ワイルドナイツスポーツプロモーション

お問い合わせ賛助会員募集

BLOG 理事ブログ

敷島カップ

Gunma Rugby

4月29日は、群馬県内の中学生にとってとても熱い1日となりました。

もちろんラグビーの大会であります。

 

中学生の全国大会、「太陽生命カップ」の出場権を賭けてどの試合も気持ちの入った熱戦が繰り広げられました。

 

1年生と2年生に関してはあくまでその年のチャンピオンを決める戦いになるわけですが、どこかほのぼのとしていて見ているこっちも終始笑顔で観戦することが出来ました。

その中でもビッグプレーが連発で、将来が楽しみな選手も各チームに何人もいて期待が持てました。

 

 

しかしこの日の主役は何といっても3年生です。

 

最後の学年に相応しい戦いをするべく、各チームそれぞれが準備をしてきて今大会に臨みました。

 

充実した準備が出来たチーム、何とか秘策を用いて勝利を掴もうとするチーム、思わぬケガ人続出の中、層の厚さでカバーするチームと準備の段階でもそれぞれチームカラーが出ていてとてもワクワクしておりました。

 

泣いても笑っても言い訳なしの一発勝負です。

 

一瞬一瞬、そしてワンプレーが勝敗を分ける内容に、中学生の大会とは思えない独特の空気と質の高いラグビーを展開しておりました。

 

決勝戦はやはり激戦となり、ラストワンプレーで勝利がどちらに転ぶかわからない最後の瞬間、トライ!と、思われたとき必死のディフェンスでノックオンを誘いノーサイド。

 

見事優勝を決めたのは『高崎クラブ』でした。

 

本当に素晴らしい戦いで、涙が出そうになりました。

 

同時に群馬のラグビーの火は、めちゃくちゃ熱く燃えているのでこの火を大切にして大きな炎に変えて強いチームに育てていきたいと思いました!

 

 

中学生のみなさん、本当に感動をありがとう!

 

W.K.S.P

Takashi MIYAKE

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です