ワイルドナイツスポーツプロモーション

お問い合わせ賛助会員募集

BLOG 理事ブログ

第25回群馬県中学生ラグビーフットボール大会

Gunma Rugby

はじめまして。ワイルドナイツスポーツプロモーションで理事を務めます霜村誠一です。

 

代表理事の三宅とは大学時代からの仲で、ラグビー、プライベートでたくさんの時間を一緒に過ごしてきました。

 

その中で現役終了後の話などをよくしていて、お互いラグビーの普及、ジュニア世代の育成に携わっていきたいという気持ちがありました。

 

現在はパナソニック ワイルドナイツのチームから離れ、今までのように話す機会は少なくなり立場も携わっている世代も違いますが、ラグビーへの気持ちや考えている事は一緒なので、当団体の活動時や相談などで今まで以上に濃い話をしています。

 

そして昨日も群馬県中学生大会を一緒に観戦し、これからが楽しみだと盛り上がりました。

 

 

その日は、ラグビーワールドカップ日本代表のプール最終戦のvsアメリカがあった日で、早朝テレビ観戦をして興奮さめやらぬ中、当団体の理念である「原石からダイヤモンドへ」の、原石を観に前橋県営競技場へ向かいました。

 

中学1,2,3年の元気なラガーマン、ラガールが、自分が中学生の時では考えられないレベルの試合をしていて驚かされました。

 

1年生はまだ体もそこまで大きくなく少しかわいいなと思って見始めたら、見た目じゃない!!スピード、スキル、体を張ったタックルで会場を盛り上げていました。

 

2年生は単独としての試合は各チーム人数が少ないため、試合数は1試合しかなかったものの、しっかりとした試合運びをしていました。

 

その中で、3年生は最後の大会ということで各チームウォーミングアップから気合いが入っていました。

 

1試合目の桐生JRSㇱルクスvs前橋の試合は、結果として桐生JRSㇱルクスの勝利となりましたが、前橋も激しいタックルから何度もボールを奪い相手ゴール前に攻めるも得点ならず、桐生JRSㇱルクスが決勝へ進みました。

 

2試合目の高崎vs東毛の試合は、今までの印象からだと、高崎の一方的な試合になるかなと思っていたら、東毛も激しいプレーの連続で高崎を苦しめていました。

 

結果は高崎が勝利し決勝に進みましたがこちらも非常に良い試合でした。

 

 

決勝ですが実はこの両チーム、春の大会でも決勝を戦っていて12対7の5点差で高崎が勝利していました。

 

そのこともあり両チーム気合いの入り方が、本当に中学生!?と思うような気迫で、観ていて本当に面白かった!

 

結果は、5点差で桐生JRSㇱルクスが勝利し優勝しました。

 

しかも、5対0と結果だけ見ても激しい試合だったとわかるロースコアでの試合。

 

見応えありました。

 

彼らはこれから別々の高校、大学、チームでラグビーを続けていくと思いますが(できれば続けてほしいです!)群馬のラグビースクールで育ててもらったこと、サポートしてくれる家族がいること、群馬には応援してくれる方がたくさんいることを忘れずに、日本のラグビーを盛り上げる存在、世界で活躍できる人になってほしいと思います。

 

自分としても、そう思わせてくれる世代に今後もたくさんの事を伝えていきたいと思っています。

 

日本代表の活躍でラグビー人気が出てきた今、2019年ラグビーワールドカップ日本大会が成功するよう、その後もラグビーがもっと発展していくように努めていきたいと思います。

 

 

ワイルドナイツスポーツプロモーション

理事 霜村 誠一

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です