ワイルドナイツスポーツプロモーション

お問い合わせ賛助会員募集

W.K.S.P 原石からダイヤモンドへ(ニュース)

第30回W.K.S.Pアカデミー前橋クラスレポート

W.K.S.P アカデミーのコーチを務めます、みやっきーです!

 

新年、明けましておめでとうございます。

 

本年も宜しくお願いします!

 

さてさて、皆さんの手元には年賀状が届いてコーチからのお年玉メッセージを見てくれたでしょうか??

 

ささやかですがお年玉プレゼントを抽選会という形で用意しました。

 

大切にして下さいね!

 

アカデミーも3学期が始まりまして、予定として残りあと10回となりましたね。

 

毎年3学期は今まで習ったスキルを存分にボールゲームで発揮してもらいたいのと、ボールゲーム(実践)からいろんなことを学んで欲しいという想いがあるので、ボールゲームをメインにプログラムを組んで行きます。

 

とはいえ、90分が始まる最初の1分から丁寧にかつ全力で臨む姿勢は変えず、むしろそこの質をさらに高めてアクティブウォーミングアップ、SAQ、ラグビースキルを大切にして下さい。

 

何事も準備が大切でして、準備の質がプレーの質と比例すると言うのはどのレベルの試合でも証明しております。

 

それは勝ち負けという勝敗が分かりやすいのかもしれませんが、たとえ負けたとしても自分達がやってきたラグビーをどんな相手に対してもやり切れるという事が大切です。

 

練習でできても試合でできないことはたくさんありますが、それは試合においての課題ではなく練習の質に課題があると考えます。

 

つまりどんな練習をしたかでどんな試合になるかは有る程度想定できます。

 

だから皆さんには『この練習を続けたら必ず良い試合ができる』と、周りの人に思ってもらえるような姿勢で練習に取り組んで欲しいと願います。

 

練習の質、もっといえば取り組む姿勢の質が高まる3学期にして行きましょうね!

 

さて、本日のレポートで

 

 

 

■じゃんけんすごろく

 

お正月の遊びと言ったらすごろくですよね⁈

 

と、半ば強引ですが多分すごろくですよね?笑

 

アカデミーで行うじゃんけんすごろくは、パーで勝つと5マス進んでグーだと3マス、チョキだと2マス進みます。

 

負けてしまったら1マス戻るというルールで、特にアガリは無いのですが制限時間内で何周進めたかを競ってます。

 

目的はじゃんけんでマスを進めるのではなく、たくさんの人とコンタクトを取ってたくさんじゃんけんすることにあります。

 

■クリエイトスペース(タカ)

 

2 v 2のシチュエーションでアタックがトライを取ることを目的としたドリルです。

 

イーブンナンバー、すなわち人数が一緒なのでどうすればトライが取れるのかということを考えたときに、スペースを作る事が重要になってきますよね。

 

もしくはどうすれば数的有利にできるのかというふうに考えることもできます。

 

答えはいくつかありますので、他のクラスの考え方も見ながら少しずつヒントを与えて行きたいと思います。

 

 

 

■引き算アタック(まっさん)

 

前回のドリルとテイストは似ているのですが、ディフェンスはタッチしたらコートから出ることになりますから、アタックは積極的にディフェンスにコミットする事でディフェンスが減ってチャンスが増えます。

 

このドリルもただ人数を減らすのではなく、どう減らしてどこにスペースを作って残りのディフェンスに対してアタックはどうポジショニングすればよりトライが取れやすくなるのかはいろんな可能性があります。

 

目的はトライを取ることですが、トライを取るためのプロセスは何通りもありますから皆さんでユニークなプロセスを導き出して欲しいなと、期待します。

 

 

 

■ボールゲーム

 

アタックはほとんどのオプションを採用しました。

 

ディフェンスがアタックに対して脅威に感じるのは、ボールキャリアが複数のオプションを持っていることです。

 

複数のオプションは状況やアカデミー生それぞれのスキルレベルで異なりますから、必ずしもみんな一緒とは限りません。

 

でも必ず誰しもが3つ以上は持っているはずですから、ディフェンスとの駆け引きにどのカードを出すのか、ってことも楽しんで欲しいです。

 

 

本日の前橋クラスの練習メニューです。

 

1 アクティブウォーミングアップ

→じゃんけんすごろく

→ダイナミックストレッチ

2 SAQ

→ジャンプ反応ダッシュ

3 ラグビースキル

→クリエイトスペース

→4 v 4

5 ボールゲーム

6 お年玉抽選会

 

W.K.S.P

Takashi MIYAKE