ワイルドナイツスポーツプロモーション

お問い合わせ賛助会員募集

W.K.S.P 原石からダイヤモンドへ(ニュース)

第4回W.K.S.Pアカデミー前橋クラスレポート

W.K.S.Pアカデミーのコーチを務めます、みやっきーです!

 

元号が平成から令和に変わった最初のアカデミー、そして10連休という大型連休明けのアカデミー、ということで新鮮な気持ちで迎えることができました。

 

ここから夏休みまでノンストップで一気に行きますから覚悟して、いや楽しみにしてくださいねー!

 

■アクティブウォーミングアップ

 

先月に続きまして、正しい動作と姿勢にフォーカスして行いました。

 

ダイナミックストレッチは速さや駆け引きを競うものではなく、いかに自分に向き合って丁寧に行うか、そして細かい部分にこだわりを持てるのかが大切になりますので、仲間と競うならばその辺りを競ってみてもおもしろいですね!

 

細かい動作を行う癖をつけましょう!

 

■SAQ(カラーマーカータッチ)

 

反応系のドリルです。

 

体を真正面にしたままタッチしましょう!

 

これに関しては横の人との競争を存分に楽しんでほしいと思う反面で、ルールというものを無視せずに正々堂々と戦うことを我々コーチは見ております。

 

マーカーをタッチする、体を真正面に向けたまま動く、そして最後はダッシュする。

 

一つ一つを見ると決して難しくないのですが、競争というものがそれらを難しく、いや軽く見てしまう傾向にありますので結局は横の人ではなく自分との戦いかも知れませんね。

 

■反応1 v 1

 

合図やじゃんけんなどによって、瞬時にアタックかディフェンスかに分かれてトライを取る、もしくは阻止するというドリルです。

 

パスをたくさんしている間に笛を鳴らして反応!

 

素早い反応をしようとし過ぎて、これもまたルールが飛んだり雑になったりする人がいましたね。

 

いい準備です

 

その度にパートナーが気付いて互いに指摘し合えていたので、ルールを理解している証拠として見ておりました。

 

それよりも楽しそうにやっていたので何よりです。笑

 

じゃんけんも真剣勝負!笑

 

■スペースボール

 

ヒットシールドを持ったディフェンス4人からミスをしないでスペースにボールを運び続けるゲームです。

 

アタックはディフェンスにボールをパスカットされたりパスミス(キャッチミス)をしたり、さらにはアーリーキャッチが意識できていないという事で、胸キャッチした場合もターンオーバーのルールに加えました。

 

うっかり胸キャッチする場面もありましたが、アーリーキャッチにこだわる理由を失敗しながら学んで欲しいと思います。

 

このドリルの目的としましては、スペースにボールを運ぶことであり、その方法はランかパスとなります。

 

キーポイントはスペースを探すこと、アーリーキャッチすることです。

 

■∞パス&ラン

 

タカのドリルとなりましたが、前回までやっていたドリルを応用しました。

 

前回の振り返りから

 

前回までは足を固定したままパスをしてましたが、グループでそれぞれの役割を果たしながらさらに走るという応用編でした。

 

走ることによってグループの形が崩れたりパスの距離や角度がガラッと変わったりでいくつもエラーがありましたね。

 

成長は、成功体験よりも失敗体験の方が物事を考えたり成功させるための取り組み方が変わってきますので、若干のカオスな状態も悪くはなかったと思います!笑

 

■トライラック

 

アカデミーでは当初から伝えているスキルの一つです。しかしすでにみんな理解してますので、リマインド(再認識)する意味でも行いました。

 

ゲームでも無意識でできるように

 

■ボールゲーム

 

ルールはシンプルではありましたが、アーリーキャッチとトライラックの質も条件として導入しました。

 

出来ていなければもちろんターンオーバーです。

 

細かいスキルをゲームの中で丁寧に行う姿勢や理解の確認、こだわりを持てているのかを見ております。

 

概ねみんなルールを守れていましたが、まだ「うっかり」や「思わず」がありました。

 

アカデミーの中で心の中にある隙間をみんなで消していきましょうね!

 

本日の前橋クラスの練習メニューです

 

1 ダイナミックストレッチ

→ペア鬼ごっこ

→ダイナミックストレッチ

2 SAQドリル

→カラーマーカータッチ

3 ラグビースキル

→反応1 v 1

→スペースボール

→∞パス&ラン

→トライラック

4 ボールゲーム

5 振り返りの時間

 

W.K.S.P

Takashi MIYAKE