ワイルドナイツスポーツプロモーション

お問い合わせ賛助会員募集

W.K.S.P 原石からダイヤモンドへ(ニュース)

第20回W.K.S.Pアカデミー前橋クラスレポート

W.K.S.Pアカデミーのメインコーチを務めます、みやっきーです!

 

W.K.S.Pアカデミーも本日で節目の20回目を迎えました。

 

全40回のアカデミーなので、半分ということになるのですが皆さんはどんな成長を感じてくれていますか?

 

小学生には自分の成長を仲間と共有してもらいました。

 

「足が速くなった」「パンチパスが上手くなった」「体が柔らかくなった」「背が伸びた」など、それぞれが実感する成長を改めて知ることで、今後さらにどこを成長させたいのかという目標に繋げて欲しいと思います。

 

ダイナミックストレッチは動きの基本を作ってくれます

 

また、前橋クラスは本日より前橋市営グラウンドを使用させて頂きます。

 

残り半分、お世話になるグラウンドです

 

天然芝の感触を楽しんで欲しいですね。

 

さて、月も変わったので練習メニューも替えました。

 

ゲーム要素が盛りだくさんのウォーミングアップ

SAQドリルも替わりました

 

パンチパスは継続してさらに強いパスを身につけ、実践で活かしてもらうように行いました。

 

加えて走りながらのグラバーキックを行いました。

 

以前グラバーキックを導入したのですが、その時は止まった状態で蹴る練習でした。

 

あまりうまく蹴れない生徒が多かった印象ですが、走りながらの方が意外とうまく蹴れており、走る動作にグラバーキックのイメージがリンクしていた傾向にありました。

 

この練習では蹴るのも練習ですが、不規則に跳ねるボールをキャッチするのも練習になるので一石二鳥です。

 

その後、ディフェンスはヒットシールドを持っての3対2を行いました。

 

アタックはトライラインを目指して前進します。

 

ディフェンスに阻まれたらラックを作ってボールキャリアはトライラックを、そしてサポートプレーヤーはボールの上を超えてオーバーに行く、今まで習ったスキルを使っての3対2を行いました。

 

ポジションにとらわれない役割を理解し、実行しましょう

 

本日、小中学生ともにボールをもらう意欲に関してお話をしました。

 

「ラグビーはボールを持たないとトライが出来ません」

 

当たり前の投げかけにみんな、ポカンとした表情をしておりました。

 

中には失笑している人もいましたね。

 

でもその当たり前を実践出来ていませんでした。

 

トライをしたいという思いはボールを要求するということであり、それが出来ないというのはトライを放棄しているのと同じだよと、極端に強いメッセージを送りました。

 

ボールを要求する事でトライをする意欲が相手にも伝わり、それが脅威になるという事は皆さんがディフェンスの立場に立ってみるとよく分かるでしょう。

 

その強いメッセージを伝えた後はみんな、トライを取る意欲が大いに出てましたね。

 

最後に行うボールゲームではグラバーキックを使ったルールで行いました。

 

いろんなチャレンジがあり、ボールもよく動くのでゲーム展開も早くて見応えありました。

 

まだまだ90分のメニューの中で取り組む姿勢にムラがありますので、残りの半分はどんな時でも一定のパフォーマンスが発揮できるようなメンタルも鍛えて行きましょう!

 

タカトレでは主に体幹を使ったメニューをしております

 

本日の前橋クラスの練習メニューです。

 

1 アクティブウォーミングアップ

→バラエティー中当てゲーム

→ダイナミックストレッチ

2 SAQドリル

→フープドリル

3 パンチパス

4 サンドイッチパス

5 グラバーキック

6 3 v 2

7 ボールゲーム&タカトレ

→オフサイドタッチ

→グラバータッチ

8 振り返りの時間

 

W.K.S.P

Takashi MIYAKE