーミングアップ

→手つなぎ鬼

→ダイナミックストレッチ

2 SAQ

→3色マーカータッチ

3 アジリティキャッチ

4 2 v 2,3 v 3

5 2 v 1,3 v 2

6 ボールゲーム&タカトレ

7 振り返りの時間

 

W.K.S.P

田仲 一正

 

 

 

 

2018/11/30

第27回W.K.S.Pアカデミー熊谷クラスレポート

W.K.S.Pアカデミーのメインコーチを務めます、みやっきーです!

 

11月最後のアカデミーとなった熊谷クラスですが、本日は体験に4名のお友達が来てくれました。

 

毎回新しいお友達が来るときに受け入れる側のアカデミー生にお伝えすることがありますね。

 

「自分が初めてアカデミーに参加した時の気持ちを思い出してください。」と。

 

途中から参加してくれるお友達から学ぶべきものは、初心を思い出させてくれるところです。

 

そしてそこから今の自分の成長を確認できるので、初めて来るお友達を引き続き大切にしてくださいね。

 

さて本日のアカデミーですが、先週はお休みだったこともありみんなのエネルギーが溢れ出ているような印象を受けました。

 

思い切りのいいアタックでした!

前もよく見れていましたね!

 

一つ一つの反応も良いですし、良くコミュニケーションも取れていたと思います。

 

たまに休んだほうがいいのですかね??笑

 

それは冗談ですが、みんなのラグビーに対する情熱や好きな気持ちが練習の取り組みをより前向きな気持ちにさせてくれてモチベーションも上げてくれます。

 

これからさらに気温も低くなって寒くなり、ウイルス性の病気も気をつけなければいけないなど外敵は予期せぬときに襲って来ます。

 

なので、日頃から自分のパフォーマンスを100%発揮できる準備や管理はするように心がけて下さい。

 

ウォーミングアップは大切に

SAQドリルも大切に!

 

ラグビーの練習も同じです。

 

例えばできるだけ次の動作をスムーズに行うためのキャッチはどうすればいいのか。

 

そしてそのキャッチを成功させるための準備は何があるかなど、意識的に考えて準備することがプレーの精度を高めます。

 

チームトークでは思ったことをシェアしましょう!

 

そして普段ならば走りながら仲間にパスをすることはさほど難しくなくても、敵が一人目の前に立ってプレシャーをかけて来るだけで成功していたはずのパスに乱れが生じます。

 

まずは形を作ることが大切ですが、それと並行して様々なプレッシャーを練習で体験することで実際の試合でも予期せぬプレッシャーにも対応する力が身につきます。

 

プレッシャーといっても様々で、敵がくるプレッシャーもあれば時間やスペースに制限を加えたプレッシャーなど工夫してみるのも良いでしょう。

 

その組み合わせがアカデミーでいうボールゲームとなります。

 

ボールゲームで出来るだけプレッシャーのある中でもトライを取るためにプレッシャーをドリルに変えて行ってます。

 

いつも言っていますが、ドリルとボールゲームが繋がるようにして下さい。

 

ボールゲームでのあるシチュエーションが「あの時やったドリルだ!」とすぐに理解できると嬉しいです。

 

アカデミー生の皆さんがそこに繋がるように導くのは我々コーチの仕事なので、引き続き頑張ります!

 

本日のサポートコーチの皆さんです

 

本日の熊谷クラスの練習メニューです。

 

1 アクティブウォーミングアップ

→手つなぎ鬼

→ダイナミックストレッチ

2 SAQ

→反応ダッシュ

3 アジリティキャッチ

4 2 v 2,3 v 3

5 2 v 1,3 v 2

6 ボールゲーム&タカトレ

7 振り返りの時間

 

W.K.S.P

Takashi MIYAKE

2018/11/29

第27回W.K.S.Pアカデミー太田クラスレポート

W.K.S.Pアカデミーのメインコーチを務めます、みやっきーです!

 

本日は1129(いい肉)の日ということで、みなさんお肉いっぱい食べましたか?笑

 

アカデミー生の年代はバランスの良い食事はもちろん重要なのですが、3食しっかり食べることが大切です。

 

みなさんが成長するために必要なことはラグビーの練習ではなく、栄養と睡眠です。

 

その上に勉強や運動が乗っかってきますので、ぜひ3食しっかり食べて十分な睡眠を確保する生活スタイルを中心に勉強や運動をスケジュールしてくださいね!

 

さて、本日の太田クラスは先週がお休みだったので2週間ぶりとなりました。

 

アップでもしっかり体が動いていました!

 

元気なみんなに会えたのは僕も元気をもらえましたし、また本日は中学生クラスに体験の仲間が遊びにきてくれました。

 

途中から参加してくれるのは非常に勇気がいると思いますが、新しい仲間を受け入れる環境はアカデミー生達が作ってあげることで新しい仲間の緊張も解きほぐすことができます。

 

その辺りも期待していますね。

 

では今回のレポートは2 v 1,3 v 2にフォーカスしてお伝えしたいと思います。

 

まず2 v 1をやる前にアカデミー生に「10回中何回アタックはトライを取れますか?」と聞きました。

 

小・中学生共に8本くらいと言った記憶があります。

 

しかし結果は小学生クラスが10本中6本、中学生クラスは10本中4本でした。

 

2 v 1を行う前に「アタックが有利!」とみんな声を揃えていたのですがこの結果を受けて果たして「アタックが有利」だったのでしょうか。

 

実際、ディフェンスが一生懸命でプレッシャーをかけていたのでディフェンスが素晴らしいと評価もできます。

 

一方で、課題を共有した後は成功率が8割くらいになりました。

 

ではその課題はなんだったのでしょうか?

 

「コミュニケーション不足」

 

毎回聞く言葉です。笑

 

いつも言っていますが我々の仕事はアカデミー生達ができるまで何度もアプローチの方法を変えながら伝えることです。

 

なのでアカデミー生が理解できていないのはコーチの責任です。

 

どうすれば理解してくれるのか、同じ課題を聞くたびに大きな宿題をもらっています。笑

 

しかし全てのシチュエーションでコミュニケーションが不足しているわけではありません。

 

タカトレ

 

プレッシャーのかかる場面や、ドリルという局面を切り取った練習で周りからも見られてるときなんかは少しコミュニケーションの質が落ちている気がします。

 

2 v 1,3 v 2はスペースが広がっているので、そのスペースに対してどうアタックするかはルールさえ守っていれば自由です。

 

いろんなアイデアをアカデミー生からもらいたいですね

 

自由にしているのも何が正解かわからないアカデミー生に対しては難しいのかもしれませんので、例えば3 v 2であれば2 v 1を作る状況を伝えました。

 

3 v 2も2 v 1も引き算の答えは一緒なので、できるだけ確率の高い2 v 1の局面を作るヒントを伝えるとこれまたたくさんトライを取れましたね。

 

気づきを答えにする作業は、全てが正解につながるかは分かりませんがチャレンジを楽しんでほしいなって思います。

 

手つなぎ鬼もいろんなヒントが隠れていますよ!

 

我々コーチもみんなと一緒にチャレンジを楽しみますね!

 

アジリティキャッチ

きっしーのからだメンテナンス講座は「溜まった脂肪に効くダイエットヨガ」でした!

 

本日の太田クラスの練習メニューです。

 

1 アクティブウォーミングアップ

→手つなぎ鬼

→ダイナミックストレッチ

2 SAQ

→反応ダッシュ

3 アジリティキャッチ

4 2 v 2,3 v 3

5 2 v 1,3 v 2

6 ボールゲーム&タカトレ

7 振り返りの時間

 

W.K.S.P

Takashi MIYAKE

2018/11/28

第27回W.K.S.Pアカデミー前橋クラスレポート

W.K.S.Pアカデミーのメインコーチを務めます、みやっきーです!

 

早いもので今週は11月最後のアカデミーとなります。

 

みんなの今までの成長のおかげで基本スキルがしっかりと土台となっているので、これからのさらなる成長が益々楽しみです。

 

また本日は、この時期にしては風もなく気温も穏やかでしたね。

 

ただ中学生クラスは先週に引き続きコンパクトな人数でしたので、怪我でお休みしている人が多いとのことですから無理せずしっかり完治させてからまた会えるのを楽しみにしてます。

 

さて本日はキャッチのドリルとしてアジリティキャッチというドリルを行いました。

 

パートナーが投げたボールを素早くキャッチしては素早く投げ返し、定位置に戻るというドリルです。

どんな準備をしたら早く取れるかな?

 

パートナーが投げる場所が取れるか取れないかの絶妙な場所でなければならないというのもこのドリルの根本なのですが、慣れてくればキャッチする人の程よい限界が分かって来ます。

 

キャッチする人はとにかくリアクションを早くすることですね。

 

ではどうやってリアクションスピードを上げるのか。

 

やっぱりここでも準備をするという事ですね。

 

ハンズアップすること、膝を曲げてスタートポジションを作る、ボールをしっかり見る、定位置に早く戻るなど、アカデミー生からはたくさん準備にまつわる答えをもらいました。

 

準備を理解して実行するだけで一気にリアクションスピードが上がりましたね!

 

慣れてくればリアクションスピードも上がります

 

また難しいボールを取るため、少々パスが変なところに行ってもキャッチ出来るようになりますし、落としたボールをすぐに拾う事でボールを再獲得出来ます。

 

アジリティキャッチの応用として高く上げたボールをワンバウンドさせて、どこに跳ねるかわからない楕円球の性質を活かしたキャッチにもチャレンジしました。

 

これも慣れると大体どこに跳ねるか予測ができるようになります。

 

と、同時に少しでも早く反応するための姿勢も作られますので空いた時間を利用して遊び感覚で行うのも効果があります。

 

キャッチは攻撃の一番最初の入り口です。

 

ボールを持たなければ攻撃をしてトライをとることができません。

 

地面にあるボール、蹴られたボール、パスが飛んできたなどキャッチが成功して次の選択肢(ラン、パス、キック)が出来るようになります。

 

つまり攻撃するためにはキャッチが絶対条件だということです。

 

良いアタックをするためにはキャッチが重要

 

なので触れることのできる範囲のボールはどんな状況でもどんな状態でもキャッチできるよう頑張りましょう!

 

キャッチの確率を上げることで攻撃をたくさん継続できますので、失敗を恐れずアグレッシブにキャッチしましょう。

 

タカトレ

 

本日の前橋クラスの練習メニューです。

 

1 アクティブウォーミングアップ

→手つなぎ鬼

→ダイナミックストレッチ

2 SAQ

→反応ダッシュ

3 アジリティキャッチ

4 2 v 2,3 v 3

5 2 v 1,3 v 2

6 ボールゲーム&タカトレ

7 振り返りの時間

 

W.K.S.P

Takashi MIYAKE

2018/11/21

第26回W.K.S.Pアカデミー前橋クラスレポート

W.K.S.Pアカデミーのメインコーチを務めます、みやっきーです!

 

先週はお休みだったため、2週間ぶりのアカデミー前橋クラスの開催となりました。

 

2週間会えないとかなり久しぶりの感じがしましたが、今日も元気に汗をいっぱいかいて頑張りましたね!

 

中学生はテスト期間の人も多かったのか、少しコンパクトな人数ではありましたが集中力も高く行えました。

 

小学生もいつもに比べると若干ですが少なかったですね。

 

でも前向きなチャレンジもたくさんあって、ボールゲームも白熱しました。

 

丁寧なテクニックが実践では一番役に立ちます

 

これからの時期は体調管理が益々重要になって来ますので、栄養と睡眠をしっかりとって欲しいと思います。

 

さて、本日は1 v 1,2 v 2,3 v 3のスタートをじゃんけんで勝ったほうがボールを獲得し、負けた方がダウンアップしてスタートをするという変化を加えて行いました。

 

ここで重要なのはじゃんけんに勝つ事、ではなくじゃんけんの結果に素早く反応してプレッシャーをかけれるかです。

 

もちろんしっかりスタート位置に戻るなど細かいルールもありますが、とにかく素早く反応することでした。

 

そしてアタックは人のいないところ(スペース)にボールを運び、ディフェンスはできるだけ真正面で捉えるよう意識してもらいました。

 

アタックはどこにスペースがあるのかを見て話して実行します!

 

このドリルの前に行ったミラーパスドリルの実践編ですね。

ミラーパスドリル

 

2 v 2や3 v 3はパスという選択肢もあるので、複数の選択肢の中から判断することが求められます。

 

選択肢が多くなる2 v 2,3 v 3

 

本日はパスの際のミスや中途半端なランニングがなく、相手をずらしてパスを繋いだりギャップをついて前進する場面も多く見られました。

 

みんなが持っているテクニックが実践に近い状況で発揮されていたのが嬉しかったです。

 

その続きでのボールゲームもしっかりと連動できていたので、運動量の確保もできてスキルも伸ばすことができました。

 

そして全力で楽しんで充実感に溢れていたので最高の時間を過ごせたのかなぁ、と思いました。

 

なかなか毎回の練習で100%の達成感を全員が得ることは難しいかもしれませんが、そこを目指すような準備は毎回100%できると信じています。

 

体幹トレーニングは強い体を作って怪我をしない準備です

 

それはアカデミー生だけでなく、我々コーチが率先していい準備をしなければなりません。

 

特にこれからますます寒くなってきますので、手袋やネックウォーマーなどの小物も活用してアカデミーに来てください。

 

三角形(ひし形)ランニング

 

本日の前橋クラスの練習メニューです。

 

1 アクティブウォーミングアップ

→三角形ランニング

→ダイナミックストレッチ

2 SAQ

→反応ダッシュ

3 ミラーパスドリル

4 トライラック

5 じゃんけん1 v 1,2 v 2,3 v 3

6 ボールゲーム&みやっきートレ

7 振り返りの時間

 

W.K.S.P

Takashi MIYAKE

2018/11/16

第26回W.K.S.Pアカデミー熊谷クラスレポート

W.K.S.Pアカデミーのアシスタントコーチを務めますタカです!

 

みやっきーは本日、別業務ということでまっさんとタカと立正大学ラグビー部のサポートで指導してきました!

 

いよいよ冬本番と思わせるほどの冷たさでしたね!

ひし形を保ってポジショニング!

 

それに伴い、インフルエンザやノロウイルスの活動が活発になってくると思います。

 

日頃からアカデミーへの準備は大事と伝えていますがそれだけではなく、アカデミー終わりの着替えや汗拭き、手洗い、うがいを徹底して予防への準備も万全のものにしましょう。

反応ダッシュでしっかり胸タッチ!

ボールゲームでは、タッチされたらトライラックをすることになっており、前方が空いていたら再びボールを拾ってアタックしても構わないというルールを設けています。

 

しっかりトライするかのように前に倒れる、そしてピックかダウンボールか判断する。

 

ボールゲームでは判断する要素がいつもより多いと思いますが、ボールゲームの前にトライラックドリルを導入しています。

 

この段階で、どのように判断するのかきちんと積み重ねることで自然と身体が覚え、そうなるとプレーに余裕が生まれます。

 

もちろん、ダウンボールの時も膝あたりではなくエビみたいに足首のところまでおけるようにするのも大事だね。

 

小学生、中学生にとっては覚える事、意識しないと雑になりがちかもしれませんが、これも積み重ねる段階なので、慌てずにゆっくりやりましょう!

 

でも一生懸命ね!

 

来週はカレンダー通りのおやすみとなりますので、次回は再来週となります。

お間違えのないよう気をつけて下さいね!

ミラーパスドリル、前と横と視野を広く

じゃんけん3v3、DF側はアップダウンしてからスタート!

この動きは、、流行りの、、、!笑

 

本日の熊谷クラスの練習メニューです。

 

1,アクティブウォーミングアップ

→三角形ランニング

→ダイナミックストレッチ

2,SAQ

→反応ダッシュ

3,ミラーパスドリル

4,トライラック

5,じゃんけん1v1,2v2,3v3

6,ボールゲーム&体幹

7,振り返りの時間

 

W.K.S.P

大塚 貴之

2018/11/15

第26回W.K.S.Pアカデミー太田クラスレポート

W.K.S.Pアカデミーのメインコーチを務めます、みやっきーです!

 

皆さんの学校では持久走大会が行われている頃でしょうか?

 

本日のアカデミー太田クラスの生徒の中にも持久走大会をした人が何人かいましたね!

 

それぞれの目標の順位は獲得できたでしょうか??

 

スタートの瞬間はドキドキするものですが、緊張というのはいろんな要素があるようでして、中には自らが意識しすぎて作り出した緊張もあります。

 

ほどよい緊張感を持って臨むためにはそこに至るまでの準備が万全であることが重要です。

 

試験勉強やテストの直前も同じ気持ちの人がいるかもしれませんが「あれもこれもやっておけば良かった」と、ジタバタしても過去には戻れません。

 

「やることはやった」という人は試験勉強に集中して臨むことができ、結果的にもいい点数を取る傾向にあります。

 

普段の練習も同じことが言えまして、練習に参加する前に皆さんそれぞれの準備は万全でしょうか?

 

怪我の予防のために、まっさんのウォーミングアップメニューが丁寧に行われていますが、アカデミーが始まる前にも皆さんにして欲しい準備はいくらでもあります。

 

三角形ランニングで身体を温めコミュニケーションを行います

 

個人ウォーミングアップも期待しているのですが、トイレをすませておくことや水分補給をしておくこと、そして最近は寒くなってきたので暖かい格好をして練習に入ったり終わった後の着替えを用意しておくことも準備です。

 

いい準備ができれば90分間のアカデミーを集中して行え、パフォーマンス向上に大きく貢献します。

 

ドリルもボールゲームを行う準備ですよ!

 

準備とパフォーマンスはとても繋がりの深いものであるということをもっともっと感じて欲しいなぁ、と思います。

 

試合や大会前の緊張感というのは普段の練習ではあまり味わえませんが、イメージをして普段の練習から同じように準備ができれば試合や大会前にも同じことを繰り返せばいつも通りの力が発揮できます。

 

練習で学んだことを試合でも発揮して欲しいです!

 

耳にしたことある人が多いと思いますが、ルーティーンを持つことに近いですね。

 

皆さんが好きなラグビーから準備の大切さを学んで他の分野でも発揮して欲しいと思います。

 

そして僕自身も自分に言い聞かすように今回のレポートをじっくり読み返したいと思います!笑

 

じゃんけん1 v 1

最後の体幹トレーニング

スペースはどこにあるかな??

息を合わせてボールを繋ぎます

 

本日の太田クラスの練習メニューです。

 

1 アクティブウォーミングアップ

→三角形ランニング

→ダイナミックストレッチ

2 SAQ

→反応ダッシュ

3 ミラーパスドリル

4 トライラック

5 じゃんけん1 v 1,2 v 2,3 v 3

6 ボールゲーム&みやっきートレ

7 振り返りの時間

 

W.K.S.P

Takashi MIYAKE