ワイルドナイツスポーツプロモーション

Common その他

News一覧ぺージ

第14回W.K.S.Pアカデミー高崎クラスレポート

W.K.S.Pアカデミーのコーチを務めます、まっさんです!

 

先週の雨を思い出すようなどんよりとした黒い雲に覆われた本日のアカデミーでしたが、結果的には雨に降られることもありませんでした。

 

高崎クラスの開催場所の菊地サッカー・ラグビー場付近は例年雷が多く発生する印象なので、天気予報とアプリと空模様を逐一チェックをして安心安全に全力でラグビーができるように今後も準備していきます!

 

さてさて先週まで4週にわたって行われたラグビー日本代表戦はご覧になられましたか??

 

常に全力でプレーをする姿は観るものを魅了し感動を与えてくれましたね!

 

競技は違いますが、今週土曜日から「世界陸上2022オレゴン大会」が開催されます。

 

また、サッカーでは来週20日・23日・25日とメッシやネイマールが所属するパリ・サンジェルマンFCが日本で試合を行います!

 

世界トップクラスのアスリートたちの熱い戦いを是非楽しんでください(^ ^)

 

 

■ランダムディフェンス(みやっきーレポート)

 

先週は雨のため思い切ってラグビースキルが出来なかったので、今日は存分にできてまずはよかったです(^ ^)

 

ランダムディフェンスの名の通り、ディフェンスの数がコーチの合図によって変わりますが、1人もしくは2人の2択です。

 

 

そのディフェンスに対してアタックは必ずプラス1、すなわちディフェンスよりも1人数的有利な状況でアタックします。

 

 

この練習のおもしろいところは上記の目的を達成するために難易度を変えるのですが、成長していく過程で必ず自発的なコミュニケーションが活発になっていきます。

 

 

それは特にこの世代のプレーヤー達が最も苦手というか避ける傾向にあるスキルでもありますので、目的に紐づけられた世代間の課題解決にも寄与しているとはちょっと言い過ぎですかね??笑笑

 

■フリーアタック(タカレポート)

アタックの2人目がフリーになることからフリーアタックと名付けました。

 

フリーなので、スペースへの移動がこのドリルの目的です。

 

「サポートプレイヤーがスペースに移動する」

 

ボールキャリアとサポートプレイヤーが被ってしまうと、人数的にはアタック2人ですが、シチュエーションとしては1v1となります。

 

 

なのでサポートプレイヤーがスペースに移動することで2v1の状況が作れ、より前進することができます。

 

 

 

小中学生どちらもスペースへの移動はできたのですが、パスがつながらない場面が目立ちました。

 

ボールキャリアは対面のディフェンスを見ているため、後方のサポートプレイヤーの位置までは分からないですね。

 

 

そこでサポートプレイヤーがサポートできるように、自分の位置をボールキャリアに伝えたり、何をしたいのかを伝えたりすることがポイントになってきます!

 

 

 

サポートプレイヤーとしての質を高めましょう!

 

■ボールゲーム(みやっきーレポート)

 

グラバーキックあり、攻撃権(タッチ)は2回のルールでプレーしてもらいました。

 

2回しか無い攻撃権はやはり最初、窮屈そうなアタックを展開してましたが、プレータイムが増えていく中で少しずつ解凍されていく過程を見れました。

 

 

 

そのキッカケの一つとしては、アタックからディフェンスへとすぐに切り替わるというのは、ディフェンスからアタックにすぐ切り替わるということでもあります。

 

 

つまりボールを失う頻度が上がりますが、ボールを再獲得する頻度も上がるので、この切り替え、ラグビー的に言いますとトランジションにチャンスがあるのでは、という考えを共有してトライを目指しました。

 

特に小学生はこのトランジションからのトライが一気に増えてそれはリアクションスピードが上がった証拠でもありました。

 

 

中学生は素晴らしいアタックを連発していたので、横幅を5m狭くした後半はなかなかトライが取れませんでしたが、キックを中心にスペースにボールを運ぶことが徹底されていたので良かったです(^ ^)

 

 

 

【次回のW.K.S.Pアカデミー高崎クラス】

2022年7月20日(水)

場所:高崎市菊地サッカー・ラグビー場

小学生:17時10分〜18時30分

中学生:18時50分~20時10分

 

本日の高崎クラスの練習メニューです。

 

1 アクティブウォーミングアップ

→ダイナミックストレッチ

→増やしおに

2 ランダムディフェンス

3 フリーアタック

4 ボールゲーム&タカトレ

5 振り返りの時間

 

W.K.S.P

田仲 一正

第14回W.K.S.Pアカデミー前橋クラスレポート

W.K.S.Pアカデミーのコーチを務めます、まっさんです!

 

一度は40度を超える猛暑になったかと思えば、ここ数日は安定しない天候となりニュースでも戻り梅雨という言葉をよく耳にします。

 

本日の前橋クラスは前日から1日中雨の予報となっておりましたが、小学生クラスはなんとか80分のアカデミーを行うことができました。

 

が、終盤から雨が降り始め雨脚も強くなり、中学生クラス開始時はさらに雨が強くなり雷も鳴り始めたことから止む無くアカデミーを中止の判断をいたしました。

 

その後も雨は降り続け、お隣の埼玉県では「記録的短時間大雨情報」が発表されるほどでした。

 

今後も大気の状態が安定しないことも予想されるので、災害時の備えや登下校中にゲリラ豪雨になった時はどうすればよいかを今一度ご家族と話し合ってみて備えをしていきましょう!

 

では本日のレポートです。

 

■ランダムディフェンス(みやっきーレポート)

 

ディフェンスの数に応じてアタックは必ず1枚多くアタックすることを目的としました。

 

 

つまり数的有利な状況で攻めることを意識づけた練習です。

 

ただしゲームにおいてゆっくりセットする時間はないので、3秒以内に相手よりも1枚多い人数でアタックすることを条件としました。

 

 

前半はアタックもディフェンスもコーチが球を出すサイドに待ち伏せしておき、合図でプレーしました。

 

 

ディフェンスの数を見てアタックの人数が決まるため、アタックはほんの少しですが後手になります。

 

しかしその状況で1枚多くアタックするためには当たり前ですがディフェンスの数を見ることですね。

 

 

さらに言えば誰が見て誰が伝えたほうが良いのか。

 

後半はアタックもディフェンスも1枚ずつ逆サイドに待ち伏せしてからのスタートとなります。

 

ディフェンスの人数が先程よりも確定するのに時間がかかるため、アタックはさらに後手になり、3秒経ってコーチから無情にもボールを出されるシーンがしばしば。

 

 

簡単には事が運ばないという経験が出来ました。

 

しかしこれも必ずディフェンスはメッセージを出してますからディフェンスのさらに細かい動きを見るクセをつけて下さい。

 

 

■フリーアタック(タカレポート)

 

サポートプレイヤーがスペースに移動するを目的としたドリルです。

 

 

ボールキャリア、ディフェンスの位置と動きによってスペースの場所など変化していくので、その変化にあわせた動きをすることで、スペースにボールを運びやすくなります!

 

 

そのことからボールキャリアの動きを観察することで次の動きを予測することができます。

 

 

ゲームの流れを読むっていう言葉があるようにこれは観察しないとできないことですよね。

 

なので、よく観察した上で自分がどう動くか考える癖をつけましょう!!

 

 

 

■ボールゲーム(みやっきーレポート)

 

今週からグラバーキックを追っかける人(チェイサー)はちゃんとキッカーよりも後ろからスタートするという通常のラグビールールに加えてタッチ2回でターンオーバーとしました。

 

これによって何が起こるかと言いますと、攻守の切り替えが頻繁に行われます。

 

 

攻撃の時間が短くなりますが、攻守の切り替えが多くなるので攻撃の回数は多くなります。

 

んんっ??どういうこと??

 

って思うかもしれませんが、アタックにおいてチャンスというのは様々で、攻撃を継続することでチャンスが得られることもあれば、ディフェンスからアタックに切り替わった時の整っていない状態もこれまた大きなチャンスですね。

 

 

 

今回は後者の仕掛けをルールで導入したので、チームトークなどでチャンスを活かす作戦を期待してます。

 

 

 

 

【次回のW.K.S.Pアカデミー前橋クラス】

2022年7月19日(火)

場所:敷島緑地ラグビー場

小学生:17時10分~18時30分

中学生:18時50分~20時10分

 

本日の前橋クラスの練習メニューです。

 

1 アクティブウォーミングアップ

→ダイナミックストレッチ

→増やしおに

2 ランダムディフェンス

3 フリーアタック

4 ボールゲーム&タカトレ

5 振り返りの時間

 

W.K.S.P

田仲 一正

第12回W.K.S.Pアカデミー熊谷クラスレポート

W.K.S.Pアカデミーのコーチを務めます、みやっきーです!

 

熊谷クラスの皆さんには特に知っていてほしい情報なのですが、7月30日(土)に女子15人制日本代表対南アフリカの試合が熊谷ラグビー場にて17時45分キックオフで行われます。

 

ARUKAS KUMAGAYAの選手も出場の可能性がありますので、ぜひぜひ夏休みの家族イベントとして応援に来てください!

 

女子の試合でも熊谷ラグビー場が満員になるなんて素敵すぎませんか??

 

もちろんみやっきーも応援にいきますよー!!

 

女子ラグビーも激アツなんで注目してください!

 

 

そして明日は熊谷市立石原小学校さんが創立150周年を記念したイベントがこれまた熊谷ラグビー場で行われます。

 

こちらのイベントは在校生である1年生から6年生に加えて卒業された現中学1年生を対象に各学年で用意した運動プログラムを行うというものです。

 

主役はもちろん参加する児童生徒の皆さんですが、本イベントに埼玉パナソニックワイルドナイツとARUKAS KUMAGAYAも参戦してみんなと一緒に楽しい時間を盛り上げます!

 

またこの両チームがコラボレーションしてイベントに参加するというのはなかなかないことなので貴重ですし、これぞ熊谷ならでは!と言わんばかりの豪華な企画となります。

 

僕は得意のマイクパフォーマンスで会場を盛り上げたいと思います!笑

 

同行される保護者の皆様も多くいらっしゃいますので、盛大な150周年イベントとなりそうです。

 

くれぐれも熱中症には注意してくださいね。

 

 

では本日のレポートです。

 

■ランダムディフェンス

 

小学生には丁寧に、そして中学生にはテンポを重視して「3秒以内にディフェンスよりも1人多い人数でアタックすること」を目的に理解のもとにプレーをしてもらいました。

 

 

どちらもいわゆる数的有利な状況の中でプレーをする大切さを意識できたので無いでしょうか。

 

 

またこの練習の裏の目的は、普段なかなか声を出してプレーすることを恥ずかしがったり出来なかったりというこの世代あるあるの課題を表面的な課題とせずに目的を果たすために自然と表現される仕掛けがあるのでみんなよく声を出してプレーしてくれたと思います。

 

 

 

ゲームの中でも意図的に数的有利な状況を作ることが出来ますので、今回のスキルがゲームで作られて活かせることを期待します(^ ^)

 

■フリーアタック(タカレポート)

 

ボールを持たない選手、サポートプレイヤーの動きが重要になってくるドリルです。

 

最初はディフェンスの動きにボールキャリアが合わせるので、アタック側がコントロールできない状況下でサポートプレイヤーがいかにボールキャリアをサポートできるかというポイントですね。

 

具体的にどんなサポートをするのか?

 

目的は「サポートプレイヤーがスペースに移動する」ですので、スペースに移動することによってディフェンスを引きつけたり、もしくはフリーになって突破することができます!

 

この練習で状況を読む観察眼が鍛えられたのではないでしょうか。

 

■ボールゲーム

 

中学生クラスを担当している時にアカデミー熊谷クラスのOBでもある正智深谷高校の生徒が4名遊びに来てくれました。

 

 

かなり身体が大きくなっていて、迫力が半端なかったです!笑笑

 

 

せっかく来てくれたのでボールゲームにも参加してもらい、高校生ならではのダイナミックなプレーに中学生も果敢に向かって行ってました。

 

細かいスキルやスピードなどは中学生の方がレベル高いのでは?と思うこともありましたけど、普段とは違う刺激の中でプレーできたことは良かったですね!

 

 

 

ゲームの中でのグラバーキックの使い方がかなり上達してきたのでそろそろ新しいルールを導入しようかなと思います。

 

 

 

【次回のW.K.S.Pアカデミー熊谷クラス】

2022年7月15日(金)

場所:立正大学ラグビーグラウンド

時間:小学生クラス/中学生クラス 19時00分~20時30分

 

本日の熊谷クラスの練習メニューです。

 

1 アクティブウォーミングアップ

→ダイナミックストレッチ

→パスレース

2 ランダムディフェンス

3 フリーアタック

4 ボールゲーム&体幹

5 振り返りの時間

 

W.K.S.P

Takashi MIYAKE

第12回W.K.S.Pアカデミー太田クラスレポート

W.K.S.Pアカデミーのコーチを務めます、みやっきーです!

 

今日は七夕ですね!

 

 

余談ですが、毎日何かしら「〇〇の日」と記念日になっておりますが、七夕の本日は「カルピスの日」だそうです。

 

昨年、家族で群馬県館林市にありますカルピス工場に見学へ行った時に「そういえば説明してもらったなー」と、今朝うちの娘がカルピスを飲みながら話してくれて思い出しました。

 

自分の記憶の曖昧さと、カルピスの日にカルピスを飲む記念日娘と工場見学楽しかったなーなどなど朝からごちゃ混ぜの思考を楽しんでおりました。

 

話は戻って。

 

七夕といえば短冊に願いを書いて笹にくくりつけるというのがイベントとしても成立していますが、息子に「何の願いを書いたの?」と聞いたら「良いクラスになりますように」って。

 

親として世のため人のためを願いに込めた息子の頭を撫でてやりたかったのですが、職業病から「良いクラスってどんなクラス?」と詰めにかかってしまいました。

 

良いクラス→パーフェクトなクラス→輝いているクラスと変換されていきましたが具体的な中身がなく、別の質問をしたら「みんなが平等にまとまること」と少し具体的になりました。

 

平等やまとまりの定義も聞きたかったのですが、息子の顔がそろそろ僕に対してウザそうになってきたのでここで打ち切って「頑張りなよ」だけ伝えて見送りました。

 

職業病という表現をしてしまいましたが、我々コーチは選手を成長させることが大きな役割ですが、何をどう成長させていくのかが明確でないと、ただラグビーをしているだけになってしまいます。

 

 

「強くなりたい」という思いも、ボールを持って当たることなのか、タックルなのか、精神面なのか、体を大きくする=強くなるなのか、様々ですね。

 

アカデミーはチーム活動ではないのでチームとして何かをみんなで成し遂げるということはあまりないのですが、同じ練習の中で個々にフォーカスしたコーチングアプローチを求められるという点では、もしかしたらチーム活動の方が理解しやすいかもしれません。

 

なので練習中の観察力、素早い分析力、そして当たり前ですがコーチング力は日々磨いて成長していく必要があります。

 

 

我々コーチにとっては何より現場に飛び込んでいくことこそ、それらが磨かれていきますのでアカデミー生には遠慮なくどんどんラグビーをみんなで楽しんでほしいです!

 

引き続き全てのクラスが安全に楽しくアカデミーができますように☆

 

では本日のレポートです。

 

■ランダムディフェンス

 

メニューの名前はディフェンスですが、アタックにフォーカスしたスキルです。

 

「3秒以内にディフェンスよりも1人多い人数でアタックすること」を目的としました。

 

 

頭では覚えられないので身体で覚えてもらうために段階を分けて組み立てました。

 

 

 

ディフェンスが先に人数を決めるので、その人数を見て必ず1人多くすること、つまり数的有利な状態でアタックすることですね。

 

 

 

キーポイントは人数を確定させること、そして素早いセット(3秒以内です)

 

状況を変化させて難易度を上げていく事で、出来たことが出来にくくなった体験をしてもらいつつも、目的を身体で覚えるという意味ではそこにコミットした動きが見られたのでは無いでしょうか。

 

 

■フリーアタック(タカレポート)

 

コートの真ん中にディフェンス1名とボールキャリアが向かい合う形からスタートします。

 

ボールキャリアの後ろにはサポートプレイヤー1名がいます。

 

 

「サポートプレイヤーがスペースに移動する」を目的として取り組んでもらいました。

 

サポートプレイヤーがスペースに動くのは、ディフェンスやスペースの空きの大きさなど総合的に判断することで初めて動けます。

 

 

判断を下すにはディフェンスやボールキャリア、スペースなど観察することでできます。

 

 

サポートプレイヤーがスペースに動くことでボールキャリアを活かすことができますので、積極的な動き良かったです!

 

 

■ボールゲーム

 

改めてラグビーは平面のアタックだとなかなか状況を打開しづらいスポーツで、いかに平面ではなく立体的に攻めるのか、もしくはディフェンスにスペース(ギャップ)を作るのかを考えて実行してもらう整理が出来ました。

 

 

一つはキックというアタックの手段ですが、キックだけでなくポジショニングや速いテンポのアタックによって整ったディフェンスを崩すことが出来ます。

 

 

小学生はディフェンスを整えてプレーする経験があまり無いので自然とギャップが出来てしまうのですが、アタックもゲームにおいてそのスペースを見つけてチャンスを広げるには簡単には行かないものです。

 

 

 

でもアカデミー生はちゃんとスペースを見つけて持っているスキルを使ってチャレンジする意識が強くなっているので、ゲームの中でも多くのチャンスを掴めるようになっています。

 

中学生はそれに加えて判断の質も高いので、ほとんどのプレーがディフェンスにとっては気の抜けない脅威なものになっていますね。

 

 

 

 

なのでかなりの運動量になったのでは無いでしょうか(^ ^)

 

ゆっくり休んでくださいね!笑笑

 

 

 

【次回のW.K.S.Pアカデミー太田クラス】
2022年7月14日(木)
場所:龍舞グラウンド
小学生:17時10分〜18時30分
中学生:18時50分〜20時10分

 

本日の太田クラスの練習メニューです。

 

1 アクティブウォーミングアップ

→ダイナミックストレッチ

→パスレース

2 ランダムディフェンス

3 フリーアタック

4 ボールゲーム&マツトレ

5 振り返りの時間

 

W.K.S.P

Takashi MIYAKE

第13回W.K.S.Pアカデミー高崎クラスレポート

W.K.S.Pアカデミーのコーチを務めます、みやっきーです!

 

先週は日本ラグビーフットボール協会公認S級コーチ資格講習会に講師として参加しておりました。

 

詳細は「第13回W.K.S.Pアカデミー前橋クラスレポート」で。

 

さて早いもので上半期が終わって7月からは下半期となりますね。

 

 

2022年の半年を振り返ってみるとペラペラ漫画のようにあっという間すぎて逆に振り返れません・・・笑

 

ここから半年は夏休みがあってそれを過ぎるとラグビーシーズンが到来し、そして年末となって年が明けていく感じですね。

 

皆さんはすでに夏休みの予定は立てているのですか??

 

僕は仕事で合宿等のイベントの予定はありますが、自分のための時間をどう過ごそうかというのはまだ決まっておりません。

 

仕事を充実させるために自分の時間は充実させたいですし、アカデミー生もラグビーだけでなく学校のことや家族との時間などいろいろなことを充実させてほしいなって思います。

 

 

新型コロナウイルスとの付き合い方や考え方にも変化が現れている中で、また感染者が増えてきています。

 

数字は事実ではありますが、ただその数字だけをみて一喜一憂するフェーズは終わったような気がしています。

 

もちろん、十分な注意や配慮をした上での考え方です。

 

今一度、自分達ができること、やらなければならないことを整理してできる限り規制されない社会生活が送れれば普段の生活がより充実できるでしょうね。

 

アカデミーでは今週より熱中症対策で水筒やペットボトルをテントに置いておくのではなく、いつでも飲めるように練習している近くに持っていくようにしております。

 

なのでアカデミー中に中身がなくならないように十分な量の水分を持ってきてくださいね!

 

さらに本日は小学生クラスの途中に遠くの方で雷が鳴りました。

 

練習を中断してクラブハウスへと待機して、限られたスペースでしたがまっさんとタカが機転を利かしたメニューでアクティブに運動ができましたね。

 

 

その後、雷は落ち着いたものの大雨に見舞われましたが、それはそれでテンションが高くて楽しそうでした。

 

 

中学生クラスも途中、雨脚が強くなりましたが全てのプログラムを行えたのはよかったです。

 

不測の事態への対応力も身につけていければいいですね!

 

では本日のレポートです。

 

■ランダムディフェンス(まっさんレポート)

 

 

まずはドリルの説明とゴールとなる目的の確認を行いました。

 

目的は「空いているスペースに3人でボールを運ぶ」ことです。

 

 

 

 

まずは目的だけを伝えチャレンジしてもらいました。

 

1度目のフィードバックで、目的を達成する為に何が大切かをアカデミー生に問いかけアカデミー生が考えて答えを導き出すプル(尋ねる)という手法を普段は使うようにしています。

 

 

ですが、今日は雨ということもありできるだけテンポを上げ寒くならないようにプッシュ(述べる)という手法を使いました。

 

この手法はコーチが何が大切かをアカデミー生に伝え、伝えたことをプレーしてもらいます。

 

 

目的を達成する為には「3人が空いているスペースを見つける」こと、そして「サポートプレイヤーがどんな方法でボールを運ぶのかを伝える」ことです。

 

 

最後のクロージングでは今日のドリルの成果を伝えますが、課題となる部分を伝えることが多く、「こんなことができるようになった!」といった成長したことを伝えることが少なかったです。

 

この反省を活かし、アカデミー生が楽しく成長していることを実感してもらえるようにコーチングをしていきたいと思います!

 

■フリーアタック(タカレポート)

 

コーチングする際は必ず、ドリルの目的とキーポイントを伝えています。

 

 

伝えることでアカデミー生がドリルの目的を意識し、達成するためのキーポイントを理解し、プレーする。

 

その中でアカデミー生が理解できた!なるほど!とラグビーを楽しく学び、成長につながれば、コーチとしては嬉しい限りです。

 

 

普段は机上で目的とキーポイントを整理し、想定される課題に対してこのようにアプローチしていこうとある程度のフレームを作って準備をしていきます。

 

 

今日は「サポートプレーヤーがスペースに移動する」を目的として、キーポイントは「ディフェンスの位置、スペースを見る」でした。

 

しかし、キーポイントをより「なるほど!だからキーポイントが重要なんだな!」と理解させるアプローチがもう少しできるところがあったので、それが出来なかったのが悔やまれるところが正直な気持ちです。

 

 

とはいえ自分はコーチングとしてはまだまだですが、アカデミー生とともにトライアンドエラーで成長していきたいと思います。

 

■ボールゲーム

 

小学生は大雨の中でのボールゲームとなりましたが、それはそれでとにかく楽しそうでした。

 

 

なかなか練習でも試合でも今日のような大雨の中でプレーをする機会はないでしょうから、いい経験になれば嬉しいです。

 

 

ただやっぱりいつもよりはボールが動かなかったのですが、果敢にボールを動かそうとするチャレンジは気持ちよかったです。

 

 

中学生クラスはまっさんとタカにもプレーヤーとして参加してもらいました。

 

コーチが入ることで普段とは違う刺激を受けたり、ほんのちょっとした動作やコミュニケーションなど一緒にプレーするからこそ学べるところがたくさなると思います。

 

回数を重ねるごとにラン、パス、キックの判断が良くなってきています。

 

その判断はディフェンス、スペース、仲間との連動によってされるわけですが、上手くいかないときは個人プレーになりがちです。

 

しかし中学生クラスは個人で、っていうのがほとんどなく、その日作られた即席チームでも良くコミュニケーションをとってプレーができているので引き続き期待したいです。

 

 

【次回のW.K.S.Pアカデミー高崎クラス】

2022年7月13日(水)

場所:高崎市菊地サッカー・ラグビー場

小学生:17時10分〜18時30分

中学生:18時50分~20時10分

 

本日の高崎クラスの練習メニューです。

 

1 アクティブウォーミングアップ

→ダイナミックストレッチ

→パスレース

2 ランダムディフェンス

3 フリーアタック

4 ボールゲーム&タカトレ

5 振り返りの時間

 

W.K.S.P

Takashi MIYAKE

第13回W.K.S.Pアカデミー前橋クラスレポート

W.K.S.Pアカデミーのコーチを務めます、みやっきーです!

 

先週は日本ラグビーフットボール協会公認のS級コーチ資格講習会に講師として参加しておりました。

 

このS級という資格は日本ラグビー界のコーチングにおける最上位の資格となります。

 

講習会もみっちり5日間行われまして、受講者の方々のコーチングに対する熱を講師をしながら感じた次第でした。

 

実は僕もS級コーチ資格の保有者でして、S級を持ってることで日本代表の監督になることもできます。

 

しかし資格を持っているからといってGoodコーチとは限りませんし、資格を持っていなくても選手を成長させるコーチングスキルを持っている人はたくさんいます。

 

さらに選手が求める指導者というのは人によってバラバラですから「正解が一つ」ではありません。

 

Goodコーチの条件としましては当たり前ですが選手の安全が優先されていて、次に選手を成長させるためにいわゆる「プレーヤーセンタード(選手が中心となって)」の考えのもとにコーチングができることを求められます。

 

その中で練習の目的(ゴール設定)やそれを達成するためのキーポイント、さまざまなアプローチやプロセス、スタイルがあり、練習の中身がどうだったのかという細かいレビューが講師からされていきます。

 

選手と一緒でコーチも現場でのコーチングをたくさん経験して訓練されて成長していきます。

 

 

ただ単にラグビーを漠然と教えるだけでは成長しません。

 

上手くなるには上手くなるための理屈を伝えて練習という形に変えることが大切です。

 

そんな偉そうなことを先週5日間は行なっておりました笑笑

 

なので引き続きアカデミー生も我々コーチが成長していく姿を温かく見守っていてくださいね!

 

 

では本日のレポートです。

 

■ランダムディフェンス(まっさんレポート)

 

 

先週の応用でアタックは3人、コーチの合図でコーナーを回ります。

 

ディフェンスの人数はコーチが1〜3人指定された人数でディフェンスをします。

 

 

目的は「空いているスペースに3人でボールを運ぶ」ことです。

 

3人でボールを運ぶので、まずはどこに運ぶのかを把握しないとボールは運べません。

 

なので3人が空いているスペースを見つけることがキーポイントの1つ目です。

 

これまでのドリルの成果もあり、「空いてる!」と言ったコールが良く出るようになりました。

 

 

しかしそれだけでは、どうやってボールを運べばよいか判断が難しいですね。

 

そこでどんな方法でボールを運ぶのかサポートプレイヤーが伝えることを2つ目のキーポイントとしました。

 

 

その場の判断が必要になりますが、どんな風にボールが欲しいのかを伝えることでボールキャリアのプレーに迷いがなくなり勢いが生まれますね!

 

3人がワンチームとなれば、ディフェンスにも大きなプレッシャーを与えることができますよ!

 

■フリーアタック(タカレポート)

 

このドリルはアタック側は1人目だけ固定し、2人目と3人目はフリーに立ちます。

 

 

それに対してディフェンス2人はコーチのコールする色に従ってディフェンスセットします。

 

3 v 2(3 v 1+1)の状況になりますが、目的を前のドリルでやった「3人でスペースにボールを運ぶこと」とし、スペースにボールを運ぶためのスキルとして、「ポジショニング」をキーポイントとしてあげました。

 

 

ここでは「有利な状況になれるように動くこと」を意味します。

 

 

有利な状況というのはフリーで動けるアタック側のサポートプレーヤーが、固定されたディフェンスのいない場所に移動することを意味します。

 

1 v 1よりも2 v 1、2 v 1よりも3 v 1の状況を作る。

 

 

そしてそれはボールが動き出してからも有利な状況を作るためのポジショニングを意識してボールキャリアをサポートすることで、「3人でスペースにボールを運ぶこと」を達成することができるようになってきます。

 

しかしサポートが浅いためにパスが後ろにいってしまったり、前に行きすぎてしまったりして有利な状況を作れていないことが課題であがりました。

 

次回はさらにポジショニングを工夫して有利な状況を作ってみましょう!

 

■ボールゲーム

 

 

いつもよりも限られた時間ということもあり、少しでもプレータイムを確保するためテンポを優先しました。

 

 

待っているチームはタカによるグラバーキックスキルで技を磨いてボールゲームに参加してくれたので、ゲーム中の積極的なグラバーキックはタカのスキルが大きく影響でておりました。

 

 

グラバーキックと言ってもショートからロング、自ら取るのか仲間に取ってもらうのかなど様々です。

 

 

前提として裏にスペースがあることですが、裏だけでなくチャージされないようにボールキャリアの目の前にもスペースがあることも重要です。

 

 

判断ができる、そしてそれに伴うスキルが身についている。

 

今後はこの2つを欲張って磨いていきましょう(^ ^)

 

 

【次回のW.K.S.Pアカデミー前橋クラス】
2022年7月12日(火)
場所:敷島緑地ラグビー場
小学生:17時10分〜18時30分
中学生:18時50分~20時10分

 

本日の前橋クラスの練習メニューです。

 

1 アクティブウォーミングアップ

→ダイナミックストレッチ

2 ランダムディフェンス

3 フリーアタック

4 ボールゲーム&タカスキル

5 振り返りの時間

 

W.K.S.P

Takashi MIYAKE

第11回W.K.S.Pアカデミー熊谷クラスレポート

W.K.S.Pアカデミーのコーチを務めます、みやっきーです!

 

7月になりましたね!

 

 

5月のゴールデンウィークが終わったとき「こっから夏休みまで一気にいくよー!」って言ってたのがついこの前のように思うくらい「あれれ、夏休みの尻尾が見えてるんじゃない??」って思います笑笑

 

 

早いなー!!

 

そんな本日は午前中にまっさんとタカの3人で高崎市にあります群馬県立二葉高等特別支援学校さんに行って、ふれあい交流を行いました。

 

前々からのお付き合いを頂いてまして、今年も繋がったことが嬉しかったのですがコロナ禍の2年間はオンラインや中止など対面での交流が実現できませんでした。

 

なので生徒のみんなもそうですが、先生方も入れ替わりが多くて初めての方が多かったです。

 

でもそれは我々にとっても新鮮なことでしたので、ラグビーボールをそれぞれの生徒の目線に合わせた形でパスを回しました。

 

非日常であるスポーツに触れるというのは好奇心や興味がそそられます。

 

そして二葉さんとの交流の醍醐味はここからです。

 

第2部はボッチャやボーリングで生徒のみんなと我々が対戦しました。

 

パラスポーツであるボッチャは単純だけどとても難しくて奥の深いスポーツです。

 

普段から慣れてるみんなになんとか食らいつくのが精一杯です。

 

実行委員会を務めてくれた3名の生徒会のみんなの堂々とした仕切り、そして多くの笑顔を見せてくれた生徒のみんなに出会えたことは宝物です。

 

そして普段から彼らに温かく接している先生方のご尽力には頭が下がります。

 

そんな先生方も心から楽しんで下さってたのが嬉しかったです。

 

また来年も楽しみにしております(^ ^)

 

 

では本日のレポートです。

 

■3 v 2(タカレポート)

 

具体的な目的として「ボールキャリアが(DFライン)を突破すること」としました。

 

 

キーポイントとして小学生は「ストレートラン」と「空いたコール」の2つです。

 

 

小学生世代は流れながらパスをしてしまう部分があるので、味方のスペースを活かすためにもまっすぐ走るストレートランを導入しました。

 

 

ストレートランのスキルを身につけると、効果的なアタックとして使えるので是非とも身につけましょう^_^

 

中学生は「ランスピード」ですね。

 

 

スペースにボールを運ぶ感覚は優れているので、自由なアタックをしてもらう上で、100%のスピードで練習に臨んでもらいました。

 

 

ディフェンスよりアタックの方がランスピードが上回っているとディフェンスは受け身になり足が止まりやすくなります。

 

それを踏まえた上でのアタックは脅威です!

 

■ランダムディフェンス/サッカーボール(まっさんレポート)

 

 

小学生は2人、中学生は3人でアタック、ディフェンスはアタックと同数もしくは少ない人数をランダムでコーチが指定します。

 

目的は「空いたスペースに小学生は2人で、中学生は3人でボールを運ぶ」こと。

 

 

ボールキャリアの判断にお任せになってしまうと判断に迷ってしまったとき、何をしていいか分からず勢いが無くなってしまいます。

 

サポートプレイヤーがいるからこそアタックオプションの幅が広がり有効な判断ができるようになります。

 

 

キーポイントはアタック全員に対して「前を見ること」としました。

 

またサポートプレイヤーは「情報を伝える」ことがキーポイントです。

 

中学生クラスはキーポイントが意識されていたのでボールキャリアに迷いがなくアタックに勢いがありましたね!

 

 

小学生クラスはサポートプレイヤーがボールを見てしまうことが多く、スペースを見つけることが難しくなりボールキャリアに判断を委ねるシーンが多かった印象です。

 

ただボールキャリアの判断力やプレースキルは高くなっているので、そこにサポートプレイヤーが加わればさらにアタックに勢いが生まれますよ^ ^

 

はじめはラグビーボールをサッカーボールに変えてプレーしました!

 

サッカーボール=キックの印象が強いのでグラバーキックの選択も多かったですね^ ^

 

ラグビーボールに戻しても、その感覚があればプレーの幅がグンと広がります!

 

■ボールゲーム(まっさんレポート)

 

 

小学生クラスを担当しました。

 

 

キックやパス、いろんなオプションを使いよくボールが動かせていたチームもあれば、あまりボールが動かせなかったチームもありました。

 

 

なぜボールがあまり動かせなかったのか。

 

 

ディフェンスが良くなっていたことも1つの要因かもしれませんね!

 

ではそのディフェンスを乱すことができるのは誰でしょうか^ ^

 

 

特別ルールである360度どこにでもポジショニングができるルールを活かし空いているスペースにどんどん動けばディフェンスも動くのでスペースもたくさん生まれます。

 

サポートプレイヤーがどうサポートすればよいのか理屈が分かったボールゲームではボールもよく動くようになりました!

 

 

 

 

【次回のW.K.S.Pアカデミー熊谷クラス】

2022年7月8日(金)

場所:立正大学ラグビーグラウンド

時間:小学生クラス/中学生クラス 19時00分~20時30分

 

本日の熊谷クラスの練習メニューです。

1 アクティブウォーミングアップ

→ダイナミックストレッチ(松原さん)

→グラバーキックトライ!

2 ランダムディフェンス/サッカーボール

3 コール3v2

4 ボールゲーム&体幹トレーニング

5 振り返りの時間

 

W.K.S.P

Takashi MIYAKE

第11回W.K.S.Pアカデミー太田クラスレポート

W.K.S.Pアカデミーのコーチを務めます、まっさんです!

 

ここ最近、「暑いぞ!熊谷!」よりも「こっちの方が暑いぞ!群馬!」と言わんばかりに猛暑のニュースで群馬県という言葉を聞きますね。

 

夜になっても涼しくならず、溜まった熱気が冷めることなく次の日を迎えるため、午前6時の段階で30度を超えてしまうそうですね。

 

電力需給ひっ迫注意報もここ連日発令され節電の夏となりますが、くれぐれも健康第一で出来る範囲の節電を心掛けましょうね!

 

まっさんが取り組んでいる節電は、家でも水筒のお水を飲んでいることです^^

 

そうすることで冷蔵庫の開け閉めの回数が減り、節電になります。

 

節電をしなきゃ!とルールに縛られるのではなく、ゲーム感覚で節電に取り組むと意外と楽しめるものです。

 

とはいえ決して無理のない範囲での取り組みをしましょうね!

 

また本日はアカデミー生に向けて「熱中症・脱水症状対策」でどんなことができるかを伝えました。

 

 

 

詳しくは▼第12回W.K.S.Pアカデミー前橋クラスレポートをご覧ください!

 

個人でできること、そしてチーム活動だからできる対策に取り組んで「暑すぎるぞ!群馬!」の夏を乗り切りましょう^^

 

では本日のレポートです。

 

■ランダムディフェンス(サッカーボール)

 

小学生は2人、中学生は3人でアタック、ディフェンスはコーチが人数を指定します。

 

 

また、ボールをラグビーボールではなくサッカーボールで行いました。

 

サッカーボールにすることで蹴るという攻撃の判断がしやすくなります。

 

小学生クラスではグラバーキックで裏のスペースにボールを運ぶ判断も多く見られました。

 

 

このドリルの目的は「意思の疎通」です。

 

ボールキャリアの判断で裏に蹴ったとしてもサポートプレイヤーが分かっていなければボールを追いかけるプレイヤーがいません。

 

またサポートプレイヤーがキックだと思って飛び出しても、ボールキャリアがパスをしてしまうとパスエラーの確立が高くなります。

 

 

意思の疎通を図るには、アタックプレイヤーが同じ絵を見てどんな攻撃をするかを伝えることが重要です。

 

中にはディフェンスが何人ならこうしよう!といった具合に事前に打ち合わせをして意思疎通を図る小学生もいましたね^^

 

少し控えめなアタックの印象だった中学生も情報を伝える方法がアイコンタクトであったり、身振り手振りの体を使ったジェスチャーだったりといろんな伝え方を見せてくれました。

 

オプションが多ければ多いほどディフェンスは迷ってしまいます。

 

ただしそれはアタックも同じことが言えますね。

 

迷わず思い切った攻撃を仕掛けるためにもボールキャリアとサポートプレイヤーの意思を疎通を図りましょう!

 

■コール3v2(タカレポート)

 

小中学生どちらも「突破」を目的に設定しましたが、キーポイントはそれぞれ異なります。

 

小学生は「ストレートラン」と「空いたコール」の2つです。

 

 

必ずどこかにスペースがあるので、アタック3人は流れないようにしっかりと一人ひとりがストレートランし、スペースを活かしたまま、空いたコールで突破することができます!

 

 

中学生は「ランスピード」と「タメ」ですね。

 

ディフェンスよりアタックの方がランスピードが上回っているとディフェンスは受け身になり足が止まりやすくなります。

 

 

そこで空いたスペースにボールを運べます。

 

タメに関してはフラットな状態でアタックをするのでディフェンスと距離が近くなりがちです。

 

 

ディフェンスとの距離、余裕を持つためにも状況によっては我慢、タメることでギャップを作り、余裕のあるプレーができるようになります!

 

■ボールゲーム

 

先週に続いてグラバーキック有りの、前で待ち伏せしてもOKなルールです。

 

 

小学生クラスはラン、パスに加えキックを使いスペースにボールを運ぶスキルがとても成長しています。

 

スペースを作り出そうとサポートプレイヤーがよく動いたことも要因の1つですね^^

 

 

中学生クラスは、まっさんは体幹を担当しましたが、「あのキックは良かった」などゲームの振り返りを行い意思の疎通を図るコミュニケーションが良くできていました。

 

 

今後もいろんなプレーにチャレンジをして伸びしろだらけのアカデミー生にますます期待しています!

 

 

 

【次回のW.K.S.Pアカデミー太田クラス】

2022年7月7日(木)

場所:龍舞グラウンド

小学生:17時10分〜18時30分

中学生:18時50分~20時10分

 

本日の太田クラスの練習メニューです。

1 アクティブウォーミングアップ

→ダイナミックストレッチ

→グラバーキックトライ!

2 ランダムディフェンス(サッカーボール)

3 コール3v2

4 ボールゲーム&タカトレ

5 振り返りの時間

 

W.K.S.P

田仲 一正

第12回W.K.S.Pアカデミー高崎クラスレポート

W.K.S.Pアカデミーコーチを務めます、タカです!

 

暑いですね!!

 

今日の午後2時過ぎに、群馬県伊勢崎市で気温40.0℃を観測されました!

 

全国で6月に40℃以上を観測したのは、今年6月25日(土)の群馬県伊勢崎市(40.2℃)が統計開始以来初めてで、きょうで2回目となります。

 

今年の6月は異例の猛暑となっていますので、引き続き、最大級の熱中症対策をしてください。

 

昨日、スポーツ医学チームの松原さんが前橋クラスに来てくださり、熱中症に関するお話をしてくださいました。

 

内容はこちらレポートをご覧ください。

 

▼第12回W.K.S.Pアカデミー前橋クラスレポート

 

本日も冒頭に熱中症におけるリスクと対策をお話しさせて頂きました。

 

 

最大級の対策をして楽しくラグビーをやりましょう!

 

さて本日のレポートです。

 

■ランダムディフェンス(サッカーボール)(まっさんレポート)

 

小学生は2人、中学生は3人のアタックで、ディフェンスの人数はコーチが指定します。

 

アタックのオプションにグラバーキックも追加しました。

 

 

そしてこのドリルはサッカーボールを使い、ラグビーのルールで行いました。

 

サッカーボールを持つだけでついつい蹴りたくなっちゃいますよね!

 

その感覚でいいんです^ ^

 

 

ランやパスと同じくらいキックというオプションが頭にあるだけでプレーの幅が広がりますからね!

 

ただし、このドリルはグラバーキックが目的ではなく「意志の疎通」が目的です。

 

蹴りたいから蹴る。になってしまうと再確保するプレイヤーがおらず相手にボールを与えてしまいます。

 

 

キックを選択した時にお互いに意志の疎通ができていればサポートプレイヤーが再確保できる可能性も高くなり、相手に取られたとしても前で捕まえることもできます。

 

人数が多くなればそれだけ攻撃の判断が多くなります。

 

どんなアタックをするのか、してほしいのかお互いに意志の疎通ができれば思いきったプレーができますよ!

 

■ コール2v1/3v2

 

今日は「突破」を目的として取り組んでもらいました。

 

アタックにはボールキャリアやサポートプレーヤーのそれぞれの役割があります。

 

 

その中で目的である突破をするためにそれぞれが何ができるのか?

 

ボールキャリアは「ランスピード」

 

 

サポートプレーヤーは「タメ」ですね。

 

アタックはフラットな状態で上がるので、ギャップが作りにくく、突破が難しくなるんですね。

 

 

なのでギャップを作るべく、ボールキャリアはスピード持って前に出、サポートプレーヤーもタメを作ることでギャップを作ることができます。

 

そうすることでアタックの幅を持つことが出来突破につながりやすくなります!

 

 

■ボールゲーム

まっさんのドリルでサッカーボールを使ったからなのか、アタック側はいつでも蹴るぞ!というような常にキックの選択肢を持っていたように感じました。

 

キックを選択するのは大いに推奨しますが、そのキックは仲間と意思疎通した上でのアクションでしょうか?

 

 

またボールを持ってる時間と持ってない時間どちらが長いのでしょうか。

 

ボールを持っていない時間の方が長いですよね。

 

いわゆるオフザボールですね。

 

オフザボールの時に、できることはなんでしょうか。

 

情報を伝えたり、有利な状況になるように動いたり様々ですね。

 

5人で試合したなら1人はボールキャリアで他の4人はオフザボールなので、一人ひとりが役割を持って動くハイレベルなボールゲームができます!

 

そうなるように期待しています!

 

 

 

【次回のW.K.S.Pアカデミー高崎クラス】

2022年7月6日(水)
場所:高崎市菊地サッカー・ラグビー場
小学生:17時10分〜18時30分
中学生:18時50分~20時10分

 

本日の高崎クラスの練習メニューです。

1 アクティブウォーミングアップ
→ダイナミックストレッチ
→グラバーキックトライ!
2 ランダムディフェンス(サッカーボール)
3 コール2v1/3v2
4 ボールゲーム&マツトレ
5 振り返りの時間

W.K.S.P
大塚 貴之

第12回W.K.S.Pアカデミー前橋クラスレポート

W.K.S.Pアカデミーのコーチを務めます、まっさんです!

 

今週の月曜日に関東地方に梅雨明けが発表されましたね!

 

6月に梅雨が明けるのは観測史上初めてのことだそうですね。

 

また先週の土曜には伊勢崎でこちらも6月では史上初となる40度超えを記録しました。

 

長い暑い夏が始まり、これからはゲリラ雷雨や熱中症、そして脱水症状に気をつけなくてはなりませんね。

 

本日のアカデミーにはスポーツ医科学チームの松原さんが参加してくださったので、熱中症や脱水症状の対策を何点かアカデミー生に指導をいただきました^^

 

 

まずは「尿のチェック」です。

 

尿の色が濃くなればなるほど体の水分が失われている状態なので、自分の体調を知るために尿のチェックをしましょう!

 

笑っていますがとても大切なことですよ^^

 

そしてアカデミー以外でもこまめに水分を補給すること。

 

アカデミーの時は汗をかくのでたくさん水分を摂っていますが、普段からこまめに水分補給をしましょう!

 

最後に、熱中症や脱水症状はなかなか本人が気づきにくいものです。

 

普段お話をしている仲間が「少し反応が鈍い」や「いつもとちょっと雰囲気が違う」など違和感があればすぐにコーチに伝えるようにしましょう!

 

どんなことをすればいいのか知ることが、対策の第一歩ですね。

 

しっかりと自分のできる対策に取り組んで長い暑い夏を乗り切りましょう!

 

 

では本日のレポートです。

 

■ランダムディフェンス(サッカーボール)

 

小学生は2人、中学生は3人でアタックをし、ディフェンスはコーチが人数を指定します。

 

先週からボールゲームで導入しているグラバーキックもOKとしました。

 

そしてボールはサッカーボールを使いました。

 

サッカーボールを使うことでキックという選択肢が引き出しやすくなりました。

 

ただしこのドリルの目的はキックを蹴ることではなく「意思の疎通」が目的です。

 

裏のスペースが空いていたとしてボールキャリアが蹴ったとしても、サポートするプレイヤーがパスを求めていればボールを追うことができません。

 

逆にサポートプレイヤーが蹴るだろうと思って一気に前に出ても、ボールキャリアがパスを選択すればパスが繋がらなくなる可能性が高くなります。

 

1人の判断で攻撃をしてしまうと孤立してしまったり、パスが繋がらずスペースにボールを運ぶことができません。

 

どんな攻撃を仕掛けるのか意志の疎通ができていれば、ボールキャリアは思い切った攻撃を仕掛けることができますね!

 

いつもとは違うボールなので楽しい雰囲気の中、バシッと意思疎通ができているシーンもあり勢いのあるアタックが見られました^^

 

■コールアタック(タカレポート)

 

先週と同じ内容で、幅を広くした状態でやってもらいました。

 

 

アタックの方が数的有利な上にスペースは広くあるので、スペースにボールを運びやすくなるドリルとなっています。

 

目的はワイドアタックです。

 

 

仲間同士の間隔を広く位置することでディフェンス間の間隔も広くなります。

 

そのことによりスペースにボールを運びやすくなります。

 

この練習の意図を理解してプレーできてましたね!

 

good練習でした!

 

■ボールゲーム

 

先週同様グラバーキックOKのルールです。

 

 

前でキックを待ち続ける選手や、フルバックのポジションでキックを警戒するディフェンスなど個性豊かな作戦がありました。

 

 

特別なルールはグラバーキック…ではなく、前にポジショニングができることです。

 

小学生クラスはこのルールを今一度振り返り、どうすればスペースを作れるのかをチームトークしてもらいました。

 

 

ディフェンスを動かしてスペースを作るためにはサポートプレイヤーの動きが重要です。

 

 

そして動くことによって作られたスペースにボールを運ぶためには意思の疎通が欠かせません。

 

 

中学生クラスも息の合ったチームプレーがあったりとボールがよく動いたボールゲームでした!

 

 

 

 

 

【次回のW.K.S.Pアカデミー前橋クラス】
2022年7月5日(火)
場所:敷島緑地ラグビー場
小学生:17時10分〜18時30分
中学生:18時50分~20時10分

 

本日の前橋クラスの練習メニューです。

 

1 アクティブウォーミングアップ

→ダイナミックストレッチ

→グラバーキックトライ!

2 ランダムディフェンス(サッカーボール)

3 コール2v1/3v2

4 ボールゲーム&マツトレ

5 振り返りの時間

 

W.K.S.P

田仲 一正

ニューストップへ →